上場!ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)のIPOの初値予想

更新日: IPO

ジャパン・インフラファンド投資法人

ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)のIPOが決定しています。

ブック・ビルディング期間は2020年2月4日(火)~2月10日(月)、上場日は2020年2月20日(木)です。

新規上場する市場は東証REITで、想定価格は100,000円(1単元10.0万円)です。仮条件は2020年2月3日(月)、公募価格は2月12日(水)に決定。

ジャパン・インフラファンド投資法人は、丸紅がスポンサーのインフラファンドで、監査法人は太陽有限責任監査法人です。

R&IからA(安定的)の長期発行体格付を取得しており、国内上場インフラ投資法人の中では最も高い格付けとなっています。日銀のREIT買入れの対象にはなりません。

ジャパン・インフラファンド投資法人とは

ジャパン・インフラファンド投資法人のメインスポンサーは丸紅です。

出資比率

  • 丸紅:90%
  • みずほ銀行:5%
  • みずほ信託銀行:5%

総合商社である丸紅は、主として「生活産業」、「食料・農産業・化学品」、「電力・エネルギー・金属」、「社会産業・金融」の4つの分野で事業を展開。

国内外の各地でプロジェクトを推進しており、世界中にネットワークを擁しています。

ジャパン・インフラファンド投資法人は、丸紅グループが「Global crossvalue platform」に基づき様々な分野で獲得した情報力、分析力、プロジェクト開発力、オペレーション力などの知見やノウハウの提供を受けることで、成長機会を得ることができると考えています。

ただし、今回のREITには丸紅の名前は入っていないのがマイナス要素です。

SOSiLA物流リート投資法人とスポンサー・運用会社との関係

ジャパン・インフラファンド投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等に投資します。

効率的な運用が可能であり売買取引実績が多いことから、相対的に多くの取得検討機会のある「発電出力が主に500kW以上、2,000kW未満の太陽光発電設備」に重点的に投資するのが特徴です。

「立地上のリスク分散」と「特定エリア内での一体運営による効率的な運用」を両立する「エリア・グループ戦略」を採用。

エリア内での同一O&M業者による効率的な管理・運営体制を図ります。

上場時ポートフォリオの概要・投資方針

上場時のポートフォリオは太陽光発電所100%となっています。

取得予定資産

取得予定資産のポートフォリオは以下のとおりです。

ハイライト

  • 取得予定資産:15物件
  • 取得予定価格の合計: 100.9億円
  • パネル出力合計:30.4 MW
  • 平均鑑定NOI利回り:8.5%
  • 1MW当たり取得予定価格:3.3億円
  • 平均設備利用率:12.4%

上場時ポートフォリオ一覧

ジャパン・インフラファンド投資法人の上場時ポートフォリオ

財務運営の基本方針

計算機を手にしてOKポーズをとる女性

ジャパン・インフラファンド投資法人は、スポンサーである丸紅の信用力や、みずほ銀行のサポートをベースとした最適な借入条件を実現し、安定的かつ健全な財務運営の実施を目指します。

上場後LTVは巡航ベースでは60%の予定となっており、70%を上限とします。ただし、新規資産取得に伴い、一時的にLTVの上限を超えることがあります。

LTV

 (借入金額+投資法人債発行残高+敷金・保証金-敷金・保証金の返還等のために留保されている現預金) / (総資産額-敷金・保証金の返還等のために留保されている現預金)

みずほ銀行をアレンジャーから期限一括返済の借り入れを行います。

ジャパン・インフラファンド投資法人の借入れの予定

また、ジャパン・インフラファンド投資法人は、負債の調達コストの長期固定化や返済期限の分散化等による調達手段の多様化を通じて財務基盤の安定化を図ります。

市場トレンド

右肩上がりのグラフと喜ぶ女性のイラスト

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証REIT指数は2019年11月に崩れて、ここ3ヶ月はボックス相場となっています。

ジャパン・インフラファンド投資法人のIPOにおいては、上昇トレンドに回帰したら追い風となります。

東証REIT ETFのチャート(過去3ヶ月)

上場規模

大きさ

ジャパン・インフラファンド投資法人のIPOの規模は最大で72.9億円と東証インフラファンドとしては中型です。

公募口数は70,500口、売出口数が0口、オーバーアロットメントは2,400口です。

初値予想

太陽光発電は一時期ホットなテーマ性がありましたが、既にピークアウトした状況となっています。

インフラファンドのIPOは初モノこそプラスリターンだったものの、その後は連敗が続いています。

  • タカラレーベン・インフラ:+9.9%
  • いちごグリーンインフラ:-3.9%
  • 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人:-4.1%
  • カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人:-5.0%
  • 東京インフラ・エネルギー投資法人:-4.5%
  • エネクス・インフラ投資法人:-4.0%

REITのIPOは日銀の投資対象となる格付けがあるREITは堅調、それ以外は軟調な傾向となっています。

また、「三菱地所」「三井不動産」「森トラスト」など大手不動産会社の名前が冠に入ったREIT、類似ライバルと比べて明白に割安感があるREITは堅調な傾向となっています。

  • SOSiLA物流リート投資法人:+9.2%(割安感)
  • サンケイリアルエステート投資法人:-3.0%
  • エスコンジャパンリート投資法人:-3.8%
  • 東京インフラ・エネルギー投資法人:-4.5%
  • 伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人:-3.6%
  • タカラレーベン不動産投資法人:-4.2%
  • ザイマックス・リート投資法人:-1.0%
  • CREロジスティクスファンド投資法人:-5.0%
  • カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人:-5.0%
  • 三菱地所物流リート投資法人:+5.4%(大手不動産が冠)
  • 森トラスト・ホテルリート投資法人:+1.4%(大手不動産が冠)

ジャパン・インフラファンド投資法人のメリットとしては、R&IからA(安定的)と格付けを得ている点です。

以上を総合考慮して、初値予想は「公開価格近辺で手数料を考慮するとトントン・微マイナスの可能性あり」です。±0%~4%程度を想定します。


主幹事はみずほ証券(引受比率の観測82%)です。その他では、SMBC日興(18%)で購入できます。

ジャパン・インフラファンド投資法人のIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいのがデメリ...

SMBC日興証券のダイレクトコース(ネット口座)は個人投資家でもIPOが当たるチャンスがあるオンライン証券です。

特にREITは当たる可能性が高く、主幹事の今回はネット口座でも当選が期待できると考えます。ほしい場合は口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です。...

今回は幹事団に入っていませんが、SBI証券が幹事に入っている時は、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

なんといっても野村證券はIPOの取り扱いが多いのがメリットです。小口個人ですと当たりづらいですけれども、ポチポチ作業を許容できる場合は候補です。

郵政3社、JR九州などの大型株に関しては意外な程に当たりやすいです。

野村證券

今回は幹事団に入っていませんが、マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサービスを...

株・投資信託ならネット証券のマネックス

ライブスター証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、2,000円のプレゼントもあります!

取引が不要で口座開設だけで2,000円プレゼントの証券会社のキャンペーンは稀有です。まだライブスター証券に口座をお持ちでない方は、今がチャンスです。この機会にぜひ口座開設してはいかがでしょうか。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券でも取扱いの可能性があります。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

岩井コスモ証券は、ネット抽選分は小口個人投資家に嬉しい完全公平抽選となっています。

100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取り扱い数...

東海東京証券は口座開設数が少ない穴場の証券です。しかも、小口個人投資家には嬉しい完全抽選がある証券会社です。

東海東京証券という準大手証券会社がありますね。東海東京証券はインターネット口座もあります。店頭口座はハードルが高いという方に...

<投資スタンス>
やや弱気+(±0%~4%程度を想定)
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:ネット証券で申込、対面証券では原則申込
  3. 中立:ネット証券、S級銘柄の当落に影響がない対面証券では申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)
  4. やや弱気:SBI証券以外は原則回避(マイナス覚悟で勝負することも)
  5. 弱気:SBI証券以外は回避(対面証券はバーター取引ならOK)

過去のIPO初値予想の履歴

-IPO

Copyright© The Goal , 2020 All Rights Reserved.