The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

マクドナルド(2702)の株主優待を徹底解説!バーガー類、サイドメニュー、飲物がもらえる!

更新日: 株主優待 株式

マクドナルドの株主優待の封筒

マクドナルドという外食チェーンの企業があります。言わずと知れたファーストフードを日本全国で展開しています。

バーガー類、サイドメニュー、ドリンクが無料で楽しめる株主優待を実施しており、使い勝手が抜群であることから人気を博しています。

マクドナルド(2702)の株価、株主優待について徹底的に解説します。


マクドナルドの株主優待

マクドナルドは東証JASDAQスタンダード上場の貸借銘柄です。権利確定日は6月末・12月末の年2回です。

権利確定日に株式を保有していると株主優待がもらえます。権利確定日は以下のとおりです。

  • 2017年12月26日
  • 2018年6月26日
  • 2018年12月25日
  • 2019年6月25日
  • 2019年12月25日

マクドナルドの株主優待は、日本国内のマクドナルド店舗(一部対象外)で利用できる優待食事券です。マックデリバリーサービスでは使えません。

マクドナルドの株主優待が入った包装

3種類の商品(バーガー類、サイドメニュー、飲物)の無料引換券が1枚になったシート6枚が1冊となっています。もらえる冊数は以下の通りです。

  • 100株以上:1冊(6枚)
  • 500株以上:3冊(18枚)
  • 1000株以上:5冊(30枚)

シート、引換券は切り離して1枚ずつ利用できます。ハンバーガーのみ、チキンナゲットのみ、飲み物のみといった使い方もできます。

バーガー類お引換券は、バリューセットのメインに選べる商品のうち、どれか一つと交換できます。

マクドナルドのクォーターパウンダーBLT (2)マクドナルドのクォーターパウンダーBLT (1)

グラン クラブハウス、期間限定商品、朝マック商品もOKです。ただし、一部の商品は対象外となります。

以前に期間限定で販売した1,000円の「クォーターパウンダージュエリー」は優待では食べられませんでした。

マクドナルドの株主優待

サイドメニュー引換券は、バリューセットのサイド商品のうちどれか一つと交換できます。ポテトフライ、サラダ、チキンナゲット等です。

ドリンク引換券はS・M・Lの中から選べます。マックシェイク・マックフロートもOKです。

バーガー類引換券、サイドメニュー引換券を同時に利用した場合に限り、「ビッグブレックファスト」か「ビッグブレックファスト デラックス」と交換できます。

マクドナルドの株主優待の有効期限は到着から約半年間です。長期保有による優遇はありません。

金券ショップ、ヤフオク!、メルカリ等での転売も可能になっています。金券ショップでは概ね1冊3,000円程度で売却できます。

使うもよし、売るもよしの万能戦士です。ドラクエの職業で喩えると勇者のような存在です。


マクドナルドの株価

日本マクドナルドホールディングス(2702)は、世界的ハンバーガーチェーン「マクドナルド」を日本で展開している企業の持株会社です。米マクドナルド・コーポレーションが50%出資しています。

チェーン全店の売上高は長らく外食業界で首位を独走していましたが、2015年度にすき家などのゼンショーHDに抜かれて2位に陥落しました。2016年度も2位となっています。

マクドナルドのカフェオレ

2017年6月末の店舗数は直営933、FC(フランチャイズ)1,963の計2,896店です。2016年12期のチェーン全店売上高は4385億円となっています。

過去最高は期末店舗数が2002年12期の3891店、チェーン全店売上高が2010年12期の5427億円、営業利益が1999年12期の307億円となっており、今後これを更新することがあるのか否かに注目です。

売上構成(2016年12期連結、外部顧客への売上高)は、直営店72%、FC収入(ロイヤルティ・加盟金、店舗運営事業売却益等)28%です。

1971年に藤田商店と米マクドナルドとの資本提携により設立され、銀座に1号店を開業しました。

1976年にFC1号店をオープンして、1982年に外食業界売上高首位に浮上しました。2000年に「ハンバーガー平日半額(65円)」を開始して、デフレの象徴となりました。

現在は安価な100円台のメニューに加えて、高付加価値化による期間限定バーガーや高価格帯の商品も提供しており、二兎を追う体制を構築しています。

マクドナルドのダブルチーズバーガー

売上高・利益

売上高・経常利益・純利益・EPSは、2014年7月の期限切れ肉混入、翌年1月の異物混入問題で信頼がストップ安となり、業績が奈落の底へと転落していました。

その後は信頼の回復に注力してきて、無事に客足と業績が回復基調にあります。

配当はひたすら1株あたり30円が続いており、配当性向は大きくバラついています。上場企業の子会社によくあるパターンです。

決算期 売上高 営業利益 経常利益 純利益 EPS 1株配当 配当性向
2012/12(実) 294,710 24,780 23,770 12,870 96.8 30.0 31%
2013/12(実) 260,441 11,524 10,236 5,138 38.6 30.0 78%
2014/12(実) 222,319 -6,714 -7,974 -21,843 赤字 30.0 タコ
2015/12(実) 189,473 -23,440 -25,898 -34,951 赤字 30.0 タコ
2016/12(実) 226,646 6,930 6,614 5,366 40.4 30.0 74%
2017/12(予) 248,500 16,500 17,500 20,000 150.4 30.0 20%

キャッシュ・フロー

営業キャッシュフローは純利益を大幅に上回っています。一般論としては安心感があります。

決算期 営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
2012/12(実) 20,464 -5,488 -4,967 14,976
2013/12(実) 7,190 -14,017 -5,209 -6,827
2014/12(実) -13,652 -12,310 -5,532 -25,962
2015/12(実) -14,560 -13,252 19,611 -27,812
2016/12(実) 19,761 -11,032 -7,912 8,729

 利益率・CFマージン・ROE

経常利益率、純利益率、キャッシュフロー・マージンは2015年12月期をボトムとして回復基調となっています。

最新のROEを分解すると純利益率2.37%、総資産回転率1.26倍、財務レバレッジ(総資産÷自己資本)1.64倍です。

財務レバレッジは低めで、資産から売上を作る回転率(資産効率)は飲食サービス業としては低めで、売上から利益を作る利益率は標準的です。

決算期 経常利益率 純利益率 CFマージン ROE
2012/12(実) 8.1% 4.4% 6.9% 7.7%
2013/12(実) 3.9% 2.0% 2.8% 3.0%
2014/12(実) -3.6% -9.8% -6.1% -
2015/12(実) -13.7% -18.4% -7.7% -
2016/12(実) 2.9% 2.4% 8.7% 4.9%
2017/12(予) 7.0% 8.0% - -

指標

マクドナルドの株主優待利回りは100株保有の場合、1冊3,000円換算で年1.24%です。

予想配当利回りは0.62%(配当性向20%)であり、配当+優待利回りは年1.86%です。

PBR 5.54倍、予想PER 31.62倍、自己資本比率63.9%です。有利子負債は218億円、現金等は212億円、営業CFは197億円です。

既存店売上高前年同月比増減率は、2016年1月以降+10%超をキープしています。夏休みを利用した家族連れで賑わい、年間で売上が最大である8月も+14.5%と好調となりました。

メニュー、販促戦略、安全・安心、QSC改善の取り組みが結実し、ファミリーを中心とした離反顧客の戻り歩調が強まっています。2017年春以降は期限切れ肉混入問題発覚直前の水準に戻っています。

価値訴求、販促戦略により顧客の利用頻度が高まっており、問題発覚以降積み上げてきた安全・安心、QSC(品質・サービス・清潔さ)改善への取り組みが実を結んでいます。

2017年3月に全店で利用できるようになった「dポイント」に続き、6月からは「楽天スーパーポイント」も全店で利用可能になりました。

マクドナルドが楽天ポイントカードを全国で導入!大阪市内から日本中へ拡大
マクドナルドが2017年6月1日から日本全国の約2,900店舗で楽天ポイントカードを利用可能になりました。楽天スーパーポイントを貯めるこ...

2017年8月からは従来のiD、WAON、楽天Edyに加えて、nanaco、交通系電子マネー等の決済にも対応しました。

マクドナルドがクレジットカードやSuica・nanaco等を導入!ポイント二重取りが可能へ
マクドナルドで2017年下半期からクレジットカード、nanaco、Suica・PASMO・manaca・ICOCA等の交通系電子マネー、NFC電子マネーが使え...

多種多様な電子マネーを利用可能な体制が構築されています。

区分 名前
電子マネー Apple PayAndroid PayiDQUICPay楽天EdynanacoWAON
交通系電子マネー SuicaモバイルSuicaPASMOICOCATOICAmanaca、Kitaca、SUGOCA、nimoca、はやかけん
クレジットカード VisaMastercardJCBアメックスダイナース、Discover
プリペイド JCBプレモカード

ポイント活用や決済手段多様化による利便性向上が進んでおり、かつ改装前倒し、人材への積極投資による厚めの人員配置などが集客力強化に結びつくことが期待できます。

都心小型店大量閉鎖、抜本的コスト構造見直しにより生産性が大幅に改善して、利益面でも急速に回復しています。

マクドナルド

加盟店支援費軽減もあり、店舗・人材投資に伴う経費増を吸収して利益がV字回復となっています。リスクファクターとしては、再び食の安全が失墜するような問題が勃発するような事態です。

株価は上場来高値を16年ぶりに更新しました。税負担軽減や特別利益などを除く実質PERは外食業界平均28倍と比べて割高感が強く、株主優待パワーが無双を発揮しています。

マクドナルドの過去3ヶ月・2年間・5年間の株価チャートは以下の通りです。

マクドナルドのチャート(過去3ヶ月)

マクドナルドのチャート(過去2年)

マクドナルドのチャート(過去5年)

株主優待の投資はSBI証券で行なっています。SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

SBI証券はメリット絶大!個人的口コミまとめ
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...
SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。ネット証券でNo.1の口座開設数、NISA口座数はネット証券...

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。SBI証券は口座開設・維持は無料で一切費用はかかりません。

当サイト経由での口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。ネット証券としては破格のキャンペーンです。

他のサイトのタイアップキャンペーンは2,000円であることが多いです。当サイトは読者様に最大限に還元いたします。

▼当サイト限定タイアップ!▼
SBI証券のタイアップキャンペーン

手数料の安さを重視する場合は、ライブスター証券の活用も検討し得ます。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのが絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券は岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.1
岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.2
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで5,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-株主優待, 株式

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.