ディズニーバケーションパッケージのブログ的口コミ!JCB ザ・クラス特別プラン!

更新日: 家計 JCBカード

東京ディズニーランドホテルの客室の窓

「東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ」というディズニーランドとディズニーシーを満喫できるパッケージプランがあります。

ディズニーホテルでの宿泊、パークチケット、ファストパス、ホテル宿泊、キャラクターグリーティング、ショー、食事、ドリンクなど多様な特典がオールインクルーシブとなった宿泊プランです。

この度はJCB THE CLASS会員限定のオリジナルプランで参加し、満足度が高かったのでブログとして口コミをまとめます。

東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージとは

ディズニーのバケーションパッケージとは、ホテルの宿泊、パークチケット、東京ディズニーリゾートオフィシャルならではの楽しい特典のパッケージです(内容の詳細)。

まさに楽しさの宝石箱という様相を呈しており、ディズニーファン感涙の内容となっています。

秀逸なディズニーオフィシャルホテル、 初日から両パークに入れるチケットが付帯しており、滞在期間中、縦横無尽にたっぷりと東京ディズニーランドとディズニーシーを満喫できます。

まさしく魔法のワンダーランドのような2日間を堪能できますよ!

多種多様なプランが用意されており、アトラクション重視、ショー重視、キャラクター重視、希少な体験ありプランなど、ニーズに応じて選択できてユーザーフレンドリーです!

  • ホテルでもパークでも!「ディズニーキャラクターダイニング」を楽しむ 2DAYS
  • エンターテイメントもアトラクションも楽しむ 2DAYS
  • 2つのパークの「ディズニー・イースター」を満喫する 2DAYS
  • 「ドナルドのホット・ジャングル・サマー」のメインショーをリザーブしてゆったり楽しむ 2DAYS
  • 「ディズニー・パイレーツ・サマー」のメインショーを専用の鑑賞席で楽しむ 2DAYS
  • 夏のキッズスペシャル!「ヴェネツィアン・ゴンドラ“キッズゴンドリエ”」体験付き 2DAYS(7~12才児限定)
  • 「カストーディアル・キッズ!」体験付き 2DAYS(4~12才児限定)
  • 新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」の世界を満喫する 2DAYS
  • マゼランズでキャラクターグリーティングとランチを楽しむ 2DAYS
  • 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタのスペシャルバンケットプログラムを体験する 2DAYS
  • 「ビビディ・バビディ・ブティック」で、お子様をあこがれのディズニープリンセスに 2DAYS
  • お子様も喜ぶ!ホテルでもパークでもディズニーの仲間たちと会える 2DAYS
  • 2つのパークの「ディズニー・ハロウィーン」を満喫する 2DAYS

キャラクターグリーティングのプランが豊富であり、ホテルのレストラン、大航海時代をテーマにしたレストラン「マゼランズ」などにて、ミッキーマウスやミニーマウス等のキャラクターと交流できます。

ディズニーの仲間達と近くで触れ合える体験は、子供・家族にとってステキな思い出になるのは必至ですね!

JCBザ・クラスの「東京ディズニーリゾートで過ごすラグジュアリーな休日 2DAYS」

JCB THE CLASS

JCBのブラックカードであるJCB THE CLASSはディズニー関連のベネフィットが充実しているクレジットカードです。

特典の一つとして、ザ・クラス会員限定のオリジナルプラン「東京ディズニーリゾートで過ごすラグジュアリーな休日 2DAYS」が用意されています。

JCBザ・クラス会員限定 オリジナルプラン 東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージの案内

ディズニーホテルの宿泊、初日から2つのパークを自由に行き来できる特別なパークチケットや、ファストパス・チケットなどをセットにしたザ・クラスオリジナルの宿泊プランが用意されています。

特徴としてはキャラクターグリーティング等はなく、大人同士でも満喫できる内容となっています。子供・配偶者はおろか恋人すらいない私としましては、非常に親和的なプランでした。

  • 2デーパスポート・スペシャル
  • ディズニーリゾートライン フリーきっぷ(2日券)
  • ファストパス・チケット(A)1枚
  • ファストパス・チケット(D)1枚
  • ショー鑑賞券
  • ディズニーホテル宿泊(1泊)
  • 朝食(ホテル内のレストラン)
  • 夕食(東京ディズニーランドブルーバイユー・レストラン or 東京ディズニーシーS.S.コロンビア・ダイニングルームから選択)
  • オリジナルガイドブック(1部屋につき1冊)
  • オリジナルグッズ引換券
  • フリードリンク券
  • チケットホルダー引換券

プランは半年もしくは1年に1回程度更新されます。コアの内容はほぼ同一ですが、細部が変わることがあります。

一例として2019年3月31日まではオリジナルポップコーンバケット引換券(1部屋につき1個)があり、2019年4月1日~9月30日の時期は対象外でした。

申し込みはオンラインのみとなっています。まず会員サイト「MyJCB」にログインして、「JCB ザ・クラス会員サービス」という欄を選択します。

MyJCBのホーム画面

スマホの場合はログインして「もっと見る +」をタップすると出てきます。

MyJCB(スマホサイト)

ログイン後は「エンターテイメント」→「東京ディズニーリゾート®・バケーションパッケージ」と進み、「お申し込みはこちら」というリンクから申し込めます。

予約期間はチェックイン日の6ヵ月前11:00~10日前の23:59となります。半年前から予約できるので、計画的な旅行がはかどります。

客室数、レストランの座席数には限りがあり、混雑状況によっては希望の日に予約できない場合があります。一部ブラックアウト(除外日)があります。

質問がある場合は、東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サポートデスクに電話したら回答してくれます。

電話番号は「045-330-0101」で、営業時間は9時~17時(年中無休)です。

その他、JCB THE CLASS限定のプラン詳細については、以下で精緻に分析しています。

JCBの最上級カードである「JCB THE CLASS」には、「東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ」を利用できます。ディズニーホ...

グッズ・プレオーダーサービスを利用可能

ディズニーホテルの宿泊客の特典として、来園前にパークグッズの一部を予約すると、来園後に指定住所に郵送してくれる「グッズ・プレオーダーサービス」を利用できます。

ディズニーバケーションパッケージの利用者も使えるので、大きなメリットがあります。

  • 限定グッズを逃さず予約
  • お土産・グッズ選びの時間をカットして、当日はアトラクション・ショーを満喫可能
  • 購入したアイテムを持ち帰る必要がなく、手ぶらで楽々

予約が完了したらグッズ予約のURLをメールで知らせてくれるので、わかりやすくて簡便です。

招待メールが届いてから、チェックイン当日の23:59まで利用できます。

チェックイン当日の24:00(翌0:00)を過ぎまると自動的に予約が確定され、追加・変更およびキャンセルができなくなります。

支払い方法はクレジットカードもしくは代金引換のいずれかとなります。

チェックイン翌日は、パークで販売しているほぼすべてのグッズを入園当日にアプリから購入でき配送可能な「東京ディズニーリゾート・アプリ(iOSAndroid)」の活用が便利です。

その他、パークでのエクスペリエンスを快適にする機能が揃っています。

  • ファストパス®・チケットの発券
  • 対象レストランの予約・受付が可能
  • 観たいショーやパレードをアプリでいつでも抽選参加
  • レストランやホテルの予約・受付状況、パークチケットなどをマイページで一括管理
  • アトラクションの待ち時間や自分のいる場所を確認可能

郵送物

ディズニーバケーションパッケージに、宿泊前の約2週間前に申し込んだところ、チェックインの約1週間前に一式を郵送してくれました。

JCB THE CLASS会員限定の東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージの郵送物 JCB THE CLASS会員限定の東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージの郵送物の中身

おしゃれな開閉式クリアファイルに入っているので、当日の持ち運びも便利です。封入物一式に関するガイドもあるので、しっかりと確認できます。

ディズニーバケーションパッケージの基本コンテンツ

パークチケット・ファストパス・ショー鑑賞券・オリジナルグッズ引換券・フリードリンク券・レストラン利用券などは自分で切り離して使う方式となります。

ランド・シーの両方に入場可能なパークチケット

ディズニーバケーションパッケージのパークチケットは、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの両方に入場でき、自由自在に移動することが可能です。

気分に応じて縦横無尽に行き来でき、卓越した自由度があります。このフリーダムはファンタスティックであり、私もランド・シーの両方を満喫しました!

当日パークチケットを購入するために並ぶ必要もなく、スムーズに入場して魔法の国を堪能することが可能です。

東京ディズニーランドのチケット売り場

ディズニーリゾートラインフリーきっぷ

ディズニーリゾートラインは何度でも乗れるので、便利に東京ディズニーリゾート内を往来することが可能です。

ディズニーリゾートライン

また、フリーきっぷをイクスピアリで提示すると多様な特典が受けられます。

ファストパス2枚・ショー鑑賞券・翌日は一般客より早く入場可能

ファストパスが2枚ついており、2回も無条件で大人気アトラクションに素早く乗れました。また、ショー鑑賞券で確実に楽しむことができます。

東京ディズニーリゾートバケーションパッケージ キットの各種チケット

ディズニーホテル宿泊の翌日は、一般客よりも早くパーク内に入れるので、ファストパスをいち早く取得できます。

ディズニーバケーションパッケージを活用すると、USJのようにお金では買えないファストパス・ショー鑑賞券を複数回分楽しむことができます。

JCBザ・クラス会員限定プランではファストパスは2枚でしたが、他のパッケージプランではファストパスが5枚などパワフルなプランもあります。

フリードリンク券がめっちゃ嬉しい!

ディズニーバケーションパッケージのフリードリンク券でもらったコーヒー・キリンレモン

ディズニーバケーションパッケージには「フリードリンク券」という特典があります。

私は1回だけしか使えないと思っていたのですが、誤解であり何度でも利用可能でスペシャルです!

特に喉が渇く夏の時期は神威のパワーを誇っているベネフィットです。オーダー式のレストラン、路面店のペットボトルでは使えません。

寒い冬の時期でもパークを歩き回ると疲れるので、無料でドリンク休憩できるのがめっちゃ嬉しかったです。

これは非常に満足度が高いサービスでした。お手軽に何度でも飲めるのは贅沢です!

ディズニーバケーションパッケージのフリードリンク券でもらった飲み物

ディナーも秀逸

東京ディズニーシーS.S.コロンビアのミッキーマウスの形のクロス・水

ディナーは東京ディズニーランドかシー内のレストランから選べます。ディズニーシーのS.S.コロンビアにしました。

テーマパーク内のレストランはあまり美味しくないイメージがありますよね。しかし、さすがディズニーリゾートだけあって、頬が緩む素晴らしさでした(*´ω`*)

カリフラワーのムース、ホタテ、サーモンは健康的で、噛めば噛む程に旨味が口中に広がっていきました。

東京ディズニーシーS.S.コロンビアの前菜

ローストビーフとオマールエビ 赤ラディッシュのソース、トマトソースの豊潤さには身震いする程でした。

東京ディズニーシーS.S.コロンビアのメイン

パンは何度でもお代わりできて、パークを動き回ってカロリーを消化していてもお腹いっぱいになります。

東京ディズニーシーS.S.コロンビアのパン

白ワイン、赤ワインのいずれも美味しかったです!

東京ディズニーシーS.S.コロンビアの赤ワイン

食後のデザートまで大満足できるクオリティです。

東京ディズニーシーS.S.コロンビアのデザート 東京ディズニーシーS.S.コロンビアのアイスコーヒー

ディズニーホテルはパーク側の良い位置!花火も鑑賞可能

夜のディズニーランドホテル

東京ディズニーランドホテルに宿泊したところ、秀逸な部屋に大満足でした。広くてピカピカでディズニーらしさもあるハイ・クオリティー・ホテルです。

東京ディズニーランドホテル

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭だと子供のベッド代わりになるようなゾーンもあり、家族旅行のニーズに対して的確に応えています。

東京ディズニーランドホテルのミニベッド・ソファー

しかもパーク側でシンデレラ城も見える最高の向きであり、ディズニーバケーションパッケージならではとなっています。

東京ディズニーランドホテルの客室からの景色(パークサイド)

朝は爽快な景色、夜は美しい夜景と花火を部屋から堪能できてスペシャルです。窓を少し開けるとパークの音楽が聞こえて、客室にいながらディズニーランド気分を味わえます。

東京ディズニーランドホテルから見る花火

ホテルはチェックアウト後も荷物を預けられるので、2日目もパークを手ぶらで満喫できて流麗ですよ!

ホテルの素晴らしい朝食ビュッフェ

東京ディズニーランドホテルの朝食レストラン

ディズニーバケーションパッケージにはホテルでの朝食も付いており、お城のような優雅な空間で豪華なビュッフェを堪能できます。

東京ディズニーランドホテルの朝食の料理コーナー

サラダ、コールドミール、ホットミール、炭水化物、デザート、ドリンクと充実のラインナップでお腹いっぱいになるのは必至です。

東京ディズニーランドホテルの朝食テーブル 東京ディズニーランドホテルの朝食(ホットミール) 東京ディズニーランドホテルの朝食(オムレツカレーと煮物) 東京ディズニーランドホテルの朝食(パン・デザート) 東京ディズニーランドホテルの朝食(コーヒー)

嬉しいグッズ&便利なチケットホルダー

ディズニーバケーションパッケージでは、パーク内やホテルのショップにてオリジナルグッズ、チケットホルダーをもらえます。

JCBザ・クラス限定 東京ディズニーリゾート バケーションパッケージのグッズ(トートバッグ・パスケース・レジャーシート)

チケットホルダーをもらうと、各種チケット類を入れておけるので便利です。

グッズはトートバッグ、クッション&レジャーシートセット、ドリンクボトル等から選べて、時期によって異なります。

ディズニーグッズが入っている袋

ポップコーン

私が利用した時は、ポップコーンのバスケット無料特典もありました。パーク内の好きなショップで好きな味をもらえます。

ディズニーバケーションパッケージの特典(オリジナルポップコーンバケット) オリジナルポップコーンバケットの中身

感想まとめ

東京ディズニーリゾートバケーションパッケージ 旅行日程表

ディズニーバケーションパッケージを実際に利用した感想としては、素晴らしいオールインワン・パッケージだと感じました。

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのどちらも、1日目から自由に往来できます。両方の夜景を堪能することもでき、大人にとってもスペシャルです。

ファストパスの賜物で乗りたいアトラクションを効率的に回れて、時間を上手に使えます。

東京ディズニーリゾートの駅

ディズニーリゾートラインは何度でも乗れますし、フリーきっぷをイクスピアリで提示すると多様な特典が受けられます。

オリジナルグッズ、チケットホルダーも嬉しく、2日間パーク内で何度でもドリンクを飲んで休憩できるフリードリンク券はめっちゃ便利でした。

東京ディズニーリゾートのバケーションパッケージは、痒いところに手の届く厳選の特典がオールインとなっており、ドキドキとワクワクが詰まった魔法のディズニーリゾートを心ゆくまで満喫できます。

至れり尽くせりの内容となっているので、何か困ったことや「あれがない」という事態がなく、東京ディズニーリゾートを堪能できるプランです。

東京ディズニーシーのニモ&フレンズ・シーライダー

会員限定のオリジナルプランを利用できるJCB THE CLASSは、東京ディズニーリゾート内のJCBラウンジも利用でき、ディズニーを思う存分楽しめるハイ・クオリティー・カードです。

JCB THE CLASS

クラブ33の終了は残念な改悪ですが、依然としてJCB THE CLASSはディズニー関連で豊富なベネフィットを利用できます。

実際にディズニーバケーションパッケージを利用した口コミとしては、極めて満足度が高く、幸せな気持ちに包まれました。

JCB THE CLASSはディズニー以外でも、卓越したベネフィットが満載です。

メンバーズセレクションでは、ディズニーリゾートのパークチケット(パスポート)2枚、ディズニーグッズのセットが選べます。

年1回は夫婦や恋人でディズニーランドかディズニーシーを満喫できます。

東京ディズニーリゾートの看板と滝

パスポートは大人7,400円、グッズはダッフィー&シェリーメイのぬいぐるみだと6,800円なので、税込22,600円相当となり、年会費に占める金額はなんと約42%とパワフルです。

JCB THE CLASSの年会費は54,000円(税込)ですが、豊富すぎるベネフィットに鑑みると安いのは明白です。

JCBはほぼ利益が出ておらず、下手をすると微益を通り越して赤字の可能性もあると考えています。

家族カードは8枚まで発行できて年会費は全て無料です。8名無料というカードは滅多にありませんね。パワフルです。

メンセレにはUSJスタジオ・パスとJCBプレモカードのセットもあり、年会費の半分近くはこれらの特典で元が取れてしまいます。

ディズニーやユニバーサル・スタジオ・ジャパンがお好きな方には絶大なメリットがあります。

USJのJCBラウンジを利用でき、1.5~3時間待ちの大人気アトラクションを並ばずに乗れて、上質の空間で休憩できます。

JCBがユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の中に、JCB LOUNGEを設置して、2016年9月2日からサービスを開始しました。予約は前日...

コース料理1名分無料サービスは、コンシェルジュの対応が優れている点において、他の高級カードと比較しても、エッジ・優位性があります。

JCBの高級カードには「グルメ・ベネフィット」というサービスが付帯しています。国内の厳選した有名レストランの所定のコースメニュー...

JCB THE CLASSのコンシェルジュの質については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

一般人が入れない秘密の地・東京ディズニーリゾートのラウンジで至高の一時を堪能できる特典など、他のクレジットカードの追随を許さない制御不能のベネフィットが満載です。

ブラックカードとしてはリーズナブルな年会費(税抜50,000円)で、まさに前代未聞の超コスパ・ジャパンという様相を呈しています。

JCB THE CLASSのサービス&ベネフィットガイド

クレジットカードの真髄を極める究極のエレガンスがあり、魂を揺さぶる程の最高潮に達したエネルギーがあります。

JCBが渾身の力を込めたクレジットカードであり、JCBザ・クラスがある生活は優美でエレガント。ふつふつと喜びが湧き上がってくる世界です。

「片翼の天使」を通り越した「両翼の天使」であり、順風満帆・視界良好で新しい世界へ雄飛する機会を手に入れられます。

JCB THE CLASS

わが国が誇る国際ブランドJCBの最上位カードであり、コスパ最上級のブラックカードです。ジョジョの奇妙な冒険で喩えると、第4部の副題「ダイヤモンドは砕けない」のようなカードです。

アメックス・プラチナ、ダイナースクラブ プレミアムカードに勝るとも劣らない卓越した魅力があります。アメプラ・黒ダイナースでも、JCB THE CLASSの魅力は砕けません。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんは、おすすめのプラチナ/ブラックカードとしてJCB THE CLASSを挙げられていました。

JCB THE CLASSはクレジットカードのレジェンドも高く評価しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

2015年6月からのJCBのブランドメッセージは、日本国内では「世界にひとつ。あなたにひとつ。」であり、海外では「Uniquely Yours」です。

このブランドメッセージには、JCBがこれからも大切にしたいこと、「お客様志向」と「日本的」が反映されています。JCBの思いは以下の通りです。

それぞれの願い。それぞれの夢。お客様一人ひとりの、かけがえのない想い。

JCBは約束します。そのひとつひとつをしっかりと受けとめ、耳を傾け、かなえるお手伝いをすることを。

私たちは、日本で生まれた、ただひとつの国際カードブランドとして、「おもてなしの心」「きめ細やかな心づかい」で一人ひとりのご期待に応えていきます。

そして「便利だ」「頼れる」「持っていてよかった」と思っていただける、あなたにとっての世界にひとつを目指し続けます。

JCB THE CLASSはまさにこのブランドメッセージに込められたコンセプトを体現しているスーパーカードです。詳細については、以下で徹底解説しています。

わが国が誇る国際ブランドJCBの最上位カードは「JCB THE CLASS」(JCBザ・クラス)です。日本が誇る至高のカードであり、カードフェイス...

メンセレ、東京ディズニーリゾートやUSJのラウンジ、会員限定イベント、プライオリティパスなどの特典があるので、使わなくてもお得なクレジットカードです。

JCB THE CLASS

JCB THE CLASSはインビテーションを待つ必要があり、取得まで時間がかかります。ただし、年収は高くなくても問題ありません。利用額とフリークエンシーが最重視されています。

JCB THE CLASS(ザ・クラス)というクレジットカードがあります。ブラックカードと評されることも多い、JCBの最上級カードです。JCB THE...

JCB THE CLASSの特徴としては、JCBでの利用履歴が非常に重視される点が挙げられます。JCBの保有履歴が長いとインビテーションが届きやすい傾向にあります。

JCBゴールドカードJCBプラチナ

将来的に日本が誇る至高の煌めきを放つJCB THE CLASSへの道が開けるのが、JCBゴールドJCBプラチナの大きなメリットの一つです。

現在、JCBゴールド、プラチナは2019年9月30日(月)の入会まで、期間限定でお得な新規入会キャンペーンを行っています。

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-家計, JCBカード

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.