The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

まだ株式・ETFを普通に買ってるの?信用取引&現引き・現渡が低コスト!

更新日: 資産運用の考え方 SBI証券 カブドットコム証券

座っているリス

株式やETFを売買する場合、初心者は買う時は株式やETFを普通に現物買いし、売る時は現物売りします。しかし、これは高コストです。もっと安く株式を売買する方法があります。

同じ証券会社で同じ金額の売買をするならば、少しでも低コストで執行する方がパフォーマンスが向上します。現物買い・売りよりも安価な売買手法を説明します。


株式の売買には信用取引を使うと低コスト

株式やETFの売買には、「現物取引」と「信用取引」の二種類があります。

信用取引で買った場合は株主にはなりませんが、信用買いが約定した後に、建玉の返済画面で「現引き」あるいは「品受」と呼ばれている注文をすると、信用買いの建玉を現物の株式に手数料無料で交換できます。

証券会社によって「現引き」か「品受」かは名前が異なります。

一般的には現物取引の手数料よりも信用取引の手数料の方が安価な証券会社が多いため、現物買いよりも、信用買い&現引きの方が手数料が安くて済むケースが多いです。

株式を売る際は、普通に株式を現物売りする方法もありますが、「信用売り」して、信用建玉画面から「現渡し」あるいは「品受」と呼ばれている注文をすると、株式を普通に売ったのと同じ結果となります。

買いと同様に売りも、普通の現物売りよりも信用売り&現渡の方が手数料が安くて済むケースが多いです。

注意点としては、信用取引を約定した当日に決済した場合でも、1日分の金利もしくは貸株料が発生することです。しかし、それを考慮しても信用取引の方が現物よりも低コストのことがほとんどです。

例外は松井証券など、現物取引と信用取引の1日の合計売買金額に応じて手数料が発生する手数料体系・コースの場合です。

現物取引も信用取引も手数料が同じであり、金利が発生する分、信用取引が不利になります。

また、証券会社によっては現物取引の方が手数料が安価な売買価格帯があることがあります。

ただし、多くの価格帯では信用取引の方が安価です。証券会社別の現物取引手数料と、信用取引&現引き・現渡しの手数料比較は以下のとおりです。

【保存版】SBI証券・カブドットコム証券・松井証券のクロス取引の手数料比較まとめ
SBI証券が一般信用取引の売建(短期)を開始したことによって、株主優待等のクロス取引に地殻変動が発生しました。特に拘りがなければ...

信用取引&現引・現渡の手順

まずは株式を買いたい場合は信用買い、売りたい場合は信用売りをします。

非貸借銘柄の場合は信用売りはできません。非貸借銘柄の場合は大人しく現物売りをしましょう。

SBI証券カブドットコム証券松井証券岩井コスモ証券、大和証券では一般信用売りができます。制度信用売りはできない銘柄でも、一般信用売りは出来る場合があります。

信用取引注文が約定したら、信用取引の建玉画面にいきます。証券会社によって画面は異なりますが、どの証券会社にも建玉一覧の画面があります。

以下の画面は信用取引(1約定ごとプラン)で、500万円までは一律100円(税込)、500万円以降は0円と安価で、ツールが使いやすいGMOクリック証券です。

「株式」→「信用建玉一覧」と進み、現引きしたい建玉を選択して、返済注文画面で「現引」か「品受」を選択肢ます。

GMOクリック証券の現引き入力画面

現引・現渡は基本的にはいつでも注文可能です。約定する時間は証券会社によって異なります。

ネット証券最大手のSBI証券の場合、営業日の0:00~15:30までに発注された注文は当日注文として取扱われます。当日約定となります。15:30以降は翌営業日注文となります。

現引・現渡注文の取消は、営業日の15:30から翌営業日の8:00までの間は可能です。営業日の8:00から15:30までに発注した注文は取消できません。

証券会社によっては当日約定が可能な時間が15時だったり、15時15分だったりします。引成注文をしている場合は、15時半までだと金利が1日分で済むのでありがたいです。

まとめ

現物で取引するのではなく、信用取引を活用して現引き・現渡しを使うと、手数料を安く抑えられます。確実なリターンが生まれます。

塵も積もれば山となります。1ヶ月間に1,000円節約できたとしたら、1年間で12,000円になります。

豪華なランチが数回食べられますね。長い目で見ると数万円といった差が出てくる可能性もあります。

「手数料に無頓着」というよりは、「少しでもコストにシビアに拘る」ことが投資家としては重要だと思います。

もちろん売買ツールや取引状況等で手数料が高い証券会社を使うことはあります。

しかし、同一の証券会社で同じ株式・ETFを買うならば、売買コストにはシビアに拘る方がパフォーマンスを嵩上げできます。100万円の資産運用でも大活躍します。

主要ネット証券の売買手数料の比較については、以下で徹底的に解説しています。

ネット証券で一番安いのは?証券会社の手数料を比較!信用と現物の一覧
SBI証券と楽天証券が1日定額コースの手数料を2017年9月から引き下げます(SBIは8月31日から)。ネット証券の手数料の値下げ競争は一段落...

つなぎ売り・クロス取引の際も買いの方は信用買い&現引が低コストの約定価格が多いです。詳しくは以下で徹底解説しています。

知らないと損!つなぎ売り・株主優待タダ取り・クロス取引まとめ
3月末は株主優待の権利確定が最も多い月です。株主優待は現物の株式を保有してゲットするのが基本ですが、いわゆる「株主優待タダ取り...

現在、3つの証券会社が当サイト限定タイアップ・キャンペーンを開催しています。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。ネット証券としては破格のキャンペーンです。

SBI証券のタイアップキャンペーン

岡三オンライン証券も当サイト限定のタイアップキャンペーンを開催しています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

岡三オンライン証券は事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.1
岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.2
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで5,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

ネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのが絶大なメリットであるライブスター証券もお得です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-資産運用の考え方, SBI証券, カブドットコム証券

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.