新規上場!データセクションのIPOの初値予想

更新日: IPO

データセクション

データセクション(3905)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は12月4日(木)~12月10日(水)です。上場日は12月24日(水)です。

新規上場する市場は東証マザーズで、想定価格は460円(1単元4.6万円)です。仮条件は460円~520円と上振れました。

データセクションは、ビッグデータ、特にソーシャルメディア情報を活用した様々なビジネスモデルのイノベーションを推進する「ソーシャル・ビッグデータ事業」を展開しています。

監査法人は有限責任監査法人トーマツです。所在地は東京都渋谷区渋谷2-17-2です。渋谷ヒカリエの近くです。

データセクションのIPO

データセクションとは

データセクションは、以下3つのサービスを提供しています。

  • ビッグデータ分析ツール等をSaaS形式で提供する「SaaS」
  • ビッグデータの分析リサーチコンサルティングを行う「リサーチコンサルティング」
  • クライアントの保有データを加えたクライアント向けのセミオーダー型システムを受託開発する「ソリューション」

10年ほど前から普及しているブログに加え、Twitter、Facebook等が平成22年頃より急速に利用者が増え社会に普及している現在、ソーシャルメディアは顧客のニーズが投映されたメディアであるとデータセクションは考えています。

データセクションはソーシャルメディア上に書かれている情報を収集、蓄積、分析することで、世間で次に必要となるものは何かということを予知し、世の中に影響を与える人を見つけ出し、企業における次期商品開発コンセプトの提供、開発を行うことができると考えており、データセクションの技術の活用は、様々なビジネス分野の展開への可能性を秘めていると認識しています。

データセクショングループは、保有しているソーシャル・ビッグデータに関する技術をもとに、世の中に「新たな気付き」を提供することをサービスのコンセプトとしています。

ソーシャル・ビッグデータを顧客業務へ適用する上で、顧客の目的・目標を理解し、どんなデータをどう抽出するか、どのように分析するかが重要です。データセクションは、顧客業務への影響や体制、KPI設定、情報システム設計・構築・維持などに係るソリューションを網羅的に提供し続けています。

具体的には、ソーシャル・ビッグデータからクライアントの要望に合わせて、以下のような手順で「新たな気付き」を提供し、お客様の事業拡大に迅速に貢献することを目指しています。

  1. 「SaaS」を活用したソーシャル・ビッグデータの分析
  2. 「リサーチコンサルティング」による「新たな気付き」の仮説立案
  3. 仮説立案から「ソリューション」となるセミオーダー型システム開発
  4. 「リサーチコンサルティング」による状況の定期的検証
  5. お客様の事業拡大への貢献

従業員数は22名、平均年齢は28.5歳、平均勤続年数は2.8年、平均給与は400.7万円です。

ソーシャルメディアのアイコン

SaaS

SaaSで提供するサービスには「Insight Intelligenceシリーズ」、「Easy Mining」等があります。

Insight Intelligenceシリーズは、「ソーシャル・ビッグデータの傾聴・分析を行うツール」であり、調べたいトピックに対して、網羅的に収集したソーシャル・ビッグデータをリアルタイムに分析できるツールです。

Easy Miningは簡単・高速にテキスト分析を行えるオンラインテキストマイニングサービスです。

その他には、Twitter公式全件データサービス、ソーシャルメディアリスク通知ツール、データクロール代行、クチコミ比較サイト「BrandWatcher」、選挙クチコミ比較サイト「選挙ウォッチャー」等を提供しています。

「選挙ウォッチャー」とは選挙に関するクチコミ情報を自動的に収集・分析し、その結果を無料公開するサイトです。政党・候補者・政策などのカテゴリ別にクチコミを集計し表示します。

これにより当サービスのユーザーは、ネット上で関心の高い政策、そしてそれに対する議論の流れなどを知ることが出来ます。

リサーチコンサルティング

SaaSで提供するツールだけでは自社の要望を可視化できない顧客に対し、ソーシャル・ビッグデータから何を認識できるのかをレポーティングしています。

通常のコンサルティング会社では分析手法が異なるため、属人的なコンサルティングとなります。マッキンゼーやBCGに依頼したとしても、誰が担当になるのかでクオリティにはバラつきが生じます。

しかしデータセクショングループでは、ソーシャル・ビッグデータ分析の切り口を定型化した手法により、属人的ではなく、比較的経験の浅い社員でも分析できる形態となっています。

顧客は定期的にソーシャル・ビッグデータを分析・評価を求めることから、リサーチコンサルティングにおいても、定期的な売上を期待できる体制となっています。

ソリューション

顧客が持つ「自社内ビッグデータ」を基に、データセクショングループに蓄積されている「ソーシャル・ビッグデータ」を組み合わせて、上記SaaSサービス技術を活用したセミオーダー型システム受託開発を行うサービスです。

一般的に大手のシステムインテグレーターにおけるシステム開発においては、「ユーザインターフェース設計」「システム設計」「プログラムコーディング」「プログラムテスト」「システムテスト」「オペレーションテスト」等多くの工程を経て成果物が作り出されるため、開発のための時間とコストが多くなる等により、顧客の修正要望に応えることが難しい状況であるとデータセクションは認識しています。

データセクションでは、プロトタイピング手法により、まず成果物の外形を作り出し、その外形から修正を加えていくという手法をとることで、コストを安く抑え、時間も早く、顧客の主義主張にあった成果物を出すことを目指した体制を整えています。

対象顧客としては、一般消費者向けに商品やサービスを提供する大手メーカーやサービス提供会社及び広告会社・PR会社、コンサルティング会社等の広報部、宣伝部、コンサルティング部、営業戦略部、経営戦略部、リスク管理部などで、自社内で保有するデータを有効活用したいといった要望に応えるサービスです。

販売チャネルとしては、SaaSと同様に、直接販売に加え、大手広告代理店、大手システムインテグレーター、大手リスクコンサルティング会社等からの紹介により提供を行っています。

今後の新たな可能性

現在の社会におけるビッグデータ活用機会の増大に伴い、様々なビジネスモデルのイノベーションが期待されています。拡大領域事例としては、以下が挙げられます。

  • マスメディアの新たな価値創出
  • レコメンデーション活用
  • 画像、動画等、リアルタイム性を活用した新サービス
  • 人材育成ソリューション

ソーシャル・ビッグデータを活用した新規ビジネスへの取組事例としては、火災、停電、竜巻、気象などの災害発生時に、各種ソーシャルメディアにおけるつぶやきをリアルタイムで解析・表示することで、情報収集を支援するサービスがあります。

国内主要報道機関が利用しており、当該サービスを利用することによっていち早く事件・事故等を把握し、報道することが可能となります。

業績推移

業績面では、売上高は美しい右肩上がりです。経常利益・純利益は足踏みする年度があるものの、大局的には右肩上がりです。

営業キャッシュフローは純利益・包括利益を上回っています。一般論としては安心感があります。

2014年3月期の自己資本利益率(ROE)は17.13%、自己資本比率は88.8%です。

データセクションの業績推移

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数は10月16日をボトムとして反発し、それ以降は一時的な調整をはあったものの、グイグイ上昇して年初来高値を窺う勢いです。

東証マザーズ指数の推移(2014年8月29日~11月28日)
(※マネックス証券より)

上場規模

データセクションのIPOの規模は最大で約11.6億円であり、東証マザーズとしては若干の小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公開比率は最大で約24%と標準的です。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は約62%です。

売出人である澤博史、橋本大也、池上俊介、林健人及び三生5号投資事業有限責任組合、並びにデータセクションの株主であるジャフコ・スーパーV3共有投資事業有限責任組合、日本生命保険相互会社、早稲田1号投資事業有限責任組合、アーキタイプ株式会社、株式会社博報堂、小橋昭彦及びニッセイ・キャピタル株式会社には、原則として90日間のロックアップがかかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。

筆頭株主の状況は以下の通りです。

氏名又は名称株式保有割合(%)ロックアップ
澤博史18.11
橋本大也14.53
池上俊介11.46
林健人11.28
ユナイテッド株式会社7.45
ジャフコ・スーパーV3共有投資事業有限責任組合6.98
日本生命保険相互会社6.29
三生5号投資事業有限責任組合4.66
TBSイノベーション・パートナーズ投資事業組合2.51
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社2.51
早稲田1号投資事業有限責任組合2.33
アーキタイプ株式会社2.33

まとめ

業種面ではソーシャル・ビッグデータ活用のトータル・ソリューション提供会社ということで、IPOにおける人気度は絶大と思われます。公開規模も問題ない水準です。

インターネットの深化、スマホ・タブレット普及に伴うソーシャル・ネットワークの爆発的な普及の状況下、「ソーシャルメディア」、「ビッグデータ」という二大キーワードを包含した事業を展開しており、旬のテーマ性があります。

しかし、多数の企業の上場が集中する日程がマイナスポイントです。また、1単元が4万6000円ということで、初値が高騰したとしても利益の絶対額は必ずしも高くありません。

初値予想は大幅なプラスリターンです。

主幹事は大和証券です。その他はSBI証券マネックス証券、岡三証券、岩井コスモ証券、極東証券で申し込めます。

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

※過去1年間のIPO初値予想の履歴

銘柄名発表時BB直前結果
ANAP強気強気410.0%
メディアドゥ強気強気256.7%
M&Aキャピタルパートナーズ強気強気233.3%
イオンリート投資法人やや強気やや強気9.5%
じげんやや強気強気191.7%
アライドアーキテクツ強気強気229.4%
ライドオン・エクスプレスやや強気強気55.3%
ホットリンク強気強気165.6%
ブイキューブ強気強気117.3%
オンコリスバイオファーマやや強気やや強気34.6%
オウチーノ強気強気130.0%
エンカレッジ・テクノロジ強気強気118.2%
日本アクアやや強気やや強気24.9%
アズマハウスやや強気やや強気10.0%
シンプロメンテ強気強気135.3%
イーグランドやや強気やや強気27.3%
足利ホールディングス中立中立7.4%
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン強気強気124.4%
アビストやや強気やや強気0.0%
ダイキアクシスやや強気やや強気3.9%
シグマクシスやや強気やや強気0.3%
ウィルグループ中立中立-4.2%
ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ強気強気221.4%
ヒューリックリート投資法人中立中立13.0%
アキュセラインクやや強気中立27.8%
サイバーリンクス強気強気172.9%
日本BS放送中立中立6.6%
エンバイオ・ホールディングス強気強気126.0%
ダイキョーニシカワ中立中立12.4%
日立マクセルやや弱気やや弱気-4.8%
ジャパンディスプレイ中立中立-14.6%
ホットマンやや強気やや強気67.5%
みんなのウェディング強気強気27.1%
ディー・エル・イーやや強気やや強気101.0%
サイバーダイン強気強気130.0%
エスクロー・エージェント・ジャパンやや強気やや強気290.8%
トレックス・セミコンダクターやや弱気やや弱気-10.4%
丸和運輸機関中立中立-8.8%
ジョイフル本田中立中立-1.9%
フィックスターズ強気強気162.0%
白鳩強気強気46.2%
日本リート投資法人中立中立4.0%
西武ホールディングスやや弱気やや弱気0.0%
東武住販やや強気やや強気12.0%
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人中立中立5.7%
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング中立中立-7.7%
ムゲンエステート中立中立10.0%
フリークアウト強気強気250.0%
ポバール興業中立中立6.6%
OATアグリオ中立中立-6.3%
メドピア強気強気131.3%
レアジョブ強気強気169.7%
VOYAGE GROUP強気強気40.0%
鳥貴族やや強気やや強気120.7%
イグニス強気強気342.1%
日本ビューホテルやや弱気やや弱気-2.3%
ジャパンインベストメントアドバイザーやや強気やや強気126.3%
ロックオン強気強気284.6%
リアルワールド強気強気79.8%
AMBITIONやや強気強気62.0%
ジェネレーションパス強気強気119.2%
リボミック中立やや強気-20.4%
FFRI強気強気176.5%
ホットランド中立中立-1.7%
ヤマシンフィルタ中立中立19.6%
すかいらーく中立中立0.0%
リクルートホールディングス中立中立2.3%
GMOリサーチ強気強気133.3%
セレス強気強気55.4%
オプティム強気強気260.0%
アルファポリス強気強気93.2%
エランやや強気やや強気70.3%
日本ヘルスケア投資法人やや強気やや強気48.1%
SHIFT強気強気361.5%
CRI・ミドルウェア強気強気
日本PCサービス中立やや強気67.7%
トーセイリート投資法人やや弱気中立11.6%
積水ハウス・リート投資法人やや強気やや強気
弁護士ドットコム強気強気
クラウドワークス強気強気
スノーピークやや強気やや強気
ビーロット強気強気
GMO TECH強気強気
テクノプロ・ホールディングス中立中立
アトラやや強気やや強気
マークラインズ強気強気
メディカル・データ・ビジョン強気強気
U-NEXTやや強気中立
SFPダイニングやや弱気やや弱気
今村証券中立中立
フルッタフルッタ強気やや強気
竹本容器中立
gumi中立
大冷やや弱気
アドベンチャー強気
メタウォーターやや弱気
サイジニア強気
インターワークスやや強気
イーレックス中立
綿半ホールディングスやや弱気
ヨシックス中立
カヤック強気
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-IPO

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.