The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

三井住友信託ダイナースクラブカードが登場!他のダイナースとの違いの比較・独自の特典まとめ

更新日: ダイナースクラブ クレジットカード

三井住友信託ダイナースクラブカード

「三井住友信託ダイナースクラブカード」が2016年5月16日から発行開始となりました。三井住友信託銀行と、三井住友トラストクラブが提携して発行する提携カードです。

プロパーのダイナースクラブカードにはない独自の特典もあります。年会費がかなりお得になります。

三井住友信託ダイナースクラブカードのメリット、デメリット、価値、ダイナースクラブカードとの違いの比較についてまとめます。


三井住友信託ダイナースクラブカードとは

三井住友信託ダイナースクラブカードは、三井住友信託銀行グループの三井住友トラストクラブが、同じグループの三井住友信託銀行と提携して発行するクレジットカードです。

三井住友トラストクラブは旧シティカードジャパンですね。シティグループから三井住友信託銀行が買収して誕生したクレジットカード会社です。

三井住友トラストHDの中核子会社である三井住友信託銀行が2015年12月14日に、シティカードジャパンの全株式を取得して買収しますね。...

ややこしいことに旧シティバンクは三井住友FG(三井住友銀行)が買収して、「SMBC信託銀行」のプレスティア(PRESTIA)になりました。

プレスティア

シティ時代はダイナースクラブカードとシティバンクは同じグループで密接な関係がありましたが、現在は別企業となっており、サービス等で少しづつ距離が出始めてきました。

三井住友信託銀行と三井住友銀行は同じ住友グループ(旧・住友財閥)であり、両社ともに白水会(住友グループの主要会社の社長が参加する会)の構成企業です。

しかし、仲が今ひとつであることで有名であり、三菱UFJ銀行・信託銀行とは大きく異なった状況です。

この度は三井住友信託銀行とダイナースクラブカードの提携カード発行ということで、同じ三井住友信託グループ内の連携を強化する動きを出しています。

三井住友信託銀行

ダイナースクラブカードとの違いの比較

カードスペック・特典

三井住友信託ダイナースクラブカードとダイナースクラブカードは基本的なカードスペックは同一です。

ダイナースクラブカードの特典は三井住友信託ダイナースクラブカードも全て利用可能です。

ダイナースクラブカードは他のクレジットカードとは異なり、提携カードとプロパーカードの特典の差がほとんどありません。

三井住友信託ダイナースクラブカードも、プロパーのダイナースクラブカードと同様の充実した特典を享受できます。

日本国内ではダイナースが使えないお店はごくたまにしかありません。メインカードとしてガンガン利用可能です(おすすめのダイナース一覧)。

ダイナースクラブカードは使えるお店が少ないというイメージがあります。しかし、JCBとの提携でほとんどのJCB加盟店でもダイナースは...

年会費

最も大きな違いは年会費です。プロパーのダイナースクラブカードは年会費22,000円(税抜)・23,760円(税込)であり、年会費の割引の制度はありません。

しかし、三井住友信託ダイナースクラブカードは、通常の年会費はダイナースクラブカードと同一ですけれども、年間利用金額に応じた割引があります。

初年度は新規入会後3ヵ月以内のカード利用金額が20万円以上、次年度以降は年間(前年度)のカード利用金額が50万円以上だと、年会費が12,000円(税抜)・12,960円(税込)と大幅に減少します。

税抜で1万円ジャスト、税込みで10,800円という強烈な値引きが適用されます。しかも割引の条件は非常に緩いです。

ダイナースクラブカードを保有するような方は、年間50万円程度は余裕で利用する方が多いと思います。

初年度は3ヶ月20万円であり、場合によっては少し届かない方もいらっしゃるかもしれませんが、Amazonギフト券や、ドン・キホーテでの楽天ポイントギフト・商品券等の購入を行えば、足りない分も利用金額を嵩上げすることが可能になります。

三井住友信託ダイナースクラブカードは、年会費が1万円(税抜)も安くなるのは大きなメリットです。

家族会員の年会費は5,000円(税抜)・5,400円(税込)であり、通常のダイナースクラブカードと同一です。家族会員の方は割引制度はありません。

カード利用代金の支払口座

プロパーのダイナースクラブカードは、カード利用額の支払口座は多種多様な銀行を自由自在に設定できます。銀行から信用金庫まで幅広く対応しています。

他方、三井住友信託ダイナースクラブカードの場合、支払口座は三井住友信託銀行のみです。

三井住友信託銀行

三井住友信託銀行を日常的に使っている場合はOKですが、そうでない場合は新規口座開設して、定期的に利用額を資金移動したり、あるいは給与受取口座を変更する必要があります。

これは大きなデメリットです。三井住友信託銀行を使っていない場合は、1万円年会費を下げる代わりにこうした手間を許容できるかが課題となります。

カードフェイス

ダイナースクラブカードにはシティカードジャパン時代とは異なり、カード表面に三井住友トラストクラブのロゴ・名前は刻まれていませんでした。

ダイナースクラブカード(ICチップ搭載)

カード裏面の左下に「三井住友トラストクラブ株式会社」という記載があるだけでした。以下の写真はダイナースクラブ プレミアムカードですが、ダイナースクラブカードも同様です。

ダイナースクラブ プレミアムカードの裏面の三井住友トラストクラブの文字

しかし、三井住友信託ダイナースクラブカードは、カード右上に「三井住友信託」の文字と、三井住友信託銀行のロゴ(通称:手裏剣)が刻まれています。

ロゴは黒一色だとスマートだったのですけれども、4色のカラフルなロゴがそのまま利用されてしまっています。無意味に自己主張して見立ちます。

三井住友信託ダイナースクラブカード

最近はハイ・クオリティーカードは、企業ロゴや国際ブランドロゴは目立たないトーンの色で、一般カードはカラフルという傾向があります。

JCBも一般カードはカラフルなロゴですが、THE CLASSは背景と同色の黒・金が採用されていてスマートなロゴとなっています。

JCB一般カード JCB THE CLASS(ザ・クラス)

JCBプラチナカードのJCBロゴも箔押し印刷でオシャレです。VISAも含めて、高級カードのロゴは一色というのが一般的です。

箔押し印刷は高級カードの特徴であり、ゴージャスな様相を表現します。三井住友信託ダイナースクラブカードは高級感で見劣ってしまいます。

ちなみにJCBロゴの箔押し印刷は卓越してカッコ良く、写真よりも実物の方が遥かにオシャレです。角度によってキラキラ具合が変化して表情が変わり、セクシーでラグジュアリーです。

ダイナースクラブ プレミアムカードの「Premium」というキラキラのロゴに匹敵するカッコ良さで、実物のカードを見た瞬間に一目惚れしてしまいました。

以下はJAL・JCBカード プラチナの箔押し印刷のJCBロゴです。

JCBプラチナカードの箔押し印刷

年会費が安い提携カードなので三井住友信託の企業ロゴが入るのは止むを得ないとしても、手裏剣ロゴがカラフルだった点は好みが分かれそうです。

もちろん、特に気にならない方や、むしろカラフルな方がいいという方もいらっしゃるでしょう。


三井住友信託ダイナースクラブカードのスペック・特典

ダイナースクラブカードの暖簾

三井住友信託ダイナースクラブカードの内容は、基本的にはダイナースクラブカードと同じです。

入会の目安は年齢27歳以上となっており、ある程度大人のカードというスタンスは同一です。利用可能枠はアメックス同様に一律の制限がありません。

ただし、無制限というわけではなく、会員の利用に基づいて利用可能枠を設定しています。2016年4月からはICチップにも対応しました。

ダイナースクラブカードは長らくICチップが搭載されていませんでした。アメリカン・エキスプレス・カードのプロパーカードと同様でし...

支払い方法は一回払い、ボーナス一括払い、リボ払いです。分割払いはありません。

三井住友信託ダイナースクラブカードには多種多様な特典が付帯しています。「人生を彩るクラブ」というフレーズのとおり、会員限定の食事・音楽・芸術のイベントも多数あります。

あのフィギュアスケートでオリンピック金メダリストの荒川静香さんによるスケートレッスンのイベントもありました。

東京競馬場の来賓用特別室「ダービールーム」での食事、パドック・地下馬道など、一般人は不可能な馬主体験が可能なイベントも開催されます。

ダイナースクラブカードが、馬主を体験できるイベントを開催します。一般人は入ることができず、馬主しか入れない貴重なゾーンの見学...

幾多の特典の中で特に大きいメリットは以下のとおりです。

ポイントの制度・還元率はダイナースクラブカードと同一であり、「ダイナースクラブ リワードプログラム」が適用されます。

一般加盟店では100円あたり1ポイントとなります。特約店である「ダイナースクラブポイントアップ加盟店」では100円あたり2ポイントが得られます。

全国のホテル、レストラン、バーバリー、シモンズ、青山花茂、サカイ引越センターなどが「ダイナースクラブポイントアップ加盟店」に名を連ねています。

ダイナースクラブカードには特約店があります。「ダイナースクラブポイントアップ加盟店」という制度です。JALカードやANAカードの特...

年6,480円(税込)の「ダイナースグローバルマイレージ」に加入すれば、1ポイント1マイルのレートでマイルに交換できます。マイルに移行する年のみ加入すれば、移行手数料を抑制できます。

高級レストランのコース料理が1名分無料になるので、これを年間に2~3回つかうだけで、高い年会費の元は取れてしまいます。

コース料理1名分無料サービスの利用可能店舗数は競合サービスと比較すると多く、ダイニングに強みがあるダイナースらしくなっています。

フランス史上で女性初、フランス最優秀国家認定資格(M.O.F)を弱冠27歳で受賞した天才シェフのフレンチは、ダイナースクラブカードでも一人無料の特典を利用できます。

南仏のビアリッツで独立開店後、たったの1年でミシュランの星を獲得した天才女性シェフの味を提供しているレストランに行きました。「...

高級レストランをたまに使う方なら、三井住友信託ダイナースクラブカードは割高どころか最高にお得なカードになります。

世界800ヵ所以上の空港ラウンジというとんでもない数の空港ラウンジ、海外旅行先での24時間無料の電話サポート(日本語)も便利で海外旅行が捗ります。

軽食ブッフェ、アルコール飲み放題、質の良い椅子、シャワーなど充実したVIPラウンジにも入れるのがダイナースクラブカードのメリットです。

ポイントが無期限で、マイルを無期限で貯められるのも大きなメリットです。

ファーストクラスに向けてコツコツと貯めることが可能となります。お得な有効期限が無期限のクレジットカードの筆頭です。

三井住友信託ダイナースクラブカードを持っていると、夢のファーストクラスが近い現実となります!

家族カードの特典も充実しており、空港ラウンジ、本会員同様に最高1億円の国内外の旅行傷害保険、グルメサービスなどで、 本会員の方と同様のサービスを利用できます。

ダイナースクラブ リワードポイントは本会員に合算されます。 家族会員の利用分も本会員に合算されるため、 ポイント・ マイルが分散することなく効率的に貯めることができます。

「京都ホテル ウエルカムラウンジ」も利用できます。京都駅前にあるので、新幹線を待っている間にくつろいだり、駅でのショッピング・食事の合間に休憩するのに便利です。

PC作業に適している一人がけの席もあります。京都在住の個人事業主・企業経営者・ビジネスマンの方ですと、スタバ代わりに使うこともできて便利です。

会員本人(家族会員を含む)および同伴者1名まで使えます。1日1回、1時間までの利用となります。

2018年10月1日からは、ダイナースのブラックカード会員専用サービスとなります。

ダイナースクラブカードは、1888年創業の京都を代表する老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の「京都ホテル ウエルカムラウンジ」を利用...

三井住友信託ダイナースクラブカードの特典の詳細は、ダイナースクラブカードのページをご参照ください。内容は同じです。

ダイナースクラブカードというクレジットカードがあります。高いステータス、24時間年中無休のデスク、国内外350空港800ヵ所以上の空...

ダイナースクラブカードには、銀座でお得な優待特典がある「銀座ダイナースクラブカード」もあります。

ブラックカードのダイナースクラブ プレミアムカードの特典を一部利用できてお得感があります。

年会費は25,000円(税抜)ですが、家族会員は無料というメリットがあります。銀座によく行く場合は魅力的なハイ・クオリティーカードです。

銀座ダイナースクラブカードというクレジットカードがあります。ダイナースクラブのプロパーカードです。通常のダイナースクラブカー...

ANAとの提携カードであるANAダイナースカードについては、以下にまとめています。ANAカードとダイナースクラブカードの魅力が融合したカードです。

ANAダイナースカードというクレジットカードがあります。ANAとダイナースクラブカードが提携した高級カードです。マイル関連では通常...

Apple PayのSuicaアプリでのチャージはポイント対象外

Apple Pay

iPhone7 / 7 Plus、Apple Watch Series 2から、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」が利用可能になりました。

モバイルSuicaに類似した仕組みで電車・バス等に乗ることができます。また、iD、QUICPayの店舗でお買い物することが可能です。

いよいよApple Pay(アップルペイ)が日本対応して、わが国においても使いやすくて便利な仕組みとなりました。モバイルSuicaに類似した...

ダイナースはApple Payには登録できず、店舗でのお買い物やWalletアプリ内でのSuicaチャージはできません。

しかし、JR東日本が出しているiPhone用の「Suica」アプリの会員登録時にダイナースを登録して、Suicaアプリ内のチャージ画面で「クレジットカード」を選択するとチャージが可能です。

SuicaアプリのSuica一覧画面

しかし、Suicaアプリ内での利用分はポイント付与の対象外です。Suicaチャージだけではなく、定期券やモバイルSuica特急券・Suicaグリーン券の購入も同様です。

Apple PayとSuica、国際ブランドの関係については、以下にまとめています。

ついに日本でも始まった「Apple Pay」。当初はクレジットカードの国際ブランドのうち、JCB、Mastercard、アメックスが便利に使えます...

Apple Payが使えるクレジットカードについては、以下で比較しています。

iPhone X / 8 / 8 Plus、Apple Watch Series 3は前モデルに続いて、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」(アップルペイ)...

Apple PayでのSuicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードについては、以下にまとめています。

iPhone、Apple Watchによるモバイル決済サービス「Apple Pay」では、Suicaも利用できます。iD、QUICPayでのお買い物の他、Suicaチャー...

他のダイナースクラブカードからの切り替え

ハイタッチ

2017年10月2日からは、他のダイナースカードから三井住友信託ダイナースクラブカードに切り替える場合、新規の申し込みが必要となりました。

申込時には所定の審査が行われるので、審査が通過するまでは今のダイナースは解約しないのが無難です。

入会手続き後、新カードが自宅に届くまでに、2~3週間程度の時間がかかる場合があります。

ダイナースクラブカードが入った郵便物

新たなカード番号、有効期限で新カードは発行されて、現在のカードで貯めたリワードポイントは、新カードへの移行、合算はできません。使い切ってから解約しましょう。

カード券面のMember Since (カード入会年)は、新カードの入会年が刻印されます。

新カードの暗証番号は新たに設定することになります。

現在のカードに加え、新カードの年会費を別に支払う必要があります。旧カードの年会費の返金や、新カードの月割での割引などはありません。


他のステータスカードとの比較

三井住友信託ダイナースクラブカードはプラチナカードに準じてサービスが充実していますけれども、他のステータスカードや安価なプラチナカードと比べるとどうなん?という点は気になりますよね。

通常の年会費が三井住友信託ダイナースクラブカードと近い水準のアメックス・ゴールド、MUFGカード・プラチナ・アメックスとの比較をまとめました。

項目 三井住友信託ダイナースクラブカード アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード MUFGカード・プラチナ・アメックス
年会費(税抜) 本会員 22,000円(割引後は12,000円) 29,000円 20,000円
家族会員 5,000円 1名無料 (2人目より12,000円) 1名無料 (2人目より3,000円)
キャッシング -
引き落とし口座 三井住友信託銀行のみ 数多くの金融機関 数多くの金融機関
ポイント還元率 0.4%-1.0%(一部加盟店5%) 0.4%-1.0%(一部加盟店10%) 0.5%-1.35%
ネット通販ポイントアップ -
ポイント有効期限 無期限 3年間(一度交換で無期限) 3年間
海外旅行傷害保険(カッコ内は家族) 海外旅行傷害保険 自動付帯/利用付帯 自動付帯/利用付帯 自動付帯/利用付帯
傷害死亡・後遺障害 1億円 1億円 (1,000万円) 1億円 (1,000万円)
傷害・疾病治療費用 300万円 300万円(200万) 200万円(同額)
賠償責任 1億円 4,000万円(同額) 3,000万円(同額)
携行品 1旅行50万・年間100万円 1旅行50万・年間100万円(同額) 1旅行50万・年間100万円(同額)
救援者費用 300万円 400万円(300万円) 200万円(同額)
家族特約 -
24時間対応海外サポート 手配まのオーバーシーズ・アシスト
航空機遅延費用保険 - 2万円 2万円
航空機預託手荷物遅延・紛失費用保険 - 4万円 1万円/2万円
国内旅行傷害保険 適用条件 利用付帯 利用付帯 利用付帯
死亡・後遺障害 5,000万円 5,000万円 (1,000万円) 5,000万円(1,000万円)
入院保険金(日額) 5,000円 - 5,000円 (同額)
手術費用保険金 5万~20万円 - 5万~20万円 (同額)
通院保険金(日額) 3,000円 - 2,000円 (同額)
家族特約 -
ショッピング保険 年間最高補償額 500万円 500万円 300万円
1事故当り自己負担額 1万円 1万円 3,000円
補償期間 購入日から90日間 購入日から90日間 120日間
リターン・プロテクション - -
キャンセル・プロテクション - -
犯罪被害傷害保険 - -
レストラン1名分無料サービス
レストラン・ホテルの優待
サインレス・スタイル - -
料亭プラン - -
電子マネー(ポイント付与対象) SMART ICOCA QUICPay(おサイフケータイ) -
マイル移行 移行先 ANA、アメリカン、デルタ、アリタリア、大韓航空 ANA、デルタ航空など16航空 JAL、シンガポール、大韓航空
獲得レート 1% 1% 0.8-2.16%
移行手数料 6,000円 年3,000円。ANAへの移行は別途5,000円 参加年会費3,240円、都度移行手数料6,480円
空港ラウンジ 対象空港 国内・海外350空港800ヵ所以上 国内28空港39ヵ所
海外2空港3ヵ所
国内28空港
プライオリティ・パス - スタンダード会員(年会費99米ドル)への無料入会/年2回無料 プレステージ会員(年間429米ドル)無料
空港手荷物無料宅配 帰国時 往復 往復
コンシェルジュ・サービス - -
無料ポーターサービス - -
ハワイ市内観光ラウンジ - -
京都市内観光ラウンジ -
空港クロークサービス コート預かり コート預かり
エアポート送迎サービス -
空港パーキング -
主な優待 コナミスポーツクラブ
リーダーズクラブ特別入会
エクスペディア・一休.com優待特典 Relux、スーペリア・エキスペリエンス
パッケージツアー割引 -
レンタカー・カーシェアリング割引

三井住友信託ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドを比較すると、救援者費用保険、オーバーシーズ・アシスト、旅行保険の家族特約、リターン&キャンセル・プロテクション、往復の空港手荷物無料宅配、エクスペディアの優待などはアメックス・ゴールドが優れています。

しかし、年会費の安さ、国内旅行傷害保険、空港ラウンジの数、ANAマイルへの移行が年6,000円(アメックスゴールドは8,000円)、賠償責任保険(海外)、ハワイ市内のラウンジ、SMART ICOCAポイント付与はダイナースクラブカードが上回っています。

また、ダイナースクラブ・サインレス・スタイルや料亭プランなどは、三井住友信託ダイナースクラブカードのオリジナル・サービスとなっています。

ダイナースクラブカードとアメックス・ゴールドとの比較については、以下で徹底解説しています。三井住友信託ダイナースクラブカードも年会費・引き落とし口座以外の比較は同一です。

安価なプラチナカードに肉薄しているハイ・クオリティーカードの代表例が、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス・...

三井住友信託ダイナースクラブカードとMUFGプラチナ・アメックスを比較すると、最大のポイント還元率、プライオリティ・パス使い放題、国内のコンシェルジュ・サービス、空港手荷物無料宅配(往復)、犯罪被害傷害保険はMUFGプラチナ・アメックスが上回っています。

しかし、ポイントが無期限、海外・国内旅行傷害保険、ショッピング保険・航空機預託手荷物遅延・紛失費用保険の金額、移行できるマイルの数、ハワイ市内観光ラウンジ、エアポート送迎サービス・空港パーキング、パッケージツアー・レンタカー割引の優待はダイナースクラブカードが上回っています。

年会費が異なるプレミアム系カードの中では、SPGアメックスというSPGとアメックスの提携カードも魅力的です。

毎年、世界中のSPG/マリオットリワード参加ホテルで利用可能な「無料宿泊特典」(2名分)がプレゼントされます。

また、通常の加盟店では1.25%でマイルが貯まります。SPGマリオットリワードのゴールド会員の資格も得られます。これらの特典が魅力的な場合はSPGアメックスも候補となります。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)というクレジットカードがあります。SPG/マリ...

上級会員であるSPG/マリオット ゴールドエリート会員の資格、年1回の無料宿泊特典(2名分)、SPG参加ホテルの直営レストラン・バー15%OFFなどの特典があるので、使わなくてもお得なクレジットカードです。

一つの航空会社だけを使うのではなく、提携の複数の航空会社を利用する方なら、提携航空券等購入時の3%/5%という驚異的なマイル付与率となるスカイトラベラーカードもお得です。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードというクレジットカードがあります。上級のスカイトラベラー・プレミア・カー...

リーズナブルなゴールドカードをお求めなら、三井住友VISAゴールドカードが年会費を4,320円まで下げられて安価であるにもかかわらず、そこそこ特典が充実していてお得です。

20代の三井住友VISAプライムゴールドカードなら、なんと年会費1,620円まで下げられます。

比較的リーズナブルなステータスカードとしては、年会費12,960円のアメックス・グリーンが候補となります。

なお、Visa/Mastercardと合わせてダイナースを保有するのは、万が一のトラブルのリスクを抑制できて有効です。

2018年6月1日にはヨーロッパ各国でVisaのシステム障害が発生して、カード決済ができなくなりました。イギリスの一部のATMでシステム障害が報じられてから2時間未満の間に現金が空になりました。

万が一の際にカード決済ができなくなる事態を避けるためにも、他の国際ブランド以外にダイナースも持っていればシステムトラブルで困るリスクが低下します。

2018年6月1日にヨーロッパ各国で、最大手のクレジットカード国際ブランドであるVisaのシステム障害が発生しました。Visaのクレジット...

まとめ

三井住友信託銀行

三井住友信託ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブカードと同一のマイル付与率・カード特典を享受できます。

ダイナースクラブの充実したダイニング・トラベル特典を満喫できます。特に大きいメリットを再掲します。

プラチナカードに準じた特典が満載であるにもかかわらず、年会費を12,000円(税抜)とゴールドカードやアメックス・グリーン並みに抑えられるのが三井住友信託ダイナースクラブカードの大きなデメリットです。

しかもその条件は初年度は3ヶ月20万円、2年目以降は前年度50万円の利用とハードルが非常に低いです。

ダイナースクラブは利用可能店舗が少ないというイメージがありますが、日本国内ではJCBとの提携により、9割程度のJCB加盟店でもダイナースクラブカードで決済が可能です。

JCB・アメックス・ダイナースクラブのロゴ

三井住友信託ダイナースクラブカードは、ゴールドカードよりも一段階上のハイ・ステータス・カードです。

サービスの面でも、他のゴールドカード以上の充実した内容となっており、プラチナに肉薄しています。レストランを利用したり、海外旅行・出張に行く機会があるとお得なカードです。

ダイナースクラブはまさに「人生を彩るクラブ」であり、お得な特典で生活を豊かにすることができます。

デメリットは引き落とし口座が三井住友信託銀行に限定されてしまうことと、カードに目立つ形で刻印された三井住友信託という文字と無駄にカラフルな手裏剣マークです。

三井住友信託銀行の看板

このデメリットが気になる場合は、プロパーのダイナースクラブカードが有力な選択肢となります。

ダイナースクラブカードは、利用実績を積み上げてクレヒス(クレジット・ヒストリー)を築いていけば、ダイナースのブラックカードのインビテーションが届くのもメリットです。

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースプレミアムはマイル付与率2%、24時間365日対応のコンシェルジュ、数多くのプレミアムカード限定特典など至高のベネフィットがあります。

ダイナースクラブ プレミアムカードというクレジットカードがあります。「ダイナース プレミアム」と称されており、幾多のクレジット...

ダイナースのブラックカードの入手方法については、体験に基づいて以下で精緻に分析しています。インビを待たずに獲得することも可能です。

ダイナースプレミアムというクレジットカードがあります。ダイナースクラブカードの最上級カードです。ダイナースクラブ プレミアムカ...

決してハードルは高くありません。ダイナースクラブカードを保有して1~2年ほど一定金額を利用すれば、たとえインビテーションが来なくても、突撃(自分から電話)での獲得は十分に可能だと考えます。

将来的にブラックカードを視野に入れている場合は、ダイナースクラブカードが有力です。アメックス・センチュリオンは年3000万円近い利用が必要という説があり、一般人にはハードルが高いです。

ダイナースクラブ プレミアムカードはコストパフォーマンスの観点では随一のブラックカードです。一般加盟店でのマイル付与率2%は日本最高です!

ANAプレミアムカードの特典とダイナースクラブ プレミアムカードの特典が融合したANAダイナース プレミアムカードも魅力的です。

ANAダイナース プレミアムカードというクレジットカードがあります。ANAとダイナースクラブカードが提携して発行しているANAカードプ...

こちらはANAダイナースカードを保有していると、インビテーションが届く可能性があります。

全国の有名レストランでの食事がお得に楽しめるダイナースクラブ レストランウィークでは先行予約が可能です。

ダイナースクラブ会員はいち早く満席となる大人気店を予約可能になります。先行予約期間中に全日程が満席となる店舗もあります。

ダイナースクラブ フランスレストランウィーク 2017のレセプションに参加しました。ダイナースは会員限定のダイニングやコンサート等のイベントも充実しています。

2018年もダイナースクラブ フランス レストランウィークが開催されます。秋の17日間に全国のレストランでお得で美味しいフレンチが堪...

イタリアン・レストランウィーク、銀座レストランウィークというイベントも開催されており、お得な料金や優待で美食を堪能できます。「VIPremio Dining」というダイナース会員限定のプランもあります。

ダイナースクラブカードは「レストランウィーク」というイベントを定期的に開催しています。春の「銀座レストランウィーク」に続いて...
ダイナースクラブカードは春と秋の年2回、「銀座レストランウィーク」というイベントを開催しています。2018年も例年通り春と秋に開催...

フランス大使公邸、イタリア大使館、オーストリア大使公邸という通常は立ち入ることのできない特別な空間でのディナーなど、ダイナースクラブ会員限定のスペシャルイベントに参加できます。

ダイナースクラブの看板

ダイナースクラブはまさに「人生を彩るクラブ」であり、ダイナースクラブカードは本物のこだわりを語るステータスカードです(おすすめのダイナース一覧)。

ダイナースは流麗な制度が満載であり、人生がもっと楽しくなるクレジットカードです。一度使ったらもう手放せません。

私は入会前と入会後では、生活の豊かさが圧倒的に変わりました。サービスを利用したり、イベントに参加することで、それまでになかった体験が可能になっています。

ダイナースに入会してから、ダイナースクラブカードを使い倒しています。人生初のブラックカードはダイナースプレミアムでした。ダイ...

草喰なかひがし、銀座 小十、フロリージュ、日本料理 龍吟、青空など至高の予約困難店でキャンセルが出た席を予約できるダイニングサービスもあります。

「ダイナースクラブ ごひいき予約」という新しいダイニング特典が光臨しました。草喰なかひがし、銀座 小十、フロリージュ、日本料理 ...

SAKE COMPETITIONの上位入賞酒が飲み放題、秀逸な料理の食べ放題のパーティーにポイントで参加することも可能です。

SAKE COMPETITIONの受賞酒が発表される夜には、授賞パーティーが開催されるのが恒例となっています。SAKE COMPETITION 2018の授賞パー...

ダイナースクラブカードを保有して特典を活用していくと、お得なベネフィットで生活を豊かに彩ることができます。人生が眩い程に煌めきます。

ダイナースクラブカードは豊富なキャンペーンや会員イベントが魅力的なハイ・クオリティ・カードです。人生を豊かに彩ることができ、人生がまばゆい位に煌めきます。

他のマイルと合わせてビジネスクラスで1マイル5円で利用すると、なんと100,000円相当のお得なキャンペーンです。

その他のクレジットカードを比較検討したいという場合は、以下のクレジットカード一覧をご参照ください。おすすめクレジットカードについて徹底的にまとめています。

「生活費の支払いでクレジットカードを有効活用していきたくてアドバイスをほしい」とコメント頂きました。生活費を良いクレジットカ...
クレジットカードには多種多様な種類があり、膨大な数のクレカが発行されています。あまりの多さに探しきれない程ですし、評判・口コ...

日本有数のクレジットカードの専門家でいらっしゃる岩田昭男さんのおすすめクレカについては、以下で徹底的に解説しています。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんのおすすめカードには、珠玉のクレジットカードが集結しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

多様な項目での最強のクレジットカードについては、以下で論述しています。

クレジットカードには多種多様な種類があります。年会費無料カード、高還元カード、一芸に秀でた特化型カード、航空系カード、ゴール...

おすすめのプラチナカードについては、プラチナカードのランキングをご参照ください。その中でも特に優れたカードは以下で徹底的に解説しています。

アメリカン・エキスプレスが1984年に世界で初めて「プラチナカード」を発行しました。当時は最上位カードでした。その後、幾多の競合...

ゴールドカードについては、ゴールドカードのランキングをご参照ください。その中でも特に優れたゴールドカードは以下で丹念に解説しています。

アメリカン・エキスプレスが1966年にゴールドカードを導入し、1984年にプラチナカードを発行するまでは、ゴールドカードが最上位カー...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんのおすすめゴールドカードは以下でご紹介しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

クレジットカードの頂点であるブラックカードについては、以下で精緻に分析しています。

アメリカン・エキスプレスが1999年に世界で初めて一般的なプラチナカードの上位カード「センチュリオン・カード」を発行しました。幾...

数多くのブラックカードの中から日本で発行されているカードのランキングを以下にまとめました。

一般的には高還元のクレジットカード、年会費無料のクレジットカードが人気が高く、次がゴールドカード、プラチナカードとなります。...

実際にブラックカードを活用したところ、お金では買えない類稀なエクスペリエンスが可能でした。

最高峰のクレジットカードであるブラックカードは、年会費が高い代わりに豊富な特典が付帯しています。実際に4枚のブラックカードを活...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-ダイナースクラブ, クレジットカード

Copyright© The Goal , 2018 All Rights Reserved.