The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

ANA(全日空)の株主優待まとめ!使い方、JALとの比較まで徹底解説!

更新日: 株主優待 株式

ANAの株主優待

ANA(全日空)という言わずと知れた航空会社があります。JALと並ぶ日本の代表的なエアラインですね。

航空券50%OFFの株主優待を実施しており、優待族の配当プラスα、陸マイラーのSFC修行、個人事業主・法人の実需など、幅広い用途に活用されていて根強い人気があります。

個人投資家に人気の銘柄となっています。ANA(9202)の株価、株主優待、株式、優待の使い方について徹底的に解説します。JALの株主優待とのお得度の比較についても分析します。


ANA(全日空)の株主優待

ANAの株式を保有していると株主優待がもらえます。

50%割引券

ANA(全日空)の株主優待の内容は国内路線の片道1区間が50%割引になる株主優待券です。

JALの株主優待券は空席が限定されているのに対して、かつてはANA(全日空)の株主優待券は普通運賃と同じでしたが、現在は繁忙期はJAL同様に限定されることになっています。

価格も21日前までの予約の「旅割21」と同程度になるため、なかなか前もって予定を決められなかったり、ふと旅行に行きたくなった時に非常に使い勝手がいい優待です。

ANAの運賃

4,000株までは1000株ごとに1枚であり、それ以上~10,000株までは2,000株ごとに1枚追加されます。優待族に人気が高い株主優待です。ANA4,000株は優待族の基本ですね^^

ANAホールディングス(全日空)の株主優待券

年によってカラーが変わっています。その他のデザインは基本的には同一であり、カード左上に三角の切り込みが入っています。

ANAの株主優待券

かつてはフライト当日に空港に株主優待券を持っていって機械に入れる必要がありましたが、現在は予約時に登録用パスワードを入力すれば当日は持参しなくてもよくなりました。

JALの株主優待と同じ仕組みになり、より一層便利に発展しています。事前に番号を登録すると、搭乗日当日はANAカードやAMCでスキップサ-ビスを使えて、ゲートをスムーズに通過できます。

権利確定日は3月末と9月末です。JALとは異なり、どちらも株主優待の枚数は同一です。また、長期保有による優遇はありません。

保有株式数株主優待券の枚数
1,000株以上1枚
2,000株以上2枚
3,000株以上3枚
4,000株以上4枚
6,000株以上5枚
8,000株以上6枚
10,000株以上7枚(以降4,000株ごとに1枚増)
100万株以上254枚(以降8,000株ごとに1枚増)

3月末の優待は5月に届き、有効期間は6月1日~翌5月31日です。9月末の優待は11月に届き、有効期間は12月1日~翌11月30日です。

有効期間が半年ではなく1年間と長めなのがナイスです。有効期限に追われる優待族の消化修行に役立ちます。

効率的に株主優待を取得するには、1,000株~4,000株がベストであり、セカンド・ベストは6,000株~1万株です。

ただし、余力が余っている場合は一気呵成にANAを取得するのも選択肢です。まとまった金額を一気に消化できて、郵便物が少なくて済むのが最大のメリットです。

大量のANAの株主優待券

なかなか前もって予定を決められなかったり、ふと旅行に行きたくなった時に非常に使い勝手がいい優待です。

事前にプレミアムクラスを予約することもできます。基本運賃(普通席)は半額となりますが、プレミアムクラスの料金には50%の割引は適用されません。

マイル積算率は、普通席:75%、プレミアムクラス:125%です。株主以外の方も利用できることになっており、転売は明示的に禁止されていません。

予約期限は搭乗日の2ヶ月前の9時半から搭乗日の当日までとなります。予約日含め3日以内に、出発時刻の20分前までに購入する必要があります。

予約の変更・取り消しは、搭乗便の出発時刻前までなら可能なので利便性が高いです。逆区間への変更および航空券の名義・区間の変更はできません。

払戻手数料は1枚(1区間)あたり430円です。取消手数料は便出発前は無料、出発後は1枚(1区間)ごとに所定の手数料が発生します。

株主優待を利用してANAをフライトする際には、ANAカードで購入すると高還元でお得です。株主優待でのフライトもANAカード特約店となり、アドオンマイルがあるANAアメックスANAダイナース プレミアムもあります。

ANAカードというクレジットカードがあります。全日本空輸(ANA)が大手クレジットカード会社と提携して発行している航空カードです。ANA...

以前にANAに取材して、ANAの安全運航に対する取り組み、搭乗までのサービス、ANAカードのお得な仕組みを伺いました。以下にまとめています。

ANAに取材する機会があり、飛行機の出発と到着、そこでなされている取組み、空港でのサービス、空港のオフィスでのお仕事について伺っ...

ANAラウンジを無料で利用する方法もあります。上手く活用すると旅行が捗ります。

ANA(全日本空輸)という日本を代表する航空会社がありますね。ANAは国内線・国際線の両方で、主要空港に「ANAラウンジ」(ANA LOUNGE)...

豊富な割引がテンコ盛りのANAグループ優待券

ANAグループ優待券

ANAの株主優待は50%OFF券がメインですけれども、グループの優待冊子も付帯しています。

  • IHG JALホテルズグループジャパン(インターコンチネンタル・JALクラウンプラザホテル・ホリデイインJALホテル)の宿泊(ベストフレキシブル料金の20%割引)6枚、飲食(5~10%割引)5枚、婚礼(10%割引)1枚、会議・一般宴会(15%割引)3枚
  • 「ハローツアー」(海外旅行)・「スカイホリデー」(国内旅行)7%割引券各2枚
  • 空港売店(「JAL FESTA」他)10%割引券5枚
  • 自社指定商品の優待価格販売
  • ゴルフ場(「武蔵の杜カントリークラブ」)ビジター料金割引券4枚、ゴルフ場(「早来カントリー倶楽部」)ビジター料金割引券3枚

ANAグループ優待券(空港売店10%OFF)

この中ではANA FESTAやANA DUTY FREE SHOPで使える10%OFF券が実用的です。ANAカードを持っていない場合は特に便利です。

ANA FESTA

ANAホテル20%割引はベストフレキシブルレートからの割引なので、時期によっては比較サイトのトリップアドバイザーの最安値よりも安いケースがあります。

IHG・ANAホテルズグループの株主優待宿泊で予約を行い、宿泊日に株主優待券を持って行くという流れになります。

ANAインターコンチネンタルホテル東京のレストランフロアのロビーANAインターコンチネンタルホテル東京のエグゼクティブルームのベッドANAインターコンチネンタルホテル東京のフィットネスクラブANAインターコンチネンタルホテル東京の朝食(お寿司類)

ANAの株主優待とJALの株主優待の比較!どっちがお得?

JALの株主優待とANAの株主優待

全日空(ANA)と並ぶ日本の代表的な航空会社は日本航空(JAL)ですね。JALも上場しており、ANA同様に株主優待を実施しています。

ANAとJALのどちらの株主優待がお得であるかは重要な論点となっています。株主優待のサイズはANAの方が大きめです。JAL2枚がANA3枚弱となっています。

大手チケットショップのアクセスチケットの株主優待券買取表では、JALは1枚あたり3,100円、ANAは2,700円となっています。

2017年8月3日終値(JALは3,723円・ANAは409円)で計算すると下表のとおりです。

企業名保有株数必要金額保有期間3年未満3年以上長期保有
優待価値利回り優待価値利回り
日本航空(JAL)100(3月末)372,3003,1000.83%3,1000.83%
300(3月末)1,116,9006,2000.56%9,3000.83%
400(9月末)1,489,2006,2000.42%9,3000.62%
全日空(ANA)1000409,0002,7000.66%2,7000.66%

JALを3年以上長期保有している場合、3月末はJALの方が高利回りとなります。それ以外はANAの方が株主優待利回りは高いです。

企業名確定日保有株数必要金額保有期間3年未満3年以上長期保有
優待価値利回り優待価値利回り
日本航空(JAL)3月末100372,3003,1000.83%3,1000.83%
3001,116,9006,2000.56%9,3000.83%
5001,861,5009,3000.50%12,4000.67%
7002,606,10012,4000.48%15,5000.59%
9003,350,70015,5000.46%18,6000.56%
10003,723,00015,5000.42%21,7000.58%
日本航空(JAL)9月末200744,6003,1000.42%3,1000.42%
4001,489,2006,2000.42%9,3000.62%
6002,233,8009,3000.42%12,4000.56%
8002,978,40012,4000.42%15,5000.52%
10003,723,00015,5000.42%21,7000.58%
ANAホールディングス3・9月末1000409,0002,7000.66%2,7000.66%
2000818,0005,4000.66%5,4000.66%
30001,227,0008,1000.66%8,1000.66%
40001,636,00010,8000.66%10,8000.66%
60002,454,00013,5000.55%13,5000.55%
80003,272,00016,2000.50%16,2000.50%
100004,090,00018,9000.46%18,9000.46%

JALは3月末は100株か300株(長期保有)、9月末は400株が効率的です。資金量が多い場合は、1000株までならお得です。

ANAは1000株~4000株は全て優待利回りは同一です。それ以降は金額が増えれば増えるほど利回りは悪化します。総合的には1万株までは十分にバリューが高いです。

JALとANAの株主優待冊子

国内線航空券50%OFFとは別についてくるおまけの優待冊子はANAの方が豪華です。JALはパックツアー7%OFFのみですが、ANAは色々と付帯しています。

JALの7%OFFは、海外・国内ツアー各2枚となります。100株以上の場合は年1回(3月末)、200株以上の場合は年2回(3月末・9月末)の発行となります。

JALの株主優待券(海外ツアー割引券) JALの株主優待券(国内ツアー割引券)

かつてはホテルJALシティ/ホテル日航の優待もありましたが、現在はオークラの傘下となっていることからホテルの宿泊・レストラン優待はありません。

株主特別企画として、国内線ファーストクラスで提供する茶菓子を要した「客室乗務員訓練施設見学会」、「JAL工場見学~SKY MUSEUM~」などのイベントが開催されることもあります。

なお、JALの株主優待でフライトする際にはJALカードを活用するとザクザクとマイルが貯まります。サクララウンジを無料で使う裏技もあります。法人ですとJALオンラインがお得です。


ANA(全日空)の株価

ANA VISON 2014

ANAは言わずと知れた大手航空会社であり、国内外で輸送サービスを手掛けていますね。国内線、国際線ともに旅客数は業界トップとなっています。

世界最大の航空連合「スターアライアンス」に加盟しグローバルなネットワークを構築しています。貨物では沖縄を起点にアジアの主要都市を結ぶネットワークを築いています。

航空事業に加え、空港で各種サービスを提供する航空関連事業、旅行商品を販売する旅行事業、航空関連資材の輸出入を行う商社事業を手掛けています。

2021年3期を最終年度とする5カ年の中期経営計画では、エアライン事業領域の拡大、新規事業の創造と既存事業の成長加速を戦略の柱に掲げています。

2021年3期の連結売上高は2兆1600億円(2017年3月期実績は1兆7653億円)、営業利益は2000億円(同1455億円)が目標となっています。

2017年3月期の連結営業収益構成(内部取引含む)は、航空事業72%、航空関連事業12%、旅行事業8%、商社事業6%、その他2%です。

航空事業の内訳は、国内線旅客44%、国際線旅客34%、貨物ほか22%です。

1952年に設立された日本ヘリコプター輸送(株)が前身であり、ANAはヘリコプター2台から始まりました。

東京-大阪間の貨物輸送を始めとして逐次営業路線を拡大していき、1957年に社名を全日本空輸に変更しました。

1986年に国際定期便の運航を開始しました。2013年に持株会社制に移行し、社名をANAホールディングスに変更しました。

皇族や首相が使用する政府専用機の整備委託先はJALが長年務めていましたが、現在はANAが担当しています。

売上高・利益

2017年3月期の連結業績は、売上高が前期比1.4%減の1兆7653億円、営業利益が同6.7%増の1455億円でした。

国内線の旅客収入が減少したが、燃油費などの費用減少もあり営業増益を確保しました。

国際線旅客はビジネス客や訪日外国人客を中心に旅客数が増えて、+0.2%の増収ながら、国内線旅客は競争激化で旅客単価が低下し1.1%の減収となりました。

貨物輸送は、国内における輸送需要の低迷や、為替円高に伴う外貨建て収入の減少により、国内線、国際線ともに減収となりました。

一方、利益面では原油安に伴い燃油費が大きく減少しました。2016年3月期は13年に買収したパイロット訓練会社の米国パンナム社について、のれんの一括償却を行って費用が膨らんでいました。

2017年3月期は一時的費用がなくなり、連結全体で営業増益となりました。

決算期売上高営業利益経常利益純利益EPS1株配当配当性向
2013/03(実)1,483,581103,82776,96543,14013.54.030%
2014/03(実)1,601,01365,98642,92818,8865.43.055%
2015/03(実)1,713,45791,54167,12939,23911.24.036%
2016/03(実)1,791,187136,463130,72578,16922.45.022%
2017/03(実)1,765,259145,539140,37598,82728.26.021%
2018/03(予)1,910,000150,000140,000125,00035.76.017%

キャッシュ・フロー

常に純利益を大きく上回る営業キャッシュを上げており、一般論としては安定感があります。

決算期営業CF投資CF財務CFフリーCF
2013/03(実)173,196-333,74484,549-160,548
2014/03(実)200,124-64,915-85,569135,209
2015/03(実)206,879-210,749-30,424-3,870
2016/03(実)263,878-74,443-133,257189,435
2017/03(実)237,084-194,6513,34942,433

 利益率・CFマージン・ROE

利益率・ROE・キャッシュフロー・マージンのいずれも日本の大企業としては高めの数字に上昇してきました。

最新のROEを分解すると純利益率5.60%、総資産回転率0.82倍、財務レバレッジ(総資産÷自己資本)2.52倍です。

財務レバレッジは標準的で、資産から売上を作る回転率(資産効率)は標準的で、売上から利益を作る利益率は高めです。

決算期経常利益率純利益率CFマージンROE
2013/03(実)5.2%2.9%11.7%6.6%
2014/03(実)2.7%1.2%12.5%2.5%
2015/03(実)3.9%2.3%12.1%5.1%
2016/03(実)7.3%4.4%14.7%9.8%
2017/03(実)8.0%5.6%13.4%11.6%
2018/03(予)7.3%6.5%--

指標

ANA(全日空)の株主優待利回りは、1000株保有の場合で年0.66%です。1枚2,700円で計算しています。

予想配当利回りは1.47%(配当性向17%)であり、配当+優待利回りは年2.13%です。

PBR1.56倍、予想PER11.49倍、自己資本比率39.7%です。有利子負債は7080億円、現金等は3090億円、営業CFは2370億円です。

2018年3月期の連結業績見通しについて、ANAは売上高1兆9100億円(前期比8.2%増)、営業利益1500億円(同3.1%増)を見込んでいます。

世界経済の緩やかな回復で国際線を中心に旅客需要が堅調に推移すると想定しています。羽田=ジャカルタ線の増便など国際線の路線ネットワークを拡充し需要を取り込む目論見です。

ネットワーク拡充の効果で国際線の旅客収入が増えるほか、格安航空会社のピーチ・アビエーションの株式を2017年4月に追加取得し子会社化した効果もあり増収を見込んでいます。

利益面では、従業員の給与水準の引き上げで人件費が増加するほか、安全強化に伴い航空機の整備費が増えるものの、増収で補うとみて小幅の営業増益の見通しとしています。

18年3月期第1四半期は売上高が+11.7%、営業利益が+80.0%、経常利益が+132.5%、 当期利益が+668.4%と好決算となっています。

ANA(全日空)の過去3ヶ月・2年間・5年間の株価チャートは以下の通りです。

JALのチャート(過去3ヶ月)

JALのチャート(過去2年)

JALのチャート(過去5年)

株主優待の投資はSBI証券で行なっています。SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1...
  数多くのオンライン証券の中で日本で一番人気のネット証券はSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1(...

SBI証券は当サイト経由でお得なキャンペーンを行っています。桐谷さんの直筆サイン本が当たります。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

手数料の安さを重視する場合は、ライブスター証券の活用も検討し得ます。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストである点が絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券は1日定額プランだと、現物取引20万円、信用取引20万円までは手数料がそれぞれ無料です(1日最大40万円)。

岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで2,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-株主優待, 株式

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.