新電力の電気料金は危ない?市場連動プランでなく自社で独自の電気を保有しているあしたでんきなら安心

更新日: 電気料金

電力プランを説明する女性のイメージ

大手電力会社は1月28日に、原燃料価格の変動を料金に反映する制度(燃調)に基づく3月分の料金を発表しました。

発電用燃料である液化天然ガス(LNG)価格が上昇したことから、10社中7社が値上げします。

足元では寒波による電力需給の逼迫で、LNGのスポット(随時契約)価格が高騰しています。

大手電力会社はLNGの大部分を原油価格と連動する長期契約で調達しているので、割合が低いスポット価格の高騰は電気料金に反映されにくいです。

しかし、日本卸電力取引所(JEPX)の市場価格の高騰により、「市場連動プラン」と呼ばれる電気料金プランは価格が高騰しています。

市場連動プランは新電力(電力小売り自由化以降の新規参入事業者)を中心に提供されています。発電所を持たない場合、JEPXから電力調達するケースが多いのが地獄の入り口でした。

JEPXでのスポット価格は12月後半から一気に上昇し、12月中旬まで10円/kWh前後であった電力卸売価格が、年末から急高騰し100円/kWh前後まで到達。

つまり、電気の取引価格が例年の冬と比較して、約10倍近い高値になっている状況です。

市場連動型プランではJEPXでの価格高騰が末端価格にも転嫁されるため、電気代が跳ね上がっている状況です。

また、楽天でんき等の一部新電力は新規申し込みを停止しています。

しかし、リーズナブルな新電力の中でも当面は電気代の上昇・新規受付停止・倒産とは無縁の電力会社があります。「あしたでんき」です。

あしたでんきは当面は電力単価を上げることや新規受付停止、倒産はないと言ってました。

あしたでんきは東京電力グループであり、自社で電気の保有先を確保しています。

主要株主は東京電力・出光興産・伊藤忠商事であり、大手電力会社・大手石油会社・大手商社の傘下企業です。

新電力の中では圧倒的な安全性、頑健性を兼ね備えているハイ・クオリティー・電力会社です。

主なメリット

  • シンプルな料金プラン
  • 初期費用・解約金0円
  • 使用状況をいつでもネットで確認可能

「標準プラン」と「たっぷりプラン」の2つのプランがあり、ニーズに応じて選択できます。

あしたでんきのプラン

旧態依然とした紙の検針票とは異なり、マイページで時間別/日別/月別の電力使用量がグラフ表示されるので、過去の使用量との比較も簡単です。

あしたでんきのマイページ

前年比で増えているか減っているかも一目瞭然です!

あしたでんきの電力比較

電気代はどれぐらいおトクになるのかの料金シミュレーションも用意されているので、安全・安心です。

あしたでんきの料金シミュレーション

しかも「あしたでんき」は、入会キャンペーンが豪華です。なんと8,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

ライバルの新電力が阿鼻叫喚の地獄絵図に陥っているのを尻目に、盤石の余裕・頑健な経営体制を物語っています。

あしたでんきのキャンペーン

8,000円というゴージャスな入会キャンペーンは、これを機会に一気にシェアを拡大しようという意欲を感じます。

東京電力グループで安全・安心、しかも既存の大手電力会社よりも安い「あしたでんき」は、おすすめの新電力です。実際に私も契約しており、安い電気料金を享受しています。

「あしたでんき」という新電力サービスがあります。東京電力のグループ会社が運営しており、安定感が高いサービスです。主要...

新電力の中で屈指の信頼性を誇っている「あしたでんき」で、8,000円のAmazonギフト券をゲットし、更に毎月のランニングコストも抑えてみてはいかがでしょうか。

公式サイトあしたでんき 公式キャンペーン

-電気料金

© 2014-2021 The Goal