新規上場!西本WismettacホールディングスのIPOの初値予想

更新日: IPO

西本Wismettacホールディングス

西本Wismettacホールディングス(9260)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2017年9月12日(火)~9月19日(火)、上場日は9月29日(金)です。

新規上場する市場は東証一部か二部です。99.9%東証一部だと予想します(※9月20日に東証一部に決定)。

想定価格は5,250円(1単元52.5万円)です。仮条件は4,500~5,250円と下振れました。

公開価格は仮条件の上限で決まらず4,750円となりました。予想PERは18.4倍、予想PBRは0.40倍(BPS 11,811.89)です。

初値予想は「公開価格近辺でマイナスリターンの可能性がある」です。大手初値予想会社の初値予想は以下の通りです。

  • 5,250〜5,700円(仮条件の上限比±0%~+8.6%)
  • 4,467〜4,750円(公開価格比-6.31%~±0%)

初値予想会社の直前初値予想は以下の通りとなっています。

  • 4,750円(公開価格比±0%)
  • 4,465円(公開価格比-6.0%)

西本Wismettacホールディングスは、米国でアジア食グローバル事業と農水産商社事業を展開しています。具体的には食品・食材の輸入、開発、卸売、供給などを行っています。

監査法人は有限責任監査法人トーマツです。登記上の本店所在地は兵庫県神戸市中央区磯辺通4丁目1番38号 ザ・シティ神戸三宮ビル5階であり、実際の本社業務は東京都中央区日本橋3丁目10番5号 オンワードパークビルディング6階で行っています。

西本Wismettacホールディングスとは

西本Wismettacホールディングスは持株会社、連結子会社11社及び持分法適用関連会社2社で構成されています。

第一に、主に米国において、日本食、アジア食品・食材の輸入並びに食材の開発や外食産業、グローサリー(食品スーパー)への卸売りを行っている「アジア食グローバル事業」を展開しています。

第二に、青果物全般(フルーツ、野菜、その他加工品)の輸入卸販売、食品メーカー並びに、主に外食産業向けの食材の供給を行っている「農水産商社事業」を展開しています。

従業員数は68名、平均年齢は40.6歳、平均勤続年数は8.2年、平均年間給与は557.2万円です。

ハワイの果物

アジア食グローバル事業

アジア食グローバル事業は、日本食を中心としたアジア食品・食材などを米国内、日本、中国、東南アジアなどから輸入します。

また、米穀などを米国内で調達し、米国及びカナダを中心に欧州、豪州及びアジア等の日本食を中心としたレストラン、グローサリーに販売しています。

中でも、大正10年に商標登録をしたPB「Shirakiku」は、今日においても有数の日本食ブランドとして認知されており、北米で広く親しまれているものと考えています。

従来、米国における日本食といえば日系マーケットを対象としていましたが、今や国境や人種の壁を超えたグローバルな食文化へと進化しています。

寿司

西本Wismettacホールディングスの初の北米拠点であるシアトル支店を開設して以来、現在では、北米地域での営業拠点は23箇所と、米国における日本食卸売大手の一社として平成28年12月期現在では約8,400アイテムを販売しています。

平成29年7月31日現在、当事業に携わっている従業員は世界各国で1,344人となっています。

商品の開発・企画、仕入から、輸入通関、在庫管理、分荷・配送、販売に至るまで、バリューチェーンに係るオペレーションを、西本Wismettacホールディングスが世界各国において一貫して手掛けています。

顧客に対してスピーディーできめ細やかなサービスを提供するために、自社物流機能を有しています。

北米全支店においては150台超のトラックを有し、自社管理倉庫にて三温度帯(冷凍、冷蔵、常温)での温度管理を行っており、常にベストな状態の商品を届けられる体制となっているものと考えています。

販売面においては、営業スタッフが顧客(レストラン、グローサリー等)を訪問し、直接対話による営業活動を行っています。

ハワイの食事・シトラスウォーター

農水産商社事業

農水産商社事業においては、生鮮青果、冷凍加工青果、水産物等を国内の卸売市場、量販店、外食・中食産業、食品メーカー等に対して輸入卸販売しています。

この他、青果物の輸出・三国間貿易等を行っています。三国間貿易とは貿易商社が在外支店を通じて第三国間で行う貿易取引を指し、仲介貿易とも表現されます。

特に生鮮青果においては、サンキスト・グロワーズ社の日本輸入総代理店となっています。

輸入柑橘類(レモン、オレンジ等)をはじめとして、トロピカルフルーツ、野菜など青果全般に亘って、販売を行っています。

柑橘類のフルーツドリンク

冷凍加工商材カテゴリーでは、世界の農産原料の産地開発から輸入までを一貫して手掛けています。

厳しい品質基準が求められる国内食品メーカー向けの原料から、全国に店舗展開する外食、中食、小売産業に対しての商品開発まで、様々な業態に多様な商品を提供し、安定した原料・食材の供給を行えるノウハウを持っているものと考えています。

水産品等についてはアジア食グローバル事業の経営資源を活用し、国内での販売に取り組んでいます。

また、国産青果物の輸出や、これまでの販路の中心であった国内の卸売市場、食品メーカーや外食産業だけでなく、中国、香港、東南アジアなどで販路の拡大に取り組んでいます。

その他事業

前述の事業以外には、アメニティーフード部門において海外食品や雑貨の輸入及びキャラクター商品の開発、製造、輸入販売を行っています。

具体的には、日本にはないユニークな海外のブランド食品を日本市場に紹介しています。

また、バレンタインやハロウィン、クリスマスなどの季節ごとに展開されるシーズンイベント商品を自ら企画、開発、販売しています。

これ以外にも、ギフト商品の販売、サプリメント販売、小売店舗の運営等も行っています。

セグメントの名称主要取扱商品主要関係会社
アジア食グローバル事業米、農産物(枝豆、海苔、ガリ)、調味料(醤油、味噌、酢、ソース、わさび)、加工食品(豆腐、餃子、シューマイ、うどん、そば)、水産物(うなぎ、はまち、加工エビ、マグロ、ソフトシェルクラブ)、菓子類(チョコレート、ビスケット、あられ、せんべい、大福)、酒(日本酒、焼酎、ビール)、箸・容器等Wismettac Asian Foods,Inc.
Wismettac Asian Foods,Inc. (Canada)
西本貿易株式会社
NTC Wismettac Singapore Pte. Ltd.
NTC Wismettac Australia Pty Ltd.
NTC Wismettac Europe B.V.
西本連合食品商貿(上海)有限公司
Harro Foods Limited
日本食品有限公司
SSP Konsumgüter TRADE & CONSULT GmbH
COMPTOIRS DES 3 CAPS SARL
農水産商社事業レモン、オレンジ、グレープフルーツ、アボカド、キウイ、チェリー、ブドウ、アスパラガス、パプリカ、ブロッコリー、バナナ、パイナップル、冷凍果実(イチゴ、ブルーベリー、マンゴー)、冷凍野菜(アスパラガス、里芋)、缶詰(みかん、白桃)、水産品(エビ、マグロ、ウナギ)、農産品(米、海苔、ガリ)Wismettacフーズ株式会社
愛品盟果業貿易(上海)有限公司
その他事業バレンタイン、ハロウィン、クリスマス向けの海外食品・雑貨、ギフト向け生鮮食品、サプリメント等西本貿易株式会社

西本WismettacホールディングスのIPOの諸データ

新規発行による手取金の使途については、設備資金、運転資金、借入金の返済資金に充当する予定です。設備資金の内訳は以下のとおりです。

  • アジア食グローバル事業における各国法規制対応を目的とした商品規格管理システムの構築
  • ワークフローの刷新及び拠点間の連携強化を目的としたシステムプラットフォームの整備
  • 商品販売データを活用した自動発注システム
  • 物流施設自動化のための対応
  • 北米エリアの倉庫移転・拡充等のための資金

西本Wismettacホールディングスの業績推移

業績面では売上高は減収、経常利益・純利益・EPSは減益の年度があり、大局的には横ばいの傾向となっています。

西本Wismettacホールディングスの業績推移

営業キャッシュフローは包括利益を大幅に上回っています。一般論としては安心感があります。

連結経営指標等では、前期の自己資本利益率(ROE)は7.5%であり、自己資本比率は53.7%です。

回次第69期第70期
決算年月平成27年12月平成28年12月
売上高(百万円)158,254158,338
経常利益(百万円)7,2506,922
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)4,5092,847
包括利益(百万円)4,0571,853
純資産額(百万円)37,13138,979
総資産額(百万円)60,62772,578
1株当たり純資産額(円)2,972.103,120.03
1株当たり当期純利益(円)360.94227.95
自己資本比率(%)61.253.7
自己資本利益率(%)12.97.5
営業活動によるキャッシュ・フロー(百万円)3,6673,811
投資活動によるキャッシュ・フロー(百万円)△1,929△6,929
財務活動によるキャッシュ・フロー(百万円)3,4338,925
現金及び現金同等物の期末残高(百万円)17,74822,909
従業員数(人)1,3071,554

提出会社の経営指標は下表のとおりです。

回次第66期第67期第68期第69期第70期
決算年月平成24年
12月
平成25年
12月
平成26年
12月
平成27年
12月
平成28年
12月
売上高(百万円)4305255289151,582
経常利益(百万円)18152045159
当期純利益(百万円)△7△6△122689
資本金(百万円)100100100100100
発行済株式総数(株)2,642,6482,642,6482,642,6482,642,6482,642,648
純資産額(百万円)4,9184,9154,7874,7914,874
総資産額(百万円)5,1167,1247,2368,2248,657
BPS(円)1,968.491,967.171,915.99383.51390.15
1株配当(円)22222
EPS(円)△3.00△2.45△48.970.497.14
自己資本比率(%)96.16966.258.356.3
自己資本利益率(%)0.11.8
配当性向(%)81.65.6
従業員数(人)7871062

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

TOPIXは4月17日をボトムに反発してここ3ヶ月ほどはボックス相場での推移となっています。

8月8日からは軟調な展開となり、ボックス圏の下限に迫っています。上昇トレンドに回帰すると追い風となりますが、下落トレンドに突入した場合は向かい風となります。

TOPIXのチャート(2017年5月26日~2017年8月25日)
(※マネックス証券より)

上場規模

西本WismettacホールディングスのIPOの規模は最大で約223.4億円であり、東証一部としてはやや小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は1,850,000株、売出株式数は1,850,000株、オーバーアロットメント(OA)は555,000株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約30%とやや高めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は50%です。

貸株人及び売出人である多津巳産業株式会社並びに西本Wismettacホールディングス株主である洲崎良朗、公益財団法人洲崎福祉財団、金井孝行及び清水正之には、原則として90日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

株主名比率ロックアップ
多津巳産業(株)61.19%
洲崎良朗22.02%
公益財団法人洲崎福祉財団9.84%
西本Wismettacホールディングス(株)5.45% 
金井孝行1.06%
清水正之0.32%
堀川大輔0.11% 

初値予想

西本Wismettacホールディングスの事業は、日本食、アジア食品・食材の輸入並びに食材の開発や外食産業、グローサリー(食品スーパー)への卸売、青果物全般(フルーツ、野菜、その他加工品)の輸入卸販売、食品メーカー並びに、主に外食産業向けの食材の供給ということで、IPOにおける業種の人気度は高くありません。

予想PERは18.4倍、予想PBRは0.40倍であり、類似企業と比較するとPBRは割安感があります。

コード銘柄名PERPBR配当利回り
2692伊藤忠食品18.490.761.55%
2708久世14.010.651.28%
3160大光19.174.200.70%
7451三菱食品14.941.171.54%
7481尾家産業21.310.951.58%
8006ユアサ・フナシヨク10.780.513.03%
8079正栄食品29.922.430.61%
8142トーホー25.241.241.77%
9869加藤産業20.531.101.61%

約229.4億円という上場規模は東証一部としてはやや小型です。上場する市場は東証一部か二部ですが、東証一部だと予想します。

上位株主には、万遍なくロックアップがかかっています。

東証一部の100億円~300億円のやや小型IPOの初値結果は以下のとおりです。

  • バロックジャパンリミテッド:-5.0%
  • ソラスト:-6.0%
  • メタウォーター:-6.0%
  • ジョイフル本田:-1.9%
  • 足利ホールディングス:+7.4%
  • オープンハウス:+18.0%
  • ブロードリーフ:+11.1%
  • 全国保証:+3.7%
  • カルビー:±0%
  • ホシザキ電機:-6.0%
  • バンテック・グループ・ホールディングス:-25.8%
  • キトー:-18.5%
  • チャイナ・ボーチー:+72.5%
  • 八千代銀行:-5.6%
  • テイ・エス テック:+26.9%
  • 共英製鋼:+21.3%
  • ダスキン:±0%
  • SRIスポーツ:-3.2%
  • 東洋炭素:+22.2%
  • テンプスタッフ:+11.8%
  • 岩井証券:+70.7%
  • 古河スカイ:+21.6%
  • オハラ:±0%
  • auカブコム証券:+81.9%
  • 博報堂DYホールディングス:+13.2%
  • 芙蓉総合リース:+19.1%
  • テレビ東京:+15.5%
  • アルバック:+86.4%
  • NECシステムテクノロジー:+77.5%
  • イオンモール:+4.0%

以上を総合考慮して、初値予想は「公開価格近辺でマイナスリターンの可能性がある」です。


主幹事は野村證券です。その他は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券、極東証券、SBI証券、エース証券、SBIネオトレード証券で申し込めます。

証券会社名割当株式数割当比率
野村証券3,182,00086.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券185,0005.00%
SMBC日興証券148,0004.00%
みずほ証券74,0002.00%
極東証券37,0001.00%
SBI証券37,0001.00%
エース証券37,0001.00%

三菱UFJグループのauカブコム証券でも取り扱いが期待できます。カブドットコムのIPOは、公平性と機密性を確保したシステムによる抽選で当選者が決まります。

西本WismettacホールディングスのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいの...

SMBC日興証券は小口個人投資家でもIPOが当たるチャンスがある証券会社です。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名...

SBI証券が幹事に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券と...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

今回は幹事団に入っていませんが、マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

株・投資信託ならネット証券のマネックス

SBIネオトレード証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、2,000円のプレゼントもあります!

取引が不要で口座開設だけで2,000円プレゼントの証券会社のキャンペーンは稀有です。まだSBIネオトレード証券に口座をお持ちでない方は、今がチャンスです。この機会にぜひ口座開設してはいかがでしょうか。

SBIネオトレード証券 公式キャンペーン

岡三オンライン証券でも取扱いがある可能性があります。口座数が少なくてライバルは少なめです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

<投資スタンス>
やや弱気
(※強気・やや強気・中立・弱気の4段階)

過去のIPO初値予想の履歴

過去のIPO初値予想の履歴

銘柄名(2015年)発表時BB直前結果
Keeper技研やや強気やや強気49.1%
ケネディクス商業リート投資法人中立やや強気13.3%
ファーストロジック強気強気52.5%
ファーストブラザーズやや弱気やや弱気2.5%
ホクリヨウ中立中立8.9%
ALBERT強気強気115.7%
シリコンスタジオやや強気やや強気102.0%
コラボス強気強気137.6%
エムケイシステム強気強気332.0%
ショーケース・ティービー強気強気193.9%
ヘルスケア&メディカル投資法人やや強気やや強気54.5%
エスエルディー強気強気15.3%
ヒューマンウェブやや強気やや強気11.7%
イード強気強気46.4%
ファーストコーポレーションやや強気やや強気25.0%
RSTechnologies中立中立-23.6%
シンデン・ハイテックスやや強気やや強気12.2%
ハウスドゥやや強気やや強気47.2%
Aiming中立中立12.2%
モバイルファクトリー強気強気99.4%
日本動物高度医療センターやや強気やや強気44.2%
プラッツやや強気やや強気70.2%
sMedioやや強気やや強気58.7%
サンバイオ弱気弱気-14.5%
海帆やや強気やや強気76.5%
Hameeやや強気やや強気67.2%
日本スキー場開発中立中立9.9%
シーアールイー弱気弱気-7.3%
三機サービス中立中立37.1%
レントラックス強気強気53.1%
リンクバルやや強気やや強気27.9%
ジグソー強気強気236.4%
Gunosy中立中立0.0%
デザインワン・ジャパンやや強気やや強気50.9%
テラスカイ強気強気350.0%
ヘリオス中立弱気22.5%
スマートバリュー強気強気344.9%
マーケットエンタープライズ強気強気167.0%
デジタル・インフォメーション・テクノロジー強気強気246.2%
エコノス弱気中立120.0% 
中村超硬弱気弱気11.8%
メニコンやや強気やや強気73.5%
冨士ダイス弱気弱気50.9%
ファンデリー強気強気102.1%
ナガオカ中立中立40.6%
サムティ・レジデンシャル投資法人中立中立 -2.9%
富士山マガジンサービス強気強気126.4%
クレステックやや強気やや強気82.4%
平山やや強気やや強気29.5%
アイリッジ強気強気429.2%
デクセリアルズ弱気弱気-3.1%
ジャパン・シニアリビング投資法人やや強気やや強気-10.5%
イトクロ中立中立4.1%
PCIホールディングスやや強気やや強気169.6% 
エスケーホーム中立やや強気13.8%
パルマ強気強気70.5%
メタップス中立中立-7.9%
ラクト・ジャパン中立中立0.0%
土木管理総合試験所中立中立-2.4%
アクアライン強気強気21.7% 
ベステラやや強気やや強気25.0%
STUDIOUSやや強気やや強気20.0%
JESCOホールディングス中立中立5.4%
ピクスタ強気強気34.8%
アイビーシー強気強気251.0%
ブランジスタやや強気強気43.8%
AppBankやや強気強気45.8%
グリーンペプタイド弱気弱気-8.0%
GMOメディアやや強気やや強気101.1%
パートナーエージェントやや強気強気217.5%
バルニバービやや強気やや強気130.0%
日本郵政中立中立16.5%
ゆうちょ銀行中立中立15.9%
かんぽ生命保険中立中立33.1%
ロゼッタ強気強気433.1%
あんしん保証強気強気292.5%
ベルシステム24HD弱気弱気-5.0%
ネオジャパン強気強気401.7%
いちごホテルリート投資法人投資法人中立中立-1.8%
インベスターズクラウドやや強気やや強気93.3%
鎌倉新書やや強気強気 180.6%
ラクス強気強気228.7%
ランドコンピュータやや強気やや強気103.4%
ダブルスタンダード強気強気128.8%
オープンドアやや強気やや強気23.3%
ミズホメディーやや強気やや強気156.5%
ツバキ・ナカシマ弱気弱気4.5%
アートグリーン中立中立46.2%
フリューやや強気弱気0.6%
ビジョン中立中立 10.7%
アークン強気強気262.1%
マイネット強気やや強気19.3%
ソネット・メディア・ネットワークス強気強気139.1%
ソーシャルワイヤー強気強気56.9%
ケイアイスター不動産弱気弱気6.8%
プロパティエージェントやや強気やや強気115.0%
一蔵中立弱気2.1%
銘柄名(2014年)発表時BB直前結果
ヒューリックリート投資法人中立中立13.0%
アキュセラインクやや強気中立27.8%
サイバーリンクス強気強気172.9%
日本BS放送中立中立6.6%
エンバイオ・ホールディングス強気強気126.0%
ダイキョーニシカワ中立中立12.4%
日立マクセルやや弱気やや弱気-4.8%
ジャパンディスプレイ中立中立-14.6%
ホットマンやや強気やや強気67.5%
みんなのウェディング強気強気27.1%
ディー・エル・イーやや強気やや強気101.0%
サイバーダイン強気強気130.0%
エスクロー・エージェント・ジャパンやや強気やや強気290.8%
トレックス・セミコンダクターやや弱気やや弱気-10.4%
丸和運輸機関中立中立-8.8%
ジョイフル本田中立中立-1.9%
フィックスターズ強気強気162.0%
白鳩強気強気46.2%
日本リート投資法人中立中立4.0%
西武ホールディングスやや弱気やや弱気0.0%
東武住販やや強気やや強気12.0%
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人中立中立5.7%
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング中立中立-7.7%
ムゲンエステート中立中立10.0%
フリークアウト強気強気250.0%
ポバール興業中立中立6.6%
OATアグリオ中立中立-6.3%
メドピア強気強気131.3%
レアジョブ強気強気169.7%
VOYAGEGROUP強気強気40.0%
鳥貴族やや強気やや強気120.7%
イグニス強気強気342.1%
日本ビューホテルやや弱気やや弱気-2.3%
ジャパンインベストメントアドバイザーやや強気やや強気126.3%
ロックオン強気強気284.6%
リアルワールド強気強気79.8%
AMBITIONやや強気強気62.0%
ジェネレーションパス強気強気119.2%
リボミック中立やや強気-20.4%
FFRI強気強気176.5%
ホットランド中立中立-1.7%
ヤマシンフィルタ中立中立19.6%
すかいらーく中立中立0.0%
リクルートホールディングス中立中立2.3%
GMOリサーチ強気強気133.3%
セレス強気強気55.4%
オプティム強気強気260.0%
アルファポリス強気強気93.2%
エランやや強気やや強気70.3%
日本ヘルスケア投資法人やや強気やや強気48.1%
SHIFT強気強気361.5%
CRI・ミドルウェア強気強気462.5%
日本PCサービス中立やや強気67.7%
トーセイリート投資法人やや弱気中立11.6%
積水ハウス・リート投資法人やや強気やや強気22.7%
弁護士ドットコム強気強気215.4%
クラウドワークス強気強気73.2%
スノーピークやや強気やや強気134.3%
ビーロット強気強気422.4%
GMOTECH強気強気135.2%
テクノプロ・ホールディングス中立中立-5.0%
アトラやや強気やや強気77.4%
マークラインズ強気強気77.3%
メディカル・データ・ビジョン強気強気135.9%
U-NEXTやや強気中立31.7%
SFPダイニングやや弱気やや弱気-16.5%
今村証券中立中立27.4%
フルッタフルッタ強気やや強気51.5%
竹本容器中立中立2.0%
gumi中立中立0.0%
大冷やや弱気やや弱気-6.7%
アドベンチャー強気強気127.2%
メタウォーターやや弱気やや弱気-6.0%
サイジニア強気強気125.8%
インターワークスやや強気やや強気16.7%
イーレックス中立中立11.2%
データセクション強気強気73.1%
綿半ホールディングスやや弱気やや弱気6.3%
ヨシックス中立中立29.4%
東京ボード工業やや弱気やや弱気-8.0%
カヤック強気強気222.0%
エクストリーム強気強気296.4%
MRT強気強気309.4%

-IPO

© 2014-2021 The Goal