The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

オリックスの株主優待!カタログギフト方式のふるさと優待

更新日: 株主優待

オリックスのロゴ

オリックス(8591)が株主優待を拡充して、初めての権利確定日を追加して、内容も明らかになりました。

ふるさと優待」という名称で、取引先が取り扱うの商品の中から、オリックスが1地域1商品、5,000 円相当の名産品を厳選してカタログギフトに仕立て、その中から1点選べます。ギフト対象となる商品は毎年更新する予定となっています。

オリックスは東証1部上場企業であり、貸借銘柄です。権利確定日は3月末です。株主優待が届くのは6月下旬です。


オリックスの株主優待

オリックスの株主優待・ふるさと優待

ふるさと優待

オリックスの株主優待は、2015年3月末以降、毎年3月末時点で100株以上保有していると受け取れます。ふるさと優待は、ふるさと納税を意識した名前ですね。

対象商品は、北海道、東北、北陸、東海、四国、九州など各地域の取引先企業が販売する食品・飲料などです。合計8~10品(今年度の予定)が掲載されたカタログの中から1品を選択できます。

商品金額は5,000円相当(税込・送料込)の予定です。予定商品の例として、(1)「チーズオムレット」ほか焼き菓子や紅茶の生チョコの詰め合わせ、(2)「九州野菜ドレッシング」と「九州野菜ぽん酢」詰め合わせが挙げられていました。

2015年の具体的内容は以下のとおりです。各県の支店長の写真と、おすすめする理由も記載されていました。

北海道

オリックスの株主優待・ふるさと優待 (北海道)

スナッフルス菓子詰め合わせ

宮城

オリックスの株主優待・ふるさと優待 (宮城)

伊達の牛たん詰め合わせ

千葉

オリックスの株主優待・ふるさと優待 (千葉)

千葉落花生物語

静岡

オリックスの株主優待・ふるさと優待 (静岡)

静岡産のお茶

愛知

オリックスの株主優待・ふるさと優待 (愛知)

マルホンごま油セサミセット

和歌山

オリックスの株主優待・ふるさと優待 (和歌山)

幻の梅

香川

オリックスの株主優待・ふるさと優待 (香川)

讃岐うどん特選セット

福岡

オリックスの株主優待・ふるさと優待 (福岡)

九州Kitchen8本ギフト

新潟

オリックスの株主優待・ふるさと優待 (新潟)

特別栽培米 白米10kg

その他

この他、水族館年間パスポート2枚(2名分)もあります。選べるのは、すみだ水族館か京都水族館です。すみだ水族館のパスポート(2枚)は、ヤフオクで5,000円前後で売却することも可能です。

オリックスの株主優待・ふるさと優待 (水族館年間パスポート)

株主カード

オリックスの株主優待カード

これまでの「株主カード」は今後も継続されます。株主カードの提示により、以下の特典が受けられます。

  • レストランの割引・優待(ふぐ料理春帆楼のドリンク1杯無料、かごの屋10%割引)
  • 水族館入場料10%割引(すみだ水族館/京都水族館/新江ノ島水族館)
  • プロ野球公式戦優待価格観戦(京セラドーム大阪B指定席を1,000円に割引、1回の利用につき4枚まで)
  • レンタカー利用料30%割引(乗用車クラス)
  • カーシェアリングの新規入会の優待
  • ホテル・温泉旅館宿泊割引
  • ゴルフ場ドリンク1杯無料(1回の利用につき4名まで)
  • 有料老人ホーム・シニアマンション入居時費用割引等(オリックス・リビング)

特に和食レストラン「かごの屋」での10%割引は使いやすいです。ランチでも割引が適用されます。

かごの屋

以下は小町弁当・デザート・ドリンクセットで1,706円(税込)です。ホットコーヒーはおかわり自由ですので、2~3杯飲みたい珈琲族にとってはありがたいです。

かごの屋のランチ (3) かごの屋のランチ (1)かごの屋のランチ (2)

以下はにぎり寿司ランチで1,706円です。こちらはホットコーヒーは別で162円です。汁物がお吸い物ではなく、味噌汁なのが個人的にはいいです。

かごの屋のにぎり寿司ランチ かごの屋の寿司のアップ かごの屋のにぎり寿司ランチのアップ1 かごの屋のにぎり寿司ランチのアップ2 かごの屋のにぎり寿司ランチのアップ3 かごの屋のにぎり寿司ランチのお味噌汁かごの屋のホットコーヒー

オリックスの株主優待カードを使うと、10%割引となります!

オリックスの株主優待でのかごの屋の10%OFF

この10%オフは、クリエイト・レストランツ・ホールディングスの株主優待とも併用可能です。


車を持っていない場合は、レンタカーとカーシェアリングの割引も使えます。

オリックスレンタカーの乗用車クラスの基本料金が30%OFFとなります。北海道・沖縄だと全クラスが50%OFF(8/1-31は除外)となります。

オリックスカーシェアの新規入会特典もお得です。以下の特典がつきます。

  • ICカード発行手数料の1,000円が無料
  • 月額基本料が2ヶ月無料
  • 4,500円分時間料金無料が2ヶ月

ホテルは宿泊割引が基本ですが、ヒルトン沖縄北谷リゾートは、レストランが10%割引となります。

また、ハイアット・リージェンシー京都はご婚礼特典があります。お料理・飲み物5%割引、席料50%割引、ハネムーンルーム1泊ご招待、列席者向け宿泊ご優待があります。

オリックスの株主優待カードは地味にお得です。

オリックスの株主優待カード

オリックスの概況

オリックスは、リースを中心に、銀行や保険、不動産、ベンチャーキャピタルなどの多様なサービスを展開する総合金融グループです。諸々の評判があり、好き嫌いが分れる企業です。

創業事業のリースでは、情報関連機器や産業・工作機械、輸送用機器など多様な物件を取り扱い、中堅・中小企業を中心に広範な顧客基盤を築いています。

業容拡大の原動力となった不動産事業では、オフィスビルやマンション、物流施設などの開発や分譲、賃貸など、多岐にわたる業務を展開しており、海外展開にも積極的で、米州やアジアを中心に広範なネットワークを構築しています。

2015年3月期のセグメント収益構成比は、法人金融サービス事業3.9%、メンテナンスリース事業12.1%、不動産事業8.3%、事業投資事業30.5%、リテール事業(生命保険、銀行など)19.5%、海外事業25.7%です。

米国で生まれたリース事業に注目した日綿実業(現・双日)、三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)などが、米U.S.リーシング社のノウハウを取り入れ、1964年にオリエント・リースを設立しました。

1970年に大証2部に上場し、翌71年には東証2部に上場し、73年に東証・大証1部に昇格しました。

1988年に阪急ブレーブス(現オリックス・バッファローズ)を買収し、1989年に社名を「オリックス」に変更しました。

リーマン・ショック後に金融市場の信用が凍りついた際には万が一の懸念まで浮上しましたが、その後は順調に回復しました。

2013年にはオランダの資産運用会社大手のロベコを買収し、2014年には、マンション大手の大京、ハートフォード生命を買収しました。ここ最近は攻めに転じています。

売上高・利益

営業収益・営業利益・経常利益・純利益・EPS・配当のいずれも華麗な右肩上がりです。

リーマン・ショック後は倒産懸念も囁かれましたが、金融危機を乗り越えて順調に回復しています。予想はQuickコンセンサスです。

オランダの資産運用会社ロベコ(13年7月買収)や大京(14年2月買収)、ハートフォード生命(14年7月買収)の連結子会社化などが大幅な増収に寄与しています。目下のところ絶好調となっています。

決算期 営業収益 営業利益 経常利益 純利益 EPS 1株配当 配当性向
2010/03(実) 932,841 29,571 55,608 37,757 37.1 7.5 20%
2011/03(実) 970,110 73,960 91,965 67,275 62.6 8 13%
2012/03(実) 972,884 125,195 130,484 86,150 80.1 9 11%
2013/03(実) 1,065,638 150,598 172,518 111,909 102.9 13 13%
2014/03(実) 1,341,651 200,978 283,726 186,794 147.3 23.0 16%
2015/03(実) 2,174,283 256,829 344,017 234,948 179.5 36.0 20%
2016/03(予) 2,359,046 321,805 377,450 245,834 187.5 44.7 24%

キャッシュ・フロー

営業CFは常に純利益を大幅に上回っています。一般論としては安心感があります。投資キャッシュフローは2014年度からマイナスに転じており、積極投資に乗り出しています。

決算期 営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
2010/03(実) 209,311 432,788 -466,924 642,099
2011/03(実) 212,380 251,598 -363,590 463,978
2012/03(実) 332,994 41,757 -318,477 374,751
2013/03(実) 391,304 105,657 -467,193 496,961
2014/03(実) 470,993 -202,166 -274,579 268,827
2015/03(実) 257,611 -467,801 213,432 -210,190

 利益率・CFマージン・ROE

総合金融業ということでマージンは日本企業としては高めです。昨今、注目を集めているROEは10%を超える水準が定着してきました。

最新のROE(11.5%)を分解すると財務レバレッジ5.32倍、総資産回転率0.2回、純利益率13.92%です。

財務レバレッジは高めであり、資産から売上を作る回転率(資産効率)はかなり低めで、売上から利益を作る利益率は高めです。

決算期 経常利益率 純利益率 CFマージン ROE
2010/03(実) 6.0% 4.0% 22.4% 3.1%
2011/03(実) 9.5% 6.9% 21.9% 5.1%
2012/03(実) 13.4% 8.9% 34.2% 6.4%
2013/03(実) 16.2% 10.5% 36.7% 7.4%
2014/03(実) 21.1% 13.9% 35.1% 10.5%
2015/03(実) 15.8% 10.8% 11.9% 11.5%
2016/03(予) 16.0% 10.4% - -

指標

予想配当利回りは2.42%(配当性向20%)であり、株主優待利回りは3.03%です。配当+優待利回りは年5.47%です。

PBR1.00倍、予想PER8.57倍、自己資本比率18.8%、有利子負債は4兆4177億円、現金等は8275億円、営業CFは2576億円です。

私はバズーカ2で跳ねた後に垂れた所でポジり、その後の戻りの局面で早々に売ってしまい、株主優待の新設後に買い戻して今に至ります。

指標面では割安で成長性も問題なく、当面は金融緩和が続くことが予想されることから、100株は安心してホールドできます。

オリックスの過去3ヶ月・2年間・5年間の株価チャートは以下の通りです。

オリックスのチャート(過去3ヶ月)

オリックスのチャート(過去2年)

オリックスのチャート(過去5年)

株主優待の投資はSBI証券で行なっています。SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

SBI証券はメリット絶大!個人的口コミまとめ
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...
SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。ネット証券でNo.1の口座開設数、NISA口座数はネット証券...

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。SBI証券は口座開設・維持は無料で一切費用はかかりません。

当サイト経由での口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。ネット証券としては破格のキャンペーンです。

他のサイトのタイアップキャンペーンは2,000円であることが多いです。当サイトは読者様に最大限に還元いたします。

▼当サイト限定タイアップ!▼
SBI証券のタイアップキャンペーン

手数料の安さを重視する場合は、ライブスター証券の活用も検討し得ます。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのが絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券は岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.1
岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.2
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで5,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-株主優待

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.