アサヒビール(2502)の株主優待を徹底解説!株主限定ビールが秀逸!食品・飲料水詰め合わせも選択可能

更新日: 株式

アサヒビールの株主優待 (2016)

アサヒグループホールディングスという食料品企業があります。アサヒビールが主力であり、清涼飲料水・食品事業も展開しています。

株主限定ビールがもらえる株主優待を実施しており、希少性が高いことから人気を博しています。

ペットボトルのドリンク・健康食品のセットを選ぶこともでき、アルコールが飲めない方でも役立ちます。

アサヒビール(2502)の株価、株主優待について徹底的に解説します。

アサヒビールの株主優待

アサヒビールは東証1部上場の貸借銘柄です。権利確定日は12月末の年1回です。

権利確定日に株式を保有していると株主優待がもらえます。権利確定日は以下のとおりです。ただし、2019年からは受渡日が3営業日後に変更される予定となっています。

  • 2017年12月26日
  • 2018年12月25日
  • 2019年12月25日

アサヒビールの株主優待は自社製品です。株主特製ビール、酒類詰合せ、飲料・食品詰合せから1点を選ぶ制度です。保有株式数によって内容が変わってきます。

保有株式数価格
100株以上1,000円相当
500株以上2,000円相当
1000株以上3,000円相当

優待品に代えて環境基金・東日本大震災支援活動寄付することも可能です。まず株主優待を選択する郵便物が届くので、ハガキに記入して返送すればOKです。

アサヒグループの株主優待の案内文

株主番号・氏名・住所・電話番号などの記載は不要なので便利です。これらをいちいち株主に書かせる企業は何とかしてほしいですね。

100株が最もコスパ良好です。私は毎年株主様限定プレミアムビールを選択しています。

アサヒビールの株主優待(2015年)

通常のビールよりも格段に美味しくて、しかも株主優待でしか飲めないので希少性があります。

株主優待を行っていないサントリーは論外です。ギフトセットなどの株主優待を行えば嬉しいです。

ビールギフト サントリー ザ プレミアム モルツマスターズドリーム 夢の3種セット (包装) ビールギフト サントリー ザ プレミアム モルツマスターズドリーム 夢の3種セット (箱) ビールギフト サントリー ザ プレミアム モルツマスターズドリーム 夢の3種セット (中身) ビールギフト サントリー ザ プレミアム モルツマスターズドリーム 夢の3種セットマスターズドリーム

キリン・サッポロの優待と比較しても、アサヒビールにはエッジ・優位性があり、一際高く評価できます。

特にこだわりがない局面では、優待族として敬意の念を表して、サントリーよりもアサヒの商品を積極的に購入しています。


アサヒビールの株価

アサヒビール(2502)はビール系飲料を中心に酒類、清涼飲料などを扱う総合飲料会社です。

2016年のビール系飲料合計のシェア(課税数量ベース)は39%で首位となっています。

ビールの「スーパードライ」が長らくビールNo.1をキープしており、発泡酒の「スタイルフリー」、新ジャンル(第3のビール)の「クリアアサヒ」などが主力です。

スーパードライはふるさと納税でもフル活用されています。大阪府泉佐野市のふるさと納税では、高い還元率で返礼品として提供されています。

ふるさと納税でビールの返礼品がもらえる自治体があります。ふるさと納税で戴ける返礼品は食料の特産品がメジャーですが、それだけで...

清涼飲料では、コーヒー飲料の「ワンダ」のほか、炭酸飲料の「三ツ矢サイダー」、「カルピス」等を展開しています。

乳幼児用ミルクやベビーフード、健康食品なども手掛けています。

海外進出にも積極的で、中国や東南アジア、オセアニア等で事業を展開しており、近年は欧州でビール事業の買収等も行っています。

海外M&Aでは宿命のライバルであるキリンホールディングスよりも結果が良好となっています。

大阪府泉佐野市のふるさと納税返礼品(アサヒスーパードライ)

売上構成(2016年12月期連結・内部取引込)は、酒類54%、飲料20%、食品6%、国際(海外のビール、飲料会社など)14%、その他(物流事業など)6%です。

1889年に朝日麦酒の前身である大阪麦酒を設立したことが源流で、1906年、大阪麦酒、日本麦酒、札幌麦酒の3社合同により、大日本麦酒が設立しました。

1949年に過度経済力集中排除法により、大日本麦酒が朝日麦酒と日本麦酒に分割しました。

1980年代前半は低迷していましたけれども、アサヒスーパードライが起爆剤となり、それ以降は堅調な経営が続いています。2011年に純粋持株会社制に移行しました。

売上高・利益

売上高は減収、経常利益・純利益・EPSは減益の年度があるものの、大局的には右肩上がりの傾向となっています。

配当性向は30%が目安となっており、年度によって配当は揺れ動いています。

決算期売上高営業利益経常利益純利益EPS1株配当配当性向
2012/12(実)1,579,076108,437114,82157,183122.828.023%
2013/12(実)1,714,237117,467123,61261,749135.743.032%
2014/12(実)1,785,478128,305133,16869,118148.945.030%
2015/12(実)1,689,52796,626117,56375,770164.850.030%
2016/12(実)1,706,901136,889150,06889,221194.854.028%
2017/12(予)2,030,000167,300163,500110,000240.169.029%

キャッシュ・フロー

営業キャッシュフローは純利益を大幅に上回っています。一般論としては安心感があります。

決算期営業CF投資CF財務CFフリーCF
2012/12(実)109,292-134,31943,002-25,027
2013/12(実)157,252-65,704-84,93891,548
2014/12(実)146,783-92,183-35,84254,600
2015/12(実)116,471-77,083-75,25039,388
2016/12(実)154,452-268,507119,554-114,055

 利益率・CFマージン・ROE

経常利益率、純利益率、キャッシュフロー・マージンは低空飛行が続いています。ROEは合格ラインと言われている8%を超えて推移しており、二桁の水準に達しました。

最新のROEを分解すると純利益率5.23%、総資産回転率0.84倍、財務レバレッジ(総資産÷自己資本)2.49倍です。

財務レバレッジは標準的で、資産から売上を作る回転率(資産効率)は低めで、売上から利益を作る利益率はやや高めです。

決算期経常利益率純利益率CFマージンROE
2012/12(実)7.3%3.6%6.9%8.4%
2013/12(実)7.2%3.6%9.2%8.0%
2014/12(実)7.5%3.9%8.2%8.1%
2015/12(実)7.0%4.5%6.9%9.1%
2016/12(実)8.8%5.2%9.1%11.0%
2017/12(予)8.1%5.4%--

指標

アサヒビールの株主優待利回りは100株保有の場合、額面通り1,000円換算で年0.18%です。

予想配当利回りは1.23%(配当性向29%)であり、配当+優待利回りは年1.41%です。増配余地もあります。

PBR 2.68倍、予想PER 21.92倍、自己資本比率30.1%です。有利子負債は1452億円、現金等は484億円、営業CFは1544億円です。

アサヒスタウト

足元の業績としては、2017年12期3Q累計の連結業績では、売上収益が前年同期比24%増の1兆5219億円、事業利益(売上収益-売上原価-販管費)が44%増の1541億円と絶好調です。

夏場の最盛期にあたる3Qは天候不順となったものの、全事業で増益を達成し計画を上回る進捗となっています。

セグメント別の事業利益をみると、国際事業が4.3倍に拡大し増益をけん引しています。

2016年10月に西欧、2017年4月より前述の中東欧の子会社を連結したことなどが寄与しました。飲料事業も「ウィルキンソン」や「カルピス」などの販売が好調に推移して+25%と絶好調です。

主力の酒類事業は新ジャンルは伸びたものの、天候不順等で業務用ビールが不振で、ビール系飲料全体の販売数量は1%減で着地しました。

ただし、原材料の低減や広告・販促費などの抑制により、+1%と増益を確保した。

アサヒビールの過去3ヶ月・2年間・5年間の株価チャートは以下の通りです。

アサヒグループホールディングスのチャート(過去3ヶ月)

アサヒグループホールディングスのチャート(過去2年)

アサヒグループホールディングスのチャート(過去5年)

株主優待の投資はSBI証券で行なっています。SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1...
  数多くのオンライン証券の中で日本で一番人気のネット証券はSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1(...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと3,000円分で、ネット証券としては破格の内容です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資家保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

手数料の安さを重視する場合は、ライブスター証券の活用も検討し得ます。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストである点が絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券は1日定額プランだと、現物取引20万円、信用取引20万円までは手数料がそれぞれ無料です(1日最大40万円)。

岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-株式

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.