The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

じぶん銀行の住宅ローンにワイド団信が登場!加入できる場合が拡大

更新日: 住宅ローン

家でくつろぐ家族のイラスト

KDDIと三菱東京UFJ銀行の子会社であるネット銀行「じぶん銀行」は、低金利の住宅ローンを取り扱っています。変動金利なら0.497%と0.5%を切る低金利なのが魅力です。

じぶん銀行は一般的な団体信用生命保険(団信)に加えて、2016年9月から保険加入条件を緩和した「ワイド団信」を開始しました。

これまでは健康上の理由から団信に入れず住宅ローンを組めなかった人も、加入できる余地が拡大します。じぶん銀行のワイド団信についてまとめます。


ワイド団信の保障内容は一般的な団信と同一です。死亡・所定の高度障害状態の保障に加えて、リビング・ニーズ特約もあります。

医師の診断書などで保険会社に余命6ヶ月以内と判断された場合、その後の住宅ローン残高が0円となります。

じぶん銀行のワイド団信の保障内容

住宅ローンの契約者に万が一の死亡や高度障害などが発生した場合に、住宅ローンの残高がチャラになります。生命保険会社が住宅ローン残高に相当する保険金をじぶん銀行に支払ってくれます。

団信の仕組み

一般団信に加入できなかった場合に、保険会社がワイド団信の査定を行う流れとなります。保険会社は適宜再保険をするなどでリスクヘッジを行います。

ワイド団信に加入した場合、借入金利に年0.3%金利が上乗せされます。例えば、変動金利で年0.497%の場合は年0.797%となります。

通常の団信よりは高金利となってしまいますけれども、一定の病がある場合でも、住宅ローンを組んで家を買えるようになる点には大きなメリットが生じます。

例えば、高血圧症・糖尿病・肝機能障害などがある場合でも、ワイド団信なら加入できる場合があります。

借入金額が5,000万円超の場合は、別途保険会社所定の診断書などの提出が必要となります。ワイド団信で加入できた主な病名は下表のとおりです。

疾病のカテゴリー おもな病名
代謝異常による病気 糖尿病、脂質異常症(高脂血症・高コレステロール血症)、高尿酸血症・痛風など
心臓・血圧の病気 狭心症、心筋梗塞、不整脈、心房細動、期外収縮、心臓弁膜症、高血圧症、血栓性静脈炎(静脈血栓症)など
脳の病気 脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)、脳動脈瘤(脳動脈解離)、てんかん、ギランバレー症候群など
精神・神経の病気 うつ病・うつ状態、自律神経失調症、適応障害、不安障害、強迫性障害、パニック障害、睡眠障害、神経症など
食道・胃・腸の病気 潰瘍性大腸炎、クローン病、逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸ポリープなど
肝臓・胆道・膵臓の病気 肝炎・ウイルス肝炎(B型肝炎・C型肝炎)、肝機能障害、脂肪肝、胆石、胆嚢ポリープなど
腎臓と尿路の病気 腎炎・糸球体腎炎、IgA腎症、腎臓機能障害、腎臓結石、蛋白尿、ネフローゼ症候群など
呼吸器(胸部)の病気 喘息、気管支炎、肺炎、肺血栓塞栓症、結核、睡眠時無呼吸症候群など
目・耳・鼻の病気 緑内障、白内障、網膜剥離、難聴、副鼻腔炎など
ホルモン・免疫異常による病気 バセドウ病(甲状腺機能亢進症)、甲状腺機能低下症、リウマチ性疾患、橋本病、全身性エリテマトーデスなど
血液・造血器の病気・異常 貧血、赤血球・白血球の数値異常など
妊娠・女性特有の病気 妊娠、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮頸部異形成、子宮内膜炎など

ただし、年齢・性別・症状・治療歴等の告知内容などに基いて保険会社が審査をするため、上の表と同じ病名でも、加入できる場合と加入できない場合があります。

ワイド団信によって支払対象となる状態と支払事由は下表のとおりです。

保険金名 状態
死亡保険金 死亡
高度障害保険金 両眼の視力を全く永久に失う
言語またはそしゃくの機能を全く永久に失う
中枢神経系または精神に著しい障害を残し、終身常に介護を要する
胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要する
高度障害保険金 両上肢とも、手関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失う
両下肢とも、足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失う
1上肢を手関節以上で失い、かつ1下肢を足関節以上で失なったかまたはその用を全く永久に失う
1上肢の用を全く永久に失い、かつ1下肢を足関節以上で失う
リビング・ニーズ特約保険金 医師の診断書などで保険会社に余命6ヶ月以内と判断される

じぶん銀行の住宅ローンには数多くのメリットがあります。主なメリットは以下のとおりです。

  • 業界最低水準の低金利
  • 契約までネットで完結で来店不要
  • 「一般団信」もしくは「がん50%保障団信」の保険料、保証料が不要
  • セカンドオピニオンと24時間電話健康相談が利用可能
  • 一部繰り上げ返済手数料が不要
  • 繰り上げ返済がネットで1円から可能
  • 定額自動入金サービスでの自動入金

チャンピオンのトロフィーを掲げるアスリート

日本経済新聞の第13回金融機関ランキングでは、ネットバンキング部門で、じぶん銀行がNo.1となっています。

日経の金融機関ランキングは、約4,000名の個人に対する調査に基づいています。じぶん銀行は客観的に高く評価されています。

ユーザーの評判が良好であるじぶん銀行の住宅ローンについて、具体的な詳細は以下で徹底解説しています。

じぶん銀行の住宅ローンのメリット・デメリット・金利まとめ
じぶん銀行は三菱東京UFJ銀行と提携して、住宅ローンも提供しています。ネット銀行らしい低金利が魅力です。日本の銀行で初めて、...

ネット銀行ならではの利便性とお得な金利が魅力の住宅ローンです。auユーザー限定でお得なキャンペーンも開催されています。

じぶん銀行の住宅ローン 公式サイト

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-住宅ローン

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.