The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

スターバックスの株主優待!ゲイシャか期間限定フラペチーノがおすすめ!

更新日: 株主優待

スターバックスのキャラメルコーヒーフラペチーノ

スターバックスコーヒージャパンの株主優待は、種類・サイズ・オプションは何でもOKのドリンク券です。日本全国のスターバックスコーヒー店にて利用可能です。

株式数によって枚数が異なります。

  • 100株以上・・・2枚
  • 500株以上・・・4枚
  • 1,000株以上・・・10枚
  • 10,000株以上・・・20枚

ベンティサイズで色々とトッピングをつけて飲むとかなり単価が高くなります。季節のおすすめ商品や新商品も注文できます。


スターバックスの株主優待でのおすすめ

マーブルキャラメルコーヒージェリーフラペチーノやダブルチョコレートコーヒージェリーフラペチーノのVenti(650円)が最も高価です。カロリーはキャラメルの方が419kcal、ダブルチョコの方が376kcalです。低脂肪タイプだと約10kcal、無脂肪乳だと21kcal落ちます。

7月16日からは、果実感たっぷりのストロベリーソースとストロベリークリームが混ざりあったフルーティーでクリーミーなフラペチーノ(ストロベリーディライトフラペチーノ)が登場します。

甘いのが苦手な場合は、ソイ・ラテやカプチーノがいいですね。

トッピングには、ミルクを豆乳に変更(+50円)、エスプレッソショット追加(+50円)、コーヒーの量を増量(+50円)などがあります。

フラペチーノにはコーヒー増量を追加するのが好みです。ワンちゃんもスターバックスの甘いコーヒーには反応するようであり、美味しそうにペロペロしています。目が獲物を狙う目になっています(笑)

株主優待で飲めるスターバックスのコーヒー
photo by _tar0_

2014年9月以降は、超高級コーヒーである「パナマ アウロマール ゲイシャ(Panama Auromar Geisha)」が販売されています。クローバーだと1,850円(税抜)、コーヒープレスで1,650円(税抜)です。株主優待券でのおすすめです。

参考まだ現金払い?スターバックス(スタバ)でコーヒーを安く買う方法まとめ

スターバックスにはカフェラテやカフェオレというメニューがあります。カフェラテとカフェオレの違いについて意外と知らなかったりしますよね。主なコーヒー関連メニューの定義は以下の通りです。

  • カフェラテ・・・エスプレッソ+温かいミルク+泡立てたミルク少量
  • カフェオレ・・・コーヒーと牛乳を概ね1対1程度の割合で混ぜたもの
  • カプチーノ・・・エスプレッソ+泡立てたミルク
  • カフェモカ・・・エスプレッソ+泡立てたミルク+チョコレートシロップ+ホイップクリーム

スターバックスの概況

スターバックスは1996年8月に北米以外では初めての店舗を銀座にオープンしました。成長は加速していき、2001年10月にナスダック・ジャパン(現在の東証JASDAQスタンダード)に上場しました。

2010年3月期にはドトールコーヒーの全店売上高を抜いて喫茶業界首位に躍り出ました。

日本全国の中で唯一、鳥取県だけに店舗がありませんでしたが、ついに2014年度中に出店する方向で検討しているようです。ついにスタバの日本全国制覇が近づいています。

売上高・利益

売上高は大きな成長ではないものの美しい右肩上がりです。利益面でも一時的要因を除くと右肩上がりです。

既存店売上高が堅調なのがスタバの最大の魅力であり、今年も5月が前年同月比7.4%増と絶好調です。期間限定フラペチーノが人気になっています。株主優待でいただきたいですね。

決算期 売上高 営業利益 経常利益 純利益
2010/03(実) 97,078 6,441 6,637 3,347
2011/03(実) 101,576 6,330 6,585 1,147
2012/03(実) 107,754 7,796 8,057 3,844
2013/03(実) 116,525 9,715 9,742 5,317
2014/03(実) 125,666 10,951 10,996 5,998
2015/03(予) 135,000 11,550 11,600 6,750

 キャッシュ・フロー

キャッシュ・フローも教科書の手本のような数字です。常に営業キャッシュフローの範囲内で投資・財務を賄っています。

決算期 営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
2010/03(実) 10,294 -2,448 -2,442 7,846
2011/03(実) 4,619 -3,911 -639 708
2012/03(実) 10,922 -4,763 -784 6,159
2013/03(実) 9,565 -6,233 -1,021 3,332
2014/03(実) 12,804 -8,149 -1,135 4,655

 利益率・CFマージン

日本の飲食業としては、一定の利益率とキャッシュを生んでいます。ROEは13%まで上昇しています。ROEは今期、遅くても来季にはグローバル水準の15%を突破しそうです。

決算期 経常利益率 純利益率 CFマージン ROE
2010/03(実) 6.8% 3.4% 10.6% 10.6%
2011/03(実) 6.5% 1.1% 4.6% 3.4%
2012/03(実) 7.5% 3.6% 10.1% 10.9%
2013/03(実) 8.4% 4.6% 8.2% 13.4%
2014/03(実) 8.8% 4.8% 10.2% 13.5%
2015/03(予) 8.6% 5.0% - -

 一株利益・一株配当・配当性向

前期は配当をドーンと積み増しました。今後は余程のことがなければ、一株15円の配当は維持されるでしょう。

決算期 一株利益 一株配当 配当性向
2010/03(実) 23.5 4.0 17%
2011/03(実) 8.0 5.0 63%
2012/03(実) 26.8 6.0 22%
2013/03(実) 37.0 8.0 22%
2014/03(実) 41.6 15.0 36%
2015/03(予) 46.8 15.0 32%

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-株主優待
-

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.