チャーム・ケア・コーポレーションの株価を分析!有力介護関連銘柄の一角

更新日: 株式

チャーム・ケア・コーポレーションの株主通信

チャーム・ケア・コーポレーション(6062)は上場以来、大きく株価が上昇してテンバガー(株価10倍)を達成しました。

私も2013年10月から保有していた銘柄です(現在は売却済み)。

チャーム・ケア・コーポレーションについてまとめます。高齢化社会の中でニーズの右肩上がりが予想され、長期的なテーマ性がある有力介護関連企業として投資しています。

チャーム・ケア・コーポレーションとは

チャーム・ケア・コーポレーションは老人ホームを運営している介護企業です。

大阪企業であり、所在地は大阪市北区中之島3丁目です。大阪市役所、リーガロイヤルホテル大阪の近くであり、新大阪駅、道頓堀から車でスムーズにいくと各10分、梅田から5分強の立地です。

大阪、兵庫、京都、奈良、東京、神奈川に介護付有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)、住宅型有料老人ホーム運営(訪問介護・通所介護・居宅介護支援)を運営しています。

チャーム・ケア・コーポレーションの有料老人ホーム

2000年に、居宅介護支援事業、居宅訪問介護事業、居宅訪問入浴介護事業、福祉用具貸与事業に参入し、2005年に有料老人ホーム事業に参入しました。

2008年に介護付有料老人ホーム「ルナハート千里 丘の街」を運営するつばめ荘を買収し、2012年にJASDAQスタンダードに上場しました。

「チャーム」、「チャームスイート」、「ルナハート」、高価格帯ブランド「チャームプレミア」などのブランドを使い分けることで、地域・市場の特性に合わせた価格帯の老人ホームを展開しています。

「チャームヒルズ」ブランドで、居宅訪問介護事業所などを併設した住宅型有料老人ホームを展開しています。

チャームスイート石神井公園の外観 チャームスイート石神井公園のエントランスホール

住宅型有料老人ホームは、居宅訪問介護事業所などを併設しており、サービス付き高齢者向け住宅「チャーム」も展開しています。

主な収益源は、入居者から徴収する入居一時金や利用料(家賃・管理費など)、国民健康保険団体連合会から受け取る介護保険報酬などです。

チャーム・ケア・コーポレーションは固定資産への投資を抑制するため、土地の定期借地契約や、建物の賃貸借契約などを活用しています。

初上場となったヘルスケアREITの日本ヘルスケア投資法人とも契約しています。

売上高・利益

売上高は美しい右肩上がりです。利益面では先行投資が続いて軟調な推移となっています。

施設数は拡大を続けています。今は利益面には目をつぶって売上高をどんどん拡大させていくステージです。

チャーム・ケア・コーポレーションの施設数

定期的にホームを開設しており、成長を続けています。

チャーム・ケア・コーポレーションの開設予定の老人ホーム

決算期 売上高 営業利益 経常利益 純利益
2010/06(実) 2,944 323 136 60
2011/06(実) 3,971 580 429 165
2012/06(実) 4,394 639 462 252
2013/06(実) 5,080 603 387 252
2014/06(実) 5,811 522 346 313
2016/06(実) 9,150 443 392 236
2017/06(実) 10,930 891 843 536
2018/06(実) 13,572 1,054 994 615
2019/06(実) 16,560 1,423 1,385 1,009
2020/06(実) 19,619 1,902 1,835 1,206
2021/06(予) 23,000 2,150 2,200 1,450

キャッシュ・フロー

純利益を常に上回る営業CFを生み出しています。一般論としては安定感があります。

決算期 営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
2010/06(実) - - - -
2011/06(実) 835 -279 -461 556
2012/06(実) 253 -275 138 -22
2013/06(実) 708 -589 -116 119
2014/06(実) 528 -338 -60 190
2016/06(実) 1,403 -2,184 983 -781
2017/06(実) 1,638 -1,956 343 -318
2018/06(実) 2,293 -2,334 1,459 -41
2019/06(実) 2,085 -1,617 -594 468
2020/06(実) 1,215 -1,156 3,305 59

 利益率・CFマージン

最新のROE(24.8%)を分解すると純利益率6.15%、総資産回転率1.09回、財務レバレッジ2.51倍です。

財務レバレッジは標準的であり、資産から売上を作る回転率(資産効率)は標準、売上から利益を作る利益率は高めです。

決算期 経常利益率 純利益率 CFマージン ROE
2010/06(実) 4.6% 2.0% - -
2011/06(実) 10.8% 4.2% 21.0% -
2012/06(実) 10.5% 5.7% 5.8% 41.4%
2013/06(実) 7.6% 5.0% 13.9% 25.4%
2014/06(実) 6.0% 5.4% 9.1% 24.8%
2016/06(実) 4.3% 2.6% 15.3% 15.3%
2017/06(実) 7.7% 4.9% 15.0% 28.2%
2018/06(実) 7.3% 4.5% 16.9% 20.9%
2019/06(実) 8.4% 6.1% 12.6% 24.4%
2020/06(実) 9.4% 6.1% 6.2% 16.8%
2021/06(予) 9.6% 6.3% - -

 一株利益・一株配当・配当性向

2013年度に初めて配当が出て、それ以降は増配傾向が続いています。

決算期 一株利益 一株配当 配当性向
2017/06(実) 82.2 1.88 9%
2018/06(実) 46.1 2.5 11%
2019/06(実) 71.9 5 14%
2020/06(実) 39.4 6.5 16%
2021/06(予) 44.5 9.0 20%

指標(2020年8月24日時点)

チャーム・ケア・コーポレーションは株主優待を行っていません。予想配当利回りは0.96%(配当性向13.5%)です。

PBR 3.14倍、予想PER 21.15倍、自己資本比率39.8%、有利子負債は64.7億円、現金等は22.4億円、営業CFは20.8億円です。

チャーム・ケア・コーポレーションの過去3ヶ月・2年間・5年間の株価チャートは以下の通りです。

チャーム・ケア・コーポレーションのチャート(過去3ヶ月)

チャーム・ケア・コーポレーションのチャート(過去2年)

チャーム・ケア・コーポレーションのチャート(過去5年)

株式投資はSBI証券で行なっています。SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1...
  数多くのオンライン証券の中で日本で一番人気のネット証券はSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1(...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと3,000円分で、ネット証券としては破格の内容です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資者保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

手数料の安さを重視する場合は、ライブスター証券の活用も検討し得ます。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストである点が絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券は1日定額プランだと、現物取引50万円、信用取引50万円までは手数料がそれぞれ無料です(1日最大100万円)。

岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

-株式

© 2014-2020 The Goal