バス特(バス利用特典サービス)はApple PayのSuicaも対象!割引が受けられて便利でお得

更新日: キャッシュレス決済 Apple Pay

都バス

首都圏のバスには「バス特」(バス利用特典サービス)という制度があります。1ヶ月間で一定金額以上、対象バスを乗車すると、次回の乗車時に自動的に割引が適用される仕組みです。

イメージ的には、REXカードやリーダーズカードのJデポと同じような仕組みです。バス特はSuicaカード(Suica定期券含む)、モバイルSuicaPASMOで適用されます。

Apple PayのSuicaにも同様に適用され、お得に首都圏のバスに乗車することができます!!

バス特はかつて存在した「バス共通カード」が廃止された際、このカードに適用されていたお得なプレミアムがSuica利用時にも適用されるようになった制度です。

Suicaカード・モバイルSuica・Apple Pay・PASMO等でバス運賃を等で支払うと、1円あたり1ポイントのバスポイントが自動付与されます。

1ヵ月毎(毎月1日~月末日)に最大10,000バスポイントが得られます。10,000バスポイントを超えた場合、翌月になった場合は、新たに0バスポイントからスタートします。

バス特

1,000ポイントごとに利用のSuica・PASMO内にバスで利用できる「バス特チケット」が付与されます。有効期限は付与された日から10年間とたっぷりです。

付与されたチケットは次回、Suica・PASMOでバスを利用した際に、自動的に運賃として使用されます。

利用金額バスポイント累計付与バス特チケットバス特チケット累計
1,000円1,000P100円分100円分
2,000円2,000P100円分200円分
3,000円3,000P160円分360円分
4,000円4,000P160円分520円分
5,000円5,000P330円分850円分
6,000円6,000P170円分1,020円分
7,000円7,000P180円分1,200円分
8,000円8,000P180円分1,380円分
9,000円9,000P180円分1,560円分
10,000円10,000P180円分1,740円分

最大で17.4%還元となるお得な制度です。毎月必ず一定額以上バスに乗る場合は、現金で支払うのは大いなる機会損失があります。Suica・PASMOはマストアイテムと言っても過言ではありません。

バス特チケットは10円単位で利用されます。1回の運賃が付与されたバス特チケットの額に満たない場合は、複数回の乗車にまたがって割り引きかれます。

例えば、5,000円使って330円分の割引が付与されると、次に乗った際の運賃が186円だった場合、180円が割り引かれ6円がSuica残高から引き落とされます。

その次に乗った際は150円割り引かれ、36円が残高からマイナスされます。

京王バス

割引を受けるのに面倒な手続きは全く不要です。タッチしてバスに乗車していけば、自動的に割引が受けられます。

「バス利用特典サービス」は、当サービスを実施するバス事業者の「バス特」適用バス共通で利用できます。

通勤・通学等で同じバスに1ヶ月間に5,000円以上乗る場合は、定期券よりもSuicaでの乗車がお得なことが多いです。

Apple PayのSuicaも全く同様で、実際にバス特が付与されて割引が受けられました。Apple Payでもお得にバスに乗車することができます。

Apple PayのSuicaの利用履歴

iPhone、Apple Watchを機種変更した場合でも、元の端末のSuicaカードを削除(サーバー退避)して、新しいiPhone、Apple Watchに設定すれば、バス特の判定に利用される実績も引き継がれます。

iPhone 7とiPhone X(裏面)

実際に11月3日にiPhone 7からiPhone Xに機種変更したところ、従来の利用実績も移行されて11月8日にバス特の割引を受けられました。

Apple PayのSuica機種変更時にバス特が引き継がれた利用履歴

Apple Payの内容、仕組み、使い方については以下にまとめています。

Apple Pay(アップルペイ)というiPhone・Apple Watchの決済サービスがあります。日本の状況に的確に対応しており、使いやす...

Apple PayのWalletアプリ内でSuicaチャージする場合は、まずクレジットカードを登録することになります。アップルペイで利用可能なカードについては、以下で比較しています。

7以降のiPhone、Series 2以降のApple Watchは、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」(アップルペイ)を利用可能で...

その中でおすすめ

7以降のiPhone、Series2以降のApple Watchは、Apple Payを利用可能です。Apple Payにクレジットカードを登録すると、iDもしく...

Apple PayのSuica機能の詳細、Suicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードについては、以下にまとめています。

2016年10月25日、ついにApple Pay(アップルペイ)が日本で始まりました。歴史的な瞬間です。QUICPayかiD加盟店でお買い物が...
iPhone、Apple Watchによるモバイル決済サービス「Apple Pay」では、Suicaも利用できます。iD、QUICPayでのお買い物の他、Sui...

アップルペイのWalletアプリには、一部デビットカードも登録することが可能です。

Apple Pay(アップルペイ)を使うためには、クレジットカードを登録するのが基本です。ただし、au PAY プリペイドカードが登録...

実際にApple Payを使ってみた感想については、以下にまとめています。

Apple Pay(アップルペイ)を1年間リアル店舗、アプリ(ネット決済)、Suicaに使ってみて、良い点・悪い点が見えてきました。おサ...

iPhone Xではホームボタンの廃止に伴い、Face IDでの顔認証でApple Payの認証も行うことになりました。ただし、Suica払いの際はこれまで通り認証は不要でかざすだけでOKです。

iPhone Xの箱と本体

Face IDによる顔認証が導入されたApple Payの使い方、注意点、感想については以下にまとめています。

iPhone XではホームボタンとTouch ID(指紋認証)が廃止されたことによって、Apple Pay(アップルペイ)の利用方法が変化しました...

iPhoneの機種変更の際、Apple Payの設定を移行する方法については以下で解説しています。

iPhone Xを購入してiPhone 7から環境を移管しました。Apple Payも移行することになります。また、2019年にはiPhone X → iPhon...

-キャッシュレス決済, Apple Pay

© 2014-2023 The Goal