新規上場!アイリッジのIPOの初値予想

更新日: IPO

アイリッジ

アイリッジ(3917)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は6月30日(火)~7月6日(月)、上場日は7月16日(木)です。

新規上場する市場は東証マザーズで、想定価格は1,150円(1単元11.5万円)です。仮条件は1,150~1,200円と上振れました。

初値予想は大幅なプラスリターンです。大手初値予想会社の初値予想は2,600~3,000円となっています。

アイリッジは、「インターネットを通じて、世の中に新しい価値を創り続けていく」という理念のもと、企業のO2O(オンライン to オフライン)支援を行っています。

監査法人はトーマツです。所在地は東京都千代田区紀尾井町4-13 マードレ松田4Fです。

アイリッジのIPO

アイリッジとは

アイリッジのO2O支援はスマートフォンを利用したもので、自社ソリューションを組み込んだスマートフォンアプリを通じて消費者に情報を提供し、実店舗への集客や販売促進に繋げています。

スマートフォンの普及により、消費者は何時でも、どこでもインターネットにアクセスできるようになりました。

また、位置情報を活用することで、企業は店舗から数キロ圏内・店舗内等、場所を特定し
て消費者とコミュニケーションを図ることが可能となりました。

このようなインフラ環境の整備に伴い、企業のO2Oへの関心、注目も高まり、スマートフォンを活用した実店舗への集客・販売促進が浸透してきています。効果的なO2Oを実現するために、アイリッジは以下3点を重視しています。

  • 情報を効果的に伝えるソリューションを利用(O2Oソリューション)
  • 来店・購入したくなる魅力的な情報を発信(O2O企画力)

アイリッジはO2Oソリューションの提供に加え、効果的なO2O実現のための企画・運用支援を統合的に手掛けていることが特徴・競争力となっています。

O2Oソリューションのプラットフォームとして「popinfo」を提供しています。popinfoは、企業の集客・販売促進に必要な情報配信機能、ユーザー管理機能、会員証機能、ポイント管理機能、クーポン管理機能といった基本機能を備えています。

企業は一般ユーザー向けに提供するアプリにpopinfoを組み込むことで、当該アプリをダウンロードしたユーザーの携帯待受画面に情報を配信することができます。

popinfoは300のアプリに導入されており、当該アプリの利用ユーザー数は2,150万人を超えます(平成27年4月末現在)。

ショッピングを中心とした商業施設だけでなく、企業とエンドユーザーのコミュニケーション・ツールの一つとして活用されており、金融機関、交通機関、エンタメ・メディア等をはじめ、幅広い業種で導入されています。

導入例としては、三菱UFJ銀行、東急、三井ショッピングパーク、阪急阪神おでかけアプリ、ジーユー、トリンプ、三井住友VISA太平洋マスターズ、トヨタカローラ神奈川などがあります。


popinfoはアイリッジで行うアプリ開発時に組み込むほか、ASPサービスのため既存のアプリに簡単に組み込むことができ、企業の状況に応じて柔軟に導入できます。

情報配信機能、ユーザー管理機能のほか、会員証機能、ポイント管理機能、クーポン管理機能を備えているため、企業・ユーザーにとって、必要な情報や機能をアプリに一元化することができます。

企業側で保有する会員データベース、ポイント管理システム、売上管理システム等との連携にも、柔軟に対応できます。また、ユーザー管理画面から手動で行う情報配信に加え、クライアントサーバーとシステム連携することにより、自動配信が可能となります。

ユーザー管理画面から簡単に「位置情報×属性×時間」を組み合わせて、プッシュ通知により情報配信することができます。

ユーザーが指定エリアに入ったタイミングで情報配信できる位置連動型プッシュ通知で、必要な情報を必要なタイミングで配信可能です。

GPS、Wi-Fi、Bluetooth、iBeaconに対応しているため、店舗周辺のユーザーに商品情報を配信する広範囲の利用から、商業施設内で目的階へ誘導する狭い範囲の利用まで、細やかな情報配信ができます。

配信内容としては、以下のようなな様々なシーンで利用されています。

  • 集客・販売促進向けの商品情報、クーポンの配付
  • 観光スポット情報
  • 災害・遅延情報
  • 株・為替といったマーケット情報、等

popinfoのサービス利用料は利用ユーザー数に応じた従量制としており、当該popinfo利用料とアプリのシステム保守料等を月額でpopinfo導入企業より収受しています。

これに加え、popinfoを組み込んだアプリ開発や機能追加に伴う開発収入、O2O企画・運用支援に伴うコンサルティング収入等を主な収入としています。

月額部分を着実に積み上げるとともに、popinfoを組み込んだアプリ開発を入口に、O2O企画・運用支援を継続的に実施することで、安定した収益の確保に繋げています。

従業員数は31名、平均年齢は33.4歳、平均勤続年数は1.9年、平均給与は610.0万円です。


業績推移

業績面では売上高は美しい右肩上がりです。経常利益・純利益は減益の年度があるものの、大局的にな右肩上がりとなっており、今期は大幅増益の見込みです。

アイリッジの業績推移

営業キャッシュフローは純利益を上回っている年度と下回っている年度があります。前期の自己資本利益率(ROE)は5.2%であり、自己資本比率は82%です。

決算年月平成22年7月平成23年7月平成24年7月平成25年7月平成26年7月
売上高(千円)27,97449,15686,237257,144478,860
経常利益(千円)1,628△1,946△17,60521,66527,704
当期純利益(千円)1,558△2,127△17,77221,98317,567
資本金(千円)7,00047,95047,950148,650191,620
純資産額(千円)3,53583,30865,536288,919392,426
総資産額(千円)12,12192,25282,193333,240478,301
BPS(円)25,255.4710,061.23△1,168.854.0158.26
EPS(円)11,133.85△14,772.18△992.8811.157.4
自己資本比率(%)29.290.379.786.782
ROE(%)56.612.45.2
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業CF(千円)29,8432,090
投資CF(千円)△6,945△37,490
財務CF(千円)200,28483,544
現金等(千円)279,406327,551

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数は美しい右肩上がりとなっています。

東証マザーズのチャート(2015年3月11日~2015年6月11日)
(※マネックス証券より)

上場規模

アイリッジのIPOの規模は最大で約4.36億円であり、東証マザーズとしても小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約14%と非常に低めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は24%です。

株主である株式会社DGインキュベーション、みずほキャピタル第3号投資事業有限責任組合、三菱UFJキャピタル3号投資事業有限責任組合及び株式会社エヌ・ティ・ティ・データには、原則として90日間のロックアップがかかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。

また、売出人かつ貸株人である小田健太郎には、原則として90日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

更に、アイリッジは、取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募集株式等の割当等に関し、株式の割当を受けた者(KDDI新規事業育成投資事業有限責任組合、株式会社クレディセゾン、TBSイノベーション・パートナーズ1号投資事業組合、DGI社、黒瀬翼及び英一樹)及びアイリッジ新株予約権の割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っています。

株主名保有割合ロックアップ
小田健太郎47.85%
(株)DGインキュベーション18.78%
みずほキャピタル第3号投資事業有限責任組合8.83%
三菱UFJキャピタル3号投資事業有限責任組合5.52%
(株)エヌ・ティ・ティ・データ4.79%
KDDI新規事業育成投資事業有限責任組合1.94%制度
黒瀬翼1.73%制度
英一樹1.44%制度
植木基博1.25% 
吉永聰志1.14% 

まとめ

業種面ではスマホアプリを利用したO2O支援ということで、東証マザーズのネット関連企業でIPOにおける人気度は高いです。

スマホの普及に伴い、人々がネットに使う時間は拡大の一途を辿っています。O2O(オンライン to オフライン)は企業にとって重要な課題であり、O2O支援は旬になりつつある業態です。

上場規模は東証マザーズとしても小型であり、公開比率も低めです。成長性も高く、成長ストーリーを描ける点もプラス材料の一つです。

以上を総合考慮して、初値予想は大幅なプラスリターンです。

主幹事は野村證券です。その他は、みずほ証券、大和証券、SBI証券、エース証券、マネックス証券、岩井コスモ証券、極東証券、東海東京証券で申し込めます。

東海東京証券は口座数が少なくてライバルは少なめです。IPOを狙う際には口座を持っておくと確率が上がります。現物・信用手数料が最長5ヶ月間無料のキャンペーンもあります。

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

株・投資信託ならネット証券のマネックス

また、SBI証券が幹事に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

ライブスター証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、2,000円のプレゼントもあります!

取引が不要で口座開設だけで2,000円プレゼントの証券会社のキャンペーンは稀有です。まだライブスター証券に口座をお持ちでない方は、今がチャンスです。この機会にぜひ口座開設してはいかがでしょうか。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・弱気の4段階)

※過去1年間のIPO初値予想の履歴

銘柄名発表時BB直前結果
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人中立中立5.7%
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング中立中立-7.7%
ムゲンエステート中立中立10.0%
フリークアウト強気強気250.0%
ポバール興業中立中立6.6%
OATアグリオ中立中立-6.3%
メドピア強気強気131.3%
レアジョブ強気強気169.7%
VOYAGE GROUP強気強気40.0%
鳥貴族やや強気やや強気120.7%
イグニス強気強気342.1%
日本ビューホテルやや弱気やや弱気-2.3%
ジャパンインベストメントアドバイザーやや強気やや強気126.3%
ロックオン強気強気284.6%
リアルワールド強気強気79.8%
AMBITIONやや強気強気62.0%
ジェネレーションパス強気強気119.2%
リボミック中立やや強気-20.4%
FFRI強気強気176.5%
ホットランド中立中立-1.7%
ヤマシンフィルタ中立中立19.6%
すかいらーく中立中立0.0%
リクルートホールディングス中立中立2.3%
GMOリサーチ強気強気133.3%
セレス強気強気55.4%
オプティム強気強気260.0%
アルファポリス強気強気93.2%
エランやや強気やや強気70.3%
日本ヘルスケア投資法人やや強気やや強気48.1%
SHIFT強気強気361.5%
CRI・ミドルウェア強気強気462.5%
日本PCサービス中立やや強気67.7%
トーセイリート投資法人やや弱気中立11.6%
積水ハウス・リート投資法人やや強気やや強気22.7%
弁護士ドットコム強気強気215.4%
クラウドワークス強気強気73.2%
スノーピークやや強気やや強気134.3%
ビーロット強気強気422.4%
GMO TECH強気強気135.2%
テクノプロ・ホールディングス中立中立-5.0%
アトラやや強気やや強気77.4%
マークラインズ強気強気77.3%
メディカル・データ・ビジョン強気強気135.9%
U-NEXTやや強気中立31.7%
SFPダイニングやや弱気やや弱気-16.5%
今村証券中立中立27.4%
フルッタフルッタ強気やや強気51.5%
竹本容器中立中立2.0%
gumi中立中立0.0%
大冷やや弱気やや弱気-6.7%
アドベンチャー強気強気127.2%
メタウォーターやや弱気やや弱気-6.0%
サイジニア強気強気125.8%
インターワークスやや強気やや強気16.7%
イーレックス中立中立11.2%
データセクション強気強気73.1%
綿半ホールディングスやや弱気やや弱気6.3%
ヨシックス中立中立29.4%
東京ボード工業やや弱気やや弱気-8.0%
カヤック強気強気222.0%
エクストリーム強気強気296.4%
MRT強気強気309.4%
Keeper技研やや強気やや強気49.1%
ケネディクス商業リート投資法人中立やや強気13.3%
ファーストロジック強気強気52.5%
ファーストブラザーズやや弱気やや弱気2.5%
ホクリヨウ中立中立8.9%
ALBERT強気強気115.7%
シリコンスタジオやや強気やや強気102.0%
コラボス強気強気137.6%
エムケイシステム強気強気332.0%
ショーケース・ティービー強気強気193.9%
ヘルスケア&メディカル投資法人やや強気やや強気54.5%
エスエルディー強気強気15.3%
ヒューマンウェブやや強気やや強気11.7%
イード強気強気46.4%
ファーストコーポレーションやや強気やや強気25.0%
RS Technologies中立中立-23.6%
シンデン・ハイテックスやや強気やや強気12.2%
ハウスドゥやや強気やや強気47.2%
Aiming中立中立12.2%
モバイルファクトリー強気強気99.4%
日本動物高度医療センターやや強気やや強気44.2%
プラッツやや強気やや強気70.2%
sMedioやや強気やや強気58.7%
サンバイオ弱気弱気-14.5%
海帆やや強気やや強気76.5%
Hameeやや強気やや強気67.2%
日本スキー場開発中立中立9.9%
シーアールイー弱気弱気-7.3%
三機サービス中立中立37.1%
レントラックス強気強気53.1%
リンクバルやや強気やや強気27.9%
ジグソー強気強気236.4%
Gunosy中立中立0.0%
デザインワン・ジャパンやや強気やや強気50.9%
テラスカイ強気強気350.0%
ヘリオス中立弱気 
スマートバリュー強気強気 
マーケットエンタープライズ強気強気 
エコノス弱気中立 
中村超硬弱気弱気 
メニコンやや強気やや強気 
冨士ダイス弱気弱気 
ファンデリー強気強気 
ナガオカ中立中立 
サムティ・レジデンシャル投資法人中立  
富士山マガジンサービス強気  
クレステックやや強気  
平山やや強気  
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.