新規上場!エコノスのIPOの初値予想

更新日: IPO

エコノス

エコノス(3136)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は6月1日(月)~6月5日(金)、上場日は6月18日(木)です。

新規上場する市場は札証アンビシャスで、想定価格は550円(1単元5.5万円)です。仮条件は550〜600円と上振れました。公募価格は仮条件の上限の600円となりました。

初値予想は公開価格近辺です。大手初値予想会社の初値予想は650~700円となっています。

エコノスの経営ミッションは「今エコロジーとエコノミーとを両立させ、地球環境と地域経済が将来にわたって持続することが可能な社会を実現する」ことであり、リユース事業と低炭素事業を行っています。

監査法人は新日本有限責任監査法人です。本社所在地は札幌市白石区北郷4条13丁目3番25号です。

エコノスのIPO

エコノスとは

エコノスは、店舗でのリユース品の販売と買取を行う「リユース事業」とカーボン・オフセット・プロバイダーとエコロジープロダクツの提供を行う「低炭素事業」を行っています。

リユース事業においては、フランチャイジー店舗を北海道内に61店舗展開しています。

エコノスが展開している業態は、ハードオフ・オフハウス・ホビーオフ・ガレージオフとブックオフとの合計5業態です。


photo by Toshihiro Gamo

これらの店舗では、「もったいないの心を広げる」をコンセプトとして、店舗運営を行っています。

そして、この専門性の高い各業態別店舗を組み合わせた複合店を積極的に展開しており、子供からお年寄りまで幅広い年齢層のお客様が一緒に楽しめる品揃え豊富な売り場作りを行っています。

また、EC事業部においては、ネット通販サイトのAmazon等に出店しており、インターネットを通じた販売を行っています。

エコノスは、低炭素事業においては、温室効果ガスの排出権の売買・売買の仲介、排出権の創出・排出量の削減のコンサルティングと調査受託を国内外で行う「カーボン・オフセット・プロバイダー事業」を行っています。

また、エコロジー機器等の販売とエコロジー商品等を政府発行ポイントとの交換提供を行う「エコロジープロダクツ事業」も展開しています。

従業員数は774名、平均年齢は37.1歳、平均勤続年数は7.4年、平均給与は533.8万円です。


業績推移

業績面では売上高は右肩上がりとなっていますが、経常利益・純利益は減益の年度も多く、ボックス推移となっています。

営業キャッシュフローは常に純利益を上回っている年度と下回っている年度があります。

前期の自己資本利益率(ROE)は9.1%であり、自己資本比率は12.8%です。

エコノスの業績推移

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

札幌アンビシャスに上場している企業は12銘柄のみであり、単独上場会社は5つのみです。単独上場会社の1株当たり単純株価平均は、ここ3ヶ月は横ばいとなっています。

ライザップでブレイクしたRIZAPグループがアンビシャス上場ですが、もうじき東証への旅立つことになるかもしれません。

上場規模

エコノスのIPOの規模は最大で約1.12億円であり、札幌アンビシャスとしても小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約24%と低めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は38%です。

貸株人である長谷川勝也、長谷川嘉男、株主である株式会社ハードオフコーポレーション、ブックオフコーポレーション株式会社、ヤマモトアセット株式会社、藤原智宏、崎顕一郎、万行輝彦、新行内宏之、服部倫康及び高橋輝雄には、原則として180日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

また、売出人である石澤淳一、尾西利子、株主である道銀どさんこ2号投資事業有限責任組合、だいし経営コンサルティング株式会社、投資事業組合オリックス10号には、原則として90日間のロックアップがかかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。

このほか、エコノスは、取引所の定める上場前公募等規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募集株式等の割当等に関し、割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っています(制度ロックアップ)。

株主名比率ロックアップ
長谷川勝也29.01%
石澤淳一11.97%
道銀どさんこ2号投資事業有限責任組合7.81%
ジャフコV2共有投資事業有限責任組合5.49%
尾西利子5.27%
だいし経営コンサルティング(株)4.69%
従業員持株会3.90%
(株)ハードオフコーポレーション3.25%
ブックオフコーポレーション(株)3.25%
投資事業組合オリックス10号3.12%

まとめ

業種面では目新しさがない小売業ということで、IPOにおいては人気度は高くありません。

温室効果ガスの排出権の売買・売買の仲介、排出権の創出・排出量の削減のコンサルティングと調査受託は、時期によっては大きなインパクトがありましたが、現在は人気化は難しいジャンルです。

エコノスは成長性も高くはありません。札幌アンビシャスはここ数年は鬼門が続いている市場です。6回連続で公募割れが続いています。

2012年の北の達人コーポレーションが-15.0%、2008年のインサイトが-23.0%となりました。

2007年は、オストジャパングループが-23.7%、日本テクノラボが-20.0%、テラネッツが-25.0%、インネクストが-28.6%、光ハイツ・ヴェラスが+4.4%でした。

IPOバブルの余波が残る2006年は、イージーユーズ+3.9%、ナノテックス+20.0%、RIZAPグループ+246.4%、エコミック+325.0%と全勝でした。

エコノスのIPOは2社同時上場となり、翌日は3社同時上場となっています。過密日程はマイナスポイントです。ただ、札幌アンビシャスとしても小型の上場規模は貴重です。

以上を総合考慮して、初値予想は公開価格近辺です。

主幹事は岡三証券です。その他、SBI証券、上光証券、SMBCフレンド証券、日本アジア証券、エース証券で申し込めます。

岡三オンライン証券での取扱いも期待できます。口座数が少なくてライバルは少なめです。IPOを狙う際には口座を持っておくと確率が上がります。

岡三オンライン証券

SBI証券が幹事に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

<投資スタンス>
中立
(※強気・やや強気・中立・弱気の4段階)

※過去1年間のIPO初値予想の履歴

銘柄名発表時BB直前結果
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人中立中立5.7%
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング中立中立-7.7%
ムゲンエステート中立中立10.0%
フリークアウト強気強気250.0%
ポバール興業中立中立6.6%
OATアグリオ中立中立-6.3%
メドピア強気強気131.3%
レアジョブ強気強気169.7%
VOYAGE GROUP強気強気40.0%
鳥貴族やや強気やや強気120.7%
イグニス強気強気342.1%
日本ビューホテルやや弱気やや弱気-2.3%
ジャパンインベストメントアドバイザーやや強気やや強気126.3%
ロックオン強気強気284.6%
リアルワールド強気強気79.8%
AMBITIONやや強気強気62.0%
ジェネレーションパス強気強気119.2%
リボミック中立やや強気-20.4%
FFRI強気強気176.5%
ホットランド中立中立-1.7%
ヤマシンフィルタ中立中立19.6%
すかいらーく中立中立0.0%
リクルートホールディングス中立中立2.3%
GMOリサーチ強気強気133.3%
セレス強気強気55.4%
オプティム強気強気260.0%
アルファポリス強気強気93.2%
エランやや強気やや強気70.3%
日本ヘルスケア投資法人やや強気やや強気48.1%
SHIFT強気強気361.5%
CRI・ミドルウェア強気強気462.5%
日本PCサービス中立やや強気67.7%
トーセイリート投資法人やや弱気中立11.6%
積水ハウス・リート投資法人やや強気やや強気22.7%
弁護士ドットコム強気強気215.4%
クラウドワークス強気強気73.2%
スノーピークやや強気やや強気134.3%
ビーロット強気強気422.4%
GMO TECH強気強気135.2%
テクノプロ・ホールディングス中立中立-5.0%
アトラやや強気やや強気77.4%
マークラインズ強気強気77.3%
メディカル・データ・ビジョン強気強気135.9%
U-NEXTやや強気中立31.7%
SFPダイニングやや弱気やや弱気-16.5%
今村証券中立中立27.4%
フルッタフルッタ強気やや強気51.5%
竹本容器中立中立2.0%
gumi中立中立0.0%
大冷やや弱気やや弱気-6.7%
アドベンチャー強気強気127.2%
メタウォーターやや弱気やや弱気-6.0%
サイジニア強気強気125.8%
インターワークスやや強気やや強気16.7%
イーレックス中立中立11.2%
データセクション強気強気73.1%
綿半ホールディングスやや弱気やや弱気6.3%
ヨシックス中立中立29.4%
東京ボード工業やや弱気やや弱気-8.0%
カヤック強気強気222.0%
エクストリーム強気強気296.4%
MRT強気強気309.4%
Keeper技研やや強気やや強気49.1%
ケネディクス商業リート投資法人中立やや強気13.3%
ファーストロジック強気強気52.5%
ファーストブラザーズやや弱気やや弱気2.5%
ホクリヨウ中立中立8.9%
ALBERT強気強気115.7%
シリコンスタジオやや強気やや強気102.0%
コラボス強気強気137.6%
エムケイシステム強気強気332.0%
ショーケース・ティービー強気強気193.9%
ヘルスケア&メディカル投資法人やや強気やや強気54.5%
エスエルディー強気強気15.3%
ヒューマンウェブやや強気やや強気11.7%
イード強気強気46.4%
ファーストコーポレーションやや強気やや強気25.0%
RS Technologies中立中立-23.6%
シンデン・ハイテックスやや強気やや強気12.2%
ハウスドゥやや強気やや強気47.2%
Aiming中立中立12.2%
モバイルファクトリー強気強気99.4%
日本動物高度医療センターやや強気やや強気44.2%
プラッツやや強気やや強気70.2%
sMedioやや強気やや強気58.7%
サンバイオ弱気弱気-14.5%
海帆やや強気やや強気76.5%
Hameeやや強気やや強気67.2%
日本スキー場開発中立中立9.9%
シーアールイー弱気弱気-7.3%
三機サービス中立中立37.1%
レントラックス強気強気53.1%
リンクバルやや強気やや強気27.9%
ジグソー強気強気236.4%
Gunosy中立中立0.0%
デザインワン・ジャパンやや強気やや強気50.9%
テラスカイ強気強気350.0%
ヘリオス中立
スマートバリュー強気
マーケットエンタープライズ強気
中村超硬弱気
メニコンやや強気
ファンデリー強気
ナガオカ中立
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.