The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

新規上場!デクセリアルズのIPOの初値予想

更新日: IPO

デクセリアルズ

デクセリアルズ(4980)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は7月13日(月)~7月17日(金)です。上場日は7月29日(水)です。

新規上場する市場は東証一部か二部ですが、ほぼ確実に東証一部です。想定価格は1,570円(1単元15.7万円)です。仮条件は1,450~1,600円と上限が僅かに上振れました。公開価格は仮条件の上限の1,600円となりました。

初値予想は「マイナスリターンの可能性がある」です。大手初値予想会社の初値予想は1,570~1,700円となっています。

デクセリアルズは、「Value Matters-今までなかったものを。世界の価値になるものを。」をビジョンに掲げ、光学材料、電子材料、接合材料等の製造・販売を行っています。

監査法人はあらたです。本社所在地は東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー8Fです。


デクセリアルズのIPO

デクセリアルズとは

デクセリアルズは、エレクトロニクス分野や環境・新エネルギー分野などに、高度な材料技術やプロセス技術に支えられた新しい高機能性材料を提供することで、人間社会と地球環境の豊かさと質の向上に貢献していくことを目指しています。

また、デクセリアルズは、付加価値の高い製品を提供し続けるために、社名の元になっている「かしこく、機敏に」材料の力を組み合わせ、常に新しい価値を創造できる「人」を社内に創ることが大切な使命だと考えています。

デクセリアルズの社員は、常に、持てる技術に磨きをかけ、知恵をしぼり、仕事に向かう姿勢として、経営理念である「Integrity 誠心誠意・真摯であれ」を心がけています。

その真摯に取り組む姿勢が技術開発や製品品質の向上につながり、お客さまに喜んでいただける付加価値の高い製品を生むデクセリアルズの基礎(いしづえ)となっていると会社は考えています。

デクセリアルズのセグメント別売上高比率(平成27年3月期)は、電子材料部品事業55.7%、光学材料部品事業44.3%です。

従業員数は1,746名、平均年齢は41.6歳、平均勤続年数は17年8ヶ月、平均給与は693.6万円です。

電子材料部品事業

当事業は接合関連材料、異方性導電膜、リチウムイオン電池2次保護素子、マイクロデバイスの4カテゴリーに分けられています。

特に主力製品である異方性導電膜(デクセリアルズ製品名:ACF)は昭和52年に業界で初めて開発・量産化しており、世界市場において高いシェアを有しています。

当事業は、接着、接合、接続特性向上に係る事業であり、顧客仕様にあわせたカスタマイズ製品と標準タイプの汎用製品を、電子部品メーカー及び材料加工メーカー等に販売しています。

その中でも、異方性導電膜は、スマートフォン、タブレットPC等の小型化、薄型化、狭額縁化、軽量化に寄与しています。

その中でもスマートフォン等の中小型パネルで主に使われるCOGタイプをデクセリアルズは強みとしており、ディスプレイの高精細化に伴うハイエンドグレードへの需要拡大期待に対し、安定的に供給できる体制を確立しています。

各製品カテゴリーに含まれる主な製品の概要は以下のとおりです。

  • 工業用機能性接合材:半導体・通信・車載機器向けの粘着テープ等の機能性接合材料
  • 異方性導電膜:ガラス・プリント基板に電子部品を接続する、導通と絶縁の機能を兼ね備えた接着フィルム
  • リチウムイオン電池2次保護素子:リチウムイオン二次電池を過電圧や過電流から保護するためのヒューズ
  • 無機材料:主にプロジェクター向けの無機偏光板・無機波長板

光学材料部品事業

当事業は光学フィルム、光学樹脂材料、光学ソリューションの3カテゴリーに分けられています。

これら3カテゴリーには光ディスク用紫外線硬化型樹脂、光学弾性樹脂、反射防止フィルム等が含まれています。

特に主力製品である光学弾性樹脂(デクセリアルズ製品名:SVR、ハイブリッドSVR)は高い技術、品質により、OCR(光学透明粘着材)の世界市場において高いシェアを有しています。

当事業は、製品技術として光学特性の向上に係る事業であり、全て顧客仕様にあわせてカスタマイズした上で、液晶パネルメーカー及びセットメーカー等に販売しています。

主にスマートフォン、タブレットPC、パソコン向けの製品であり、ディスプレイの需要に対応しています。

その中でも、光学弾性樹脂は、パネルの視認性向上や高コントラスト化が図られ、弾性特性により耐久性や耐衝撃性が向上し、パネルの薄型化が可能になりました。

ハイエンドスマートフォンを中心にディスプレイ材料の主流な貼合方式として拡大しており、各顧客にタイムリーに製品を供給できる体制を確立しています。

各製品カテゴリーに含まれる主な製品・ソリューションの概要は以下のとおりです。

  • 反射防止フィルム:液晶パネルの表面に貼り付けることで、外光の反射を低減し、パネルの視認性を向上させる機能を持つフィルム
  • 光ディスク用紫外線硬化型樹脂:DVD・BD等の光ディスク用の表面保護のためのコーティング剤・接着剤
  • 光学弾性樹脂:フラットパネルディスプレイでディスプレイモジュールとカバーガラスの貼り合わせに使われるアクリル樹脂を主原料とした透明な樹脂状の粘着剤
  • 光学ソリューション:中国におけるデクセリアルズ光学材料製品の採用拡大を目的とした、主にスマートフォン・電子リーダー・デジタルカメラ向けの光学モジュールの製造

研究開発・生産・販売体制

 研究開発・生産に関しては、生産効率及び管理効率の最大化を図るため、開発拠点及びメイン工場は栃木県鹿沼事業所に集約しています。一方、流通効率化と為替リスク低減のため、生産拠点は鹿沼事業所以外に国内外の7拠点で構成しています。

開発技術部門は、材料開発・技術開発・事業開発にカテゴリー分けされており、基盤技術材料の技術開発・新規製品の創出・機能性フィルムの技術開発・新規ビジネスの創出に向けて研究開発を実施しています。

開発技術部門にて新規技術/製品/事業開発について目処がたった段階で、各事業部の設備・プロセス導入の開発を行い、各事業部に移管の上、各事業領域での新製品開発を行っています。

また、分析・解析拠点を鹿沼、中国蘇州、韓国の各拠点に設置し、顧客の実装ラインを保有することで迅速かつ顧客の生産工程に即した対応を可能としており、同時に製品の改良・開発等へフィードバックが可能となっています。

営業体制としては、直接の販売先だけでなく、最終顧客(最終製品メーカー)との直接のコミュニケーションに加え、装置メーカーやEMSとも連携して関係を築いています。

特に、新製品投入の際には、外部からの分析や模倣が非常に難しい高機能な材料とその性能を最大限引き出すプロセスを組み合わせた、ソリューションを開発しています。

更に、顧客へのプロセス特許の無償提供や、顧客の製造設備の導入サポートにより製造プロセスのスタンダード化を実現しています。

また、顧客に密着した営業活動を行うため、海外販売子会社を米国、オランダ、香港、中国、台湾、韓国及びシンガポールに置き、国内では東京、大阪に営業部門を置いており、製品カテゴリー別に組織しています。


業績推移

業績面では売上高・経常利益・純利益は緩やかな右肩上がりとなっています。

デクセリアルズの業績推移

営業キャッシュフローは純利益を上回っている年度と下回っている年度があります。前期の自己資本利益率(ROE)は22.56%であり、自己資本比率は61.16%です。

決算年月 平成26年3月 平成27年3月
売上高 (百万円) 63,307 65,508
経常利益 (百万円) 7,208 9,870
当期純利益 (百万円) 8,044 10,721
包括利益 (百万円) 8,729 14,224
純資産額 (百万円) 40,620 54,421
総資産額 (百万円) 90,155 88,979
1株当たり純資産額 (円) 644.76 863.82
1株当たり純利益 (円) 127.69 170.18
自己資本比率 (%) 45.06 61.16
自己資本利益率 (%) 21.88 22.56
株価収益率 (倍)
営業キャッシュフロー (百万円) 10,429 13,338
投資キャッシュフロー (百万円) △3,074 △2,714
財務キャッシュフロー (百万円) △6,006 △11,519
現金等 (百万円) 15,776 16,456

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

TOPIXは美しい右肩上がりとなっています。6月に入って調整局面が遭ったものの、再び切り返しています。

TOPIXのチャート(2015年3月23日~2015年6月23日)
(※マネックス証券より)

上場規模

デクセリアルズのIPOの規模は最大で約848.5億円であり、東証一部としてもやや大型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約86%と非常に高めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は100%です。

株主である株式会社日本政策投資銀行、UC Universe(F),L.P.、UCユニバース投資事業有限責任組合、UC Universe(A),L.P.、UC Universe(B),L.P.、UC Universe Co-Investment(F),L.P.、UC Universe Co-Investment(A),L.P.、UC Universe Co-Investment(B),L.P.、UCユニバース共同投資事業有限責任組合、一ノ瀬 隆及び安藤 尚は、ジョイント・グローバル・コーディネーターには、原則として180日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

また、デクセリアルズは、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募集株式等の割当等に関し、割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っています。

株主名 保有割合 ロックアップ
(株)日本政策投資銀行 58.24%
UC Universe (F), L.P. 15.86%
UCユニバース投資事業有限責任組合 5.21%
UC Universe (A), L.P. 5.03%
UC Universe (B), L.P. 4.09%
UC Universe Co-Investment (F), L.P. 3.14%
UC Universe Co-Investment (A), L.P. 2.20%
UC Universe Co-Investment (B), L.P. 1.86%
UCユニバース共同投資事業有限責任組合 1.40%
一ノ瀬隆 0.33%

まとめ

業種面では光学材料、電子材料、接合材料等の製造・販売ということで、IPOにおける人気度は高くはありません。

売出100%でExitのオーラが濃厚に漂っているIPOです。公開規模もやや大きく公開比率が非常に高めなのもマイナスポイントです。

以上を総合考慮して、初値予想は「マイナスリターンの可能性がある」です。

主幹事は大和証券です。その他は、三菱UFJモルスタ証券、野村證券、みずほ証券、SMBCフレンド証券で申し込めます。

カブドットコム証券でも取扱いが期待できます。

なお、東海東京証券もIPOの取り扱いがあります。口座数が少なくてライバルは少なめです。現物・信用手数料が最長5ヶ月間無料のキャンペーンもあります。

岡三オンライン証券もIPOの取り扱いがあります。口座数が少なくてライバルは少なめです。投資本のプレゼントが有ります。

ライブスター証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、2,000円のプレゼントもあります!

取引が不要で口座開設だけで2,000円プレゼントの証券会社のキャンペーンは稀有です。まだライブスター証券に口座をお持ちでない方は、今がチャンスです。この機会にぜひ口座開設してはいかがでしょうか。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

<投資スタンス>
弱気
(※強気・やや強気・中立・弱気の4段階)

※過去1年間のIPO初値予想の履歴

銘柄名 発表時 BB直前 結果
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人 中立 中立 5.7%
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング 中立 中立 -7.7%
ムゲンエステート 中立 中立 10.0%
フリークアウト 強気 強気 250.0%
ポバール興業 中立 中立 6.6%
OATアグリオ 中立 中立 -6.3%
メドピア 強気 強気 131.3%
レアジョブ 強気 強気 169.7%
VOYAGE GROUP 強気 強気 40.0%
鳥貴族 やや強気 やや強気 120.7%
イグニス 強気 強気 342.1%
日本ビューホテル やや弱気 やや弱気 -2.3%
ジャパンインベストメントアドバイザー やや強気 やや強気 126.3%
ロックオン 強気 強気 284.6%
リアルワールド 強気 強気 79.8%
AMBITION やや強気 強気 62.0%
ジェネレーションパス 強気 強気 119.2%
リボミック 中立 やや強気 -20.4%
FFRI 強気 強気 176.5%
ホットランド 中立 中立 -1.7%
ヤマシンフィルタ 中立 中立 19.6%
すかいらーく 中立 中立 0.0%
リクルートホールディングス 中立 中立 2.3%
GMOリサーチ 強気 強気 133.3%
セレス 強気 強気 55.4%
オプティム 強気 強気 260.0%
アルファポリス 強気 強気 93.2%
エラン やや強気 やや強気 70.3%
日本ヘルスケア投資法人 やや強気 やや強気 48.1%
SHIFT 強気 強気 361.5%
CRI・ミドルウェア 強気 強気 462.5%
日本PCサービス 中立 やや強気 67.7%
トーセイリート投資法人 やや弱気 中立 11.6%
積水ハウス・リート投資法人 やや強気 やや強気 22.7%
弁護士ドットコム 強気 強気 215.4%
クラウドワークス 強気 強気 73.2%
スノーピーク やや強気 やや強気 134.3%
ビーロット 強気 強気 422.4%
GMO TECH 強気 強気 135.2%
テクノプロ・ホールディングス 中立 中立 -5.0%
アトラ やや強気 やや強気 77.4%
マークラインズ 強気 強気 77.3%
メディカル・データ・ビジョン 強気 強気 135.9%
U-NEXT やや強気 中立 31.7%
SFPダイニング やや弱気 やや弱気 -16.5%
今村証券 中立 中立 27.4%
フルッタフルッタ 強気 やや強気 51.5%
竹本容器 中立 中立 2.0%
gumi 中立 中立 0.0%
大冷 やや弱気 やや弱気 -6.7%
アドベンチャー 強気 強気 127.2%
メタウォーター やや弱気 やや弱気 -6.0%
サイジニア 強気 強気 125.8%
インターワークス やや強気 やや強気 16.7%
イーレックス 中立 中立 11.2%
データセクション 強気 強気 73.1%
綿半ホールディングス やや弱気 やや弱気 6.3%
ヨシックス 中立 中立 29.4%
東京ボード工業 やや弱気 やや弱気 -8.0%
カヤック 強気 強気 222.0%
エクストリーム 強気 強気 296.4%
MRT 強気 強気 309.4%
Keeper技研 やや強気 やや強気 49.1%
ケネディクス商業リート投資法人 中立 やや強気 13.3%
ファーストロジック 強気 強気 52.5%
ファーストブラザーズ やや弱気 やや弱気 2.5%
ホクリヨウ 中立 中立 8.9%
ALBERT 強気 強気 115.7%
シリコンスタジオ やや強気 やや強気 102.0%
コラボス 強気 強気 137.6%
エムケイシステム 強気 強気 332.0%
ショーケース・ティービー 強気 強気 193.9%
ヘルスケア&メディカル投資法人 やや強気 やや強気 54.5%
エスエルディー 強気 強気 15.3%
ヒューマンウェブ やや強気 やや強気 11.7%
イード 強気 強気 46.4%
ファーストコーポレーション やや強気 やや強気 25.0%
RS Technologies 中立 中立 -23.6%
シンデン・ハイテックス やや強気 やや強気 12.2%
ハウスドゥ やや強気 やや強気 47.2%
Aiming 中立 中立 12.2%
モバイルファクトリー 強気 強気 99.4%
日本動物高度医療センター やや強気 やや強気 44.2%
プラッツ やや強気 やや強気 70.2%
sMedio やや強気 やや強気 58.7%
サンバイオ 弱気 弱気 -14.5%
海帆 やや強気 やや強気 76.5%
Hamee やや強気 やや強気 67.2%
日本スキー場開発 中立 中立 9.9%
シーアールイー 弱気 弱気 -7.3%
三機サービス 中立 中立 37.1%
レントラックス 強気 強気 53.1%
リンクバル やや強気 やや強気 27.9%
ジグソー 強気 強気 236.4%
Gunosy 中立 中立 0.0%
デザインワン・ジャパン やや強気 やや強気 50.9%
テラスカイ 強気 強気 350.0%
ヘリオス 中立 弱気 22.5%
スマートバリュー 強気 強気 344.9%
マーケットエンタープライズ 強気 強気 167.0%
デジタル・インフォメーション・テクノロジー 強気 強気 246.2%
エコノス 弱気 中立  
中村超硬 弱気 弱気  
メニコン やや強気 やや強気  
冨士ダイス 弱気 弱気  
ファンデリー 強気 強気  
ナガオカ 中立 中立  
サムティ・レジデンシャル投資法人 中立 中立  
富士山マガジンサービス 強気    
クレステック やや強気    
平山 やや強気    
アイリッジ 強気    

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-IPO

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.