バブルで最後の円安!?マネックス証券のFX PLUSは投資情報が充実!吉田恒氏の最新相場見通し

更新日: 証券会社

マネックス証券のオフィス入り口

マネックス証券は2019年11月から吉田恒氏がチーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティFX学長に就任して、為替情報をより一層強化しました。

高金利通貨の高い買いスワップポイント、ドル/円の0.2銭など低コスト、独自のオートレール、充実の取引ツールなどに加えて、FXの予想・情報サービスがパワーアップ。

この度は吉田恒氏の最新相場見通しセミナーに参加しました。「バブル開始、円安となる。」という刺激的な予想となっていたのでシェアします。

株・投資信託ならネット証券のマネックス

吉田恒氏の最新相場見通し~2020年は円安の年

2019年8月に105円近辺まで円高になり、そこから反発して109円に達しているのが現在の状況です。

日米の金利差とドル円の推移を重ね合わせるとドル円以上に反発しており、現在は日経平均との連動性が高まっています。

米ドル円と日経平均

足元のドル円の円安傾向をよく説明しているのは株高。世界的に株価が上昇している流れの中、米国株のNYダウが史上最高値を更新するなど、リード役となっている状況です。

チャートを見ると1998年と今年の米国株が類似しており、1999年は大幅な株高・円安となりました。

1998年~1999年と2019年のNYダウ

1998年はグリーンスパンFRB議長(当時)が「世界で重圧が高まっている中で、米国が影響を受けずに繁栄のオアシスで有り続けられる保証はない」と発言。

アメリカの景気回復が続く中でも、FRBは9月~11月に3ヶ月連続で利下げ。国外の悪影響波及の予防・保険の収支があった3ヶ月連続の利下げが行われました。

3ヶ月連続FOMCで利下げした2019年は、1998年とFRBが似たような動きとなっています。

長期チャートでは現在ドル円は三角持ち合いとなっており、価格変動の収縮が発生している状況です。

間もなくどちらかにブレイクして値動きの収縮が終わる可能性が高い。ブレイクしたら持ち合いの最初の水準まで戻ることも多いので、125円の水準まで戻る見通しをたてられるとのこと。

米ドル円のチャート

2020年は上手く推移すると株高・円安が進み、大局的には2008年から続く長い上昇トレンドの最後のバブルとなる可能性があり、波乗りしたいところですね!

購買力平価からはドル円の消費者物価指数は約120円、生産者物価指数が95円。日米の経済構造が変わり、ドル円の安定相場は円安方向に切り上がっている可能性があるそうです。

ドル安のピークは、ドル高のピークは担っていると考えると、今後のレンジは95円~120円を想定可能。2020年に120円台でピークを付けて、その後は100円に戻る可能性も。

米ドル円と購買力平価

120円を超えたら反落する可能性があるというスタンスで利益確定を視野にいれるのが無難。

来年はバブルのクライマックスとなる可能性があり、ドル円も一段と上昇するシナリオを頭に入れて相場に退治したいと思いました!

2013~2014年(アベノミクス相場)では、円の実効相場は-25%となり、信用バブル時(2006~2007年6月末)は-10%でした。

リスクオンの局面では教科書どおり安全資産である円は売られる傾向があります。米ドルも下がることを想定しており、ドル円/、クロス円はどちらも上がる状況が訪れるとのこと。

吉田恒さんの主要通貨ペアの分析

主要通貨ペアの状況では、英ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、トルコリラ/円が割安とのこと。

吉田恒 マネックス証券チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティFX学長

まとめると、吉田恒 マネックス証券チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティFX学長の相場見通しは以下のとおりです。

ココがポイント

2020年は株高・円安の年。20%程度の株高・円安の可能性があり、2008年からの上昇トレンドのピークを迎える可能性あり。

ドル/円が120円を超えたら購買力平価からは円安が行き過ぎている側面があり、反落を警戒する必要がある。

2020年は米国大統領選挙ですので、トランプ米大統領にとっては再選のために何が何でも経済の好況維持が必要な状況です。

そのような側面では、株高&円安が何となくありそうなシナリオだと思いました!

株・投資信託ならネット証券のマネックス

マネックス証券のFX PLUSの強み

FX PLUSは店頭FXであり、マネックス証券らしい投資情報の充実に加えて、低スプレッド・高金利通過の高いスワップポイントが魅力的です。

マネックス証券のFX PLUSの特徴

株式投資に関しては手数料は競合他社と比較してやや高めですが、FXはスプレッド・スワップポイント面でも競争力があります。

FX PLUSのメリット

  • スプレッド:米ドル/円は0.2銭から(原則固定)
  • 取引手数料:無料
  • 通貨ペア:17通貨
  • スワップポイント:高金利通貨に強み銀行とのカバー取引の結果、生じた果実はできる限り顧客に返すプライシング
  • 注文方法:特許を取得しているマネックスFX独自のオートレール
  • 投資情報:吉田恒氏によるレポート・セミナー、志摩力男氏の動画セミナー
  • キャンペーン:新規顧客はスプレッドの一部が戻ってくるキャンペーン

順張り型のリピート系注文の「オートレール」は、上昇相場での大きな上昇を取りつつ、下落相場ではこまめに利益確定/損切りを行うことで、リスク管理をしつつ一本調子のトレンドでの利幅を取れる注文方法です。

マネックス証券のFX PLUSのオートレール

マネックス証券のFX PLUSでは、多種多様な取引ツール・チャネルがあり、ニーズに応じて選択できます。

年々スマホアプリの割合が増加しているものの、まだPCからの注文が多い状況となっています。

マネックス証券のFX PLUSのスワップポイント例・注文方法

もちろんデモ取引もありますし、投資情報はマネックス証券の真骨頂を発揮しており、さすがMONEXらしい充実度を誇っています。

マネックス証券のFX PLUSのデモ取引・投資情報

取引ツール「Monex Trader FX」では、経済指標の表示・チャートとの関係分析、通貨ペア・株価指数との相関分析・差分分析も可能です。

一般的なテクニカル分析、新規・決済注文、注文訂正・取り消し、メモ、平均足などをチャートで完結されることも可能です。

経済指標の表示・チャートとの関係分析 マネックス証券のFX PLUSの分析ツール

まとめ

マネックス証券のFX PLUS

吉田恒 マネックス証券 チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティFX学長の2019年11月以降の為替ストラテジーは以下のとおりです。

ココがポイント

2020年は株高・円安の年。20%程度の株高・円安の可能性あり。ドル/円が120円を超えたら購買力平価からピークアウトしての円高を警戒

決して証券会社の関係者だから株高・円安を予想しなければならないという話ではなく、確かにシナリオとしてありそうだと感じました。

私もビッグウェーブが起こった際には、波乗りに遅れないような心構えをしようと思います。

2020年は2008年から続く大局的な株高のピークを迎えて、為替の側面でも円安になる可能性があるという点を頭に入れて、相場に対峙していきたいと思います。

株・投資信託ならネット証券のマネックス

マネックス証券はFX以外にも、メリットが大きいネット証券です。

幾多のネット証券の中でもキラリと光る魅力があります。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサービスを...

日本株のNISA口座、ジュニアNISA口座での国内株式の売買手数料は、恒久的に0円(単元未満株を除く)となります。購入時だけではなく、売却時も0円でお得です。

また、NISA口座での米国株・中国株の買付時の国内取引手数料は、恒久的に実質0円(全額キャッシュバック)です。

独自性が高い資産管理の分析ツールも充実しています。他のネット証券には用意されていないタイプのツールも豊富です。その他、マネックス証券の詳細については、以下で徹底解説しています。

マネックス証券という証券会社があります。1999年に創業した大手ネット証券の一角です。完全抽選のIPO・立会外分売、充実したオリジナ...

口座開設・維持は無料で、口座を持つのに一切費用はかかりません。ネットバンキングでの入金、銀行への出金も無料です。100万の資産運用でも大活躍します。

マネックス証券はお得な新規口座開設キャンペーンを行なっています。

条件は口座開設だけなのでおすすめです。まだマネックス証券に口座をお持ちでない方は、この機会にぜひ口座開設してはいかがでしょうか。

株・投資信託ならネット証券のマネックス

毎日多数の取引をするようなアクティブトレーダーは、マネックスグループのトレードステーションがおすすめです。卓越した取引ツールが充実しています。

米国No.1の評価を受ける取引ツール「トレードステーション」(TradeStation)がいよいよ日本株に対応しました。卓越した高機能を誇るラ...
米国No.1評価の分析・取引ツール「トレードステーション」が、日本のトレーダー向けにリリースしてから約半年が経過しました。マネッ...

マネックス証券は個人型確定拠出年金(iDeCo)も素晴らしい内容です。無条件での運営管理手数料0円、業界最安値が連発の取扱商品、iDeCoポートフォリオ診断サービスが卓越しています。

参入が後発になった強みを活かして、現時点でベストな最新のiDeCo専用商品を取り揃えています。

厳選された商品構成となっており、「商品数が多すぎて選べない」という初心者の声に配慮しつつ、特徴ある新興国の株式ファンド等もあり、投資経験者のニーズにも応えられています。

確定拠出年金(401k)という制度があります。3階建ての日本の年金制度において3階の部分となります。2016年に個人型確定拠出年金の加入...
日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。最安値水準の外国株取引、豊富な投資情報、完全抽選のIPOや立会外分売、手数料最安...

マネックス証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)は、顧客のニーズを正確に捉えて、ユーザーにとって良いクオリティの素晴らしい制度を用意しており、総合的に卓越した魅力があります。

マネックス証券のiDeCo 公式サイト

-証券会社
-,

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.