新規上場!森六ホールディングス(4249)のIPOの初値予想

更新日: IPO

森六ホールディングス

森六ホールディングス(4249)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2017年12月4日(月)~12月8日(金)、上場日は12月20日(水)です。

新規上場する市場は東証一部で、想定価格は2,610円(1単元26.1万円)です。仮条件は2,610円~2,700円と上振れました。

公開価格は仮条件の上限である2,700円となりました。予想PERは8.2倍、予想配当利回りは3.07%(1株配当 80)です。

初値予想は「公開価格近辺でマイナスリターンの可能性がある」です。大手初値予想会社の初値予想は以下の通りです。

  • 2,700〜3,000円(仮条件の上限比±0%~+11.1%)
  • 2,700〜3,000円(仮条件の上限比±0%~+11.1%)

初値予想会社の直前初値予想は以下の通りとなっています。

  • 3,000円(公開価格比+11.1%)
  • 3,000円(公開価格比+11.1%)

森六ホールディングスは、化学分野における「商社」機能と、自動車部品の「メーカー」機能を併せ持つことを特徴として、主にケミカル事業と樹脂加工製品事業を展開しています。

監査法人は有限責任 あずさ監査法人です。本社所在地は東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル東館18階です。

森六ホールディングスとは

森六ホールディングスは寛文3年(1663年)創業と歴史が古く、「森六グループは、未来を先取りする創造力と優れた技術で高い価値を共創し、時を越えて、グローバル社会に貢献します。」を経営理念としています。

ケミカル事業では、森六ケミカルズ(株)を中心に、無機・有機薬品の基礎化学品から医農薬中間体、農薬・肥料、プラスチック、さらにはフィルム・シートの樹脂加工製品等、化学製品全般を取り扱っています。

また、四国化工(株)による高機能多層フィルムや、五興化成工業(株)によるケミカル合成等、「ものづくり」も展開しています。

樹脂加工製品事業では、森六テクノロジー(株)を中心に、主に自動車四輪部品の開発から生産・販売まで一貫して行っています。

高品質・高性能な製品づくりが可能な生産拠点をグローバルに展開することで、強固な生産・開発体制を構築しています。

また、(株)ユーコウではエンジン気化器向け等、エンジニアリングプラスチックを用いた精密樹脂部品の製造・販売を行っています。

森六ホールディングスは各事業のシナジーを発揮し、化学品に対する知識や、グローバルな販売網を活かして、顧客とともに高い価値を共創していくことを志しています。

従業員数は46名、平均年齢は41.4歳、平均勤続年数は12.1年、平均年間給与は725.9万円です。

ビジネス・オフィス

ケミカル事業

当事業は国内外連結子会社15社及び持分法適用会社1社で構成されており、森六ケミカルズ(株)を中核としています。

電機・電子材料、自動車材料、コーティング、ファインケミカル、生活材料及び樹脂加工製品分野において、化学品・合成樹脂製品の販売・製造ならびに輸出入を行っています。

当事業は森六ホールディングスの祖業であり、創業から350年以上に亘って蓄積された化学品に対する知識、自ら樹脂加工を手掛けていることによる製造現場の理解、グローバルな販売網を特色としています。

分野別主要取扱商品

各分野別の主要取扱商品は以下のとおりです。

分野主要取扱商品
電機・電子材料LED材料、放熱材料、各種レンズ材料、半導体工程材料
自動車材料合成樹脂、摩擦材原料、制振塗料
コーティング塗料原料、粘・接着原料、界面活性剤原料
ファインケミカル医農薬中間体原料、化粧品原料、機能材料、機能性食品素材
生活材料合成樹脂、フィルム・シート、油吸着材
樹脂加工製品二輪車部品、電動工具部品、自動車電装部品・モーター周辺部品

販売・製造体制

市場のグローバル化に対応するため、中国・ASEAN・欧州・北米に事業を展開しています。

森六ホールディングスは自動車関連のビジネスに強みがあると考えており、樹脂加工製品事業と関連のあるタイ・中国が海外主要拠点となっています。

以下の販売拠点でグローバルに化学品・樹脂商品の輸出入・販売を行っています。なお、森六アグリ(株)では主に肥料、農薬、農業被覆資材、農産物、飼料の販売を行っています。

区分国名・地域会社名拠点数
国内日本森六ケミカルズ(株)、森六アグリ(株)、四国化工(株)12
海外中国森六(香港)有限公司、森六(上海)貿易有限公司、森六(広州)貿易有限公司、森六(天津)化学品貿易有限公司10
ASEANMoriroku (Singapore) Pte., Ltd.、Moriroku (Thailand) Co., Ltd.、Moriroku Chemicals Korea Co., Ltd.
欧州Moriroku Austria GmbH
北米Moriroku America, Inc.

単に化学素材や製品の流通をグローバルにコーディネートするだけでなく、ひと手間加え、顧客のニーズに適った高い付加価値を有する様々な素材・製品を開発・提供する「ものづくり」を実践しています。

なかでも、四国化工(株)では多種多層のインフレーションフィルム成形のパイオニアとして、特殊な技術と品質管理により、様々な樹脂素材を組み合わせ、機能的なフィルムを製造しています。

耐熱性、耐久性、安全性、衛生性、ガスバリア性を有しており、食品分野では生肉、ハム・ソーセージの業務用食品包装フィルム、医療分野では製薬会社との共同開発により機能性点滴バッグを製造しています。

機能性点滴バッグとは、1つの点滴バッグが最大で4室に分かれており、力を入れて押すと中央のシール部分が開通し、それぞれに入っている薬液や粉薬が使用直前に混合できるもの。

区分国名・地域会社名事業概要拠点数
国内日本五興化成工業(株)医農薬中間体、制振塗料等の製造・販売8
四国化工(株)高機能多層フィルムの製造・販売
森六プレシジョン(株)精密機械部品の製造・販売
アイ・エム・マテリアル(株)化学品・樹脂等の低温粉砕加工
海外中国蘇州森六科技塑業有限公司電動工具部品の製造・販売1

樹脂加工製品事業

当事業は国内外連結子会社13社で構成されており、森六テクノロジー(株)を中核として、主に自動車四輪部品(内装樹脂部品、外装樹脂部品等)の製造・販売を行っています。

当事業では自動車四輪部品が軽量化に向けて鉄から樹脂への材料置換が進む中、大型樹脂部品の製造ノウハウや加飾技術での強みを活かして、日本・北米・中国・アジア四極のグローバルな生産・開発体制を構築しています。

現在、自動車業界では環境に対する配慮から燃費向上とCO2排出量削減が大きな課題となっており、ハイブリッド自動車や電気自動車等、次世代自動車へシフトする動きがグローバルで展開されています。

これに伴い、自動車メーカー各社は車両の「軽量化」に取り組んでおり、森六ホールディングスの樹脂部品はその実現に貢献できると考えています。

主要製品

主力である自動車四輪部品の主要商品は以下のとおりです。

区分製品名概要特徴
内装樹脂部品センターパネル運転席と助手席の間にあるスイッチ類が収められている部分・木目調、金属調、高光沢、高輝度等、多種多様な意匠
センターコンソール前席左右の間に設けられた箱状の収納部分・より高い利便性や操作性を実現
アウトレットエアコンの吹き出し部分
グローブボックスダッシュボード(助手席前の部分)に付いている収納スペース
ガーニッシュ様々な箇所を飾る装飾パネルや加飾パーツ等の装飾品全般
外装樹脂部品サイドシルドア下に位置する部材で、シルとは敷居のこと・ボディと一体化した樹脂部品を製造
カウルトップフロントワイパー下の樹脂パーツ部分・高度な成形技術と塗装技術により、
耐久性と併せて非常に高い外観品質を実現
テールゲートスポイラー上下開きのバックドアのガラス上部に配置される樹脂パーツ部品
フロントグリル車両前面の網目状の部分
フューエルフィラーリッド給油口の蓋、カバーのこと
ホイールアーチ車輪部分の車体の切り欠きのこと
エンジンカバーボンネット下にあるエンジンを保護するカバー

内装樹脂部品ではセンターパネル、センターコンソール、アウトレット等の主にインストルメントパネル周辺部品で、外装樹脂部品はサイドシル、カウルトップ、テールゲートスポイラー等が挙げられます。

近年では、新規でドアライニング(ドアの内側部分)の開発に取り組み、軽量化・加飾等の独自技術を加えた商品開発が完了しています。

また、ボディ外装部品の樹脂化ニーズの調査研究を継続しており、テールゲート(バックドア)の樹脂化に関する材料・工法等の基礎研究が完了し、今後の採用製品の拡大及び軽量化ニーズへの提案を行っています。

開発・量産体制

顧客ニーズに対応するため、国内はもちろん北米・中国・アジアに事業を展開しており、グローバルでの設計・開発から量産までの一貫体制を構築しています。

主に自動車四輪樹脂部品の製造・販売を行っていますが、熊本森六化成(株)では二輪車部品の製造・販売を中心としており、(株)ユーコウでは精密樹脂部品の製造・販売を行っています。

区分エリア会社名拠点数
製造拠点国内日本森六テクノロジー(株)(関東工場、鈴鹿工場)、熊本森六化成(株)、(株)ユーコウ4
海外北米Greenville Technology, Inc.、Listowel Technology, Inc.、Rainsville Technology, Inc.、Moriroku Technology De Mexico S.A. DE C.V.12
中国広州森六塑件有限公司、武漢森六汽車配件有限公司
アジアMoriroku Philippines, Inc.、Moriroku Technology (Thailand) Co.,Ltd.、PT. Moriroku Technology Indonesia、Moriroku Technology India Pvt. Ltd.
開発拠点国内日本森六テクノロジー(株)1
海外北米Greenville Technology, Inc.3
中国広州森六塑件有限公司
アジアMoriroku Technology (Thailand) Co.,Ltd.

森六ホールディングスのIPOの諸データ

新規発行による手取金の使途については、以下に充当する予定です。

  • 増産対応のため、工場を増築、成形・塗装ラインを増設し、国内の関東工場と鈴鹿工場で培った、自動化・無人化・合理化ノウハウを展開
  • 成形機・自動化設備・金型等で、生産品目のモデルチェンジ対応及び生産体制の更なる自動化・効率化のための設備投資
  • 北米を除くグループ会社の基幹システム(会計・生産・販売)を統一し、決算の早期化とグループ一元管理を進めるシステム投資

森六ホールディングスの業績推移

業績面では売上高は減収があるものの、大局的には右肩上がりの傾向となっています。

経常利益・純利益は横ばいとなっていますが、今期は第2四半期時点では良い数字となっています。

森六ホールディングスの業績推移

営業キャッシュフローは純利益・包括利益を大幅に上回っています。一般論としては安心感があります。

前期の自己資本利益率(ROE)は1.99%であり、自己資本比率は44.33%です。連結経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次第101期第102期
決算年月平成28年3月平成29年3月
売上高(百万円)172,224170,005
経常利益(百万円)6,0765,985
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)3,3201,026
包括利益(百万円)152,096
純資産額(百万円)51,87853,523
総資産額(百万円)112,105118,041
1株当たり純資産額(円)3,430.323,534.18
1株当たり当期純利益金額(円)224.2369.29
自己資本比率(%)45.3144.33
自己資本利益率(%)6.511.99
株価収益率(倍)
営業活動によるキャッシュ・フロー(百万円)12,9679,880
投資活動によるキャッシュ・フロー(百万円)△14,584△10,912
財務活動によるキャッシュ・フロー(百万円)2,2972,191
現金及び現金同等物の期末残高(百万円)7,5738,902
従業員数(人)3,8294,050

提出会社の経営指標の推移は下表のとおりです。

回次第98期第99期第100期第101期第102期
決算年月平成25年
3月
平成26年
3月
平成27年
3月
平成28年
3月
平成29年
3月
営業収益(百万円)1,0941,2001,2031,3391,395
経常利益(百万円)453503585669856
当期純利益(百万円)233304252474701
資本金(百万円)1,6401,6401,6401,6401,640
発行済株式総数(千株)8,4808,4808,4808,4808,480
純資産額(百万円)19,58420,49422,53021,66524,126
総資産額(百万円)31,90333,81234,51837,67740,451
BPS(円)2,6452,7683,0431,4631,629
1株配当(円)3535384045
EPS(円)31.5641.0934.0532.0347.35
自己資本比率(%)61.3960.6165.2757.559.64
自己資本利益率(%)1.221.521.172.153.06
株価収益率(倍)
配当性向(%)110.985.2111.662.447.5
従業員数(人)4644404346

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

TOPIXは4月17日をボトムに反発して総じて堅調な展開となっています。

8月8日~9月6日にかけては軟調な展開があったものの、2015年来高値を突破して、堅調な上昇トレンドが続いています。

しかし、足元では急速な調整局面となっています。2017年11月9日の高値をピークとして下降トレンドに転じたら向かい風となります。

一時的なスピード調整にとどまり、再度堅調な相場に回帰すれば、IPOにおいて追い風となります。

TOPIXのチャート(2017年8月17日~2017年11月16日)
(※マネックス証券より)

上場規模

森六ホールディングスのIPOの規模は最大で約102.1億円であり、東証一部としてはやや小型です。

東証2部までは小型であればある程、初値リターンは良い傾向がありますが、東証一部の場合は意外なことに大型IPOがプラスリターンとなることが多いです。

公募株式数は1,228,000株、売出株式数は2,172,000株、オーバーアロットメント(OA)は510,000株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約23%と標準的です。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は約64%です。

売出人である(株)三井住友銀行、(株)りそな銀行、(株)三菱UFJ銀行、三井住友信託銀行(株)、三井生命保険(株)、(株)みずほ銀行及び三井住友海上火災保険(株)並びに株主である三井化学(株)、三井物産(株)、本田技研工業(株)、(株)阿波銀行、関西ペイント(株)、テイカ(株)、住友ベークライト(株)、(株)アルファ、川澄化学工業(株)、昭和電工(株)、大塚化学(株)、東亞合成(株)、アイカ工業(株)、大阪有機化学工業(株)、新日本理化(株)、ダイキン工業(株)、東京応化工業(株)、福助工業(株)、(株)ADEKA、共栄社化学(株)、タイガースポリマー(株)、東京インキ(株)、日亜化学工業(株)、日本乳化剤(株)、ロックペイント(株)、(株)アサヒペン、テクノポリマー(株)及び阿波銀リース(株)には、原則として90日間のロックアップがかかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。

貸株人である森茂、売出人である森俊武、坂弘子、井染敏子及び森健男並びに株主である森六従業員持株会、山田佳子、森豊子、池北昌子、森圭太、池北眞帆、池北梨惠、山田智那、山田智樹、池北雅彦、森東作、森満里子、森淳子、桃井洋子、森和子、坂剛、坂泰、栗田尚、宮腰弘幸、三輪繁信、須永幹男、塚井英夫、下迫俊司、早川勝、文字英人、赤谷隆一、多田光一、根岸浩及びその他41名(236,010株、所有割合1.39%)には、原則として90日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

株主名保有割合ロックアップ
森六ホールディングス(株)12.69% 
森六従業員持株会10.70%
三井化学(株)8.35%
三井物産(株)6.65%
森茂6.35%
本田技研工業(株)4.67%
(株)三井住友銀行3.13%
(株)りそな銀行3.13%
森俊武3.10%
(株)阿波銀行3.10%

初値予想

森六ホールディングスの事業は主にケミカル事業と樹脂加工製品事業ということで、IPOにおける業種の人気度は高くありません。

予想PERは8.2倍、予想配当利回りは3.07%であり、類似企業と比較すると割安感があります。

コード銘柄名PERPBR配当利回り
3553共和レザー11.130.783.35%
4231タイガースポリマー8.190.571.84%
4242タカギセイコー10.331.720.00%
4246ダイキョーニシカワ11.422.091.75%
5184ニチリン8.981.740.99%
6982リード赤字0.470.00%
7215ファルテック24.090.763.07%
7273イクヨ10.750.611.24%
7284盟和産業19.680.403.87%
7291日本プラスト7.720.691.13%
7888三光合成11.341.002.09%

上場する市場は東証一部か二部ですが、東証一部の可能性が高いです。

約102億円という上場規模は東証一部としてはやや小型ですが、東証一部に関してはこのゾーンは公募割れの可能性が高くなっています。

上位株主にはVCはなく、万遍なくロックアップがかかっています。

上場が集中する年末恒例の過密日程である点、オプトランとの2社同時上場である点はマイナス材料です。

東証一部の100億~300億円のやや小型IPOの初値結果は以下のとおりです。

  • 西本Wismettacホールディングス:-6.0%
  • バロックジャパンリミテッド:-5.0%
  • ソラスト:-6.0%
  • メタウォーター:-6.0%
  • ジョイフル本田:-1.9%
  • 足利ホールディングス:+7.4%
  • オープンハウス:+18.0%
  • ブロードリーフ:+11.1%
  • 全国保証:+3.7%
  • カルビー:±0%
  • ホシザキ電機:-6.0%
  • バンテック・グループ・ホールディングス:-25.8%
  • キトー:-18.5%
  • チャイナ・ボーチー:+72.5%
  • 八千代銀行:-5.6%
  • テイ・エス テック:+26.9%
  • 共英製鋼:+21.3%
  • ダスキン:±0%
  • SRIスポーツ:-3.2%
  • 東洋炭素:+22.2%
  • テンプスタッフ:+11.8%
  • 岩井証券:+70.7%
  • 古河スカイ:+21.6%
  • オハラ:±0%
  • カブドットコム証券:+81.9%
  • 博報堂DYホールディングス:+13.2%
  • 芙蓉総合リース:+19.1%
  • テレビ東京:+15.5%
  • アルバック:+86.4%
  • NECシステムテクノロジー:+77.5%
  • イオンモール:+4.0%

以上を総合考慮して、初値予想は「公開価格近辺でマイナスリターンの可能性がある」です。

絶好調の市況に回帰した場合は微プラスの可能性もありそうです。直前の需給動向に着目します。


主幹事は野村證券です。その他は、SMBC日興証券、岡三証券、むさし証券、三菱UFJモルスタ証券、SBI証券、みずほ証券で申し込めます。

証券会社名割当株式数割当比率
野村証券2,890,00085.00%
SMBC日興証券275,4008.10%
岡三証券68,0002.00%
むさし証券68,0002.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券40,8001.20%
SBI証券40,8001.20%
みずほ証券17,0000.50%

三菱UFJグループのカブドットコム証券でも取り扱いが期待できます。カブドットコムのIPOは、公平性と機密性を確保したシステムによる抽選で当選者が決まります。

投資に詳しい方にヘビーユーザーが多い証券会社はカブドットコム証券です。知る人ぞ知るメリットが多いネット証券です。ただし、初心...

岡三グループの岡三オンライン証券でも取扱いを期待できます。口座数が少なくてライバルは少なめです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

森六ホールディングスのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいのがデメリ...

SBI証券が幹事に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

むさし証券でも参加できます。インターネット口座は売却手数料がリーズナブルです。

むさし証券という証券会社があります。対面口座とネット口座があり、ネット口座のトレジャーネットは、安価な手数料と金利に定評のあ...

SMBC日興証券は小口個人投資家でもIPOが当たるチャンスがある証券会社です。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です。...

今回は幹事団に入っていませんが、マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

株・投資信託ならネット証券のマネックス

ライブスター証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、2,000円のプレゼントもあります!

取引が不要で口座開設だけで2,000円プレゼントの証券会社のキャンペーンは稀有です。まだライブスター証券に口座をお持ちでない方は、今がチャンスです。この機会にぜひ口座開設してはいかがでしょうか。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

<投資スタンス>
やや弱気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:対面証券・ネット証券で申込(回数制限で回避することも)
  3. 中立:ネット証券、S級銘柄の当落に影響がない対面証券では申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)
  4. やや弱気:SBI証券以外は原則回避、対面証券はバーター取引ならOK(ただし、マイナス覚悟の勝負で申し込むことも)
  5. 弱気:SBI証券以外は回避

過去のIPO初値予想の履歴

過去のIPO初値予想の履歴

銘柄名(2015年)発表時BB直前結果
Keeper技研やや強気やや強気49.1%
ケネディクス商業リート投資法人中立やや強気13.3%
ファーストロジック強気強気52.5%
ファーストブラザーズやや弱気やや弱気2.5%
ホクリヨウ中立中立8.9%
ALBERT強気強気115.7%
シリコンスタジオやや強気やや強気102.0%
コラボス強気強気137.6%
エムケイシステム強気強気332.0%
ショーケース・ティービー強気強気193.9%
ヘルスケア&メディカル投資法人やや強気やや強気54.5%
エスエルディー強気強気15.3%
ヒューマンウェブやや強気やや強気11.7%
イード強気強気46.4%
ファーストコーポレーションやや強気やや強気25.0%
RSTechnologies中立中立-23.6%
シンデン・ハイテックスやや強気やや強気12.2%
ハウスドゥやや強気やや強気47.2%
Aiming中立中立12.2%
モバイルファクトリー強気強気99.4%
日本動物高度医療センターやや強気やや強気44.2%
プラッツやや強気やや強気70.2%
sMedioやや強気やや強気58.7%
サンバイオ弱気弱気-14.5%
海帆やや強気やや強気76.5%
Hameeやや強気やや強気67.2%
日本スキー場開発中立中立9.9%
シーアールイー弱気弱気-7.3%
三機サービス中立中立37.1%
レントラックス強気強気53.1%
リンクバルやや強気やや強気27.9%
ジグソー強気強気236.4%
Gunosy中立中立0.0%
デザインワン・ジャパンやや強気やや強気50.9%
テラスカイ強気強気350.0%
ヘリオス中立弱気22.5%
スマートバリュー強気強気344.9%
マーケットエンタープライズ強気強気167.0%
デジタル・インフォメーション・テクノロジー強気強気246.2%
エコノス弱気中立120.0% 
中村超硬弱気弱気11.8%
メニコンやや強気やや強気73.5%
冨士ダイス弱気弱気50.9%
ファンデリー強気強気102.1%
ナガオカ中立中立40.6%
サムティ・レジデンシャル投資法人中立中立 -2.9%
富士山マガジンサービス強気強気126.4%
クレステックやや強気やや強気82.4%
平山やや強気やや強気29.5%
アイリッジ強気強気429.2%
デクセリアルズ弱気弱気-3.1%
ジャパン・シニアリビング投資法人やや強気やや強気-10.5%
イトクロ中立中立4.1%
PCIホールディングスやや強気やや強気169.6% 
エスケーホーム中立やや強気13.8%
パルマ強気強気70.5%
メタップス中立中立-7.9%
ラクト・ジャパン中立中立0.0%
土木管理総合試験所中立中立-2.4%
アクアライン強気強気21.7% 
ベステラやや強気やや強気25.0%
STUDIOUSやや強気やや強気20.0%
JESCOホールディングス中立中立5.4%
ピクスタ強気強気34.8%
アイビーシー強気強気251.0%
ブランジスタやや強気強気43.8%
AppBankやや強気強気45.8%
グリーンペプタイド弱気弱気-8.0%
GMOメディアやや強気やや強気101.1%
パートナーエージェントやや強気強気217.5%
バルニバービやや強気やや強気130.0%
日本郵政中立中立16.5%
ゆうちょ銀行中立中立15.9%
かんぽ生命保険中立中立33.1%
ロゼッタ強気強気433.1%
あんしん保証強気強気292.5%
ベルシステム24HD弱気弱気-5.0%
ネオジャパン強気強気401.7%
いちごホテルリート投資法人投資法人中立中立-1.8%
インベスターズクラウドやや強気やや強気93.3%
鎌倉新書やや強気強気 180.6%
ラクス強気強気228.7%
ランドコンピュータやや強気やや強気103.4%
ダブルスタンダード強気強気128.8%
オープンドアやや強気やや強気23.3%
ミズホメディーやや強気やや強気156.5%
ツバキ・ナカシマ弱気弱気4.5%
アートグリーン中立中立46.2%
フリューやや強気弱気0.6%
ビジョン中立中立 10.7%
アークン強気強気262.1%
マイネット強気やや強気19.3%
ソネット・メディア・ネットワークス強気強気139.1%
ソーシャルワイヤー強気強気56.9%
ケイアイスター不動産弱気弱気6.8%
プロパティエージェントやや強気やや強気115.0%
一蔵中立弱気2.1%
銘柄名(2014年)発表時BB直前結果
ヒューリックリート投資法人中立中立13.0%
アキュセラインクやや強気中立27.8%
サイバーリンクス強気強気172.9%
日本BS放送中立中立6.6%
エンバイオ・ホールディングス強気強気126.0%
ダイキョーニシカワ中立中立12.4%
日立マクセルやや弱気やや弱気-4.8%
ジャパンディスプレイ中立中立-14.6%
ホットマンやや強気やや強気67.5%
みんなのウェディング強気強気27.1%
ディー・エル・イーやや強気やや強気101.0%
サイバーダイン強気強気130.0%
エスクロー・エージェント・ジャパンやや強気やや強気290.8%
トレックス・セミコンダクターやや弱気やや弱気-10.4%
丸和運輸機関中立中立-8.8%
ジョイフル本田中立中立-1.9%
フィックスターズ強気強気162.0%
白鳩強気強気46.2%
日本リート投資法人中立中立4.0%
西武ホールディングスやや弱気やや弱気0.0%
東武住販やや強気やや強気12.0%
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人中立中立5.7%
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング中立中立-7.7%
ムゲンエステート中立中立10.0%
フリークアウト強気強気250.0%
ポバール興業中立中立6.6%
OATアグリオ中立中立-6.3%
メドピア強気強気131.3%
レアジョブ強気強気169.7%
VOYAGEGROUP強気強気40.0%
鳥貴族やや強気やや強気120.7%
イグニス強気強気342.1%
日本ビューホテルやや弱気やや弱気-2.3%
ジャパンインベストメントアドバイザーやや強気やや強気126.3%
ロックオン強気強気284.6%
リアルワールド強気強気79.8%
AMBITIONやや強気強気62.0%
ジェネレーションパス強気強気119.2%
リボミック中立やや強気-20.4%
FFRI強気強気176.5%
ホットランド中立中立-1.7%
ヤマシンフィルタ中立中立19.6%
すかいらーく中立中立0.0%
リクルートホールディングス中立中立2.3%
GMOリサーチ強気強気133.3%
セレス強気強気55.4%
オプティム強気強気260.0%
アルファポリス強気強気93.2%
エランやや強気やや強気70.3%
日本ヘルスケア投資法人やや強気やや強気48.1%
SHIFT強気強気361.5%
CRI・ミドルウェア強気強気462.5%
日本PCサービス中立やや強気67.7%
トーセイリート投資法人やや弱気中立11.6%
積水ハウス・リート投資法人やや強気やや強気22.7%
弁護士ドットコム強気強気215.4%
クラウドワークス強気強気73.2%
スノーピークやや強気やや強気134.3%
ビーロット強気強気422.4%
GMOTECH強気強気135.2%
テクノプロ・ホールディングス中立中立-5.0%
アトラやや強気やや強気77.4%
マークラインズ強気強気77.3%
メディカル・データ・ビジョン強気強気135.9%
U-NEXTやや強気中立31.7%
SFPダイニングやや弱気やや弱気-16.5%
今村証券中立中立27.4%
フルッタフルッタ強気やや強気51.5%
竹本容器中立中立2.0%
gumi中立中立0.0%
大冷やや弱気やや弱気-6.7%
アドベンチャー強気強気127.2%
メタウォーターやや弱気やや弱気-6.0%
サイジニア強気強気125.8%
インターワークスやや強気やや強気16.7%
イーレックス中立中立11.2%
データセクション強気強気73.1%
綿半ホールディングスやや弱気やや弱気6.3%
ヨシックス中立中立29.4%
東京ボード工業やや弱気やや弱気-8.0%
カヤック強気強気222.0%
エクストリーム強気強気296.4%
MRT強気強気309.4%
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.