Appleの福袋(ラッキーバッグ)の中身と初売り!2020

更新日: 福袋

Appleの初売り

MacがWeb業界人やエンジニアに人気で、iPod・iPhoneで一般的な人気も爆発したAppleは、福袋を販売しています。「Lucky Bag」(ラッキーバッグ)という名前です。

価格は4万円弱であるにもかかわらず、当たりだと合計で10万円を超越するアップル製品を獲得できます。

入っている中身は価格と比較して充実していてお得であり、福袋の中でもコストパフォーマンスは高めで人気があります。

ただし、2015年までは販売していたものの、長蛇の列に対するクレーム、トラブルの勃発などから、2016年は販売を中止して、2017年・2018年・2019年も販売休止となりました。

Appleのオンラインストアでも販売されません。トラブルを避ける趣旨ならば、無印良品の福袋のように、店舗での販売は無しにしてネット通販のみで販売すればOKのはずです。

それをしないということは、アップルにとって福袋というのは、行列を作って流行している感を演出する手段だったという色彩を帯びています。2020年は再開してほしいですね。

ただし、福袋は実施の有無は未発表ですが、初売りセールは恒例どおり開催されます。最大で24,000円のApple Store ギフトカードをゲットできます。

2020年の福袋購入の検討においては、過去の内容チェックが重要です。徹底的に過去のAppleの福袋のネタバレを行います。

ちなみにビックカメラの福袋ではMac福袋があり、中身がTouch Bar付きのMacBook Proとゴージャスでした。また、iPadの福袋はビックカメラの他、ヨドバシカメラの福袋にもあります。

Appleの福袋(Lucky Bag)のスケジュール

Appleの福袋(Lucky Bag)は、販売がある年は1月2日の初売りから販売を開始します。

ラッキーバッグという名前の通り、紙袋ではなくリュックやメッセンジャーバッグの中にアップル製品が入っています。バッグも捨てずに使えます。

数日前から並ぶ人がいるという驚異的な人気を誇ります。

おそらく行列に並ぶ方々というのは、福袋を手に入れたいという動機の他に、一種のお祭りないしAppleのコミュニティのお祝いに参加する的な趣旨もあるんだと思います。

サッカー日本代表の試合で熱狂するのと似たイメージがあります。

北の方の店舗だと大雪の中で並ぶことになる年もあり、正真正銘の修行の様相を呈しています。優待消化修行は生ぬるすぎますね。

3・2・1というカウントダウン、 スタンディングオベーション、スタッフとのハイタッチなどもあり、フェスティバルのような雰囲気になっています。

2020年は1月2日にAppleの1日限りの初売りが開催されて、対象商品の購入でApple Storeギフトカードのプレゼントがありました。

日本での初売りセールは、アメリカ・オーストラリア等のブラックフライデーセールの内容とほぼ同一となっています。

新製品のiPhone11シリーズ、Apple Watch Series 5、AirPods Pro、16インチ MacBook Pro等は対象外となっています。

ジャンル 2020年の商品 還元額
スマホ iPhone XR
iPhone8
iPhone8 Plus
6,000円
スマートウォッチ Apple Watch Series 3 3,000円
イヤホン AirPods with Wireless Charging Case
AirPods with Charging Case
3,000円
タブレット iPad Pro 12,000円
iPad Air 6,000円
iPad mini 6,000円
パソコン 13インチMacBook Pro 24,000円
MacBook Air
iMac
iMac Pro
12,000円
TV Apple TV HD 3,000円
Apple TV 4K 3,000円
オーディオ HomePod 6,000円
イヤホン Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン
Beats Solo3 Wirelessヘッドフォン - The Beats Icon Collection
Beats Solo3 Wirelessヘッドフォン - Beats Club Collection
Powerbeats3 Wirelessイヤフォン
Powerbeats3 Wirelessイヤフォン
6,000円
  Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン
Beats Studio3 Wirelessヘッドフォン - Beats Camo Collection
12,000円

iPhone XR、Apple Watch Series 3、iPad Pro、13インチMacBook Pro、iMac、AirPods等の旧製品を購入したい場合はおすすめです。

AirPodsiPad mini 5

個人的には11インチで軽め(468g)のiPad Proが気になっています。日経電子版やdマガジンはiPad mini 4の7.9インチよりも、9.7インチの方が見やすいです。

iPad mini 4

dマガジンは7.9インチでズームなしだと文字が小さいです。11インチだと見やすくなります。mini(約300g)よりも重いのに目をつぶってiPad Proがほしくなってきています。

2019年の初売りでApple StoreギフトカードがもらえるApple製品は以下のとおりでした。

製品区分 商品名 ギフトカード価格
iPad iPad Pro(10.5インチ) 12,000円
iPad 6,000円
iPad mini 4 6,000円
iPhone iPhone 8 / 8 Plus 6,000円
iPhone 7 / 7 Plus 6,000円
Apple Watch Series 3(GPS/GPS+Cellular)
アルミニウムケースとスポーツバンド
アルミニウムケースとアンスラサイト/ブラックNikeスポーツバンド
6,000円
Mac 12インチMacBook 24,000円
13インチ MacBook Air(旧モデル) 24,000円
MacBook Pro(13/15インチ) 24,000円
iMac(21.5/27インチ) 24,000円
iMac Pro 24,000円
Mac Pro 24,000円
その他 Apple TV(無印/4K) 3,000円
Beats Studio3 Wirelessヘッドフォン 6,000円
Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン 6,000円
Beats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドフォン 6,000円
Powerbeats3 Wirelessイヤフォン 6,000円

2018年の対象製品は下表の通りでした。

製品区分 商品名 ギフトカード価格
iPad iPad Pro(10.5/12.9インチ) 12,000円
iPad 6,000円
iPad mini 4 6,000円
iPhone iPhone 7 / 7 Plus 6,000円
iPhone 6s / 6s Plus 6,000円
iPhone SE 3,000円
Apple Watch Series 1 シルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド 3,000円
Mac 12インチMacBook 18,000円
13インチ MacBook Air 18,000円
MacBook Pro(13/15インチ) 18,000円
iMac(21.5/27インチ) 18,000円
Mac Pro 18,000円

Apple Storeのリアル店舗とオンラインストアで初売りが行われる予定です。

なお、Apple Storeの店舗は、1月2日は営業時間が通常とは異なり、1時間営業時間が短縮するお店が多いです。

店名 郵便番号 住所 電話番号 営業時間
仙台一番町 980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3-10-24 022-722-3001 1月2日は休み
銀座 104-0061 東京都中央区銀座3-5-12 サヱグサビル本館 03-5159-8200 10:00 a.m.~8:00 p.m.
渋谷 150-0041 東京都渋谷区神南1-20-9 公園通りビル 03-6415-3300 10:00 a.m.~8:00 p.m.
表参道 150-0001 東京都渋谷区神宮前4-2-13 03-6757-4400 10:00 a.m.~8:00 p.m.
名古屋栄 460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-17-15 エフエックスビル 052-238-2400 10:00 a.m.~8:00 p.m.
京都 600-8006 京都府京都市下京区
四条通高倉東入立売中之町83-1
075-757-8700 10:00 a.m.〜 8:00 p.m.
心斎橋 542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-5-5 アーバンBLD心斎橋 06-4963-4500 10:00 a.m.~8:00 p.m.
福岡天神 810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-3-24 天神ルーチェ 092-736-6800 10:00 a.m.~8:00 p.m.
Apple Watch at Isetan Shinjuku 160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 03-3352-1111 10:30 a.m.~8:00 p.m.

Appleの福袋はハズレを引くと最悪という評判・口コミも一部であるものの、基本的には人気が高い情勢となっています。

オンラインで予約するには、公式サイトで全国各地からの一斉注文の中で勝ち抜く必要が生じます。

Webサイトはスクリプトないしプログラムを駆使して在庫を掻っ攫うプロ転売が跋扈しているので、人力では獲得が困難な傾向にあります。

店舗だと並びさえすれば確実に入手可能です。手間・労力との総合考慮になりますね。

遊園地の中とiPad mini 4

スマホやタブレットの普及によって、列に並ぶ際にも時間を有効活用できるようになっています。数年前と比較すると福袋の待ち時間も時間の無駄にはならない側面があります。

Appleの福袋は、並んでいると整理券が配布されるので、開店後はそれを渡せばラッキーバッグを獲得できます。食料品が配布される店舗もあります。

数量限定であり、売り切れたら終了です。補充はありません。そこら辺は非情ですね。「オマハの賢人」として讃えられている大投資家ウォーレン・バフェット氏の名言の一つに、「Price is what you pay. Value is what you get.」という言葉があります。

価格はあなたが払うもの。価値はあなたが得るもの」という意味です。同じモノでも1万円を払っている人もいれば、5,000円で手に入れる人もいます。

できる限り同じ価値のものは安く仕入れたいところですよね。福袋ではAppleの製品を安くバリュー購入できます


Appleの福袋のネタバレ

銀座のアップルストア

Appleの福袋(Lucky Bag)の価格は最後の2015年は38,800円(税込)でした。中身は6つ~8つほどのアイテムが入っており、メインが一つ封入されています。

メイン・アイテムは、ハズレはiPod、当たりはiPad miniやiPad Airであり、大当たりはMac book Airが入っています。

2015年

この年のラッキーバックの価格は38,800円であり、メインアイテム以外の共通の中身は下表の通りでした。合計で56,000~105,000円です。

ラッキーバッグ(2015)共通のアイテム 価格
iTunesカード 1,000~50,000
Beats PowerBeats2
ワイアレスインイヤーヘッドホン
20,600
incase ICON Slim Pack Backpack 15,800
Apple TV 9,800
Mophie powerStationバッテリー 8,800

2015年はTシャツが除外されて、iTunesカードが加わったのが特徴です。限定Tシャツがいい方にとっては残念ですけれども、実用性はこちらの方が高いので、多くの方にとっては改善でしょう。

金額は1,000円~50,000円で上限が出たら驚異的なバリューがあります。ただし、1,000円~2,000円が多かったようです。

メインアイテムは以下の4種類でした。iPod Touchでなければ、かなりのお得感・満足感があるところです。

  1. iPod Touch(20,800円)
  2. iPad mini 3(42,800円)、UE BOOM 防水ワイヤレススピーカー(18,800円)
  3. iPad Air 2(53,800円)、UE BOOM 防水ワイヤレススピーカー(18,800円)
  4. MacBook Air‎ 11インチ 128GB(88,000円)、Power Support Air Jacket for MacBook Air‎(4,800円)

ラッキーバッグの中身の合計の価格は以下の通りとパワフルです。約2倍~5倍という卓越した高水準となっており、お得感があります。

  • ハズレ:76,800円~125,800円
  • 小当たり:117,600円~166,600円
  • 中当たり:128,600円~177,600円
  • 大当たり:154,000円~203,000円

2014年

この年のAppleの(Lucky Bagの価格は36,000円であり、メインアイテム以外の共通の中身は下表の通りでした。合計で56,000~105,000円です。

メインアイテムは以下の4種類でした。

  1. iPod nano(14,800円)
  2. iPad mini 16GB(31,800円)
  3. iPad Air(51,800円)
  4. MacBook Air 11インチ 128GB(98,800円)

2013年以前

2013年のアップルの福袋は33,000円(税込)でした。MacBook Air 11インチ、iPad、iPod nano等が入っていました。2012年はMacBook Air、iPad 2、iPod Touchでした。

Appleの福袋の販売条件

アップルストア銀座のエレベーター

Appleの福袋「Lucky Bag」は、アップル直営店のみで購入できます。直営店以外で販売していたとそたら正規の福袋ではありません。

Lucky Bagの購入は一人につき一個限定となります。スタバの福袋を先頭に並んでいた人が買い占めた事件がありましたけれども、そのようなことは不可能です。

ラッキーバッグとその中身の返品、返金、交換は、ハードウェアまたはアクセサリに瑕疵がある場合を除きNGです。

万が一初期不良があった場合は、購入から14日以内に領収書原本と購入時の製品パッケージ、不良品をアップルストアへもって行きましょう。領収書は捨てずに取っておきましょう。

Appleの福袋の購入はユーザーのみであり、再販目的で購入することはできません。

Appleは予告なく随時、当販売条件を変更する権利、またはLucky Bagの販売を終了する権利を有します。これは万が一の時の宝刀であり、基本的には抜かずの宝刀なので心配は無用です。

日本で販売しているLucky Bagに入っているiTunes Cardは、日本向けiTunes Storeでのみ使用できます。

ビックカメラのMac福袋

MacBook Air

2018年にビックカメラで「Mac福袋」が初光臨しました。税抜99,800円(税込107,784円)で、13.3型Mac本体、スーパードライブ、マウスのセットです。

MacBook AirかMacBook Proのどちらかと予測されました。

MacBook Airの場合はCPUが1.8GHzデュアルコアIntel Core i5以上、SSDは256GB以上になる可能性が高い状況でした。

Proの場合、Touch IDセンサーが組み込まれたTouch Bar付きのモデルか否かに注目ですが、価格からはなしのタイプの可能性が高かったです。

しかし、結果はTouch Bar付きのMacBook Proでした!

 まとめ

銀座のアップルストア

Appleの福袋「Lucky Bag」は、毎年、大当たりはMacBook Air、当たりはiPad、ハズレはiPodというのが定番となっています。

限定Tシャツが高齢でしたが、最終年の2015年はiTunesカードに変わりました。1,000円~50,000円と上限金額が高いのは夢がありますね。

価格も中身も年々右肩上がりとなっていました。付属品としては、ヘッドフォンやモバイルバッテリーが入っていることが多いです。

残念ながら2016年・2017年は販売休止になっていますけれども、2018年には復活を期待したいところですね。

Apple製品のiOSタブレット福袋があるヨドバシカメラ、ビックカメラの福袋については、以下にまとめています。

ヨドバシカメラの福袋は毎年大人気となっています。「夢のお年玉箱」という名前です。2020年も発売します。福袋ではお得な価格で家電...
2020年の正月まではまだ時間がありますが、2019年のゴールデンウィークはビックカメラで嬉しい福袋の販売があります。家電量販店のビ...

その他、大手家電量販店の福袋は、以下にまとめています。こちらもiPad、iPodなどのアップル製品が出ることがあります。

-福袋

© 2014-2020 The Goal