The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

リクルートホールディングスのIPOの初値予想

更新日: IPO

リクルートホールディングス

リクルートホールディングス(6098)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は9月30日(火)~10月3日(金)です。

新規上場する市場は東証1部です。想定価格は2,800円(1単元28万円)です。仮条件は2,800~3,100円と上振れました。公募価格は仮条件の上限の3,100円となりました。

リクルートホールディングスは「まだ、ここにない、出会い。」をコーポレートメッセージとして、販促メディア事業、人材メディア事業、人材派遣事業、その他事業を展開しています。

具体的には、結婚・住宅・旅行・美容等の消費に関する情報提供サービス、求人広告・人材紹介サービス、事務職・製造業務・軽作業・各種銭目食派遣、情報誌・情報サイトの発行・運営を行っています。


リクルートホールディングスのIPO

販促メディア事業

結婚、車購入、家購入、進学、旅行、外食、買い物、美容などのライフイベントにおいて、サイト・紙媒体でのメディアを運営しています。

具体的には、住宅の売買・賃貸・リフォームに関する情報誌・情報サイト「SUUMO」を発行・運営しています。また、新築マンション・注文住宅購入に関する相談をできる対面型サービス「スーモカウンター」を提供しています。

結婚分野では、ブライダル情報誌・情報サイト「ゼクシィ」、結婚式場選びに関する相談を直接できる対面式のサービス「ゼクシィ相談カウンター」を提供しています。私もかつてはお世話になりました。そして、結婚式寸前に破局しました\(^o^)/

その他、広告制の進路選びをサポートする無料の進学情報誌「リクナビ進学ブック」、情報サイト「リクナビ進学」、中古車情報誌・情報サイト「カーセンサー」を発行・運営しています。

旅行分野においては「じゃらん」、飲食店の情報・クーポンを掲載した情報誌・情報サイト「HotPepperグルメ」、ヘアサロン・リラクゼーション・ビューティーサロンの情報を掲載した情報誌・検索・予約サイト「HotPepperBeauty」、割引チケット共同購入サイト「ポンパレ」、ネット通販「ポンパレモール」など、日常的な消費分野においてもサービスを展開しています。

人材メディア事業

新卒向け就職情報サイト「リクナビ」、社会人向けの転職サイト「リクナビNEXT」、直接対面で相談できる人材紹介サービス「リクルートエージェント」を提供しています。

アルバイトについては、情報サイト「フロム・エーナビ」、アルバイトから社員までの求人を掲載した情報誌・情報サイト「タウンワーク」を発行・運営しています。

海外人材募集領域においては、アグリゲート型求人情報専門検索エンジンサイト「Indeed.com」を運営しています。

人材派遣事業

国内・海外派遣領域において、事務職派遣、製造業・軽作業派遣、各種専門職は検討の人材派遣サービスを提供しています。

派遣に際しては予め派遣スタッフを登録しておき、その登録者の中から派遣先企業の希望する条件に合致する派遣スタッフを人選し、リクルートグループとの間に雇用契約を締結した上で派遣先企業へ派遣しています。

セグメント別売上高は、販促メディア事業27.0%、人材メディア事業22.4%、人材派遣事業51.4%、その他・調整額-0.8%となっており、販促メディア・人材メディア・人材派遣が三本の矢となっています。

リクルートホールディングスの従業員数は414名、平均年齢は35.7歳、平均勤続年数は6.6年、平均給与は985.4万円です。平均給与の高さは流石であり、私の知人にも元リクが多数いる程であり、OBは津々浦々で活躍しています。

リクルートは、コンサルや証券会社同様に労働時間やプレッシャー等は厳しいものがあると思いますが、「ブラック企業」という評判が皆無なのは、報酬と成長できる環境が大きいですね。

業績推移

業績面では、売上高は平成23年3月期をボトムに右肩上がりです。経常利益・純利益面では、足踏みする年度もあるものの、大局的には右肩上がりの傾向です。

平成26年3月期の自己資本利益率は13.6%、自己資本比率は63.2%です。営業キャッシュフローは純利益を大きく上回っています。

リクルートホールディングスの業績推移

 市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

TOPIXは大局的には右肩上がりです。市場の雰囲気は明るく、現時点ではIPOには良い時期です。

TOPIXのチャート(2014年6月10日~9月10日)
(※マネックス証券より)

上場規模

リクルートホールディングスのIPOの規模は最大で約1,931億円であり重量級です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公開比率は約11%と低めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。

三井物産、大日本印刷、凸版印刷、NTTデータ、第一生命、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、TBS、日本テレビ、TIS、図書印刷、王子製紙、野村総合研究所、位田尚隆、博報堂、河野栄子、日本製紙、新日本住金ソリューションズ、CAC、大王製紙、日本生命、フジメディアHD、テレビ朝日HD、リクルートグループ役員持株会、朝日紙業、明治安田、共同印刷、インターネットイニシアティブ、北斗社、トランスコスモス、柏木斉、池内省五、峰岸真澄、中村恒一、水谷智之、藤原章一、島宏一、出木場久征、尾形宏明、電通に原則として180日間のロックアップがかかっています。

また、農林中央金庫、ジャフコ・スーパーV3共有投資事業有限責任組合に原則として90日間のロックアップがかかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。

まとめ

大型の上場規模はマイナス材料ですが、公開比率は大きくなく、市況も良い点はプラス材料です。

もはや大企業なので成長性は漸進的で高い成長性はありませんが、資金力にものを言わせて、なりふり構わない後出しでシェアを強引にかっさらう力技も可能な体制を構築しています。クレジットカードにおいてはリクルートカードはかなり競争力があります。

超大型でありすかいらーくと間もないことから初値は重くなりそうですが、上場以降は一時的な下落があってもインデックス組入に向けて堅調な場面がありそうです。リクルートポイント付与などの株主優待新設があると、大いなるプラス効果があります。期待されるところです。

楽天のような自社サービス利用時の割引の株主優待は十分に導入を検討し得るでしょう。株主優待新設を期待します。

当選は容易なIPOであり、多額を突っ込むか否かの判断となります。初値予想は公募価格近辺です。若干のプラスリターンを期待して大きくベットするのもありだと思います。

主幹事は野村證券であり、副幹事はみずほ証券です。その他は、SMBC日興証券、三菱UFJモルスタ、カブドットコム証券、大和証券、マネックス証券、いちよし証券、岩井コスモ証券、エース証券、SMBCフレンド証券、SBI証券、岡三証券、極東証券、東海東京証券、丸三証券、水戸証券で申し込めます。

<投資スタンス>
中立
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

※過去1年間のIPO初値予想の履歴

銘柄名BB前直前結果
N・フィールド強気強気106.7%
サンワカンパニー強気強気268.4%
オープンハウス中立やや強気18.0%
エンビプロ・ホールディングス中立中立48.6%
バリューHR強気強気101.8%
エナリスやや強気やや強気156.1%
SIA不動産投資法人中立中立-4.7%
システム情報強気強気372.9%
ANAP強気強気410.0%
メディアドゥ強気強気256.7%
M&Aキャピタルパートナーズ強気強気233.3%
イオンリート投資法人やや強気やや強気9.5%
じげんやや強気強気191.7%
アライドアーキテクツ強気強気229.4%
ライドオン・エクスプレスやや強気強気55.3%
ホットリンク強気強気165.6%
ブイキューブ強気強気117.3%
オンコリスバイオファーマやや強気やや強気34.6%
オウチーノ強気強気130.0%
エンカレッジ・テクノロジ強気強気118.2%
日本アクアやや強気やや強気24.9%
アズマハウスやや強気やや強気10.0%
シンプロメンテ強気強気135.3%
イーグランドやや強気やや強気27.3%
足利ホールディングス中立中立7.4%
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン強気強気124.4%
アビストやや強気やや強気0.0%
ダイキアクシスやや強気やや強気3.9%
シグマクシスやや強気やや強気0.3%
ウィルグループ中立中立-4.2%
ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ強気強気221.4%
ヒューリックリート投資法人中立中立13.0%
アキュセラインクやや強気中立27.8%
サイバーリンクス強気強気172.9%
日本BS放送中立中立6.6%
エンバイオ・ホールディングス強気強気126.0%
ダイキョーニシカワ中立中立12.4%
日立マクセルやや弱気やや弱気-4.8%
ジャパンディスプレイ中立中立-14.6%
ホットマンやや強気やや強気67.5%
みんなのウェディング強気強気27.1%
ディー・エル・イーやや強気やや強気101.0%
サイバーダイン強気強気130.0%
エスクロー・エージェント・ジャパンやや強気やや強気290.8%
トレックス・セミコンダクターやや弱気やや弱気-10.4%
丸和運輸機関中立中立-8.8%
ジョイフル本田中立中立-1.9%
フィックスターズ強気強気162.0%
白鳩強気強気46.2%
日本リート投資法人中立中立4.0%
西武ホールディングスやや弱気やや弱気0.0%
東武住販やや強気やや強気12.0%
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人中立中立5.7%
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング中立中立-7.7%
ムゲンエステート中立中立10.0%
フリークアウト強気強気250.0%
ポバール興業中立中立6.6%
OATアグリオ中立中立-6.3%
メドピア強気強気131.3%
レアジョブ強気強気169.7%
VOYAGE GROUP強気強気40.0%
鳥貴族やや強気やや強気120.7%
イグニス強気強気342.1%
日本ビューホテルやや弱気やや弱気-2.3%
ジャパンインベストメントアドバイザーやや強気やや強気
ロックオン強気強気
リアルワールド強気強気
AMBITIONやや強気強気
ジェネレーションパス強気強気
リボミック中立やや強気
FFRI強気強気
ホットランド中立中立
すかいらーく中立
ヤマシンフィルタ中立

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.