The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

Square(スクエア)でJCB・ダイナース・DISCOVERが利用可能に!VISA・Mastercard・アメックスに加えて主要国際ブランドを完全網羅

更新日: クレジットカード

Square(スクエア)で支払う場面

Square(スクエア)というスマホやタブレットがあれば、クレジットカード・国際ブランド搭載プリペイドカード・デビットカードの決済が可能なPOSレジがあります。ICチップにも、磁気テープにも対応しています。

極めて低コストでカード決済を導入できるので、個人事業主、中小企業経営者、零細法人にとって便利な決済ツールです。

ユーザーの側から見ても、たまにクレカ払いはSquareのみという店舗があります。スクエアの利用可能シーンが拡大すると便利です。

従前はSquareはVISA、Mastercard、アメックスのみでしたが、この度はJCB、ダイナース、DISCOVERも利用可能になりました。

クレジットカード払いが可能な店舗がますます拡大しました。


Square(スクエア)は、スマホ・タブレットがあれば、誰でも簡単にカード決済が導入できる便利なツールです。

4,980円(税込)で導入可能、最短で翌日に入金、3.25%~3.95%という決済手数料のみで低コスト、インターネット決済も可能というメリットがあります。

特徴概要 特徴詳細
最短で翌日に入金 三井住友銀行とみずほ銀行は翌営業日、その他の金融機関は毎週金曜日に、決済手数料が引かれた金額が自動で振り込まれます。日本国内の全ての金融機関に対応
決済手数料のみ 月額固定費など、決済手数料以外の費用はかかりません。手数料は、VISA・Mastercard・アメックス・ダイナース・DISCOVERは3.25%、JCBは3.95%
最短で申込み当日から利用可能 カード決済の申込みはすべてオンライン、数分程度で完了。最短当日から利用できるので、イベントでの利用や、営業開始直前の申込みでも間に合う可能性あり
カード情報の手入力もOK 電話やメール注文など、遠方からの支払いに対応できます。また、万が一磁気テープやICチップが破損していてカード情報が読み取れないときにも安心。決済手数料3.75%
ブラウザ決済が可能 パソコンさえあればカード決済が可能。決済手数料3.75%(VISA/Mastercard/アメックス)※JCB・ダイナース・DISCOVERは今後対応予定
低コストで導入・運営・解約可能 アカウント作成、月額固定費、振込手数料、解約手数料は無料。4,980円(税込)のSquareのIC カードリーダーを、スマホ・タブレットのイヤホンジャックに差すだけで利用可能。面倒な設定は不要
POSレジ 現金の受付、売上分析、在庫管理、複数店舗管理などの昨日が利用可能。すべて無料

導入の手順も簡単であり、誰でも簡単にカード決済を導入できます。iPhone、iPad、Androidスマホ・タブレットを用意して、以下の4つのステップでOKです。

手順 概要 内容
Step 1 無料アカウントを作成 必要情報の登録(メールアドレス・登録者情報・事業内容・入金先口座情報)、審査
Step 2 カード決済の有効化 最短申込み当日からカード決済が可能。通常3〜5営業日で登録のメールアドレスに審査結果をお知らせ
Step 3 アプリをダウンロード App StoreまたはGoogle Playから「Square POSレジ」を検索してDL(無料)
Step 4  IC カードリーダーを購入 リーダーは税込4,980円。公式オンラインショップなら送料なし、約1週間で郵送

クレジットカードで決済する客は、現金払いの客よりも多く支払う傾向があると言われています。手数料が発生するのはデメリットですが、単価が上がるというメリットがあります。

大手CD・DVDショップであるTOWER RECORDSの高橋さんによると、「クレジットカードを使うお客様は、現金払いより2,000円から3,000円くらい多く買って下さいます。ちょうどCDを一枚多く買っていただいている」とのことです。

特にfreeeマネーフォワードMFクラウド等のクラウド会計ソフトを使っている方は、クレジットカード払いだと自動仕分けされて便利なので、クレカ払いができないと買う気が失せるという方もいます。

個人事業主、中小企業経営などでカード決済の高価な端末の購入に尻込みしていた場合は、Squareの導入は単価UPに有力なツールです。

Square(スクエア) 公式サイト

Squareで決済可能なクレジットカードデビットカード、国際ブランド搭載プリペイドカード、デビットカードは、Visa、Mastercard、アメックスのみでした。

スクエアで利用可能なクレジットカード

しかし、2017年6月28日からは、JCBダイナース、Discoverも利用可能になり、より一層の選択肢が拡大しました。

2%ANAマイル還元(少額のリボ払いで3%マイル還元)のダイナースプレミアム、2%のLINEポイント付与のLINE Payカードも利用可能になり、一気に利便性が広がります。

確かに世界シェアはVISA/Mastercardが進撃の巨人的になっています。

Visaが56%で1位、MasterCardが26%で2位です(NILSON REPORT 2016年4月)。この2つで約82%と圧倒的なビッグ2となっています。飛車角です。

  1. Visa:56%
  2. MasterCard:26%
  3. UnionPay(銀聯):13%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

しかしながら、わが国は国際ブランドJCBの発祥地であり、日本人としてJCBを応援したいという方も大勢いるでしょう。

JCBは中国銀聯が世界に進出するまで、長らく米国系以外では唯一のメジャー・国際ブランドでした。

日本国産ということから「サムライカード」という呼称もあります。侍カード、かっこいい名前ですね^^

日本刀

我々には当たり前となっていますが、実は自国内の企業が大々的なクレジットカードのインフラを担っているというのは世界有数で凄いことです。

あのプーチン氏が絶賛している程です。ロシアは経済制裁でアメックス・VISA・MasterCard・ダイナースクラブなど外国企業から取引が打ち切られると困り果ててしまいます。

しかし、日本の場合は仮にそうなったとしても、JCBがあるので国内の決済は混乱をきたすことなく経済活動が可能となります。

着物姿の笑顔の女性

JCBカードとは、国際ブランドがJCBで株式会社ジェーシービーが発行しているクレジットカードの総称です。

JCB自身のプロパーカード、他企業と提携して発行している提携カードがあります。個人用クレジットカードに加えて、法人クレジットカードもあります。

2016年9月末の会員数は約1億90万(国内7757.5万・海外2333.5万)、取扱店契約数は3192.3万件(国内10,102千件・海外2182.1万件)です。会員数は1億を突破しています。

23の国・地域で発行されており、2015年度の年間取扱高は25兆5,001億円に到達しています。

協力で結ばれた手

アメックスとはカナダ、オーストラリア、日本を含む複数国、ダイナース/Discoverとは米国、日本での加盟店相互開放について提携しています。

銀聯とは日中双方の利便性向上を目的とした提携を結んでいます。JCBはユーザーが便利にJCBカードを利用できる環境を整えるため、提携関係を強化しています。

JCBと提携国際ブランドのロゴ

また、JCB THE CLASSなどのJCBオリジナルシリーズANA JCBカードJAL・JCBカード プラチナ等のJAL・JCBカードのユーザーも多いです。

おすすめのJCBカードについては、以下で徹底的に解説しています。

JCBのクレジットカードを徹底的に比較!おすすめのJCBカードを厳選
JCBカードというクレジットカードがあります。株式会社ジェーシービー(JCB Co., Ltd.)が発行しています。プロパーカードから提携カ...

富裕層の間ではアメックス、ダイナースがコスパ重視の世の中でも根強い人気を誇ります。

価格.comの「クレジットカードでもっともステータスを感じる国際ブランドは?」というアンケート(2015年2月)が実施されたことがあります。

ランキングは1位アメックス、2位ダイナースクラブ、3位VISAとなりました。アメリカン・エキスプレス、ダイナースのステータスが客観的に高く評価されています。

  1. アメリカン・エキスプレス:35.7%
  2. ダイナースクラブ:31.5%
  3. VISA:14.6%
  4. JCB:8.0%
  5. MasterCard:7.0%

支出額が多い方の間では、ダイナースのブラックカードが高い人気となっています。2%ANAマイル還元(少額のリボ払いで3%マイル還元)の破壊力は絶大です。

ダイナースクラブ プレミアムカードのポイント制度は秀逸!還元率が日本一!オリジナルの交換商品も
ダイナースクラブカードのブラックカードは「ダイナースクラブ プレミアムカード」という名前です。ポイント制度のクオリティは随一で...

Squareがアメックスに加えて、ダイナースにも対応したのは素晴らしいことです。個人的にもダイナース、アメックスのファンですので嬉しいです。

おすすめのダイナース、アメックスについては、以下で丹念に分析しています。

おすすめのダイナースを徹底的に比較!個人的口コミまとめ
ダイナースというクレジットカードがあります。三井住友トラストクラブ(旧シティカードジャパン)が発行しています。国際ブランドはダ...
おすすめのアメックスを徹底的に比較!個人的口コミまとめ
アメックスというクレジットカードがあります。アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(American Expr...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-クレジットカード

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.