UCSが株主優待改善!サークルKサンクスの電子マネーユニコカードで利用可に

更新日: キャッシュレス決済 株式

ユニコカード

UCS(8787)が株主優待を拡充しました。権利確定日は2月末です。

UCS(ユーシーエス)は、ユニーグループ・ホールディングス(8270)系のクレジットカード会社です。東証JQスタンダード上場企業で貸借銘柄です。

UCS株主優待

UCSの株主優待は、Uポイントプログラム対象カードのポイントでした。金額は以下の通りです。

  • 100株~:1,000ポイント(1,000円相当)
  • 500株~:2,000ポイント(2,000円相当)

Uポイントプログラム対象カードは、以下の通りです。

  • UCSカード、UCSゴールドカード、UCSカードDriveAid
  • UCSKARUWAZACARD、entacardUCSドラゴンズカード
  • モリエカード、へいあんカード
  • 中京大学UCSカード、名城UCSカード
  • UCSWALKカード、Handaカード

ユニーが近くにないと活用が難しい優待でした。しかし、株主優待の改善によって、ユニコカードも対象になりました。ユニコカードとは、平成25年11月よりスタートしたユニーグループの電子マネーカードです。

ユニーのみならず、サークルKサンクスでも購入・チャージ・利用が可能です。ユニコカードも対象になったことによって、東海以外在住の方も株主優待を活用できるようになりました。

サークルKサンクスは、楽天ポイントカードの導入によって、少額の楽天スーパーポイントを消化できて一気に利便性がストップ高となり、熱いコンビニとなりました。

その後、ファミリーマートとの統合で楽天スーパーポイントを廃止して、Tポイントへ移行しました。ポイントdeクーポンも終了しました。

ユニコカードはアピタ・ピアゴ、サークルKサンクスの店頭で100円で売っています。

ユニコカードのパッケージ

ユニーの株主優待はサークルKサンクスで利用できる1,000円券ですけれども、UCSの株主優待も良い内容となりました。毎年、両方100株は取得します。

ユニコは現在ファミリーマートでも利用可能になっており、店舗数が全国的に多いファミマで使えて便利です。

UCSの動向

UCSは、グループ企業をはじめ国内外のクレジット取扱加盟店で、UCSカード会員にショッピング機能を提供する包括信用購入あっせんや融資、電子マネーを提供しています。保険代理業やリースなどの事業も手掛けています。

1991年に、ユニーの100%子会社として設立し、クレジットカードに関する業務をユニーから受託し、総合あっせんおよび融資の取扱を開始しました。

2004年にユニーサービス、ユーシーエスサービスを吸収合併し、社名をUCSに変更しました。2005年にJASDAQ(現・東証JASDAQスタンダード)に上場しました。

売上高・利益

売上高は横ばいです。営業利益・経常利益・純利益は減益の年度もあるものの、大局的には右肩上がりです。配当は安定的に出す代わりに毎期の増配は意向していない模様です。

決算期売上高営業利益経常利益純利益EPS1株配当配当性向
2010/02(実)18,3681,4321,44082343.815.034%
2011/02(実)17,2401,8291,8341,01854.215.028%
2012/02(実)16,4153,2223,2281,74092.615.016%
2013/02(実)16,7262,5132,5181,39974.415.020%
2014/02(実)17,2943,3253,3292,034108.220.018%
2015/02(予)18,7503,5003,5002,150114.320.017%

キャッシュ・フロー

営業CFは純利益を上回っている年度が多いです。

決算期営業CF投資CF財務CFフリーCF
2010/02(実)2,984-1,205-6,3001,779
2011/02(実)9,354-1,829-5,3997,525
2012/02(実)5,907-1,138-4,9124,769
2013/02(実)989-1,554-4,903-565
2014/02(実)-7,160-1,8938,793-9,053

 利益率・CFマージン・ROE

マージンは日本企業としては高めです。金融は収益性は高いですね。

最新のROE(10.1%)を分解すると財務レバレッジ6.33倍、総資産回転率0.14回、純利益率11.76%です。財務レバレッジは高めであり、資産から売上を作る回転率(資産効率)は低めで、売上から利益を作る利益率は高めです。

決算期経常利益率純利益率CFマージンROE
2010/02(実)7.8%4.5%16.3%5.3%
2011/02(実)10.6%5.9%54.3%6.2%
2012/02(実)19.7%10.6%36.0%10.0%
2013/02(実)15.1%8.4%5.9%7.5%
2014/02(実)19.2%11.8%-41.4%10.1%
2015/02(予)18.7%11.5%--

指標

予想配当利回りは2.30%(配当性向17%)であり、株主優待利回りは1.15%です。配当+優待利回りは年3.45%です。

PBR0.76倍、予想PER7.6倍、自己資本比率15.8%、有利子負債は543.0億円、現金等は15.8億円、営業CFは-71.6億円です。

株主優待の投資はSBI証券で行なっています。SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1...
  数多くのオンライン証券の中で日本で一番人気のネット証券はSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1(...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと3,000円分で、ネット証券としては破格の内容です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資家保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

手数料の安さを重視する場合は、ライブスター証券の活用も検討し得ます。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストである点が絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券は1日定額プランだと、現物取引20万円、信用取引20万円までは手数料がそれぞれ無料です(1日最大40万円)。

岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-キャッシュレス決済, 株式

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.