新規上場!ファーストコーポレーションのIPOの初値予想

更新日: IPO

ファーストコーポレーション

ファーストコーポレーション(1430)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は3月6日(金)~3月12日(木)、上場日は3月24日(火)です。

新規上場する市場は東証マザーズで、想定価格は1,530円(1単元15.3万円)です。

ファーストコーポレーションは、分譲マンションに特化した建設工事の施工を中心に、マンション・デベロッパーへの事業化提案も行う「分譲マンション建設事業」を行っています。

監査法人は有限責任あずさ監査法人です。所在地は東京都杉並区天沼2丁目3番9号 朝日生命杉並ビルです。

ファーストコーポレーションのIPO

ファーストコーポレーションとは

ファーストコーポレーションは、「建設業法」に基づく建設業許可、さらに「建築士法」「建築基準法」に基づく一級建築士事務所としての登録ほか、マンション・デベロッパーへの事業化提案の過程で生じる不動産の仲介、売買等に必要な「宅地建物取引業法」に基づく宅地建物取引業の登録を行い事業を行っています。事業の内容は次のとおりです。

ファーストコーポレーションは、施工するマンションの品質確保を最優先に、業務に取組んでいます。建物の強度を保つ根幹となる躯体部分については、特に厳格な品質管理を実施しています。

構造検査については、法令に則った所定の検査に加え、ファーストコーポレーション安全品質管理室によるダブルチェックを追加実施する等の検査・運用基準を実践しています。

ファーストコーポレーション事業の特徴の一つは、事業エリアを首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)としていることです。

これは、現在のファーストコーポレーションの体制では広域をカバーすることは難しいため、事業エリアを限定することにより、土地情報の迅速な入手やコストパフォーマンスに優れた下請業者を確保することが可能であると考えているからです。

二つ目の特徴としましては、鉄筋コンクリート(RC)工法による建設工事に特化しているという点があります。

この特定の分野に特化していることにより、施工品質の均一化や施工工程の効率化が図られることになります。

建設工事において重要な役割である施工管理について、ファーストコーポレーションは経験豊富な技術者により、安定した施工を実践しています。

三つ目の特徴としましては、「造注方式」というビジネスモデルを導入している点です。ファーストコーポレーションは、「分譲マンション建設事業」について、「競争入札方式」と「造注方式」の二つのモデルに分類しています。

「競争入札方式」においては、マンション・デベロッパーが選択した複数の建設会社に対し、決められた仕様に基づき、相見積りを実施し、マンション・デベロッパーが発注先を選定します。

そのため、マンション・デベロッパーに最も有利な条件を提示した建設会社が選定されることになります。現在は、この方式が、ファーストコーポレーションの受注の多数を占めている状況です。

「造注方式」とは、ファーストコーポレーションが土地情報の収集を行い、マンション用地を確保し、その土地に建設するマンションを一体とした事業企画を造り、その企画を複数のマンション・デベロッパーに提案します。

その結果、建設工事を特命で受注するというビジネスモデルです。

造注方式によるマンション・デベロッパーとの取引形態については、マンション用地をファーストコーポレーションが紹介、仲介、地位譲渡及び売買し、当該土地にかかる建設工事を受注するケースのほか、ファーストコーポレーションが、土地を取得し、その土地に建物を建設後に土地と建物を一体でマンション・デベロッパーに売却する方法等があります。

造注方式をファーストコーポレーションが重点戦略として導入しましたのは、マンション・デベロッパーと対等の立場での条件交渉が可能となり、競争入札方式と比べて高い利益の確保が見込まれるためです。

施工事例は、プレシス千歳船橋、プレシス大宮Ⅰ、プレシス八王子、ヴェレーナ東松戸、プレシス田園調布、プレシス関内です。

従業員数は81名、平均年齢は41.1歳、平均勤続年数は1.6年、平均給与は594.9万円です。

マンション

業績推移

業績面では、売上高・経常利益・純利益のいずれも美しい右肩上がりです。

営業キャッシュフローは純利益を上回っています。一般論としては安心感があります。

平成26年5月期の自己資本利益率(ROE)は111.5%であり、自己資本比率は8.7%です。

ファーストコーポレーションの業績推移

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数は12月3日をピークに下降トレンドとなっています。底入れして底打ちできるか否かの重要なチャートポイントにいます。

東証マザーズのチャート(2014年11月20日~2015年2月20日)
(※マネックス証券より)

上場規模

ファーストコーポレーションのIPOの規模は最大で約11.3億円であり、東証マザーズとしてはやや小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公開比率は最大で27%と標準的です。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は約64%と高めです。

売出人かつ貸株人である中村利秋、及び売出人である飯田一樹、株式会社中村、並びにファーストコーポレーション株主である斉藤みさを、中村莉紗、中村建二、佐藤和広、堀口忠美、諸橋隆章、片山剛志、小平定、平野洋子、遠藤美紀、鈴谷健三、安部敏弥、海老根宏、青木公司、亀山周二、林淳二、及び村上功には、原則として90日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

筆頭株主の状況は以下の通りです。第3株主にはロックアップがかかっていません。NVCC6号投資事業有限責任組合には一部に制度ロックアップがかかっています。

株主名保有割合ロックアップ
飯田一樹30.37%
中村利秋23.16%
株式会社中村11.49%
斉藤みさを4.65%
中村莉紗4.52%
中村建二4.52%
従業員持株会2.87%
佐藤和広2.79%
堀口忠美2.79%
横山一夫0.82%

まとめ

業種面では不動産建設関連ということで、IPOにおける人気度は高いとは言えません。

また、3社同時上場で翌日も2社上場という過密日程は、マイナス要素です。

ただし、約11.3億円という上場規模は東証マザーズとしては問題ない規模であり、VC皆無で上位株主に満遍なくロックアップがかかっており、先行き不安はあるものの高い成長性も確保しています。

以上を総合考慮して、初値予想はプラスリターンです。

主幹事はみずほ証券です。その他は、SMBC日興証券、いちよし証券、SMBCフレンド証券、岡三証券、マネックス証券で申し込めます。岡三オンライン証券での取扱いも期待できます。

マネックス証券も完全抽選で小口個人投資家でもIPOが当たるチャンスがある証券会社です。

株・投資信託ならネット証券のマネックス

<投資スタンス>
やや強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

※過去1年間のIPO初値予想の履歴

銘柄名発表時BB直前結果
サイバーリンクス強気強気172.9%
日本BS放送中立中立6.6%
エンバイオ・ホールディングス強気強気126.0%
ダイキョーニシカワ中立中立12.4%
日立マクセルやや弱気やや弱気-4.8%
ジャパンディスプレイ中立中立-14.6%
ホットマンやや強気やや強気67.5%
みんなのウェディング強気強気27.1%
ディー・エル・イーやや強気やや強気101.0%
サイバーダイン強気強気130.0%
エスクロー・エージェント・ジャパンやや強気やや強気290.8%
トレックス・セミコンダクターやや弱気やや弱気-10.4%
丸和運輸機関中立中立-8.8%
ジョイフル本田中立中立-1.9%
フィックスターズ強気強気162.0%
白鳩強気強気46.2%
日本リート投資法人中立中立4.0%
西武ホールディングスやや弱気やや弱気0.0%
東武住販やや強気やや強気12.0%
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人中立中立5.7%
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング中立中立-7.7%
ムゲンエステート中立中立10.0%
フリークアウト強気強気250.0%
ポバール興業中立中立6.6%
OATアグリオ中立中立-6.3%
メドピア強気強気131.3%
レアジョブ強気強気169.7%
VOYAGE GROUP強気強気40.0%
鳥貴族やや強気やや強気120.7%
イグニス強気強気342.1%
日本ビューホテルやや弱気やや弱気-2.3%
ジャパンインベストメントアドバイザーやや強気やや強気126.3%
ロックオン強気強気284.6%
リアルワールド強気強気79.8%
AMBITIONやや強気強気62.0%
ジェネレーションパス強気強気119.2%
リボミック中立やや強気-20.4%
FFRI強気強気176.5%
ホットランド中立中立-1.7%
ヤマシンフィルタ中立中立19.6%
すかいらーく中立中立0.0%
リクルートホールディングス中立中立2.3%
GMOリサーチ強気強気133.3%
セレス強気強気55.4%
オプティム強気強気260.0%
アルファポリス強気強気93.2%
エランやや強気やや強気70.3%
日本ヘルスケア投資法人やや強気やや強気48.1%
SHIFT強気強気361.5%
CRI・ミドルウェア強気強気462.5%
日本PCサービス中立やや強気67.7%
トーセイリート投資法人やや弱気中立11.6%
積水ハウス・リート投資法人やや強気やや強気22.7%
弁護士ドットコム強気強気215.4%
クラウドワークス強気強気73.2%
スノーピークやや強気やや強気134.3%
ビーロット強気強気422.4%
GMO TECH強気強気135.2%
テクノプロ・ホールディングス中立中立-5.0%
アトラやや強気やや強気77.4%
マークラインズ強気強気77.3%
メディカル・データ・ビジョン強気強気135.9%
U-NEXTやや強気中立31.7%
SFPダイニングやや弱気やや弱気-16.5%
今村証券中立中立27.4%
フルッタフルッタ強気やや強気51.5%
竹本容器中立中立2.0%
gumi中立中立0.0%
大冷やや弱気やや弱気-6.7%
アドベンチャー強気強気127.2%
メタウォーターやや弱気やや弱気-6.0%
サイジニア強気強気125.8%
インターワークスやや強気やや強気16.7%
イーレックス中立中立11.2%
データセクション強気強気73.1%
綿半ホールディングスやや弱気やや弱気6.3%
ヨシックス中立中立29.4%
東京ボード工業やや弱気やや弱気-8.0%
カヤック強気強気222.0%
エクストリーム強気強気296.4%
MRT強気強気309.4%
Keeper技研やや強気やや強気49.1%
ケネディクス商業リート投資法人中立やや強気13.3%
ファーストロジック強気強気52.5%
ファーストブラザーズやや弱気やや弱気2.5%
ホクリヨウ中立中立8.9%
ALBERT強気強気115.7%
シリコンスタジオやや強気やや強気
コラボス強気
ショーケース・ティービー強気
ヘルスケア&メディカル投資法人やや強気
エスエルディー強気
ヒューマンウェブやや強気
イード強気
RS Technologies中立
ハウスドゥやや強気
Aiming中立
モバイルファクトリー強気
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.