リンガーハットの冷やしちゃんぽん!カロリーヘルシー

更新日: 株式

リンガーハットの冷やしちゃんぽん

リンガーハットに行き、夏季限定メニュー「冷やしちゃんぽん」をいただきました。カロリーは592kcalです。冷やしちゃんぽんの提供は9月末までの予定です。

とんこつスープは冷やすと脂が固まり、味わいや触感を損ないます。しかし、試行錯誤を繰り返して3年間開発に取り組み、冷たいちゃんぽんスープが完成し、満を持してリリースされました。

単品価格は699円(税込)です。麺2倍だと799円(税込)です。

夏らしいガラスの容器が採用されており、爽やかな雰囲気となっています。料理には器も重要だと再認識しました。また一つ大人になりました。

リンガーハットの冷やしちゃんぽん側面

オクラ、レタス、人参、トマト、もやしなど7種の国産野菜を210g使用しています。レタスともやしが多めなのは否定できませんけれども、グラム数で言うと1日に必要な野菜の60%を摂取できます。エビや鶏肉の肉味噌も乗っています。

中国の食品問題がクローズアップされているので、国産野菜100%のリンガーハットには追い風かもしれません。

なかなか食べる機会がない夏野菜のオクラがよかったです。作ればいいわけですけれども、独身族としては自力でオクラを作るのは難しい作業なのです。

冷やしちゃんぽんはすっきりさっぱりしており、暑くてかなわんという日でもジュルジュル食べられる味わいです。ラーメンだけあって塩分は8.2gと多めですが、夏は汗をかくので塩分補給も必要ですね。スープを残せば塩分摂取量はかなり減退すると思われます。

タンパク質は25.1g、脂質12.0g、炭水化物87.6gです。

リンガーハットの冷やしちゃんぽんのアップ

人気メニュー「野菜たっぷりちゃんぽん」でお馴染みのちゃんぽんドレッシング(生姜/柚子こしょう)もついてきます。お好みでかけると、味の変化が楽しめます。

リンガーハットの冷やしちゃんぽんのドレッシング

麺は国産小麦と全粒粉をブレンドした、食物繊維豊富な自社工場製の特製麺です。この麺はもちもちして食感がよく、普通のちゃんぽんより満足でした。

リンガーハットの冷やしちゃんぽんを箸で食べる所

冷やしちゃんぽんの感想は「とにかくさっぱり」です。暑さがそれ程でもない時は、野菜たっぷりちゃんぽんや野菜たっぷり皿うどんでいいかなというのが正直なところです。ただ、かなり蒸し暑くて食欲が無い時やサッパリしたメニューを食べたい時は、いいメニューだと思いました。

単純な味では、黒酢黒胡麻冷麺、肉みそ野菜つけ麺の方が好みでした。

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-株式

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.