The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

ドコモのフリーコース・ずっとドコモ割コース・更新ありがとうポイントでは一括0円・実質0円廃止を補えない

更新日: 通信費 家計

ドコモショップ

NTTドコモが2016年6月から新しい料金プラン「フリーコース」、「ずっとドコモ割コース」を開始します。

また、長期契約による割引額を僅かに拡大して、「更新ありがとうポイント」を開始しました。

ドコモのフリーコース、ずっとドコモ割コース、更新ありがとうポイントは果たしてお得なのか、MVNO・格安SIMと比較してどちらがよいのかについてまとめます。


フリーコース

「フリーコース」は2年契約が終了後は、基本プランの料金がそのままで解約金が不要となるコースです。基本料金が従来のプランより上がるということはありません。

契約後2年以内に解約する場合は、これまでどおりの違約金が発生します。

2年経過後はいつでも解約・MNPが可能となります。これまで無料では不可能だった2年半や3年での解約・MNPができるようになります。

ちなみにドコモ内での機種変更であれば、その時点での2年契約がそのまま引き継がれるので、これまでも解約金は発生しませんでした。

フリーコース新設によって得するのは、2年経過後に解約・MNPを行う場合だけです。これの恩恵を受ける方は多くはないでしょう。

自由の女神

しかし、au(KDDI)、ソフトバンクがふざけた新料金プラン(2年経過後は解約自由となる代わりに料金が毎月300円増)を出したことからすると、ドコモのフリーコースは良心的です。

フリーコースは他のメガキャリアと比べると高く評価できます。

au、ソフトバンクは、呆れ果てて絶句するレベルの最低最悪の新プランを出したことを恥じるべきだと思います。世界有数の経済大国・日本のメガキャリアとしてはふさわしくない振る舞いでした。

今回はガリバー・ドコモが模範を見せています。au、ソフトバンクは即座に追随すべきでしょう。

ただし、ドコモのフリープランでは、これまでは適用されていた「ずっとドコモ割」が対象外となります。

ずっとドコモ割とは、利用年数に応じてパケットパック(データ通信)の料金が割引される制度です。長期保有社向けの割引サービスです。

また、新設される「更新ありがとうポイント」が適用されません。契約更新時にdポイントがもらえることはありません。

まとめると、新しい「フリーコース」は、従来プランと比較して「ずっとドコモ割」が対象外となる点がデメリットで、2年経過後はいつ解約・MNPをしても違約金がかからないのがメリットです。

2年経過後の契約更新月(2ヶ月間)以降に、解約・MNPを行う可能性が高い方におすすめのプランとなっています。


ずっとドコモ割コース

もう一つの「ずっとドコモ割コース」は、これまで通りの2年間の契約を締結することで、従来どおり「ずっとドコモ割」が適用されて、更に3,000円分の更新ありがとうポイントがもらえるコースです。

更新ありがとうポイント」は、2年定期契約の更新時に、プレゼントされる3,000円相当のdポイント(期間・用途限定)です。

dポイント(期間・用途限定)は、ローソン・マクドナルドなどのdポイント加盟店、dマーケット、端末購入等で利用できます。

期間・用途限定の場合は、Pontaポイント/JALマイルへの交換、ポイント交換商品、ケータイご利用料金への充当は不可能です。dポイントについては、以下で徹底解説しています。

dポイントをザクザク貯める方法・お得な使い方まとめ
NTTドコモの「dポイント」は、ドコモユーザーではなくてもお得に使える共通ポイントです。従来のドコモポイントから進化しました。も...

長期契約者に更なる特典がつきました。長期契約優遇の流れに沿った措置です。2年定期契約の更新期間終了後に6か月間有効なdポイントがもらえます。

しかしながら、ポイントは2年に1回3,000円分なので、1ヶ月あたりたったの125円です。チロルチョコを6個買ったら終わりです。契約の決め手になるほど良いわけではありません。

ずっとドコモ割コースのイメージ図

2016年5月が2年定期契約の更新期限となる方から対象となり、2016年6月下旬から獲得できるようになります。シェアパックの契約の場合は、子回線についても回線ごとにプレゼントされます。

2年契約の更新期間(2ヶ月)以外での解約・MNPの際には、解約金9,500円(税抜)が必要となります。

「フリーコース」から「ずっとドコモ割コース」へは、いつでも変更できます。変更時点から2年契約が始まります。

ずっとドコモと契約する予定ならば、フリーコースよりもずっとドコモ割コースがお得です。

ドコモ内での機種変更であれば、2年経過後に機種変更した場合でも、その時点での2年契約がそのまま引き継がれるので、解約金は発生しません。

例えばiPhone 5sを2014年3月に買って2年6ヶ月後の2016年9月にiPhone 7に買い換えたい場合は、機種変更の場合は違約金はありません。

ここを勘違いしていて2年縛りを猛烈に批判している方も見受けられますが、違約金が発生するのは純粋な解約かMNPの場合だけです。

同一キャリア内での機種変更の場合は、違約金はかかりません。フォーエバー・ドコモであればずっとドコモ割コースがお得です。

ウエディング

2016年6月が2年定期契約の更新期間となる方から、2つのプランを選択可能となります。会員サイト、インフォメーションセンター、ドコモショップで申し込めます。

既に新料金プランを契約していて、ドコモを2年以上使っている場合は、自動的に「ずっとドコモ割コース」となります。次に更新期間を迎えるタイミングで、「フリーコース」が選択できます。

「デバイスプラス500」についてはコース設定がなく、2年定期契約満了後はいつでも解約金不要となります。契約中の方は、現在の2年定期契約満了後は解約金がなくなります。

法人契約は「ずっとドコモ割コース」の対象外でポイントはもらえないので、注意しましょう。

経理の手間は余分にかかりますが、個人名義でも会社の業務で使っていれば法人の経費で処理可能です。費用を按分可能です。

ベストは個人用の携帯電話と業務用の携帯電話を分けることですね。2回線あって1つが業務用ならば、2つとも個人名義だったとしても、さすがの税務署も1回線の分は満額で認めざるを得ないケースが大多数です。


「ずっとドコモ割」が僅かに拡充

これまでは長期割引の開始が5年以上だったのが、4年以上に1年短縮しました。また、従来は2,000円/月だった最大割引額が2,500円/月にアップしました。具体的な割引額は下表の通りです。

ドコモ光パック データ量 5~8年目 9~10年目 11~15年目 16年目以降
データSパック 2GB -600
データMパック 5GB -100 -200 -600 -800
データLパック 8GB -200 -400 -600 -800
シェアパック5 5GB -100 -200 -600 -1,000
シェアパック10 10GB -400 -600 -800 -1,000
シェアパック15 15GB -600 -800 -1000 -1,200
シェアパック20 20GB -800 -1,000 -1,200 -1,800
シェアパック30 30GB -1,000 -1,200 -1,800 -2,500

ずっとどこも割のカケホーダイプラン(スマホ/タブ)、カケホーダイプラン(ケータイ)、カケホーダイライトプラン、データプラン(スマホ/タブ)、データプラン(ルーター)の個人契約が対象です。

シェアパックの場合、シェアグループ代表回線の継続利用期間に応じて自動適用されます。ビジネスシェアパック5~30の割引額についても、同様に拡充されます。

これまでと比較して割引額がどれ程増えたのか、気になりますよね。月-100~-500円増えています。下表の通りです。

ドコモ光パック データ量 5~8年目 9~10年目 11~15年目 16年目以降
データSパック 2GB 0 0 0 0
データMパック 5GB -100 -200 0 0
データLパック 8GB -200 -400 0 0
シェアパック5 5GB -100 -200 0 -200
シェアパック10 10GB -100 0 0 0
シェアパック15 15GB -300 -200 -200 -200
シェアパック20 20GB -200 -200 -200 -300
シェアパック30 30GB -200 -200 -300 -500

割引が拡大したといっても、大部分は100円か200円です。全く変わっていないゾーンも多いです。300円以上割引が増えたのは、僅か15.6%(5/32)の部分にすぎません。


まとめ

ドコモの「フリーコース」は、料金がこれまで通りで2年経過後はいつ解約しても違約金はかかりません。

驚愕の低クオリティで顎が外れかねない新プランを出したau、ソフトバンクと比較すると高く評価できます。ガリバー・ドコモがお手本を示しました。

外国人ビジネスマン

しかし、残念ながらドコモのフリープランでは、これまでは適用されていた「ずっとドコモ割」が対象外となってしまいました。

フリーコース新設によって得するのは、2年経過後に純粋な解約・MNPを行う場合だけです。

ずっとドコモ割コースで新設される「更新ありがとうポイント」は2年に1回3,000円分だけなので、1ヶ月あたりたったの125円です。ないよりはあった方がいいですけれども、チロルチョコ6個で終わりです。

2年縛りを受け入れたら、割引が拡大されるずっとドコモ割も、多くの部分(約46.9%のゾーン)は月100円か200円に過ぎません。37.5%のゾーンは全く安くなっていません。

実質0円・一括0円が消滅して、価格が跳ね上がった維持費用と比較すると、新設・拡充された割引の金額は、全く見合っていません。

家計の負担は着実に増加して疲弊の一途を辿り、携帯電話会社の利益はより一層拡充していくでしょう。

投資家が命を賭けている株価は本当に正直です。NTTドコモの株価は日経平均を圧倒的に凌駕して推移しています。

これはドコモが総務省の新規制によって、今後より一層、容易に儲けられるようになることを示唆しています。

ドコモと日経平均の株価推移比較(2015年10月~2016年4月)
(※赤がドコモ、青が日経平均)

総務省の行政指導によって、メガキャリアは価格面での競争が封印され、軽微な割引の拡充でお茶を濁す結果に終わっています。トータルの維持費用の面では、家計の負担は着実に向上しています。

現在の状況が続くのであれば、個人的には現在の契約が終了する2018年1月には、SIMフリー端末+MVNOに移行する予定です。

メガキャリアと契約するお金はありますが、競争が否定されて共産主義的な価格統制が行われている状況での割高な料金は、1円たりとも支払いたくありません。

iPhoneだと端末価格が高くて、SIMフリー+MVNOとメガキャリアの価格差が小さいのが難点ですが、iPhone SEくらいの金額ならiPhoneでもMVNOとの契約が有力になります。

iPhone SEの価格まとめ!SIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンクを比較
AppleからiPhone SEが発売されました。6s、6s Plusに加えて選択肢が増えました。4インチ・4.7インチ・5.5インチの3つのサイズの画面か...

実質0円・一括0円が消滅して家計の負担がストップ高になった以上、それで浮いた金額について、メガキャリアは利用者の通信料金引き下げで還元すべきだと思います。

具体的には、既存の通信料金が月2,000円ほど引き下がったら、実質0円・一括0円の消滅と釣り合いがとれると個人的には考えます。

例えば5GBプランでカケホーダイライトだと現在は合計で7,560円/月(税込)ですが、これが5,400円/月(税込)まで下がったら、契約を検討します。

現在の状況だと、メガキャリアと契約するのではなく、濡れ手に粟のぼろ儲けでウハウハのメガキャリアの株式を買う方がいいと考えます。

現在の一括0円による2年契約終了後に契約を検討している格安SIMの代表は以下のとおりです。

速度はUQ mobileが速めです。iOSでのデータ通信での動挙動が不安定なのがデメリットでした。しかし、2016年2月19日に、UQ mobileにおいてiOS 9.0以降に対応したプロファイルが公開されました。

UQ mobileはMVNOではダントツで速度が速い!対応機種で使うなら有力な選択肢
UQ mobileというMVNOがあります。KDDIが子会社のUQコミュニケーションズを通じて提供しています。SIMカードのみの販売もありますし、...

データ通信のみでOKなら、ドコモ回線の中では速度が速いWonderlinkも検討しえます。SMARTalkというアプリを入れると050の電話番号が持てます。

パナソニックのSIM「Wonderlink」LTE Iは速度が速い!
パナソニックが格安データSIMに参入しています。その名も「Wonderlink」(ワンダーリンク)です。NTTドコモのLTEネットワークを利用す...

評判の良さを重視するならIIJmioが第一候補です。人気が最も高く運営にも期待が持てるMVNOです。ただし、速度面ではUQ mobile、Wonderlinkより遅い状況です。

IIJmioでANAマイルが貯まる!評判・口コミ・比較まとめ
IIJmioと契約していると毎月ANAマイルがもらえるサービスが始まりました。ANAマイルを貯めている場合で、MVNOと契約したい場合はメリ...

mineoはプランを一つ下のプランに変更した場合でもデータ繰越が適用されること、フリータンク・チップでのパケットシェアなど、細かい機能で便利となっています。auプランは速度も快適です。

ファンサイト「マイネ王」ではコミュニティが活発であり、意見を積極的に運営側が取り入れています。運営には好感を持てて、IIJmioと並んで安心感があるMVNOです。

mineoは快適な速度に加えて多機能な格安スマホ・SIM!評判が良いMVNOの一角
mineo(マイネオ)という格安スマホ・SIMがあります。安価な光回線の「eo光」を販売しているケイオプティコムが運営しています。SIMカー...

端末が旧モデルのiPhone 5sでよければワイモバイルという選択肢もあります。MNPで2万円CBの特典があるので、SIMフリー&Y!mobileという選択肢もあります。通信品質はMVNOよりも圧倒的に良いのがメリットです。

ワイモバイル(Y!mobile)からiPhone 5sが登場!価格・維持費用まとめ
ワイモバイル(Y!mobile)というケータイ会社がありますね。現在はソフトバンクモバイルと合併しており、ソフトバンクグループの一ブラ...

ドコモ・au・ソフトバンクと契約する場合で、固定の光回線を維持している場合は、固定回線とのセット割引を適用させて、少しでもお得にする方法などを検討しましょう。

ドコモ光・ドコモ光パックのメリット・デメリットまとめ
NTTドコモが、光ファイバーの高速固定回線「ドコモ光」、ドコモ光とスマートフォン・携帯電話のセットの「ドコモ光パック」を開始しま...
auひかりから「ずっとギガ得プラン」登場!KDDIが長期優遇導入
2015年3月1日から、光ファイバーの「auひかりホーム」において、3年契約を条件に、契約期間に応じて割引がアップする「ずっとギガ得プ...
ソフトバンク光は評判・口コミ通りか?2017年現在のメリット・デメリットを徹底解説!
ソフトバンクは、光ファイバーの高速固定回線「SoftBank 光」、SoftBank 光とスマートフォン・携帯電話のセットの「おうち割 光セット...

メガキャリアとの契約はオンラインショップが便利です。iPhone発売後の店舗での大混雑を回避して、待ち時間なくiPhoneを手に入れることができます。一例としてドコモは以下のとおりです。

ドコモオンラインショップの機種変更は評判・口コミ通りなのか?メリット・デメリットを徹底解説
「ドコモオンラインショップ」というNTTドコモのネット通販があります。iPhone、Androidスマホ、iPad、タブレットを24時間いつでもど...

新しいiPhoneが発売される9月は混雑が酷烈なものになり、開店前から並ばないとひたすら待つ必要が生じてしまい、修行の様相を呈しています。

スマホを契約するだけで1日が終わってしまうという悪夢のような地獄に陥りかねません。そうした待ち時間を回避できるのが、公式オンラインショップのメリットです。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-通信費, 家計

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.