新規上場!メディカル・データ・ビジョンのIPOの初値予想

更新日: IPO

メディカル・データ・ビジョン

メディカル・データ・ビジョン(3902)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は12月2日(火)~12月8日(月)です。

新規上場する市場は東証マザーズで、想定価格は4,980円(1単元49.8万円)です。仮条件は4,980円~5,180円と上振れました。

メディカル・データ・ビジョンは、医療機関・製薬会社・健康保険組合向けにシステム開発・保守、データ提供、コンサルティングを行っています。

高いセキュリティー環境の下、膨大な医療・健康に係るデータを蓄積し、それを有効活用することが、医療の質向上、ひいては医療消費者や生活者へのメリット創出につながると考えています。

監査法人はトーマツです。本社所在地は東京都千代田区神田美土代町7番地です。最寄り駅は、神田、淡路町の界隈です。東京駅と秋葉原駅の真ん中辺りです。

メディカル・データ・ビジョンのIPO

メディカル・データ・ビジョンとは

メディカル・データ・ビジョンの事業は、以下2つです。

  • 主に医療情報の発生元の一つである医療機関等に向けた経営支援システムの企画、開発、製造、販売、保守業務を提供すると同時に、医療・健康情報を蓄積する「データネットワークサービス」
  • データネットワークサービスにて蓄積された医療・健康情報を、データ発生元である医療機関等による二次利用許諾を得たうえで、主に製薬会社や研究機関等の法人向けに各種データ提供を行う「データ利活用サービス」

従業員数は142名、平均年齢は38.5歳、平均勤続年数は3.1年、平均給与は495.0万円です。

データネットワークサービス

情報の発生元の一つである医療機関や健康保険組合等に向けた経営支援システムを提供すると同時に、医療・健康情報を蓄積するものです。

病院向けには「EVE」「EVE-ASP」「Medical Code」、診療所向けには「カルテビジョン」、健康保険組合向けには「けんぽアナライザー」を展開しています。

病院向けサービス

平成15年の厚生労働省による急性期病院に対するDPC制度の導入により、病院は出来高払いからDPC制度へ移行することに伴う収益への影響を分析するとともに、自院の診療行為の精査を行うことで、今まで以上に医療の質と経営を両立させる必要性に迫られました。

一方でDPC制度は、当該制度を導入した急性期病院に、全国統一形式による診療情報の生成と厚生労働省への提出を義務付けたため、従来は共通フォーマットが無いために困難であった、自院の経年変化分析やDPC制度導入病

全体のデータとのベンチマーキング分析が可能となる環境を整えることになりました。

メディカル・データ・ビジョンはこれを背景に、DPC制度を導入した急性期病院に対し、在院日数、医療資源、原価、ベンチマーキング等の多角的な経営・臨床分析に基づいた医療の質と経営の両立を支援する「EVE」「EVE-ASP」「MedicalCode」を提供しています。

診療所向けサービス

団塊の世代が75歳以上となる 平成37年(2025年)に向けて、入院から在宅治療に至るまで、患者がそれぞれの状態に合った適切な医療を受けることができるよう、医療機関・介護事業所・薬局等が連携を図る必要があり、その担い手は、主に診療所の医師に求められています。

メディカル・データ・ビジョンはこれを背景に、診療所が慢性疾患をもつ患者に対して、重症化を避けるための継続的な診療や経過観察を行うことを目的とした機能や、地域の患者からの信頼獲得を目的とした機能などを搭載した電子カルテソリューション「カルテビジョン」の治験会社等を通じた拡大に取り組んでおります。

健康保険組合向けサービス

医療費の高騰が叫ばれる中、医療費供給元の一つである健康保険組合においても、加入者に関する多角的な分析による、糖尿病などの生活習慣病の予防やジェネリック医薬品の利用促進などで医療費の適正化に努めることが急務となっています。

メディカル・データ・ビジョンはこれを背景に、医療費・健康課題分析・保険事業評価などを行うことで、医療費適正化に向けた課題を抽出できるシステム「けんぽアナライザー」を、健康保険組合に向けて提供しています。

データ利活用サービス

法人向けサービス

メディカル・データ・ビジョンは、同社のデータネットワークサービスを導入している病院の一部からDPCデータの提供を受け、民間では最大級の規模を誇るデータベースを構築するとともに、当該データベースを基に、WEB分析システムである「MDV analyzer」と、個別調査サービスである「アドホック調査サービス」の2つで構成されるサービスを主として製薬会社や研究機関へ提供しております。

当該データベースが構築されたことにより、従来では分析可能なデータが無いために把握が困難とされていた、病院における薬剤の処方実態を明らかにすることが可能となりました。

例えば、問屋を経由し病院に届けられた後は、どのような診療科でどのような疾患に処方されているのか、また、どの製薬会社のどの薬剤に効果が現れているのか等を具体的に把握することができます。

個人向けサービス

健康保険組合に蓄積された加入者ごとの受診記録や健診記録を基に、加入者が自身の検査結果や処方薬等の健康管理・医療費に関する情報を管理・閲覧できるサイトである「めでぃログ」の提供を開始し、その拡大に取り組んでいます。

業績推移

業績面では、売上高は足踏みする年度もあったものの、大局的には右肩上がりです。経常利益・純利益は不安定な推移となっています。

2014年3月期の自己資本利益率(ROE)は20.7%、自己資本比率は82.1%です。

メディカル・データ・ビジョンの業績推移

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数は10月半ば以降は順調な右肩上がりとなっていましたが、ここに来て主力銘柄が軟調になって下落しています。

東証マザーズ指数の推移(2014年8月15日~11月14日)
(※マネックス証券より)

上場規模

メディカル・データ・ビジョンのIPOの規模は最大で約13.8億円と東証マザーズとしては標準的です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公開比率は最大で約25%と標準的です。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。

代表取締役社長岩崎博之、専務取締役浅見修二、取締役木村右子、取締役柳澤卓二、監査役中川治、棚岡滋、三菱商事株式会社、富士フイルム、株式会社メディパルホールディングス、シミックホールディングス株式会社、西武しんきんキャピタルTAMAファンド2号、第一生命保険株式会社、コムコ株式会社、株式会社ヒューマンテクノシステムには原則として180日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

筆頭株主の状況は以下の通りであり、上位株主には万遍なくロックアップがかかっています。VCは影が薄く、富士フィルム、メディパルHD、三菱商事、第一生命といった有名企業が名を連ねている点は良いです。

氏名又は名称株式保有割合(%)ロックアップ
富士フイルム株式会社33.74
株式会社メディパルホールディングス25.14
三菱商事株式会社8.60
岩崎 博之5.74
シミックホールディングス株式会社5.74
西武しんきんキャピタルTAMAファンド2号西武しんきんキャピタル4.78
浅見 修二4.30
棚岡 滋1.62
第一生命保険株式会社1.43
シール・マネジメントパートナーズ株式会社1.43
木村 右子1.43

まとめ

業種面は医療機関向けのシステム企業はIPOにおいては比較的騰落率が高い傾向にあります。広義の健康関連銘柄であり、高齢化社会到来の中で一定のテーマ性はあります。

また、1単元の金額が大きい値嵩株であることから、少しの騰落率でも絶対リターンは高めになるのは良い点です。

年末のIPOラッシュが到来しており、数多くの企業の上場が集中する日程はマイナスポイントです。

初値予想はプラスリターンです。値嵩株で騰落率は低くてもリターン金額は高くなることから、IPOラッシュの中でも積極的に狙いたい銘柄です。

主幹事はSMBC日興証券です。その他はSBI証券、大和証券、みずほ証券、岩井コスモ証券、いちよし証券、エース証券で申し込めます。

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

※過去1年間のIPO初値予想の履歴

銘柄名発表時BB直前結果
ANAP強気強気410.0%
メディアドゥ強気強気256.7%
M&Aキャピタルパートナーズ強気強気233.3%
イオンリート投資法人やや強気やや強気9.5%
じげんやや強気強気191.7%
アライドアーキテクツ強気強気229.4%
ライドオン・エクスプレスやや強気強気55.3%
ホットリンク強気強気165.6%
ブイキューブ強気強気117.3%
オンコリスバイオファーマやや強気やや強気34.6%
オウチーノ強気強気130.0%
エンカレッジ・テクノロジ強気強気118.2%
日本アクアやや強気やや強気24.9%
アズマハウスやや強気やや強気10.0%
シンプロメンテ強気強気135.3%
イーグランドやや強気やや強気27.3%
足利ホールディングス中立中立7.4%
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン強気強気124.4%
アビストやや強気やや強気0.0%
ダイキアクシスやや強気やや強気3.9%
シグマクシスやや強気やや強気0.3%
ウィルグループ中立中立-4.2%
ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ強気強気221.4%
ヒューリックリート投資法人中立中立13.0%
アキュセラインクやや強気中立27.8%
サイバーリンクス強気強気172.9%
日本BS放送中立中立6.6%
エンバイオ・ホールディングス強気強気126.0%
ダイキョーニシカワ中立中立12.4%
日立マクセルやや弱気やや弱気-4.8%
ジャパンディスプレイ中立中立-14.6%
ホットマンやや強気やや強気67.5%
みんなのウェディング強気強気27.1%
ディー・エル・イーやや強気やや強気101.0%
サイバーダイン強気強気130.0%
エスクロー・エージェント・ジャパンやや強気やや強気290.8%
トレックス・セミコンダクターやや弱気やや弱気-10.4%
丸和運輸機関中立中立-8.8%
ジョイフル本田中立中立-1.9%
フィックスターズ強気強気162.0%
白鳩強気強気46.2%
日本リート投資法人中立中立4.0%
西武ホールディングスやや弱気やや弱気0.0%
東武住販やや強気やや強気12.0%
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人中立中立5.7%
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング中立中立-7.7%
ムゲンエステート中立中立10.0%
フリークアウト強気強気250.0%
ポバール興業中立中立6.6%
OATアグリオ中立中立-6.3%
メドピア強気強気131.3%
レアジョブ強気強気169.7%
VOYAGE GROUP強気強気40.0%
鳥貴族やや強気やや強気120.7%
イグニス強気強気342.1%
日本ビューホテルやや弱気やや弱気-2.3%
ジャパンインベストメントアドバイザーやや強気やや強気126.3%
ロックオン強気強気284.6%
リアルワールド強気強気79.8%
AMBITIONやや強気強気62.0%
ジェネレーションパス強気強気119.2%
リボミック中立やや強気-20.4%
FFRI強気強気176.5%
ホットランド中立中立-1.7%
ヤマシンフィルタ中立中立19.6%
すかいらーく中立中立0.0%
リクルートホールディングス中立中立2.3%
GMOリサーチ強気強気133.3%
セレス強気強気55.4%
オプティム強気強気260.0%
アルファポリス強気強気93.2%
エランやや強気やや強気70.3%
日本ヘルスケア投資法人やや強気やや強気48.1%
SHIFT強気強気 361.5%
CRI・ミドルウェア強気強気
日本PCサービス中立やや強気
トーセイリート投資法人やや弱気中立
弁護士ドットコム強気
クラウドワークス強気
スノーピークやや強気
ビーロット強気
GMO TECH強気
テクノプロ・ホールディングス中立
アトラやや強気
マークラインズ強気
メディカル・データ・ビジョン強気
U-NEXTやや強気
SFPダイニングやや弱気
フルッタフルッタ強気
gumi中立
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.