The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

ドコモからdカードが登場!DCMXとの違いを比較!

更新日: dカード クレジットカード

dカードとdカード GOLD

2015年11月20日から、ドコモのクレジットカード「DCMX」が「dカード」に変わります。

基本的にはサービス内容に変更はありませんけれども、違いが生じる点もあります。

改善された事項もあれば、改悪された点もあります。dカードとDCMXの違いについて比較します。


カードフェイス

まず大きく変わるのがカードフェイスです。DCMXよりもdカードはシンプルになりました。

DCMX

dカード

DCMXの方は王冠が描かれており、ラグジュアリー感を出していました。それに対して、dカードはシルバー一色でシンプルです。

DCMX GOLDとdカード GOLDの関係も同様です。人によってどちらが良いのかは分かれるでしょう。個人的にはDCMXの方が好みです。

DCMXゴールド

dカード GOLD

ETCカードのカードフェイスも変更されています。ETCカードの機能には変わりありません。

dポイントカードと一体か否か

カップル

最も大きな違いは、dポイントカード機能が搭載されているかです。

DCMXはdポイントカードの機能はありません。別途dポイントカードを用意する必要があります。dポイントカードについては以下で徹底解説しています。

NTTドコモが2015年12月から「ドコモポイント」を「dポイント」に変更します。Ponta(ポンタ)と相互交換・利用ができるようになります。...

dカードはdポイントカード一体型です。DCMX同様にiDも搭載されているため、クレジットカード&ポイントカード&電子マネーの3つの機能が三位一体となったカードです。

dカードは財布の中に入れるカードの枚数を減らすことができます。

ドコモ契約者以外での特典

ドコモショップ

DCMXはドコモの契約者のみが利用できる特典があるクレジットカードでした。

ドコモの契約者でなくても作成は可能ですけれども、特典が制限されるし、ポイントの使い道もメリットに乏しい状況でした。

これに対して、dカードは、得たポイントをローソン・マクドナルド等の加盟店で1ポイント1円で使えるので、ドコモと契約していなくてもメリットを享受できます。

au・ソフトバンクでも、MVNOでも、携帯電話を全く使っていなくても大丈夫です。

ソフトバンク銀座店

dカードはローソンでの3%OFFが大きなメリットがあります。ローソンをよく使う方ですと、作らないと損です。


ポイント付与の単位とタイミング・一部利用

DCMXは1ヶ月間の利用金額の合計に対して、1,000円あたり10ドコモポイントが付与されました。

dカードは、決済ごとに100円あたり1dポイントが付与されます。

一般的には、月額利用料金に対してポイントが付与された方が、切り捨てられる金額は少なくなるので有利です。

しかし、100円未満の少額の支払いを多発させない限りは、それ程は大きな影響はありません。

例えば、私は合計で115,425円利用した例がありました。合計に対して1000円ごとに10ポイントだと1,150ポイントが付与されます。

利用ごとに100円1ポイントだと1,145ポイントでした。さほど大きな差はないと評価できます。

アメックス・ゴールドを作成して使い始めています。アメックスは利用金額100円毎に1ポイントが付与されます。月間のトータルの利用金...

ポイント付与のタイミングも変更されています。DCMXはカードの請求が確定した後にポイントが付与されました。利用とポイント付与の間には1ヶ月以上のタイムラグがありました。

dカードの場合は、決済のデータがカード会社に到達した時点でポイントが付与されます。

イメージ的にはTポイントやPontaポイントのような共通ポイントのように、非常に速いタイミングでポイントが得られます。

なお、従来のDCMXは、2016年1月請求分(2015年11月16日~12月15日利用分)からdポイントが付与されるようになります。2015年12月請求分まではDCMX利用ポイントです。

dポイントへ移行しなかったDCMX利用ポイントは、ポイント交換商品への交換して使い切りましょう。

また、2015年まで貯まったDCMX利用ポイントは、ドコモが運営するdマーケット等のサイトで、1ポイント1.08円で利用できました。消費税分も支払えました。

dポイントは1ポイント1円となります。例えば、dマーケットで1,080円のお会計を全てポイントで支払う場合、dポイントは1,080ポイントが必要です。

DCMX利用ポイントでは1,000ポイントでOKでしたので、dポイントの方が8%ポイントが多く必要となります。

dカードminiが0.5%還元に

笑顔の女の子

ドコモの通信料金と合算して支払う「DCMX mini」は、ポイント付与はありませんでした。

携帯電話の料金をクレジットカード払いにしている場合、クレジットカードのポイントは得られます。

新しい「dカード mini」は、2015年12月から支払いで0.5%のdポイントが得られます。200円ごとに1ポイントが付与されます。

dカード miniはDCMX miniと同様にドコモの契約者のみが利用可能です。利用限度額は毎月1万円です。

おサイフケータイを保有している場合、iD加盟店でケータイのFeliCaマークを読み取り機にかざすことで支払えます。


dカード・DCMXの共通の変更点

カード利用で貯まるポイントがdポイントになり、ローソン・マクドナルド等のdポイント加盟店で1ポイント1円で利用できるようになります。

NTTドコモが2015年12月から「ドコモポイント」を「dポイント」に変更します。Ponta(ポンタ)と相互交換・利用ができるようになります。...

従来の「ドコモポイント特約店」は、2015年12月1日以降、「dカード特約店」となります。

dカード特約店は、dカード(DCMX)、dカード miniのご利用額に応じて、通常の決済時のポイント以上にdポイントが貯まる店舗です。

航空会社のクレジットカードの特約店と同じイメージです。

dカード特約店にスターバックスコーヒー、中部電力、コナカ、フタタが新たに加わり、33社、全国13,000以上の店舗が対象となります。今後も順次拡大していく予定です。スターバックスは使いやすいですね^^

スターバックスコーヒーの店舗

また、従来のポイントアップサイト「DCMX ポイントUPモール」は、2015年12月1日(火曜)以降、「dカード ポイントUPモール」となります。内容に変更はありません。

更に、「ドコモプレミアクラブ」が「dポイントクラブ」になります。

ドコモプレミアクラブでは会員ステージが6段階でしたが、dポイントクラブは当初は4段階となります。

dカードまたはDCMXの契約者はブロンズステージ(上から3番目)、dカード GOLDまたはDCMX GOLDの契約者はゴールドステージ(最上級)に、無条件でなることができました。

ドコモプレミアクラブがdポイントクラブになって、内容が変更されています。2018年5月からは更にリニューアルされて仕組みが変わりました。

したがって、ドコモプレミアクラブにおけるDCMX・DCMX GOLDの特典と、dポイントクラブにおけるdカード・dカード GOLDの特典の価値は変化しています。

dポイントクラブとドコモプレミアクラブの詳細については、以下にまとめています。

NTTドコモには会員制度「dポイントクラブ」があります。2015年12月にドコモプレミアクラブから一新されて、ドコモユーザーでなくても...

ローソンでのお買い物の際にDCMXを使うと、決済時に3%割引となりますが、これはdカードになってからも続きます。

クレカ利用時の1%のポイントと合わせて4%、更にdポイントカードかPontaカードの提示で合計5%となります。期限は特に設けられていません。

マクドナルドでもお得な優待が用意されています。2015年12月1日~2016年3月31日までの期間は、DCMXのiD決済を利用すると、決済金額(税込)から3%割引となります。

12月31日まではそれとは別に付与されるdポイントが、通常1%のところ3%となります。

更にキャンペーンへエントリーしてiDを利用すると、2%のポイントが付与され、合計で8%となります。

マクドナルドのフライドチキン

その後も度々約5%還元の特典は延長されました。dカードの募集開始直後から続いているキャンペーンでしたが、2018年3月31日で終了しました。

それまでは、マクドナルドでdカードを利用するとdカード請求時にお買い物1回ごとに税込価格から3%割引となりました(1円未満切捨て)。

2018年4月以降はマクドナルドでの3%OFFは終了して、dカード決済の1%と共通ポイントのdポイントの1%で合計2%となりました。

その他、マツモトキヨシ、高島屋、ドトールバリューカードへのチャージ、ノジマなどでの利用がお得になりました。

大手ドラッグストアのマツモトキヨシが、NTTドコモの共通ポイント「dポイント」を導入します。2018年4月30日(月)から、dポイントカー...
高島屋が「dポイント」を導入しました。全国の高島屋でのお買い物でdポイントが付与されます。三越・伊勢丹に続き高島屋が共通ポイン...

虎に翼、弁慶に薙刀の威力があり、dカードの活用でドンドンとポイントを貯められます。

dカード、dカード GOLDというクレジットカードがあります。一般カードの方はNTTドコモのユーザーだけではなく、それ以外の方にもメリ...

dポイントは加盟店での利用のほか、JALマイルに交換することが可能でマイラーにとっても使い勝手が抜群です。

dポイントがいつのまにか1万ポイントを突破しました。私は共通ポイントはマイルに交換して、海外旅行に使っています。この度はJALマイ...

dポイント投資という仕組みもあり、dカード資産運用できるクレジットカードの筆頭です。投資ができるカードは類稀であり、一歩先に進んだ画期的なスペックを備えています。

dカードのETCカードは利用でフルにポイントを獲得でき、一般カードは年1回の利用で無料、ゴールドカードは無条件で無料です。

まとめ

DCMXがdカードになり、改善された点もあれば、改悪された点もあります。

良くなった点は、dポイントカード一体型になった点、dカードminiが0.5%還元になった点、ポイント付与のタイミングが速まった点です。

悪くなった点は、ポイント付与の単位です。また、個人的にはカードフェイスがDCMXの方がゴージャス感がありました。

全体的には大きな変更はありません。現在のDCMXは、カード券面記載の有効期限まで利用できます。カードの有効期限更新の際には、dカードが届きます。

DCMXの場合はdポイントカードの機能がないので、dポイント加盟店でDCMXで支払っただけでは、dポイントが付与されません。

dポイントを得るためには、dポイントカードを出す必要があります。カードを2枚お財布に入れて、お店でも2枚を渡す必要があります。

利用中のDCMXが有効期限を迎える前に、dカードへ切り替えたい場合は、2015年11月20日以降、dカードサイトかドコモショップで申し込めます。

カード番号を変更せずに切り替えることが可能であり、手数料は無料です。これは便利ですね^^

ローソンと同様にノジマでも約5%還元、高島屋では約3%還元とパワフルです。

ドコモのクレジットカードらしいハイ・クオリティです。dカードについては以下で徹底解説しています。

dカードというクレジットカードがあります。NTTドコモと三井住友カードが提携して発行しています。三井住友カードは黒子の役割を担っ...

以前NTTドコモに取材に行き、dカードをご担当なさっているスマートライフビジネス本部 金融ビジネス推進部の井芹さん、梶浦さん、久保田さん、井崎さんにインタビューしました。

ドコモのdカードご担当者4名とまつのすけ

dカードの特徴・歴史、dポイント、充実の特典、海外サポート、ゴールドカードのベネフィット、付帯保険、セキュリティの取組み、スマホアプリなどについて取材しています!

日本で大人気クレジットカードの一つがdカードです。ローソン・マツモトキヨシ・髙島屋・ノジマなどで高還元のクレジットカードです。...

dカード、dカード GOLDには虎に翼、弁慶に薙刀の威力があり、優美なスペックが燦然たる輝きを放っていると改めて感じました。

総合的にお得なハイ・クオリティー・カードで、活用していくと家計が頑健化します。日々の生活を豊かに彩ることができます。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめのゴールドカードとしてdカードGOLD、「コンビニがお得なカード」としてdカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

また、67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんも、ローソンでおすすめのカードとしてdカード、ゴールドカードとしてdカードGOLDを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

dカード、dカード GOLDはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているクレジットカードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...
ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

現在はお得な入会キャンペーンが開催されています。加盟店で1ポイント1円で現金同様に使えるiDキャッシュバック、dポイントがプレゼントされます。

dカード(最大8,000円分のプレゼント)

  1. 新規入会:iDキャッシュバック1,000円分
  2. ドコモの利用料金をdカードに設定:iDキャッシュバック1,000円分
  3. 入会の翌月までにエントリーして合計2万円以上の利用:iD4,000円分
  4. 1を満たして入会の翌月時点で、こえたらリボ・キャッシングリボ設定:iD 2,000円分(各1,000円)

dカード GOLD(最大13,000円分のプレゼント)

  1. 新規入会:iDキャッシュバック2,000円分
  2. ドコモの利用料金をdカードに設定:iDキャッシュバック1,000円分
  3. 入会の翌月までにエントリーして合計2万円以上の利用:iD8,000円分
  4. 1を満たして入会の翌月時点で、こえたらリボ・キャッシングリボ設定:iD 2,000円分(各1,000円)

入会後2ヶ月間での利用は、カードとiD利用が対象で、ケータイ料金・dカードの各種手数料・電子マネーチャージなどは対象外です。

dカードのキャンペーンは、dカード miniの加入者も対象です。dカード GOLDのキャンペーンはDCMX、dカードからのアップグレードが含まれます。

dカード・dカード GOLDはドコモユーザーにとってメリットが大きいクレジットカードです。以下の公式ページからご入会すると、キャンペーンが適用されます。

▼dカードのキャンペーンはこちら▼

▼dカード GOLDのキャンペーンはこちら▼

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-dカード, クレジットカード

Copyright© The Goal , 2018 All Rights Reserved.