The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

大冷が株主優待を新設!東証一部昇格も?

更新日: 株主優待

冷凍食品のコロッケ

大冷 (2883)が株主優待を導入しました。

目的は「株主の皆様の日頃からのご支援に感謝するとともに、当社株式への投資魅力を高め、中長期的に株式を保有して頂ける株主様の増加をはかること、及び多くの皆様に当社事業へのご理解を深めて頂くこと」です。

王道的な目的ですね。大冷は2014年12月に上場したばかりの東証2部上場企業です。1年ルールでの最短の東証一部昇格があるとすると、2015年12月頃となります。


大冷の株主優待

大冷の株主優待は自社商品2,000円相当分(市場価格)です。市場価格とあえて明記していることからは、定価ではなく、実際に販売されている価格という期待が持てます。

権利確定日は9月末の年1回です。大冷は弁当仕出し、冷凍食品、医療食の企画及び販売を展開しています。

大冷は、「医療食・介護食用に魚の骨をすべて取り除いた商品を開発してほしい」というエンドユーザーからの要望に応えて、1998年に「骨なし魚」の開発に成功しました。これは国内トップシェアです。


大冷 楽らく骨なしさわら

「骨なし魚」の開発で培った加工技術をミート事業分野にも応用し畜肉商品の開発に取り組みました。

その結果、凍ったまま調理ができて冷めても柔らかい上に肉の臭みが抑えられるという特徴も兼ね備えた「楽らく匠味シリーズ」の開発に成功しました。


大冷 お弁当に! ミートボール 1kg 冷凍

その他、惣菜等の調理冷食と冷凍野菜、魚フライ、練り製品、水産品などを主に取り扱っています。


大冷 山芋入りふんわり豆腐ハンバーグ 60g×10個 冷凍

大冷の概況

大冷は新商品の企画立案のみに特化し、商品については検査基準を満たした製造先に委託しています。いわゆる「ファブレス形態」です。

国内外の協力工場で製造した自社ブランド商品を全国のユーザーおよび問屋向けに販売しています。

2015年3月期の事業別の売上高構成比は、骨なし魚事業49%、ミート事業9%、その他事業41%です。

1971年、業務用冷凍食品の製造および販売を目的として、前身である個人事業会社を創業しました。1972年、東京都中央区に株式会社大冷を設立し、75年に宮城県仙台市に営業所(現仙台支店)を開設しました。

以降、全国に営業所を展開しました。1998年に「骨なし魚」を開発し、販売を開始しました。2007年に「冷凍骨抜き魚身及びその加工方法」の特許を取得し、以降は特許の取得を推進しています。

2014年12月に東証2部に上場しました。

売上高・利益

売上高は緩やかな右肩上がりとなっています。営業利益・経常利益はボックス推移で、純利益・1株利益(EPS)は右肩上がりです。

配当性向は概ね30~40%で推移しています。

決算期 売上高 営業利益 経常利益 純利益 EPS 1株配当 配当性向
2013/03(実) 26,042 1,465 1,422 848 167.9 50.0 30%
2014/03(実) 26,341 1,660 1,649 896 168.9 50.0 30%
2015/03(実) 27,172 1,522 1,517 1,029 186.9 55.0 29%
2016/03(予) 28,550 1,320 1,318 833 138.7 55.0 40%

キャッシュ・フロー

営業CFは純利益を下回っています。

決算期 営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
2013/03(実) - - - -
2014/03(実) 393 151 -502 544
2015/03(実) 348 -158 161 190

 利益率・CFマージン・ROE

マージンは低めで安定推移となっています。ただ、日本企業としては標準的で純利益率はやや高めです。

最新のROE(20.5%)を分解すると、財務レバレッジ(総資産÷自己資本)1.56倍、総資産回転率3.47回、純利益率3.79%です。

財務レバレッジは低めであり、資産から売上を作る回転率(資産効率)は高めで、売上から利益を作る利益率はやや高めです。良い高ROEです。

決算期 経常利益率 純利益率 CFマージン ROE
2013/03(実) 5.5% 3.3% - -
2014/03(実) 6.3% 3.4% 1.5% -
2015/03(実) 5.6% 3.8% 1.3% 20.5%
2016/03(予) 4.6% 2.9% - -

指標

予想配当利回りは3.38%(配当性向40%)であり、株主優待利回りは1.22%です。配当+優待利回りは年4.60%です。

PBR1.64倍、予想PER11.65倍、自己資本比率64.1%です。有利子負債は0円、現金等は18.6億円、営業CFは3.4億円です。

大冷の過去3ヶ月・2年間・5年間の株価チャートは以下の通りです。

大冷のチャート(過去3ヶ月)

大冷のチャート(過去2年)

大冷のチャート(過去5年)

竹本容器、綿半HD、大冷の2014年12月上場の東証2部三兄弟は全てホールドしていました。

竹本容器が絶好調、綿半も堅調な中で大冷だけがマイナスでした。しかし、株主優待新設ということで、東証一部昇格に向けて今後に期待します。

株主優待の投資はSBI証券で行なっています。SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

SBI証券はメリット絶大!12年使った経験の口コミまとめ
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...
SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(400万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1...

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。SBI証券は口座開設・維持は無料で一切費用はかかりません。

当サイト経由での口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。ネット証券としては破格のキャンペーンです。

他のサイトのタイアップキャンペーンは2,000円であることが多いです。当サイトは読者様に最大限に還元いたします。

▼当サイト限定タイアップ!▼
SBI証券のタイアップキャンペーン

手数料の安さを重視する場合は、ライブスター証券の活用も検討し得ます。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのが絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券は岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.1
岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.2
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで5,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-株主優待

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.