新規上場!RPAホールディングス(6572)のIPOの初値予想

更新日: IPO

RPAホールディングス

RPAホールディングス(6572)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2018年3月8日(木)~3月14日(水)、上場日は3月27日(火)です。

新規上場する市場は東証マザーズで、想定価格は3,200円(1単元32.0万円)です。仮条件は3,370円~3,570円と窓を開けて上振れました。

公開価格は仮条件の上限である3,570円となりました。予想PERは64.1倍、予想PBRは10.19倍(BPS 350.50)です。

初値予想は大幅なプラスリターンです。大手初値予想会社の初値予想は以下の通りです。

  • 7,200〜8,200円(仮条件の上限比+101.7%~+129.4%)
  • 8,000〜10,000円(仮条件の上限比+124.1%~+180.1%)

初値予想会社の直前初値予想は以下の通りとなっています。

  • 8,200円(公開価格比+129.4%)
  • 8,220円(公開価格比+130.3%)

初日値付かずを踏まえた、初値予想会社の2日目直前初値予想は以下の通りとなっています。

  • 10,000円(公開価格比+180.1%)
  • 10,000円(公開価格比+180.1%)

RPAホールディングスは、アドネットワーク事業、ロボットアウトソーシング事業、セールスアウトソーシング事業、コンサルティング事業を展開しています。

監査法人は有限責任 あずさ監査法人です。本社所在地は東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13Fです。

RPAホールディングスとは

RPAホールディングスには5つの連結小会社があり、事業における位置づけ及びセグメントとの関連は次の通りです。

会社の名称セグメントの名称事業の名称
RPAテクノロジーズ株式会社ロボットアウトソーシング事業ロボットアウトソーシング事業
RPAエンジニアリング株式会社RPAエンジニアリング事業
株式会社セグメントアドネットワーク事業アドネットワーク事業
リーグル株式会社セールスアウトソーシング事業セールスアウトソーシング事業
オープンアソシエイツ株式会社コンサルティング事業コンサルティング事業

純粋持株会社の従業員数は7名、平均年齢は33.7歳、平均勤続年数は3.0年、平均年間給与は792.5万円です。

ロボットアウトソーシング事業

ロボットアウトソーシングとは、人間が行うデータの入力、データ連携などの処理行動を学習し、作業工程を記録することで定型作業を人間に代わって業務を代行・代替する取り組みです。

この取り組みは、ルールエンジン、人工知能、機械学習等を含む認知技術を活用し、人事、経理財務、調達及び営業事務などの業務領域で、これまで人間のみが対応可能とされていた業務を代行・代替する取組みです。

ルールエンジンとは、ビジネス上の「こういう時には、こうする」といったビジネスルールを実行するための分岐処理専用のソフトウェアのことです。

人工知能とは人間の脳で行われる知的活動の模倣と再現を実現させようという試みで、例えば、自発的な人間の言語の理解や論理的な推論、経験からの学習などを行うための一連の基礎技術を指します。

認知技術とは画像や音声などの認識により、「モノ・コトを認識させる」(認知)の技術です。

人工知能(AI)のイメージ図

ロボットアウトソーシング関連の取組みは、RPA(Robotic Process Automation)と呼ばれています。

RPAは人間の補完として業務を遂行できることから、新しい労働力を創出する仕組み、または仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われています。

RPAホールディングスのロボットアウトソーシング事業では、RPAテクノロジーズ株式会社がRPAに関する企画・開発・提供を行い、RPAエンジニアリング株式会社がRPAの導入を支援するRPAエンジニアリング事業を行っています。

具体的にはインターネット上の情報、社内データ、エクセルなどの保存データから、必要な情報を収集・加工・集計・報告などの多種多様な定型作業の代行を行うDigital Laborを作成するプラットフォーム「BizRobo!」を開発・提供しています。

また、スキャナ・複合機・FAX・スマホカメラから読み取ったデータ等、非定型帳票に関する処理の代行を行う「ScanRobo」を開発・提供しています。

更にイギリスのBlue Prism Group PLCやイスラエルのNICE Ltd.等が提供するRPAソフトウェアの提供や、RPAに関するサービスの企画・開発をしています。

RPAエンジニアリング事業では、上記「BizRobo!」、「ScanRobo」、その他RPAソフトウェアの導入業務、運用・保守サポート業務を行うRPAエンジニアリング事業を行っています。

RPAホールディングスでは、RPAサービスの提供をRPAホールディングスからの直接提供のほか、コンサルティング会社やシステム開発会社等のパートナー企業を通じた提供も行っています。

近年においては、パートナー企業と連携し、Digital Laborを活用した新規事業創造を進めています。

平成29年4月に株式会社ビジネスブレイン太田昭和と業務提携し、経理財務業務・人事総務業務等の間接業務の受託においてDigital Laborを活用したサービスの提供を開始しました。

平成29年7月にはソフトバンク株式会社と業務提携し、RPAの普及を目的に導入トレーニング、検定試験、導入支援サービスなど導入サポートが充実したRPAソリューションの提供を行っています。

ソフトバンクの株主通信

アドネットワーク事業

株式会社セグメントが営むアドネットワーク事業は、成果報酬型広告サービス「PRESCO(プレスコ)」とBtoBマーケティングサービスを展開しています。

成果報酬型広告は「アフィリエイト」とも呼ばれています。広告掲載を希望する企業(広告主)が、広告掲載メディア(パートナー)のウェブサイト上に広告を掲載します。

閲覧者(ユーザー)が広告掲載メディアから商品やサービス等の申込みや購入・見積り・会員獲得・資料請求等を行い、広告主により正式な申込みや購入、見積依頼、資料請求であると承認された場合に成果報酬を受領する仕組みの広告形態です。

「PRESCO」は平成24年9月にNTTコミュニケーションズ株式会社のアフィリエイトサービスのサービス終了に伴い、顧客基盤を引き継いで運営を開始致しました。

少子高齢化による医療人材需要が拡大していることを踏まえ、薬剤師、看護師を対象とした医療転職業界の人材サービス会社を主要な顧客として事業を展開しています。

看護師

「PRESCO」は広告主とパートナーを結びつける成果報酬型のプロモーションサービスです。

広告主が広告を掲載、パートナーが「PRESCO」に登録された広告主の広告を掲載するためには「PRESCO」に登録する必要があります。

登録したパートナーが「PRESCO」を通じて自ら運営するウェブサイト上に広告を設置します。

そのウェブサイトの広告主が掲載した商品やサービス等を見たユーザーからの申込みや購入・見積り・会員獲得・資料請求等の成果に対して、広告主がパートナーに対して成果報酬を支払うビジネスモデルです。

ウェブサイト運営者に対して、医療転職業界における転職希望者による検索キーワードや関連メディアの検索順位変動状況の提供、検索エンジン対策支援や当業界における規制や法律変更等のトピックスの提供を行うことで、パートナーの獲得を図っています。

また、RPAを活用し、広告代理店やオンラインメディア運営企業などオンライン広告業界を対象に、検索キーワード、検索順位データ等のマーケティングデータの収集・集計・レポーティング業務の代行を目的とした、RPAソリューション「PRESCO Robo」も提供しています。

BtoBマーケティングサービスでは、ソフトウェア企業などの法人向け商材に特化したマーケティング支援サービスを提供しています。

  • 顧客企業の商品に関する情報を継続的に発信することでウェブサイトから見込顧客の獲得を支援するインバウンリード獲得支援サービス
  • 顧客企業の自社メディアの運営を支援するオウンドメディア運営支援サービス
  • 顧客企業の見込顧客に対して、メルマガやセミナー、Webコンテンツなどで情報を提供することで、顧客企業の製品やサービスへの購買意欲を高めていくための活動
  • プロセスを支援するマーケティングオートメーション支援サービス
  • 顧客企業の見込顧客を顧客企業のウェブサイトに惹きつけ、顧客企業の商材を売り込まずに顧客との関係性を構築するコンテンツマーケティング支援サービス

なお、RPAホールディングスのRPAテクノロジーズ株式会社に対してもウェブサイトの企画、運営、コンテンツ制作を提供しています。

また、人工知能とRPAの情報提供に特化した会員制メディア「RPA BANK」を運営しています。

「RPA BANK」はRPA・人工知能を導入あるいは導入検討している企業に対して、以下のようなコンテンツを提供する会員制メディアです。

  • 国内外のRPA・人工知能に関するニュース
  • 導入ユーザーの事例
  • RPAソフトウェアメーカーの製品・サービス・技術関連資料
  • 人工知能開発メーカーの製品・サービス・技術関連資料など新技術/ソリューションに関する情報
  • ユーザー/技術者向け各種セミナー・イベント開催情報

メディア運営の他、東京において月1回RPA、人工知能に関する定期的なセミナーの開催や、平成29年7月に東京、平成29年11月に大阪でRPA、人工知能に関するイベントの開催を行っています。

セールスアウトソーシング事業

ビジネス・オフィス

リーグル株式会社が営むセールスアウトソーシング事業は、ソフトウェア開発企業などIT企業の営業活動におけるニーズ調査、アポイントの獲得のための電話を代行するセールスアウトソーシングサービスを提供しています。

コンサルティング事業

オープンアソシエイツ株式会社が営むコンサルティング事業では、顧客企業の事業開発活動を支援するコンサルティングサービスを提供しています。

  • 企業における研究開発分野における要素技術の用途仮説等の仮説検証活動
  • 海外事業分野における市場調査
  • 現地企業調査
  • オペレーション構築
  • マーケティング

RPAホールディングスのIPOの諸データ

新規発行による手取金の使途については、以下に充当する予定です。

  • ロボットアウトソーシング事業の拡大に伴う人材確保のための人材採用、人件費
  • RPAソフトウェアの導入業務、運用・保守サポート業務を行うエンジニアリング業務に関する外注費

RPAホールディングスの業績推移

業績面では売上高は減収、経常利益・純利益は減益の年度があるものの、大局的には右肩上がりの傾向となっています。

RPAホールディングスの業績推移

営業キャッシュフローは常に純利益を大きく上回っています。一般論としては安心感があります。

前期の自己資本利益率(ROE)は66.7%であり、自己資本比率は33.3%です。主要な連結経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次第17期第18期
決算年月平成28年2月平成29年2月
売上高(千円)807,8502,644,627
経常利益(千円)29,329158,331
親会社株主に帰属する当期純利益(千円)21,001155,945
包括利益(千円)21,001128,483
純資産額(千円)70,423396,906
総資産額(千円)794,5601,191,179
1株当たり純資産額(円)17.1885.36
1株当たり当期純利益金額(円)5.1236.02
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額(円)
自己資本比率(%)8.933.3
自己資本利益率(%)3566.7
営業活動によるキャッシュ・フロー(千円)12,727165,887
投資活動によるキャッシュ・フロー(千円)△50,138△76,831
財務活動によるキャッシュ・フロー(千円)94,75085,399
現金及び現金同等物の期末残高(千円)283,468458,009
従業員数(名)5649

提出会社の経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次第13期第14期第15期第16期第17期第18期
決算年月平成24年
9月
平成25年
9月
平成26年
9月
平成27年
9月
平成28年
2月
平成29年
2月
売上高又は営業収益(千円)512,961591,847729,492657,30690,579419,908
経常利益(千円)27,51221,16811,525-22,1344,69883,881
当期純利益(千円)15,95814,0638,809-29,5262,58630,122
資本金(千円)30,00030,00030,00030,00030,00030,000
発行済株式総数(株)4,0004,0004,0004,0004,000938
純資産額(千円)231,725235,789143,7987,97310,560238,682
総資産額(千円)296,683302,270221,572409,072432,003590,502
BPS(円)92,69094,316175,3649,7242.5851.33
1株配当(円)129,632
EPS(円)6,3845,6255,769-36,0080.636.96
自己資本比率(%)78.17864.91.92.440.4
自己資本利益率(%)7.564.6-38.927.924.2
株価収益率(倍)
配当性向(%)
従業員数(名)1412111122

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数は2016年11月半ばをボトムとして長らく堅調な展開が続いていましたが、足元では急速な調整局面となっています。

このまま下降トレンドに転じたら向かい風となります。一時的なスピード調整にとどまり、再度堅調な相場に回帰すれば、IPOにおいて追い風となります。

東証マザーズのチャート(2017年11月21日~2018年2月20日)
(※マネックス証券より)

上場規模

RPAホールディングスのIPOの規模は最大で約19.2億円であり、東証マザーズとしては中型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は50,000株、売出株式数は550,000株、オーバーアロットメント(OA)は0株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約12%と非常に低めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は約92%です。

株主かつ売出人である髙橋知道、大角暢之、山根大、石井岳之、松井哲史及び西木隆、株主である西江肇司、羽入敏祐、永井栄一及び藤田智弘には、原則として90日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

株主かつ売出人であるGMCM VCP 1 PTE.LTD.には、原則として90日間のロックアップがかかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。

上記のほか、RPAホールディングスは、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募集株式等の割当に関し、割当を受けた者との間で継続所有等の確約を行っています。

株主名保有割合ロックアップ
髙橋知道41.03%
大角暢之12.87%
GMCM VCP 1 PTE.LTD.11.63%
山根大5.15%
石井岳之4.57%
松井哲史4.24%
ソフトバンク(株)3.82%制度
西木隆3.32%
松本深雪2.57%制度
FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合2.33%制度

行使可能期間に入っているSO(ストックオプション)は410,000株となっています。

初値予想

RPAホールディングスの事業はアドネットワーク事業、ロボットアウトソーシング事業、セールスアウトソーシング事業、コンサルティング事業ということで、IPOにおける業種の人気度は高めです。

事業の一部は訴求力の高い東証マザーズネット企業の範疇に属しています。

予想PERは64.1倍、予想PBRは10.19倍であり、類似企業と比較すると割高感があります。ただし、成長性の高さが魅力的です。

コード銘柄名PERPBR配当利回り
2122インタースペース17.302.780.81%
2461ファンコミュニケーションズ16.722.942.55%
2489アドウェイズ298.231.820.46%
2491バリューコマース29.236.551.13%
6560エル・ティー・エス48.437.150.00%

約19.2億円という上場規模は東証マザーズとしては小型ではないものの、十分に吸収可能な範囲です。

上位株主にはVCが名を連ねていますが、万遍なくロックアップがかかっています。

東証マザーズの15億~25億円の中型IPOの初値結果は以下のとおりです。

  • ジーニー:+98.1%
  • SKIYAKI:+147.1%
  • シルバーライフ:+85.2%
  • ロードスターキャピタル:+37.4%
  • シェアリングテクノロジー:+86.9%
  • GameWith:+133.9%
  • オロ:+129.5%
  • ジャパンエレベーターサービスHD:+61.8%
  • イントラスト:+35.6%
  • スタジオアタオ:+25.7%
  • ユーザーベース:+15.9%
  • シンクロ・フード:+41.4%
  • 串カツ田中:+13.5%
  • デファクトスタンダード:+41.1%
  • ベガコーポレーション:+25.0%
  • エボラブルアジア:+48.3%
  • LITALICO:+88.0%
  • フィット:-7.9%
  • ソネット・メディア・ネットワークス:+139.1%
  • マイネット:+19.3%
  • ダブルスタンダード:+128.8%
  • インベスターズクラウド:+93.3%
  • AppBank:+45.8%
  • デザインワン・ジャパン:+50.9%
  • リンクバル:+27.9%
  • モバイルファクトリー:+99.4%
  • イード:+46.4%
  • KeePer技研:+49.1%
  • インターワークス:+16.7%
  • クラウドワークス:+73.2%
  • GMOTECH:+135.2%
  • 弁護士ドットコム:+215.4%

以上を総合考慮して、初値予想は大幅なプラスリターンです。


主幹事はSBI証券です。その他は、大和証券、SMBC日興証券、エース証券、マネックス証券、岡三証券、極東証券、藍澤證券、東洋証券、岩井コスモ証券で申し込めます。

証券会社名割当株式数割当比率
SBI証券510,00085.00%
大和証券36,0006.00%
SMBC日興証券24,0004.00%
エース証券9,0001.50%
マネックス証券6,0001.00%
岡三証券3,0000.50%
極東証券3,0000.50%
藍沢証券3,0000.50%
東洋証券3,0000.50%
岩井コスモ証券3,0000.50%

岡三グループの岡三オンライン証券でも取扱いの可能性があります。口座数が少なくてライバルは少なめです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

RPAホールディングスのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいのがデメリ...

SBI証券が幹事に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です。...
日本を代表する大手証券の一角がSMBC日興証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。対面での総合コ...

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサービスを...

株・投資信託ならネット証券のマネックス

岩井コスモ証券は、ネット抽選分は小口個人投資家に嬉しい完全公平抽選となっています。

100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取り扱い数...

ライブスター証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、口座開設だけで2,000円のプレゼントもあります!

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:ネット証券で申込、対面証券では原則申込(回数制限やS級狙いで回避することも)
  3. 中立:ネット証券、S級銘柄の当落に影響がない対面証券では申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)
  4. やや弱気:SBI証券以外は原則回避、対面証券はバーター取引ならOK(ただし、マイナス覚悟の勝負で申し込むことも)
  5. 弱気:SBI証券以外は回避

過去のIPO初値予想の履歴

銘柄名(2015年)発表時BB直前結果
Keeper技研やや強気やや強気49.1%
ケネディクス商業リート投資法人中立やや強気13.3%
ファーストロジック強気強気52.5%
ファーストブラザーズやや弱気やや弱気2.5%
ホクリヨウ中立中立8.9%
ALBERT強気強気115.7%
シリコンスタジオやや強気やや強気102.0%
コラボス強気強気137.6%
エムケイシステム強気強気332.0%
ショーケース・ティービー強気強気193.9%
ヘルスケア&メディカル投資法人やや強気やや強気54.5%
エスエルディー強気強気15.3%
ヒューマンウェブやや強気やや強気11.7%
イード強気強気46.4%
ファーストコーポレーションやや強気やや強気25.0%
RSTechnologies中立中立-23.6%
シンデン・ハイテックスやや強気やや強気12.2%
ハウスドゥやや強気やや強気47.2%
Aiming中立中立12.2%
モバイルファクトリー強気強気99.4%
日本動物高度医療センターやや強気やや強気44.2%
プラッツやや強気やや強気70.2%
sMedioやや強気やや強気58.7%
サンバイオ弱気弱気-14.5%
海帆やや強気やや強気76.5%
Hameeやや強気やや強気67.2%
日本スキー場開発中立中立9.9%
シーアールイー弱気弱気-7.3%
三機サービス中立中立37.1%
レントラックス強気強気53.1%
リンクバルやや強気やや強気27.9%
ジグソー強気強気236.4%
Gunosy中立中立0.0%
デザインワン・ジャパンやや強気やや強気50.9%
テラスカイ強気強気350.0%
ヘリオス中立弱気22.5%
スマートバリュー強気強気344.9%
マーケットエンタープライズ強気強気167.0%
デジタル・インフォメーション・テクノロジー強気強気246.2%
エコノス弱気中立120.0% 
中村超硬弱気弱気11.8%
メニコンやや強気やや強気73.5%
冨士ダイス弱気弱気50.9%
ファンデリー強気強気102.1%
ナガオカ中立中立40.6%
サムティ・レジデンシャル投資法人中立中立 -2.9%
富士山マガジンサービス強気強気126.4%
クレステックやや強気やや強気82.4%
平山やや強気やや強気29.5%
アイリッジ強気強気429.2%
デクセリアルズ弱気弱気-3.1%
ジャパン・シニアリビング投資法人やや強気やや強気-10.5%
イトクロ中立中立4.1%
PCIホールディングスやや強気やや強気169.6% 
エスケーホーム中立やや強気13.8%
パルマ強気強気70.5%
メタップス中立中立-7.9%
ラクト・ジャパン中立中立0.0%
土木管理総合試験所中立中立-2.4%
アクアライン強気強気21.7% 
ベステラやや強気やや強気25.0%
STUDIOUSやや強気やや強気20.0%
JESCOホールディングス中立中立5.4%
ピクスタ強気強気34.8%
アイビーシー強気強気251.0%
ブランジスタやや強気強気43.8%
AppBankやや強気強気45.8%
グリーンペプタイド弱気弱気-8.0%
GMOメディアやや強気やや強気101.1%
パートナーエージェントやや強気強気217.5%
バルニバービやや強気やや強気130.0%
日本郵政中立中立16.5%
ゆうちょ銀行中立中立15.9%
かんぽ生命保険中立中立33.1%
ロゼッタ強気強気433.1%
あんしん保証強気強気292.5%
ベルシステム24HD弱気弱気-5.0%
ネオジャパン強気強気401.7%
いちごホテルリート投資法人投資法人中立中立-1.8%
インベスターズクラウドやや強気やや強気93.3%
鎌倉新書やや強気強気 180.6%
ラクス強気強気228.7%
ランドコンピュータやや強気やや強気103.4%
ダブルスタンダード強気強気128.8%
オープンドアやや強気やや強気23.3%
ミズホメディーやや強気やや強気156.5%
ツバキ・ナカシマ弱気弱気4.5%
アートグリーン中立中立46.2%
フリューやや強気弱気0.6%
ビジョン中立中立 10.7%
アークン強気強気262.1%
マイネット強気やや強気19.3%
ソネット・メディア・ネットワークス強気強気139.1%
ソーシャルワイヤー強気強気56.9%
ケイアイスター不動産弱気弱気6.8%
プロパティエージェントやや強気やや強気115.0%
一蔵中立弱気2.1%
銘柄名(2014年)発表時BB直前結果
ヒューリックリート投資法人中立中立13.0%
アキュセラインクやや強気中立27.8%
サイバーリンクス強気強気172.9%
日本BS放送中立中立6.6%
エンバイオ・ホールディングス強気強気126.0%
ダイキョーニシカワ中立中立12.4%
日立マクセルやや弱気やや弱気-4.8%
ジャパンディスプレイ中立中立-14.6%
ホットマンやや強気やや強気67.5%
みんなのウェディング強気強気27.1%
ディー・エル・イーやや強気やや強気101.0%
サイバーダイン強気強気130.0%
エスクロー・エージェント・ジャパンやや強気やや強気290.8%
トレックス・セミコンダクターやや弱気やや弱気-10.4%
丸和運輸機関中立中立-8.8%
ジョイフル本田中立中立-1.9%
フィックスターズ強気強気162.0%
白鳩強気強気46.2%
日本リート投資法人中立中立4.0%
西武ホールディングスやや弱気やや弱気0.0%
東武住販やや強気やや強気12.0%
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人中立中立5.7%
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング中立中立-7.7%
ムゲンエステート中立中立10.0%
フリークアウト強気強気250.0%
ポバール興業中立中立6.6%
OATアグリオ中立中立-6.3%
メドピア強気強気131.3%
レアジョブ強気強気169.7%
VOYAGEGROUP強気強気40.0%
鳥貴族やや強気やや強気120.7%
イグニス強気強気342.1%
日本ビューホテルやや弱気やや弱気-2.3%
ジャパンインベストメントアドバイザーやや強気やや強気126.3%
ロックオン強気強気284.6%
リアルワールド強気強気79.8%
AMBITIONやや強気強気62.0%
ジェネレーションパス強気強気119.2%
リボミック中立やや強気-20.4%
FFRI強気強気176.5%
ホットランド中立中立-1.7%
ヤマシンフィルタ中立中立19.6%
すかいらーく中立中立0.0%
リクルートホールディングス中立中立2.3%
GMOリサーチ強気強気133.3%
セレス強気強気55.4%
オプティム強気強気260.0%
アルファポリス強気強気93.2%
エランやや強気やや強気70.3%
日本ヘルスケア投資法人やや強気やや強気48.1%
SHIFT強気強気361.5%
CRI・ミドルウェア強気強気462.5%
日本PCサービス中立やや強気67.7%
トーセイリート投資法人やや弱気中立11.6%
積水ハウス・リート投資法人やや強気やや強気22.7%
弁護士ドットコム強気強気215.4%
クラウドワークス強気強気73.2%
スノーピークやや強気やや強気134.3%
ビーロット強気強気422.4%
GMOTECH強気強気135.2%
テクノプロ・ホールディングス中立中立-5.0%
アトラやや強気やや強気77.4%
マークラインズ強気強気77.3%
メディカル・データ・ビジョン強気強気135.9%
U-NEXTやや強気中立31.7%
SFPダイニングやや弱気やや弱気-16.5%
今村証券中立中立27.4%
フルッタフルッタ強気やや強気51.5%
竹本容器中立中立2.0%
gumi中立中立0.0%
大冷やや弱気やや弱気-6.7%
アドベンチャー強気強気127.2%
メタウォーターやや弱気やや弱気-6.0%
サイジニア強気強気125.8%
インターワークスやや強気やや強気16.7%
イーレックス中立中立11.2%
データセクション強気強気73.1%
綿半ホールディングスやや弱気やや弱気6.3%
ヨシックス中立中立29.4%
東京ボード工業やや弱気やや弱気-8.0%
カヤック強気強気222.0%
エクストリーム強気強気296.4%
MRT強気強気309.4%
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.