新規上場!Fringe81のIPOの初値予想

更新日: IPO

Fringe81

Fringe81(6550)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2017年6月8日(木)~6月14日(水)、上場日は2017年6月27日(火)です。

新規上場する市場は東証マザーズで、想定価格は2,070円(1単元20.7万円)です。仮条件は2,400円~2,600円と窓を開けて上振れました。

公開価格は仮条件の上限である2,600円となりました。予想PERは30.9倍、予想PBRは6.07倍(BPS 428.58)です。

初値予想は大幅なプラスリターンです。大手初値予想会社の初値予想は以下の通りです。

  • 3,900〜4,500円(仮条件の上限比+50.0%~+73.1%)
  • 3,900〜5,000円(仮条件の上限比+50.0%~+92.3%)

初値予想会社の直前初値予想は以下の通りとなっています。

  • 3,900円(公開価格比+50.0%)
  • 4,000円(公開価格比+53.8%)

Fringe81は、「新しい発見をもとに、地球の未来を創る集団」というビジョンを掲げ、広告代理サービス、メディアグロースサービス、ソリューションサービス、ウェブサービスを展開しています。

監査法人は新日本有限責任監査法人です。本社所在地は東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー8F です。

Fringe81とは

Fringe81は「新しい発見をもとに、地球の未来を創る集団」というビジョンを掲げ、市場的には黎明期であるが今後急成長が見込める先端的事業領域、換言すれば「際(キワ)」の事業を複数立ち上げるよう努めてきました。

社名にある「Fringe」は、「限界を超えた、前衛的な」などといった意味合いを持つ単語であり、「現時点の最先端」「未来の当たり前」という意味合いが込められています。

日本の国番号「81」を背負った「最先端の集団」である、という社名の由来を常に意識し、最先端のデジタルテクノロジー・サービスを通じて社会課題を解決する集団であることがミッションであるとFringe81は考えています。

Fringe81は参入企業が少ないと考えられる「キワ」の市場を選び参入する方針を堅持し、また価格競争による規模の追求を行わず、高い収益性を求める方針にて事業運営をしています。

また、Fringe81はシステム開発や商品設計を自ら手がけユニークなサービスを創り出すとともに、販売に際してはFringe81販売人員の専門性を活かし迅速な事業育成を行うことに努めています。

システム開発、商品設計、そして販売までの一気通貫体制を構築していることはFringe81の特徴の一つとなっています。

その特徴によって、創業以来アドテクノロジー等をベースにした技術力をもとに「キワ」のサービスを創りだし、そのサービスを広告主や事業の収益化局面にあるメディア等の顧客に対しFringe81自ら販売し、顧客の課題解決につなげてきました。

アドテクノロジーとは、インターネット広告を、広告主の目的を実現するために効果的且つ効率的に流通させるための技術全般を指します。

その販売活動を通じて得られた顧客の要望をもとに提供するサービスを改善(PDCAサイクル)し、これらの経験をもとにさらに新たなニーズや「キワ」事業を発掘する、といった好循環を生み出すよう努めてきました。

これらのサイクルを通じ、Fringe81は今後も継続的な成長を目指しています。従業員数は88名、平均年齢は29.6歳、平均勤続年数は2.4年、平均年間給与は512.5万円です。

広告代理サービス

広告代理サービスでは、主にインターネット広告の販売を行っています。インターネット広告とは、パソコンやスマートフォンを使って何かについて検索した時や、ニュースやゲーム等のアプリを使用した時などに表示される広告を指します。

インターネット広告では、ユーザーの年齢、性別、趣味趣向、行動パターンや行動範囲等、非常に多くのデータを駆使して広告を表示する対象を詳細にターゲティングできます。

また、その広告効果を計測しながら広告配信戦略を柔軟に運用することが可能です。運用型広告と呼ばれるこの手法では、テレビCMや新聞広告とは異なり、広告効果を最適化することができる点が特徴です。

Fringe81では、Googleディスプレイネットワーク、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク、Facebook広告といった広告媒体や、各種DSPサービス/アドネットワークの運営者から広告枠を買い付け、広告主及び広告代理店に一定のマージンを付加して販売するサービスを運営しています。

DSPとはデマンドサイドプラットフォーム(Demand-Side Platform)の略で、デマンドサイド(広告主や広告代理店)がRTBで広告を買う際に使うプラットフォームを指します。

メディアにおいて広告がユーザーに表示されることをインプレッションと呼びます。

インプレッションが発生したタイミングでオークションを開催し、一番高い値段でそのインプレッションを買う広告主の広告を配信する仕組みのことをRTB(Real-Time Bidding)と呼びます。

広告配信データやサイト訪問者データ、POSデータ、顧客ID等様々なデータを管理するプラットフォームです。

配信対象者や掲載面、配信時間等、広告を買う側の都合の良い条件もとに入札できます。

Fringe81のサービスの特徴としては、自社開発のアドテクノロジーのソリューションを併せて提供できることと、アトリビューション分析な等各種分析・コンサルティングに関する強みが挙げられます。

広告主に対してデジタルマーケティングの戦略立案まで踏み込んだ提案を行っています。

ユーザーによって、購入・会員登録・資料請求等、サイト毎に目標とされる成果が達成されることをコンバージョンといい、メディア毎のコンバージョンの貢献度を調査・分析することをアトリビューション分析と呼びます。

例えば、ある広告がクリックされて自社の商品が買われた場合、その顧客がそれまでに他のどんなメディアを見ていて、購入にどの程度影響を及ぼしたかを調べることです。

また、メディアグロースサービスにてFringe81が支援するインターネットメディアを販売することで、高い収益性を確保することが可能となっているとともに、当該メディアの広告媒体としての価値向上を支援する役割を果たしています。

顧客基盤の観点からは、幅広い広告主と取引を行っており、顧客企業数の拡大と取引高の拡大に注力してきました。Fringe81は新規取引先開拓の専門部署をおき、引き続き取引先の拡大に努めてまいります。

メディアグロースサービス

Fringe81におけるメディアグロースサービスは、アドネットワークの運営、インターネットメディアの広告事業収益化にかかる業務支援からなります。

主にアプリを含むスマートフォンメディアに対して広告商品企画・開発・オペレーションを提供する事業であり、市場拡大を続けることが見込まれるスマートフォン広告市場をターゲットとしています。

「2016年インターネット広告市場規模推計調査」(株式会社サイバー・コミュニケーションズ、株式会社D2Cが調査主体、平成29年4月17日発表)によると、下表の通り、スマートフォン広告費を含む市場規模は拡大しています(単位:億円)。

項目平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年
スマートフォン広告8002,0733,4504,9796,476
PC広告5,8295,1304,7954,2153,902
合計6,6297,2038,2459,19410,378

アドネットワークとは、広告配信可能なウェブサイトやアプリケーションを複数束ね、広告主からの発注を一元化して広告を配信するサービスです。

Fringe81は平成27年2月に株式会社D2Cと業務提携し、同社が提供する、携帯電話加入者情報を活用したターゲティングを強みとするアドネットワーク「docomo Ad Network」の開発及び運営に携わっています。

Fringe81はアドネットワークサービスに必要なシステム等の開発や広告配信に必要な業務を執行し、その対価として、アドネットワークにおける売上の一部をレベニューシェアとして受領しています。

インターネットメディアの業務支援事業においては、事業の収益化局面にある事業者に対し、広告収入による収益化を、広告の企画、運用、販売等によるサポートをしています。

メディアにとって広告出稿より得られる収入は事業の継続、発展にとって不可欠と考えられ、Fringe81がメディアの営業活動及び運用の支援を行うことで、その売り上げの一部をレベニューシェアとして受領しています。

最大の支援先はスマートニュース株式会社(SmartNews)です。Fringe81は、平成26年12月より「SmartNews」にて提供される広告サービスの支援を行っており、同アプリにおける広告による収益化に貢献してきました。

このように、Fringe81はアドネットワークの運営やインターネットメディアの業務支援においては、Fringe81広告代理サービスにて販売支援まで行うことを特徴としています。

広告商品を熟知した迅速かつ効果的な販売活動を行えるほか、広告代理マージンに加えレベニューシェアも受領する高収益の事業が実現しています。

その他、Fringe81のRSS広告サービス「Trend Match」は、ブログ配信に伴うRSSフィードを広告媒体とし広告を配信するサービスです。

RSS広告「Trend Match」も複数の媒体を束ね、広告配信を行う点においてアドネットワークと同様の事業構造となりますが、広告主への営業活動はFringe81又は他の広告代理店が行う形となっています。

ソリューションサービス

ソリューションサービスでは、主にインターネット広告を配信される広告主向けに、広告戦略の意思決定のサポートとなる分析や、広告運用の工数を削減できるソリューションとなるプロダクトを提供しています。

インターネット広告では運用による広告効果の最適化を図れる一方、運用できる“調整弁”が多岐に渡ることで、ひとつひとつの要素における本来の効果が見えにくくなったり、現場においては運用にかかる工数が膨大になっています。

Fringe81では第三者配信アドサーバー「digitalice」や、タグ監視・Web高速化ツール「TagKnight」など、自社企画・自社開発のソリューションを提供しています。

「digitalice」は、インターネット広告の第三者配信機能と、広告主や広告代理店がワンストップで広告運用・配信ができるトレーディングデスクを兼ね備えた第三者配信アドサーバーです。

トレーディングデスクとは広告主の予算を預り、DSPや第三者配信等を用いて、最適な運用を行うサービスです。システムのみならず広告枠の買付け、運用戦略の立案、配信結果のレポーティング等も含んでいます。

「digitalice」では、より精密に広告効果を測定することができ、第三者としてFringe81が提供する配信実績は、第三者の見解として顧客に貴重な情報となります。

加えて、その広告配信のデータを元に、アトリビューション分析等のコンサルティングサービスや入稿設計等オペレーション面の支援等の周辺サービスを提供できることがFringe81の強みとなっています。

日本製品の第三者配信アドサーバーとして初めてGoogleの認定ベンダーとなったほか、近時のトレンドである動画広告での計測実績を蓄積しています。

また、「digitalice」の第三者配信機能を活用して、インターネット広告における運用者の人為的ミスや広告不正等を防ぐことで、広告本来の効果を正しく計測するといった、広告監査も行っています。

「TagKnight」の提供するタグマネジメントとは、広告主サイトに導入される様々な外部接続タグを管理するものです。

アドテクノロジーを活用する上でウェブサイトへのタグ設置は広く行われていますが、広告を目的とした外部タグの増加に伴い管理の負荷が増す、外部タグ設置によりサイトが重くなる、といった問題が起こりえます。

Fringe81の「TagKnight」は外部タグを設置前・設置中にスキャンし監視を行うことでトラブルを防止するとともに、ウェブサイトに設置されている外部タグをわかりやすく図示し管理しやすくすることができます。

また外部タグの監視を通じ外部タグの表示を高速化することで、ウェブサイトの高速化にもつなげています。

ウェブサービス

ウェブサービスにおいては、相互評価・賞賛のためのサービス「Unipos」及びスマートフォンアプリ「シンクル」を提供しています。

「Unipos」は、顧客企業の従業員同士が、日常の感謝や賞賛をその言葉とともにポイント(ピア・ボーナス)を送り合うことができる、相互評価・賞賛のためのサービスです。

IT技術を活用して人事領域業務の改善を行うサービス(HRテック)であり、旧来の人事評価における上司からの一方的な評価/処遇と異なり、周囲から気軽かつ日常的に賞賛/感謝を伝えることにより従業員の動機づけを行うことが可能です。

部署や肩書を問わず即時的に同僚の評価をすることができ、半期や四半期ごとの業績評価では見落とされがちな小さな貢献も評価に加えることができます。

また、従業員相互の評価内容が公開されることにより、評価の透明化・公正性の担保が可能となります。

加えて、従業員同士で授受したピア・ボーナスを顧客企業内で給与/賞与に置き換え付与することで、経済的な報酬をもたらすことも可能となるサービスです。

「Unipos」では、1アカウント当たりの月額単価×アカウント数にて算出される月額利用料を顧客企業より受領する事業モデルとなっています。

「シンクル」は、各ユーザーが愛する様々なもの・ことを投稿し、それに共感した他のユーザーと交流して語り合うことでコミュニティを形成するスマートフォンアプリです。

他のソーシャルネットワークと異なり匿名で投稿できるため、周囲に気兼ねすることなく安心してユーザー自身の興味関心を開示することができます。

また、嗜好性が似たユーザー(シンクロ率の高いユーザー)の発見ができ、自分が認識していなかった新しい興味関心を発見することができます。

こうしたやりとりを通じ、深く・強いユーザーの嗜好を表出させることにより、特定の広告に強く反応すると見込まれるユーザー層の特定が容易になり、今までにない高い広告効果が見込まれます。

「シンクル」では、アプリ内における広告枠を広告主に販売すること等で収益を得ています。


Fringe81のIPOの諸データ

新規発行による手取金の使途については、以下に充当する予定です。

  • サービスにおける品質・安定性を支え、またさらなるユニークなサービスを立ち上げる技術力を向上させるための研究開発等に係る人件費や外部委託費の資金
  • 競争力の維持及び売上成長のための人材の採用育成費

Fringe81の業績推移

業績面では売上高は美しい右肩上がりとなっています。経常利益・純利益は減益の年度もあるものの、今期は黒字転換となる数字を作っての上場となります。

Fringe81の業績推移

営業キャッシュフローは純利益を常に上回っています。一般論としては安心感があります。

主要な経営指標等の推移は下表のとおりです。前期の自己資本利益率(ROE)は21.84であり、自己資本比率は64.37%です。

回次第1期第2期第3期第4期
決算年月平成25年
3月
平成26年
3月
平成27年
3月
平成28年
3月
売上高(千円)1,220,0322,413,9544,519,528
経常損失(千円)△530△20,913△69,731△54,188
当期純損失(千円)△627△47,216△100,181△55,219
資本金(千円)125,013125,013334,913334,913
発行済株式総数(株)    
普通株式12,40012,40012,40012,400
A種優先株式4,2604,2604,260
B種優先株式4,2114,2114,2114,211
C種優先株式2,0842,084
純資産額(千円)244,399282,382602,002546,782
総資産額(千円)245,024822,9611,291,8331,622,550
BPS(円)263.23△2,052.80△62.27△86.33
1株配当(円)
EPS(円)△50.23△2,383.59△47.57△24.06
自己資本比率(%)99.734.346.633.7
自己資本利益率(%)
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業CF(千円)△27,995184,848
投資CF(千円)△39,542△231,904
財務CF(千円)379,492102,736
現金等(千円)471,762527,442
従業員数(人)294770

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数は2016年は長らくTOPIX・日経平均と比較すると軟調な展開でしたが、日銀の金融政策決定会合で、日経平均ETFの買い入れ額を減らしてTOPIXを増やしたのを契機に、東証マザーズも動意づきました。

トランプ氏が米国大統領選で勝利したことで大暴落となったものの、翌日以降は急速に反発して、それ以降は堅調な推移となっています。

特に2017年に入ってからモメンタムに加速がつき、3月中旬以降は急調整したものの、急激に切り替えしました。

このまま堅調な相場が持続したら、IPOにおいて追い風ですが、波乱があったら向かい風となります。

東証マザーズのチャート(2017年2月24日~2017年5月23日)
(※マネックス証券より)

上場規模

Fringe81のIPOの規模は最大で約6.2億円であり、東証マザーズとしても小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は108,800株、売出株式数は151,300株、オーバーアロットメント(OA)は39,000株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約12%と非常に低めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は約59%です。

貸株人かつ売出人である田中弦、売出人である松島稔、東山友、佐藤洋介、荒川貴洋には、原則として90日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

売出人であるテクノロジーベンチャーズ3号投資事業有限責任組合及び磯崎哲也並びにFringe81株主である株式会社サイバー・コミュニケーションズ、株式会社サイバーエージェント、グリー株式会社、電通デジタル投資事業有限責任組合、ドコモ・イノベーションファンド投資事業組合、TBSイノベーション・パートナーズ1号投資事業組合、株式会社マイクロアド、株式会社アイスタイルキャピタルには、原則として90日間のロックアップがかかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。

上記のほか、Fringe81は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募集株式等の割当等に関し、Fringe81新株予約権の割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っています。

株主名保有割合ロックアップ
田中弦49.80%
テクノロジーベンチャーズ3号投資事業有限責任組合16.84%
(株)サイバー・コミュニケーションズ5.54%
(株)サイバーエージェント5.48%
松島稔2.44%
グリー(株)1.98%
電通デジタル投資事業有限責任組合1.98%
ドコモ・イノベーションファンド投資事業組合1.98%
東山友1.80%
TBSイノベーション・パートナーズ1号投資事業組合1.79%

初値予想

Fringe81の事業は、アドネットワーク等の広告代理サービス、メディアグロースサービス、ソリューションサービス、ウェブサービスということで、IPOにおける業種の人気度は高めです。

訴求力の高い東証マザーズネット企業の範疇に属しています。

予想PERは30.9倍、予想PBRは6.07倍であり、類似企業と比較すると中間的となっています。

コード銘柄名PERPBR配当利回り
2159フルスピード30.637.410.00%
2389オプトホールディング35.502.311.07%
2461ファンコミュニケーションズ17.634.521.94%
4293セプテーニHLDGS14.873.021.13%
4751サイバーエージェント42.916.410.64%
6047Gunosy45.786.780.00%
6180GMOメディア17.512.243.14%
6535アイモバイル16.102.210.00%

約6.2億円という上場規模は東証マザーズとしても小型です。上位株主にVCが名を連ねていますけれども、万遍なくロックアップがかかっています。

需給面では好材料が揃っています。東証マザーズの5億~10億円未満の小型IPOの初値結果は以下のとおりです。

  • アセンテック:+197.5%
  • 旅工房:+173.7%
  • テモナ:+215.7%
  • 力の源ホールディングス:+271.7%
  • ファイズ:+220.8%
  • フォーライフ:+31.6%
  • グレイステクノロジー:+130.0%
  • イノベーション:+214.1%
  • リネットジャパングループ:+92.9%
  • G-FACTORY:+54.3%
  • シルバーエッグ・テクノロジー:+191.3%
  • チェンジ:+149.9%
  • バリューデザイン:+111.5%
  • カナミックネットワーク:+186.7%
  • デジタルアイデンティティ:+88.3%
  • ストライク:+125.9%
  • ハイアス・アンド・カンパニー:+189.5%
  • はてな:+278.1%
  • ソーシャルワイヤー:+56.9%
  • アークン:+262.1%
  • 鎌倉新書:+180.6%
  • ネオジャパン:+401.7%
  • パートナーエージェント:+217.5%
  • ピクスタ:+34.8%
  • べステラ:+25.0%
  • パルマ:+70.5%
  • 富士山マガジンサービス:+126.4%
  • ファンデリー:+102.1%
  • マーケットエンタープライズ:+167.0%
  • ジグソー:+236.4%
  • レントラックス:+53.1%
  • 海帆:+76.5%
  • プラッツ:+70.2%
  • 日本動物高度医療センター:+44.2%
  • ハウスドゥ:+47.2%
  • ショーケース・ティービー:+193.9%
  • ヒューマンウェブ:+11.7%
  • コラボス:+137.6%
  • ALBERT:+115.7%

以上を総合考慮して、初値予想は大幅なプラスリターンです。

主幹事は野村證券です。その他は、みずほ証券、SMBC日興証券、三菱UFJモルスタ証券、マネックス証券で申し込めます。

証券会社名割当株式数割当比率
野村証券221,10085.01%
みずほ証券10,4004.00%
SMBC日興証券10,4004.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券10,4004.00%
マネックス証券5,2002.00%
岩井コスモ証券2,6001.00%

Fringe81のIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいのがデメリ...

SBI証券が幹事に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です。...

岩井コスモ証券は、ネット抽選分は小口個人投資家に嬉しい完全公平抽選となっています。

100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取り扱い数...

今回は幹事団に入っていませんが、マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

株・投資信託ならネット証券のマネックス

ライブスター証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、口座開設だけで2,000円のプレゼントもあります!

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券でも取扱いの可能性があります。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

過去のIPO初値予想の履歴

銘柄名(2015年)発表時BB直前結果
Keeper技研やや強気やや強気49.1%
ケネディクス商業リート投資法人中立やや強気13.3%
ファーストロジック強気強気52.5%
ファーストブラザーズやや弱気やや弱気2.5%
ホクリヨウ中立中立8.9%
ALBERT強気強気115.7%
シリコンスタジオやや強気やや強気102.0%
コラボス強気強気137.6%
エムケイシステム強気強気332.0%
ショーケース・ティービー強気強気193.9%
ヘルスケア&メディカル投資法人やや強気やや強気54.5%
エスエルディー強気強気15.3%
ヒューマンウェブやや強気やや強気11.7%
イード強気強気46.4%
ファーストコーポレーションやや強気やや強気25.0%
RSTechnologies中立中立-23.6%
シンデン・ハイテックスやや強気やや強気12.2%
ハウスドゥやや強気やや強気47.2%
Aiming中立中立12.2%
モバイルファクトリー強気強気99.4%
日本動物高度医療センターやや強気やや強気44.2%
プラッツやや強気やや強気70.2%
sMedioやや強気やや強気58.7%
サンバイオ弱気弱気-14.5%
海帆やや強気やや強気76.5%
Hameeやや強気やや強気67.2%
日本スキー場開発中立中立9.9%
シーアールイー弱気弱気-7.3%
三機サービス中立中立37.1%
レントラックス強気強気53.1%
リンクバルやや強気やや強気27.9%
ジグソー強気強気236.4%
Gunosy中立中立0.0%
デザインワン・ジャパンやや強気やや強気50.9%
テラスカイ強気強気350.0%
ヘリオス中立弱気22.5%
スマートバリュー強気強気344.9%
マーケットエンタープライズ強気強気167.0%
デジタル・インフォメーション・テクノロジー強気強気246.2%
エコノス弱気中立120.0% 
中村超硬弱気弱気11.8%
メニコンやや強気やや強気73.5%
冨士ダイス弱気弱気50.9%
ファンデリー強気強気102.1%
ナガオカ中立中立40.6%
サムティ・レジデンシャル投資法人中立中立 -2.9%
富士山マガジンサービス強気強気126.4%
クレステックやや強気やや強気82.4%
平山やや強気やや強気29.5%
アイリッジ強気強気429.2%
デクセリアルズ弱気弱気-3.1%
ジャパン・シニアリビング投資法人やや強気やや強気-10.5%
イトクロ中立中立4.1%
PCIホールディングスやや強気やや強気169.6% 
エスケーホーム中立やや強気13.8%
パルマ強気強気70.5%
メタップス中立中立-7.9%
ラクト・ジャパン中立中立0.0%
土木管理総合試験所中立中立-2.4%
アクアライン強気強気21.7% 
ベステラやや強気やや強気25.0%
STUDIOUSやや強気やや強気20.0%
JESCOホールディングス中立中立5.4%
ピクスタ強気強気34.8%
アイビーシー強気強気251.0%
ブランジスタやや強気強気43.8%
AppBankやや強気強気45.8%
グリーンペプタイド弱気弱気-8.0%
GMOメディアやや強気やや強気101.1%
パートナーエージェントやや強気強気217.5%
バルニバービやや強気やや強気130.0%
日本郵政中立中立16.5%
ゆうちょ銀行中立中立15.9%
かんぽ生命保険中立中立33.1%
ロゼッタ強気強気433.1%
あんしん保証強気強気292.5%
ベルシステム24HD弱気弱気-5.0%
ネオジャパン強気強気401.7%
いちごホテルリート投資法人投資法人中立中立-1.8%
インベスターズクラウドやや強気やや強気93.3%
鎌倉新書やや強気強気 180.6%
ラクス強気強気228.7%
ランドコンピュータやや強気やや強気103.4%
ダブルスタンダード強気強気128.8%
オープンドアやや強気やや強気23.3%
ミズホメディーやや強気やや強気156.5%
ツバキ・ナカシマ弱気弱気4.5%
アートグリーン中立中立46.2%
フリューやや強気弱気0.6%
ビジョン中立中立 10.7%
アークン強気強気262.1%
マイネット強気やや強気19.3%
ソネット・メディア・ネットワークス強気強気139.1%
ソーシャルワイヤー強気強気56.9%
ケイアイスター不動産弱気弱気6.8%
プロパティエージェントやや強気やや強気115.0%
一蔵中立弱気2.1%
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.