新規上場!Casa(7196)のIPOの初値予想

更新日: IPO

Casa

Casa(7196)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2017年10月16日(月)~10月20日(金)、上場日は2017年10月31日(火)です。

新規上場する市場は東証2部で、想定価格は2,270円(1単元22.7万円)です。仮条件は2,060~2,270円と下振れました。

公開価格は仮条件の上限である2,270円となりました。予想PERは14.8倍、予想PBRは1.93倍(BPS 1,178.21)、予想配当利回りは1.96%(1株配当 44.5)です。

2017年10月16日時点ではまだ日興、大和から勧誘はありませんでしたが、18日に日興から勧誘がありました。

初値予想は「公開価格近辺でマイナスリターンの可能性がある」です。大手初値予想会社の初値予想は以下の通りです。

  • 2,270〜2,500円(仮条件の上限比±0%~+10.1%)
  • 2,100〜2,300円(仮条件の上限比-7.5%~+1.3%)

初値予想会社の直前初値予想は以下の通りとなっています。

  • 2,270円(公開価格比±0%)
  • 2,270円(公開価格比±0%)

Casaはラテン語で「住まい」を意味しており、人間の最も基本的なニーズである衣・食・住のうち、「住」の確保に貢献することを会社の使命とし、家賃債務保証事業を営んでいます。

監査法人は有限責任監査法人トーマツです。本社所在地は東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビルです。

Casaとは

日本の賃貸不動産市場においては、賃貸人が賃借人の家賃滞納リスクを避けたいという考えから、連帯保証人による保証を前提として賃貸借契約が取り交わされています。

しかしながら、少子化、高齢化、核家族化、晩婚化等の社会情勢の変化により、連帯保証人がいない賃借人や、連帯保証を第三者に依頼したくない賃借人が増加しており、Casaのような法人による連帯保証のニーズが高まっています。

また、空室は年々増加しており、不動産管理会社等や賃貸人は、入居を促進するために家賃等の債務の保証金としての敷金を減額するなど、賃借人の初期費用負担の軽減を図っています。

賃貸人は賃借人が賃貸借契約を解約した時点で未回収の家賃、修繕費用その他の債権を敷金から相殺しますが、敷金の減額により貸し倒れリスクが高まるため、家賃債務保証サービスへのニーズの拡大につながっています。

Casaは、これらのニーズに応えるために賃借人の家賃滞納リスクを保証する家賃債務保証事業を提供しています。

家賃債務保証サービスによって、賃借人は賃貸借契約を円滑に行うことができ、賃貸人は賃借人の家賃滞納リスクの低減による安定的な賃貸経営を行うことが可能となります。

https://www.youtube.com/watch?v=VklDkdsHuCE

Casaの事業は「家賃債務保証事業」のみの単一セグメントにより構成されています。

入居者(賃借人)から賃貸住宅等の賃貸借契約に関して家賃債務保証を引き受け、賃貸人に対して家賃債務の連帯保証サービスを行います。

賃借人から入居時に受け取る初回保証委託料と、入居後一年ごとに受け取る年間保証委託料の2つの収益を確保するビジネスモデルです。

従業員数は319名、平均年齢は41.8歳、平均勤続年数は6.3年、平均年間給与は536.9万円です。

家賃債務保証事業における業務の流れ

申込・審査・契約

賃貸物件への入居を希望する賃借予定者は、Casaが代理店契約を締結している不動産管理会社等を通じて、Casaに保証委託申込みを行います。

Casaは保証委託申込みを受け、蓄積しているデータベースを活用し、賃借予定者の性別・年齢・職業等の属性情報や、賃借予定者が過去に取引実績がある場合は過去の家賃の支払状況などを基に審査を行います。

その上で、賃借予定者と保証委託契約を締結し、賃貸人と賃貸保証契約を締結します。

保証料は、初回保証料と年間保証料に分かれます。初回保証料は保証委託契約締結時に、年間保証料は、保証委託契約締結の1年後より毎年受領します。

代位弁済

賃貸物件入居後に家賃の滞納が生じた場合には、賃貸人又は代理人(不動産管理会社等)より代位弁済請求を受けた上で、賃借人に対し滞納家賃の督促を行います。

代位弁済請求のあった月に回収できなかった家賃はCasaが補填し、回収できた他の賃借人の家賃とあわせて賃貸人に代位弁済します。

督促

滞納した家賃の督促については、コンプライアンスを第一に考えたうえで、約定通りの支払いができるように支払い方法や収入に応じた分割返済の相談にも対応しています。

Casaの家賃債務保証事業の特徴

Casaは、10ヶ所の事業拠点(東京、札幌、仙台、千葉、静岡、名古屋、大阪、岡山、高松、福岡)を設けています。

これらの事業拠点において、約20,000店舗(平成29年8月末現在)からなる6,910社の代理店を活用して、家賃債務保証サービスの提供を全国的に展開しています。

また、与信審査においては、これまで蓄積してきた賃借人の属性、家賃支払状況等に係る約198万件(平成29年8月末現在)の審査データベースを活用できることも特徴として挙げられます。

この審査データベースを活用することで、受付段階の審査をシステム処理して審査時間を短縮することで、原則2時間以内での保証引受可否の回答が可能となっています。

家賃保証の引受条件として連帯保証人を置く同業他社が少なくない中、Casaは連帯保証人を不要としている点にエッジ・優位性があります。

連帯保証人を確保する手間を要さず、速やかに審査を行うことで、スムーズに住まいを確保することが可能となっています。

Casaは、賃借人から保証委託契約により契約時に初回保証料を受領し、その後、継続する契約(継続契約)者から、1年毎に年間保証料を受領する家賃債務保証契約を基本としています。

家賃債務保証業界では、初回保証料を主としているフロー型ビジネスの会社と、初回保証料に加え年間保証料も受領するストック型ビジネスの会社に分かれます。

Casaは後者のフロー収入とストック収入の双方を得ているストック型ビジネスであり、安定した収益基盤を確保しています。

Casaでは代理店である不動産管理会社や家主に「Casaダイレクト」や「家主ダイレクト」といった家賃債務保証商品を提供しています。

Casaは不動産管理会社や家主から家賃債務保証会社としてCasaを選択してもらうよう取り組んでいます。

Casaダイレクト

Casaダイレクトは、集金代行業務を行うリコーリース(株)と連携し平成27年6月から提供を開始した商品です。

家賃の集金代行と家賃保証がセットになった事前立替型保証であり、不動産管理会社は滞納報告が不要のため、家賃管理業務の負担が軽減されることとなります。

家主ダイレクト

家主ダイレクトは、リコーリース(株)と東京海上日動火災保険(株)と連携し、賃貸人(家主)に家賃を直接送金する商品であり、平成28年4月から提供を開始しています。

商品の基本設計は、Casaダイレクトと同様に事前立替型保証商品となっている他、賃貸物件で孤独死等が発生した場合に備えた保険サービスを組み合わせた商品です。

Casaの基本的商品及び他社の商品は、代理店を通じて家主と賃貸保証契約を締結しますが、「家主ダイレクト」は、家主と直接契約締結が可能です。

これまでの不動産管理会社マーケット主体から未開拓の自主管理家主マーケットに事業を展開する礎となる商品であるとCasaは考えています。

家賃債務保証会社は、家主から賃貸住宅の管理等を受託している不動産管理会社等に対する営業を中心に行ってきています。

不動産管理会社を利用しない家主(自主管理家主)に対して直接アプローチすることはほぼなかったことから、自主管理家主は家賃債務保証会社の利用よりも連帯保証人を求めることが多い状況です。

Casaでは、この不動産管理会社が管理する物件に係る家賃債務保証の市場を不動産管理会社マーケット、自主管理家主の物件に係る家賃債務保証の市場を自主管理家主マーケットと位置付けています。

これまで家賃債務保証の利用があまり進んでいない自主管理家主マーケットの開拓に注力するため、「家主ダイレクト」の提供を開始しました。

https://www.youtube.com/watch?v=AoM5QLmYiD0

家賃債務保証事業を補完する事業

Casaは以上のような家賃債務保証事業を補完する活動として、以下のような事業を展開しています。

入居者向け情報提供

Casaはこれまで家賃債務保証サービスを通じて入居者の満足度向上を図ってまいりました。

さらにサービス拡充を目的として旅行、買い物、飲食、料理レシピ等の情報提供、及び割引サービスを提供する「入居者カフェ」のWebサービスを平成29年5月から開始しています。

相談窓口

Casaは、住人の住替えや家賃保証等に関して渋谷区、板橋区、仙台市等14の自治体からの支援依頼にも対応しており、契約中の賃借人に限らず入居支援サービスを行っています。

また、生活環境や収入状況の変化が起きた場合には、以下の施策を講じることによって、約定通りの支払いができるように支援を行っています。

  • 家賃の支払方法の相談
  • 農林水産省が食品ロス削減を図る一つの手段として活動を支援している「フードバンク」を利用した食糧支援
  • 就職の相談
  • 必要に応じて収入に応じた賃貸物件への住み替え支援
  • 住宅確保給付金や総合支援資金貸付制度等の公的支援制度の案内等の提案

自主管理家主向け賃貸管理システム

Casaは、自主管理家主向けのサービスとして、賃貸管理システムを開発するパレットクラウド(株)と連携して「大家カフェ」を平成29年5月から開始しています。

「大家カフェ」とは、自主管理家主向けに「空室対策」×「家賃決済」×「リフォーム」をコンセプトに、IT技術を活用して賃貸物件を管理できる不動産管理支援サービスシステムです。

現在は、不動産オーナーが抱える課題である「入居者募集」「家賃管理」「リフォーム」を解決するためのサービスの提供をしています。

区分サービス内容効果
入居者募集賃貸物件の物件概要や部屋の間取り図等情報が記載されている募集図面の作成
Casaの仲介ネットワークを使った入居希望者の紹介支援
補修物件周辺相場レポートや設備状況の提供
空室対策を全面サポート
家賃管理家賃保証サービスに加え利用物件の家賃の入金明細レポートを提供家賃管理を可視化
リフォーム家主自身で相見積もり、業者選定、修繕手配がネットで完結
修繕工事の進捗状況は、施工写真付で随時レポート
選べるリフォーム

不動産管理会社向け入居促進支援サービス

不動産管理会社や仲介会社の空室募集に関する業務に対し、Casaの家賃債務保証サービスの利用を条件として入居促進支援を行う「Casaリーシングセンター」を平成29年7月から開始しています。

人員不足等でお客様の対応ができなく機会損失に悩む不動産管理会社や仲介会社向けに、お客様からの空室確認、内見案内等の業務の代行や休日の問合せ対応、問合せ状況に関するレポート報告等を提供しています。

仲介事業

Casaは「MAPA」(マーパ)という賃貸物件の物件検索サイトを運営しています。

「MAPA」は、家賃や部屋の間取り図等の基本情報に加え、Casa独自のレポーターによる現地調査を踏まえた賃貸物件のレポート、近隣のショッピング、病院、エンターテイメント施設等の情報を提供しています。


CasaのIPOの諸データ

新規発行による手取金の使途については、新基幹システムの開発、マーケティング関連費用に充当する予定です。具体的には以下のとおりです。

  • 業務効率向上及び賃借人と賃貸人の相互のニーズをつなぐマッチングビジネス「Casa Cloud(カーサクラウド)」のサービス開始に向けた新基幹システムの開発のための開発委託費用
  • 家主向け賃貸管理システム「大家カフェ」の利用家主の拡大及び賃貸物件検索サイト「MAPA」の新規顧客獲得、Casaブランドの認知度向上のためのブランディングを目的としたWeb広告や動画広告

Casaの業績推移

業績面では売上高は美しい右肩上がりとなっています。経常利益、純利益は減益の年度があります。

Casaの業績推移

営業キャッシュフローは純利益を上回っている年度と下回っている年度があります。

主要な経営指標等の推移は下表のとおりです。前期の自己資本利益率(ROE)は13.1%であり、自己資本比率は47.0%です。

回次第1期第2期第3期第4期
決算年月平成26年
1月
平成27年
1月
平成28年
1月
平成29年
1月
売上高(千円)6,389,7557,139,6468,022,013
経常利益(千円)-193,7061,615,0661,700,8301,263,094
当期純利益(千円)-194,1021,219,993875,032632,522
資本金(千円)1,300,0001,300,0001,300,0001,300,000
発行済株式総数(株)52,00052,00052,00052,000
純資産額(千円)2,408,1533,628,1474,503,1795,135,702
総資産額(千円)7,031,69910,262,33411,083,68310,912,072
BPS(円)46,267.2769,728.69865.56987.2
1株配当(円)
EPS(円)-4,583.4423,461.42168.28121.64
自己資本比率(%)34.235.340.647.0
自己資本利益率(%)40.521.513.1
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業CF(千円)1,226,23488,195
投資CF(千円)-161,588-182,326
財務CF(千円)-831,728-441,652
現金等(千円)2,047,7881,512,004
従業員数(人)311315323

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証2部指数はトランプ氏が米国大統領選で勝利したことで一時的に大暴落となりました。しかし、翌日以降は切り替えして、右肩上がりでの上昇が続いています。

このまま堅調な相場が続けば、IPOにおいて追い風となります。逆に2017年9圧をピークとして下降トレンドに転じたら向かい風となります。

東証2部指数のチャート(2017年6月27日~2017年9月26日)
(※マネックス証券より)

上場規模

CasaのIPOの規模は最大で約84.4億円であり、東証2部としてはかなりの大型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は220,000株、売出株式数は3,015,000株、オーバーアロットメント(OA)は485,200株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約69%とかなり高めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は約93%です。

貸株人かつ売出人であるアント・カタライザー4号投資事業有限責任組合及びCatalyzer Partners IV, L.P.には、原則として90日間のロックアップがかかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。

役員である宮地正剛、堀内宣治及び川西直人、従業員である岩本耕一及び横沼勇並びに株主であるリコーリース株式会社、株式会社三井住友銀行、三井住友信託銀行株式会社及びNCS&A株式会社には、原則として180日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

株主名保有割合ロックアップ
アント・カタライザー4号投資事業有限責任組合67.70%
宮地正剛10.63%
Catalyzer Partners IV,L.P.9.06%
リコーリース(株)7.00%
堀内宣治1.41%
(株)三井住友銀行1.05%
三井住友信託銀行(株)1.05%
川西直人0.78%
岩本耕一0.78%
NCS&A(株)0.39%

初値予想

Casaの事業は賃借人の家賃滞納リスクを保証する家賃債務保証事業ということで、IPOにおける人気度はわるくありません。

少子化、高齢化、核家族化、晩婚化等の社会情勢の変化により、連帯保証人を見つけるのが煩わしい方は増加の一途を辿っており、社会的ニーズを的確に充足する事業活動を展開しています。

予想PERは14.8倍、予想PBRは1.93倍、予想配当利回りは1.96%であり、類似企業と比較すると割安感があります。

コード銘柄名PERPBR配当利回り
7183あんしん保証36.944.600.40%
7187ジェイリース23.206.910.58%
7191イントラスト27.395.580.77%

約84.4億円であり、東証2部としてはかなりの大型です。上位株主にはVCがあり、ロックアップがかかっています。

VCによるexit臭が漂っている大型IPOで東証2部上場という点は絶大なマイナスポイントです。

東証2部の30億円以上の大型IPOの初値結果は勝率が低いです。2006年以降では10勝17敗です(±0は負けにカウント)。

  • ウェーブロックホールディングス:-3.9%
  • グリーンズ:+8.6%
  • 船場:-7.5%
  • ジャパンミート:+3.0%
  • シーアールイー:-7.3%
  • 大冷:-6.7%
  • OATアグリオ:-6.3%
  • 丸和運輸機関:-8.8%
  • 日本BS放送:+6.6%
  • ファルテック:+5.3%
  • 三菱総合研究所:+45.5%
  • 常和ホールディングス:+2.3%
  • モリモト:-5.6%
  • プレサンスコーポレーション:-12.5%
  • ユニバース:-7.0%
  • アサックス:+23.9%
  • 朝日ネット:-3.8%
  • セントラル総合開発:±0%
  • ニフティ:-1.9%
  • ミヤノ:-12.9%
  • 東京建物不動産販売:-1.6%
  • 平河ヒューテック:+62.0%
  • アイ・ティーシーネットワーク:±0%
  • ジェネシス・テクノロジー:±0%
  • 東海運:±0%
  • ペガサスミシン製造:+4.2%
  • フェリシモ:+33.3%

今年はCasaと類似しているexitの大型IPOのグリーンズが意外なプラスリターンとなりました。

しかし当時は野村證券の初値売り抑制令の全盛期で、しかもIPOバブル的に初値が好調だった時期に当たります。

初値売りをする顧客へのIPOの配分を慎むようにというお達しが出てからは、初値が高騰してそこから急落するという場面が幾度となく繰り返されました。

結局のところそのような共産主義・全体主義的な措置は市場の歪みにつながり、初値で買いたい人は高値掴みとなり、初値で売りたい人は売れずにストレスとなって、「誰得」状況に陥りました。

さすがにそれに気がついたのか、最近は一部の証券を除いてIPOに関しては初値売り抑制令が沈静化しつつある印象です。この流れが続くことを願います。

以上を総合考慮して、初値予想は「公開価格近辺でマイナスリターンの可能性がある」です。


主幹事はSMBC日興証券、大和証券です。その他は、野村證券、SBI証券、いちよし証券、マネックス証券、SMBCフレンド証券、岡三証券、エース証券で申し込めます。

証券会社名割当株式数割当比率
SMBC日興証券1,455,90045.00%
大和証券1,455,90045.00%
野村証券129,4004.00%
SBI証券80,9002.50%
いちよし証券32,3001.00%
マネックス証券32,3001.00%
SMBCフレンド証券16,1000.50%
岡三証券16,1000.50%
エース証券16,1000.50%

岡三グループの岡三オンライン証券でも取扱いがあります。口座数が少なくてライバルは少なめです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

CasaのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいのがデメリ...

SBI証券が幹事に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

株・投資信託ならネット証券のマネックス

SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です。...

ライブスター証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、口座開設だけで2,000円のプレゼントもあります!

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

<投資スタンス>
やや弱気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:ネット証券で申込、対面証券では原則申込(回数制限やS級狙いで回避することも)
  3. 中立:ネット証券、S級銘柄の当落に影響がない対面証券では申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)
  4. やや弱気:SBI証券以外は原則回避、対面証券はバーター取引ならOK
  5. 弱気:SBI証券以外は回避

過去のIPO初値予想の履歴

過去のIPO初値予想の履歴

銘柄名(2015年)発表時BB直前結果
Keeper技研やや強気やや強気49.1%
ケネディクス商業リート投資法人中立やや強気13.3%
ファーストロジック強気強気52.5%
ファーストブラザーズやや弱気やや弱気2.5%
ホクリヨウ中立中立8.9%
ALBERT強気強気115.7%
シリコンスタジオやや強気やや強気102.0%
コラボス強気強気137.6%
エムケイシステム強気強気332.0%
ショーケース・ティービー強気強気193.9%
ヘルスケア&メディカル投資法人やや強気やや強気54.5%
エスエルディー強気強気15.3%
ヒューマンウェブやや強気やや強気11.7%
イード強気強気46.4%
ファーストコーポレーションやや強気やや強気25.0%
RSTechnologies中立中立-23.6%
シンデン・ハイテックスやや強気やや強気12.2%
ハウスドゥやや強気やや強気47.2%
Aiming中立中立12.2%
モバイルファクトリー強気強気99.4%
日本動物高度医療センターやや強気やや強気44.2%
プラッツやや強気やや強気70.2%
sMedioやや強気やや強気58.7%
サンバイオ弱気弱気-14.5%
海帆やや強気やや強気76.5%
Hameeやや強気やや強気67.2%
日本スキー場開発中立中立9.9%
シーアールイー弱気弱気-7.3%
三機サービス中立中立37.1%
レントラックス強気強気53.1%
リンクバルやや強気やや強気27.9%
ジグソー強気強気236.4%
Gunosy中立中立0.0%
デザインワン・ジャパンやや強気やや強気50.9%
テラスカイ強気強気350.0%
ヘリオス中立弱気22.5%
スマートバリュー強気強気344.9%
マーケットエンタープライズ強気強気167.0%
デジタル・インフォメーション・テクノロジー強気強気246.2%
エコノス弱気中立120.0% 
中村超硬弱気弱気11.8%
メニコンやや強気やや強気73.5%
冨士ダイス弱気弱気50.9%
ファンデリー強気強気102.1%
ナガオカ中立中立40.6%
サムティ・レジデンシャル投資法人中立中立 -2.9%
富士山マガジンサービス強気強気126.4%
クレステックやや強気やや強気82.4%
平山やや強気やや強気29.5%
アイリッジ強気強気429.2%
デクセリアルズ弱気弱気-3.1%
ジャパン・シニアリビング投資法人やや強気やや強気-10.5%
イトクロ中立中立4.1%
PCIホールディングスやや強気やや強気169.6% 
エスケーホーム中立やや強気13.8%
パルマ強気強気70.5%
メタップス中立中立-7.9%
ラクト・ジャパン中立中立0.0%
土木管理総合試験所中立中立-2.4%
アクアライン強気強気21.7% 
ベステラやや強気やや強気25.0%
STUDIOUSやや強気やや強気20.0%
JESCOホールディングス中立中立5.4%
ピクスタ強気強気34.8%
アイビーシー強気強気251.0%
ブランジスタやや強気強気43.8%
AppBankやや強気強気45.8%
グリーンペプタイド弱気弱気-8.0%
GMOメディアやや強気やや強気101.1%
パートナーエージェントやや強気強気217.5%
バルニバービやや強気やや強気130.0%
日本郵政中立中立16.5%
ゆうちょ銀行中立中立15.9%
かんぽ生命保険中立中立33.1%
ロゼッタ強気強気433.1%
あんしん保証強気強気292.5%
ベルシステム24HD弱気弱気-5.0%
ネオジャパン強気強気401.7%
いちごホテルリート投資法人投資法人中立中立-1.8%
インベスターズクラウドやや強気やや強気93.3%
鎌倉新書やや強気強気 180.6%
ラクス強気強気228.7%
ランドコンピュータやや強気やや強気103.4%
ダブルスタンダード強気強気128.8%
オープンドアやや強気やや強気23.3%
ミズホメディーやや強気やや強気156.5%
ツバキ・ナカシマ弱気弱気4.5%
アートグリーン中立中立46.2%
フリューやや強気弱気0.6%
ビジョン中立中立 10.7%
アークン強気強気262.1%
マイネット強気やや強気19.3%
ソネット・メディア・ネットワークス強気強気139.1%
ソーシャルワイヤー強気強気56.9%
ケイアイスター不動産弱気弱気6.8%
プロパティエージェントやや強気やや強気115.0%
一蔵中立弱気2.1%
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.