The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

ユーハイムの福袋のネタバレ!2017

更新日: 福袋

ユーハイム リーベスバウム

美味しいバームクーヘンなどのお菓子が人気のユーハイムは、福袋も販売しています。ユーハイムはアルファベットでは「JUCHHEIM」ですね。

「私たちユーハイムは、正直に、生まじめに、揺るぎなく、おいしさに対して、まっすぐな姿勢であり続けます。」というブランドコンセプトのもと、スイーツを販売しています。

ユーハイムという名前は、バウムクーヘンを、日本で初めて焼きあげたドイツ人「カール・ユーハイム」に由来しています。1919年に広島で焼かれたバウムクーヘンが歴史に残る日本初となります。

1920年代に神戸にユーハイム本店を開設して、それ以来100年近く、純正自然な材料だけを使うことにこだわり、上質のバウムクーヘンを世に提供してきました。

ユーハイムの福袋に入っている中身は価格に比較して充実していてお得です。食品の福袋の中でもコストパフォーマンスは高めで人気があります。

2017年の福袋購入の検討においては、2016年の内容チェックが重要です。徹底的に2016年のユーハイムの福袋のネタバレを行います。


JUCHHEIMの福袋のスケジュール

ユーハイムの福袋は、伊勢丹、大丸、阪急、阪神などの百貨店や、イオンモールなどのショッピングセンターなどで販売しています。

ユーハイムの福袋の販売開始日時は、入居している百貨店や商業施設の営業開始日時と同じです。

大人気となっており、爆速で売り切れる福袋の中の一つです。参戦する場合は早期がベストです。

パルコ、ルミネ、アトレ、OPAの店舗ですと、2016年1月2日に販売開始となります。ららぽーと、三井アウトレットパーク、イオンモール内の店舗は1月1日です。

スマホやタブレットの普及によって、列に並ぶ際にも時間を有効活用できるようになっています。数年前と比較すると福袋の待ち時間も時間の無駄にはならない側面があります。

遊園地の中とiPad mini 4

数量限定であり、売り切れたら終了です。補充はありません。そこら辺は非情ですね。大人気なので整理券が配られる店舗もあります。

「オマハの賢人」として讃えられている大投資家ウォーレン・バフェットの名言の一つに、「Price is what you pay. Value is what you get.」という言葉があります。

価格はあなたが払うもの。価値はあなたが得るもの」という意味です。同じ食品でも1万円を払っている人もいれば、5,000円で手に入れる人もいます。

できる限り同じ価値のものは安く仕入れたいところですよね。福袋ではユーハイムの製品を安くバリュー購入できます

JUCHHEIMの福袋のネタバレ

ユーハイムの福袋には、卓越したバウムクーヘン、トリアーデ(スポンジケーキ)、クッキーなどが入っています。

賞味期限は製造日より60日、特定原材料等は乳、卵、小麦、大豆などの年が多いです。

ユーハイムの歴史・特徴

「ユーハイム」の原点は1909年です。ドイツのライン河畔にあるカウブ・アム・ライン出身の菓子職人カール・ユーハイムが創業者です。

当時ドイツの租借地(そしゃくち)だった中国の青島(チンタオ)で、ジータス&プランベック氏の店を弱冠23歳という若さで譲り受けて独立したのが「ユーハイムの物語」の始まりでした。

カールの作るバウムクーヘンは「本場ドイツの味」と評判を呼びました。その後日本で1919年広島県物産陳列館でたまたま開かれた似島収容所浮虜製作品展覧会で、自慢のバウムクーヘンを出品しました。

これこそ日本で初めて焼かれたバウムクーヘンでした。1920年代には横浜に店を開き、その後、神戸にユーハイム本店を開設しました。

バウムクーヘンをはじめ、サンドケーキ、プラムケーキ、アップルパイなどが飛ぶように売れ、順調な滑り出しをみせました。

その後は震災などによる打撃があったものの、順調に業績を伸ばし、1930年10月には、昭和天皇陛下即位を記念して神戸で行われた大観艦式の献上菓子に選ばれました。

カールは1945年に永久の眠りにつきましたが、戦争から戻った職人たちが1950年神戸・生田神社前に店を開き「ユーハイム」を再開しました。

カールの妻であるエリーゼは商売繁盛の秘訣は「正直と誠実」と言い続け、純正材料のみ使い、不必要な添加物は使わないという基本理念を維持しました。

1971年にエリーゼ・ユーハイムが生涯を閉じた後の1976年、ユーハイムはついに創業者の故郷であるドイツに出店し、長年のエリーゼの悲願が成就しました。そして2009年、ユーハイムは100周年を迎えました。

ユーハイムは創業以来、不必要な添加物等を使用しない商品づくりを続けています。

主な材料は、卵・砂糖・バター・小麦粉です。乳化剤や膨脹剤等の添加物は使用しておりません。

創業以来の美味しさを今なお保っているのは上質な材料、職人の技、そして創始者ユーハイム夫妻の「体のためになるから美味しい」を心に刻んで作っているからです。

バウムクーヘンの一層一層をなす、しっとりした生地は、これ卵黄と卵白を別々に泡立てるのがポイントとなっています(別立て法)。

卵黄のもつ乳化性(水と油を混ぜる作用)と卵白のもつ起泡性が、生地をしっとりふんわり作り上げています。

ユーハイムではほとんどのお菓子にグラニュー糖を使用しています。グラニュー糖は、ヨーロッパで主に使われるもので、くせがないため洋菓子作りにかかせません。

しかし、バウムクーヘンには上白糖と液糖が使用されていますそれは、生地をしっとりさせるためです。バウムクーヘン特有のしっとり感は、水分が多めの砂糖を使っているためです。

本場ドイツにバウムクーヘンは植物油(マーガリンやショートニング)を使わず、バター・オンリーの製法で作られます。ユーハイムでも、バターを使用しています。

小麦粉には薄力粉・中力粉・強力粉があります。お菓子に使われるのは、主に薄力粉です。軟質小麦を製粉したもので、グルテン含量が少ない粉です。

小麦粉にお水を加えて練ると粘りがでるのは、グルテンによるものです。 砂糖や油脂にはグルテンを弱める力があり、一緒に混ぜ合わせることで、生地を柔らかくする効果があります。

まとめ

ユーハイムの福袋の中身は、100年以上の歴史を誇るバウムクーヘン、トリアーデ(スポンジケーキ)、クッキーなどが入っています。

上質の卵・砂糖・バター・小麦粉などを利用した、クオリティ良好なお菓子をお得に楽しめます。

満足度が高くて評判が良い福袋です。日本で初めて焼かれたという歴史があるバウムクーヘンを美味しく食べられるのはナイスですね!

ユーハイムの福袋をゲットした方の口コミでは絶賛の声が多く、人気も総じて良好であり、ユーハイムの福袋はスイーツの福袋の中ではおすすめです。

もし購入できずにほしい場合は、多少割高にはなりますが、ヤフオクなどのネットオークションで買うという手もあります。

ヤフオクに出品されているユーハイム福袋の一覧

ユーハイム以外の食品関連福袋では、カルディ、ゴディバ、資生堂パーラーの福袋が人気があります。

カルディの福袋のネタバレ!2017
カルディ(カルディコーヒーファーム)というコーヒー、食材、お菓子、飲料などを取り扱っているお店があります。ドン・キホーテのよ...
資生堂パーラーの福袋の中身!2018
 銀座モダンのエスプリが凝縮された洋菓子から、ミートクロケットやマカロニグラタンをはじめとする西洋料理まで大人気の資生堂パーラ...
ゴディバ(GODIVA)の福袋のネタバレ!2017
美味しいチョコやアイス、クッキーなどのスイーツが大人気のゴディバは、福袋も販売しています。福袋限定の「ニューイヤーアソートメ...
ユーハイムの福袋のネタバレ!2017
美味しいバームクーヘンなどのお菓子が人気のユーハイムは、福袋も販売しています。ユーハイムはアルファベットでは「JUCHHEIM」です...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-福袋

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.