auカブコム証券が現物株式・信用取引をアップデート!改善の要素が大きい改定

更新日: 証券会社

auカブコム証券が国内株式をアップデート

auカブコム証券が「国内株式サービス大改造!すべてのひとに資産形成を!すべてのひとにもっと自由な選択を。」というサービス改定を行いました。

株式の取引手数料改定、信用取引の買方金利・貸株料引き下げ、品受・品渡に関する手数料の撤廃、デイトレ信用開始、25歳以下現物株式の取引手数料実質無料化など、盛り沢山の内容となっています。

25歳以下の方にとっては絶大なメリットがありますし、プラチナになるとSBI証券・楽天証券よりも信用取引の買いの金利・売りの貸株料が低くなるので、大きなメリットがあります。

総合的にプログラムを駆使して信用売りだけをやっていたような方にとっては改悪ですが、人力の一般的な投資家にとっては改善の内容だと考えています。

公式サイトauカブコム証券 公式キャンペーン

株式(現物・信用)の取引手数料は業界最低水準、一日定額手数料コースは100万円まで無料

現物株式・信用取引の取引手数料については、2種類の手数料コースを用意。注文ごとの約定金額に応じて取引手数料が決まる「ワンショット手数料®」、1日の約定金額合計額に応じて取引手数料が決まる「一日定額手数料」です。

ワンショット手数料は100万円まではSBI証券・楽天証券と同一で、マネックス証券よりは圧倒的に安いです。

一日定額手数料は100万円以下無料なので、松井証券の50万円の2倍の水準となっています。1日100万円までは無料で取引し放題ですよ!

2倍と書かれたボードを持つ女性

品受・品渡に関する手数料も廃止されて、より一層使いやすくて便利になりました。

信用取引の日計り取引サービス「デイトレ信用」の提供を開始!信用取引手数料は無料

デイトレ信用は、返済期限が当日のみとなるデイトレード専用の一般信用取引です。

1日信用取引の「デイトレ信用」は手数料無料です。ただし、デイトレ信用では品受・品渡はできません。

信用取引手数料は0円、買方金利・貸株料は、1約定あたりの約定金額が100万円未満の場合は1.8%、100万円以上の場合0%。アクティブなデイトレードがより低コストで取引可能ですよ!

私も他社でアクティブに信用取引を行っていました。今後はauカブコム証券でも取引します!

信用取引の履歴

新サービス「プレミアム料付空売り」も開始。プレミアム料を支払うことで、従来制度信用だけでなく、一般信用でも売り建てができなかった銘柄を、一般信用取引(デイトレ信用・長期)で売り建てができます。

上場したてのIPO銘柄を空売りしたり、株主優待の獲得などに利用できます。

大口優遇プランはプラチナに大きなメリット

プラチナインゴット

個人的には今回のauカブコム証券アップグレードの目玉は、大口優遇プランの改善です。

プラチナが信用取引の月間新規建約定金額5億円以上でOKとなり、SBI証券・楽天証券と比較してコストが低下します。

主なメリット

  • 信用取引手数料無料(ゴールドも無料)
  • 買方金利(年率)が制度2.06%・一般1.87%(SBI・楽天より低コスト!)
  • 貸株料(年率)が1.01%(SBI・楽天より低コスト!)

月5億円というとハードルが高いイメージがありますが、足りない分は任天堂やキーエンス等の値嵩株をクロスすれば誰でも簡単に達成可能です。

auカブコム証券の大口優遇プラン

25歳以下現物株式の取引手数料実質無料化

ジャンプする若者

25歳以下のユーザーの現物株式取引手数料が実質無料化するプログラムを開始します。

25歳以下の方は国内現物株式取引手数料は全額キャッシュバックされるため、実質的に手数料無料で取引可能となります。

手数料無料で取引可能なフリーETFの拡充、プレミアム積立®(プチ株®)による単元未満株式の積立手数料無料化など、若年層の資産形成を後押しする取り組みを行ってきました。

本プログラムにより現物株式取引手数料を実質無料化することにより、auカブコム証券はさらなる若年層の資産形成を支援する方針です。

様々なキャンペーンを実施

auカブコム証券「kabuフェス祭」と題して、随時キャンペーンを展開しています。

auカブコム証券のキャンペーン

ニーズに応じて利用すると資産形成に役立ちます。

まとめ

auカブコム証券は国内現物株式取引・信用取引をアップグレードしました。

主なメリット

  • 株式(現物・信用)の取引手数料は業界最低水準、一日定額手数料コースは100万円まで無料
  • 信用取引の日計り取引サービス「デイトレ信用」の提供を開始!信用取引手数料は無料
  • 大口優遇プランはプラチナに大きなメリット
  • 25歳以下現物株式の取引手数料実質無料化
  • 様々なキャンペーンを実施

「一日定額手数料」なら1日100万円まで売買手数料が無料なので、小口投資家の方ならほぼ無料で取引可能となります。

デイトレ信用は取引手数料が無料で、100万円以上なら金利・貸株料も無料です。

大口優遇プランではプラチナの条件が大幅に引き下げられて、金利・貸株料がSBI証券・楽天証券より低くなるのが大きなメリットです。

個人的には正直auカブコム証券はあまり使っていなかったのですが、今後はプラチナを維持しようと考えています。

カブドットコム証券のオフィスがあるビル

投資の玄人・上級者の方はauカブコム証券を愛用している方が多く、カブコムのツール・サービスを活用すると資産形成に大いなる効果があります。

投資に詳しい方にヘビーユーザーが多い証券会社はauカブコム証券です。知る人ぞ知るメリットが多いネット証券です。ただし、...

auカブコム証券は特に長期間の一般信用売りが可能である点がメリットです。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券のIPO・POはカブコムでも原則全て取り扱えることになっています。

例えば郵政3社、JR九州のIPOでは三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事となり、カブコムにも相応の割当がありました。私も100株ですが、当選しました!

IPOはシステムによる抽選となっています。一般信用売りの抽選とは異なり、小口投資家でも十分に当選する可能性がある平等な抽選です。

地味なところでは、カブコムは三菱UFJモルガン・スタンレー証券の復代理人としてのTOBの取り扱いもあります。

会員サイトでサクッと手軽にTOBに申し込めるのが便利です。大手証券のネット口座だと、TOB応募は電話という会社もあります。

幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがauカブコム証券です。特に一般信用取引がリターン向上に資すると...

100万の資産運用でも大活躍します。口座開設・維持は無料です。まだ口座をお持ち出ない方はこの機会にぜひ口座開設してはいかがでしょうか。

公式サイトauカブコム証券 公式キャンペーン

iDeCo、つみたてNISAも提供しており、アクティブ投資家からインデックス投資家まで多様なスタイルの方に役立ちます。

確定拠出年金(401k)という制度があります。3階建ての日本の年金制度において3階の部分となります。2016年に個人型確定拠出年...
2018年からつみたてNISA(積立NISA)という制度が開始しました。正式名称は「非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度」で...

-証券会社

© 2014-2021 The Goal