The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

スマートEXのメリット・デメリット、エクスプレス予約・プラスEXとの比較まとめ

更新日: 電子マネー・ポイント

東海道新幹線

「スマートEX」というサービスが2017年9月30日より始まります。SuicaPASMOICOCAmanacaTOICAなどの交通系ICカードで、東海道・山陽新幹線に乗車できるチケットレスサービスです。

Android・ガラケーのモバイルSuica、Apple PayのSuicaでも利用可能です。

年会費が発生するエクスプレス予約の会員にならなくても、チケットレスでサクッとお手軽に新幹線に乗ることができます。

普段は飛行機の移動が中心で、たまに東海道新幹線に乗る方には、とりわけメリットが大きい制度です。

スマートEXのメリット・デメリット、エクスプレス予約と旧・プラスEXとの比較について、徹底的にまとめます。


スマートEXとは

スマートEXはJR東海とJR西日本が運営する新しいチケットレスサービスです。「スマート・イーエックス」と呼びます。

スマートEX

利用に際しては会員登録が必要です。初回登録時に、クレジットカード、交通系ICカードを登録します。年会費は無料です。

新しくクレジットカードやICカードを作成する必要はありません。既存のカードをそのまま使えるのが極めて便利です。

年会費は無料です。有料だと利用のハードルが一気にGU(ギャップ・アップ)となるので、無料はナイスですね。誰でもお手軽に使うことが可能です。

利用できる交通系ICカードは、全国相互利用対象の交通系電子マネーです。具体的には、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけんです。

交通系電子マネーの一覧

注目だったのはJR東日本が携わっているモバイルSuicaApple PayのSuicaで、スマートEXが利用できるか否かでした。

これらのモバイル端末でのSuicaでも、カードタイプのSuica等と同じ番号が割り振られているので、スマートEXに登録できる交通系電子マネーに該当します。

会員登録時に「交通系ICカード情報」という項目に「SuicaID番号」を入力すればOKです。Apple Payでは「Suicaの詳細」画面にあります。

Apple PayのSuicaID番号(Suicaの詳細画面)

エクスプレス予約会員で登録しているモバイルSuicaとの重複登録はできません。エクスプレス予約に登録していないモバイルSuicaなら、スマートEXを利用可能です。

実際にApple PayのSuicaを登録したところ、問題なく会員登録が完了してスマートEXが利用可能でした。

スマホ、タブレット、パソコンなどでサクサクと簡単に予約できて便利です。予約まで時間がかからずスムーズなのが特徴です。

スマートEXの予約画面

スマートEXに登録できるクレジットカードは、国際ブランドがVISAMasterCardJCBアメックスダイナースクラブのカードです。クレジットカード会社への申し込みは不要です。

国際ブランド

5大陸を制覇しています。日本に継続的に居住している方であれば、大多数の方がいずれかのクレジットカードを持っているでしょう。

新しいWebサービスやアプリはVISA/MasterCardのみというケースも多いので、JCB・アメックス・ダイナースにも対応しているのはナイスです。

登録できるクレジットカードは、JR東海のエクスプレスカード、JR西日本のJ-WESTカード、その他JRカードだけではありません。5大国際ブランドのクレカであればOKです。

会員登録した後は、スマホ・パソコン・タブレット等で、東海道・山陽新幹線の指定席を簡単な操作で予約できます。

予約時に登録したクレジットカードで決済されます。スマートEXの新幹線の料金は、駅での購入よりも200円ほど安いです。

東海道・山陽新幹線の長距離区間(※)の往復きっぷを一括購入する際には、紙のきっぷと同様に往復割引が適用されます。

※片道の営業キロが601キロ以上にある区間

予約はデスクトップPC・ノートPCだけではなく、iPhone、Android、iPad、WindowsタブレットなどのガジェットでもOKです。

スマートEXで予約・クレジットカードで購入した後、新幹線の改札では、登録したSuica・PASMO・ICOCA等の交通系ICカードをタッチするだけでOKになります。

東海道新幹線の改札

対象は東海道・山陽新幹線(東京~博多間)です。予約変更も、発車前まで何度でもOKです。エクスプレス予約や旧・プラスEXと同じです。

在来線を利用した時には、当該区間の運賃はクレジットカードではなく、ICカードの残額から引き去ります。新幹線分はクレジットカード、在来線分はICカードの残高で支払うことになります。

東海道新幹線(N700)

新サービスはJR東海とJR西日本が運営しており、JR東日本の新幹線は対象外です。東北・山形・秋田・上越・北陸新幹線にはSuicaやPASMOでは乗れません。

都市圏の鉄道、バスなどでも利用可能な交通系ICカードで、東海道・山陽新幹線はもちろん、在来線との乗り換えにも使えます。

在来線との乗換も1枚のカードでOKなので、スムーズに電車から新幹線に乗ることができます。

東京駅の東海道・山陽新幹線のりば

一日は24時間しかなく、時間は非常に貴重です。切符を発行したりする手間と時間はもったいないですね。

自販機が窓口が空いていればいいのですが、混雑していると時間がかかってしまいます。スマホの普及で待つ際にやることは増えましたが、待つ手間がないに越したことはありません。

特に観光シーズン・連休中などは、新幹線のきっぷを買える窓口・自販機が、戦慄的な大行列となることもよくあります。恐ろしい程の時間を無駄に消化してしまいます。

新幹線の切符売り場の行列

新幹線のきっぷ売り場が長蛇の列になっているのはよくあります。貴重な時間を浪費してしまいます。

新幹線のきっぷ購入の行列

スマートEXならこのような行列に並ぶ必要はありません。混雑期は最大級に便利です。スマホでサクッと予約すればOKです。快適以外の何物でもありませんね。


早特制度で大きな割引

エクスプレス予約には、乗車の3日前や21日前までに予約すると、割引幅が拡大してお得な早特制度があります。これはスマートEXにも用意されています。

ジャンル 条件 割引対象 利用シーン
EX早特 3日前までの予約 長距離区間の「のぞみ」 遠方の旅行
EX早特21 21日前までの予約 早朝・日中の「のぞみ」 旅行や結婚式など、前から予定が決まっている時
EXグリーン早特 3日前までの予約 早朝の「のぞみ」、
終日の「ひかり」のグリーン車
のぞみ・ひかりのグリーン車希望
EXこだまグリーン早特 3日前までの予約 「こだま」グリーン車 こだまでOKでグリーン車希望
EXのぞみファミリー早特 3日前までの予約
2名以上で利用
土休日の「のぞみ」
子供用の設定もあり
週末の家族旅行など
EXこだまファミリー早特 3日前までの予約
2名以上で利用
「こだま」
子供用の設定もあり
家族や友人と一緒に旅行

特に「EX早特21」は割引額が大きく、金券ショップと比較してお得になることが多いので、前もって予定を確定できる場合で、時間帯が合う場合はお得です。

こだま限定でのお得な割引も用意されています。三島から東京に向かう場合などは便利です。

こだまの発車時刻の電光掲示板

以下、特に利用頻度が大きいと思われるEX早特、EX早特21、EXグリーン早特、EXのぞみファミリー早特の代表的運賃について解説します。

EX早特

乗車日の3日前までに予約すると、長距離の「のぞみ」普通車指定席・グリーン車がお得になる制度です。

予約後に予定が変わった場合、他の商品に手数料無料で変更可能なので安心です。ただし、差額料金は必要です。

主な区間の価格(通常期・大人1名片道)は下表のとおりです。名古屋か新大阪と博多間ですと割引幅が大きくてお得感があります。

主な区間 平日 土日
普通車指定席 グリーン車 普通車指定席 グリーン車
東京/品川⇔岡山 14,400円
(-2,940円)
20,360円
(-2,940円)
14,000円
(-3,340円)
18,700円
(-4,600円)
東京/品川⇔広島 15,900円
(-3,180円)
22,380円
(-3,830円)
15,500円
(-3,580円)
20,200円
(-6,010円)
名古屋⇔博多 14,200円
(-4,340円)
19,500円
(-6,170円)
14,000円
(-4,540円)
18,700円
(-6,970円)
新大阪⇔博多 11,780円
(-3,530円)
15,380円
(-5,890円)
11,080円
(-4,310円)
14,600円
(-5,170円)

EX早特21

21日(3週間)前までに予約すると、「のぞみ」普通車指定席をスマートEX商品で最もおトクな価格で予約可能となります。

朝6時台、昼11~15時台に出発する直通の「のぞみ」普通車指定席が対象です。早朝、昼間でOKで早期予約可能ならお値打ちです。

予約後に予定が変わった場合、他の商品に手数料無料で変更可能なのが良心的です。

この手の早期予約で割引が大きい商品は、キャンセル不可とされていることが多いので嬉しいですね。もちろん、差額料金は必要です。

設定区間は、人気路線の東京・品川・新横浜⇔名古屋・京都・新大阪も含まれています。全区間の価格の一覧表(普通車)は以下のとおりです。

路線 紙のきっぷ
の価格(円)
EX早特21
の価格(円)
割引額
(円)
東京・品川~名古屋 11,090 8,800 -2,290
東京・品川~京都 13,910 10,800 -3,110
東京・品川~新大阪 14,450 11,000 -3,450
東京・品川~新神戸 15,100 11,400 -3,700
東京・品川~岡山 17,340 13,000 -4,340
東京・品川~福山 17,660 13,900 -3,760
東京・品川~新尾道 18,540 14,000 -4,540
東京・品川~三原 18,540 14,000 -4,540
東京・品川~東広島 18,760 14,000 -4,760
東京・品川~広島 19,080 14,000 -5,080
東京・品川~新岩国 19,940 14,400 -5,540
東京・品川~徳山 20,360 14,800 -5,560
東京・品川~新山口 21,240 15,000 -6,240
新横浜~名古屋 10,450 8,600 -1,850
新横浜~京都 13,250 10,700 -2,550
新横浜~新大阪 14,120 10,900 -3,220
新横浜~新神戸 14,770 11,300 -3,470
新横浜~岡山 17,010 13,000 -4,010
新横浜~福山 17,660 13,900 -3,760
新横浜~新尾道 17,660 14,000 -3,660
新横浜~三原 17,660 14,000 -3,660
新横浜~東広島 18,540 14,000 -4,540
新横浜~広島 18,760 14,000 -4,760
新横浜~新岩国 19,610 14,400 -5,210
新横浜~徳山 20,040 14,800 -5,240
新横浜~新山口 20,690 15,000 -5,690
名古屋~小倉 17,340 13,000 -4,340
名古屋~博多 18,540 13,000 -5,540

京都・新大阪・新神戸と中国・四国・九州の間の路線は設定がありません。

EXグリーン早特

乗車日の3日前までに予約すると、「のぞみ」と「ひかり」のグリーン車がお得になる制度です。

予約後に予定が変わった場合、他の商品に手数料無料で変更可能なので安心・安全です(差額料金は必要)。

設定区間は、東京・品川・横浜と、名古屋・関西の間となっています。料金、「のぞみ」グリーン車の所定運賃・料金との差額は下表のとおりです。

区間 価格 割引額
東京・品川 ⇔ 名古屋 11,830円 -2,850円
⇔ 京都 13,860円 -4,830円
⇔ 新大阪 14,400円 -4,830円
⇔ 新神戸 14,710円 -5,170円
新横浜 ⇔ 名古屋 11,180円 -2,860円
⇔ 京都 13,540円 -4,490円
⇔ 新大阪 14,070円 -4,830円
⇔ 新神戸 14,390円 -5,160円

EXのぞみファミリー早特

乗車日の3日前までに予約すると、「のぞみ」普通車指定席・グリーン車で割引が受けられる仕組みです。

2名以上で土休日に利用可能な席数限定の運賃です。子供用の設定があり、設定除外日もあります。

こちらも手数料無料で予約を変更できます(差額料金は必要)。設定区間は、東京・品川・横浜と、名古屋・関西の間となっています。

区間 普通車指定席 グリーン車
大人 子供 大人 子供
東京・品川 ⇔ 名古屋 9,770円 4,880円 11,830円 6,940円
(-1,320円) (-660円) (-2,850円) (-2,450円)
⇔ 京都 11,800円 5,890円 13,860円 7,950円
(-2,110円) (-1,060円) (-4,830円) (-4,040円)
⇔ 新大阪 12,340円 6,160円 14,400円 8,220円
(-2,110円) (-1,060円) (-4,830円) (-4,040円)
⇔ 新神戸 12,600円 6,300円 14,700円 8,400円
(-2,500円) (-1,240円) (-5,180円) (-4,180円)
新横浜 ⇔ 名古屋 9,120円 4,550円 11,180円 6,610円
(-1,330円) (-670円) (-2,860円) (-2,460円)
⇔ 京都 11,480円 5,730円 13,540円 7,790円
(-1,770円) (-890円) (-4,490円) (-3,870円)
⇔ 新大阪 12,010円 6,000円 14,070円 8,060円
(-2,110円) (-1,060円) (-4,830円) (-4,040円)
⇔ 新神戸 12,300円 6,150円 14,400円 8,250円
(-2,470円) (-1,230円) (-5,150円) (-4,170円)

※カッコ内の数字は「のぞみ」所定運賃・料金(通常期)との差額


エクスプレス予約・プラスEXとの比較

新幹線の台に乗せたNECのノートPC

これまで新幹線切符の発券なしでチケットレスで乗車できるサービスとしては、エクスプレス会員向けの「EXサービス」がありました。

指定席のネット予約と会員専用ICカードによるチケットレス乗車が可能であり、料金が安くなるというメリットもあります。

「EXサービス」には、JR東海とJR西日本の「エクスプレス予約」があります。

従来はJR東海の「プラスEX」もあり、2017年9月2日からエクスプレス予約に統合されました。ただし、グリーンプログラムが適用されてない点が違いとして残ります。

プラスEXがエクスプレス予約に統合!改悪と改善あり!既存サービスとの違いと比較まとめ
携帯電話、パソコン、スマートフォンから、東海道新幹線(東京~新大阪)の指定席が予約できる「プラスEX」というサービスがあります...

エクスプレス予約は「JR東海エクスプレスカード」、JR西日本の「J-WEST カード(エクスプレス)」が必要です。年会費は1,080円(税込)です。

チケットレスサービスの中では年会費は高いものの、新幹線が最も安価です。

JR東海のエクスプレス予約まとめ!新幹線がICカードやスマートフォンでお得に乗れる!
エクスプレス予約とは、携帯電話、パソコン、スマートフォンから、東海道・山陽新幹線(東京~博多)の指定席が予約できるサービスです...

もしくは、ビューカードを保有している場合は、モバイルSuicaでエクスプレス予約が使えます。おサイフケータイ対応のスマホ・ケータイ等が必要です。Apple Payではエクスプレス予約は利用できません。

交通系電子マネーへのチャージでのポイント還元率が最も高いのはビューカードの1.5%です。

したがって、モバイルSuicaが利用できる場合は、ビューカードで登録したモバイルSuicaでエクスプレス予約をすると便利です。

モバイルSuicaの場合はJR東日本の新幹線もお得に乗れるモバイルSuica特急券も使えます。

モバイルSuica特急券(モバトク・スーパーモバトク)まとめ!
モバイルSuicaは、新幹線の切符や特急券も買えます。「モバイルSuica特急券」という名前で「モバトク」と呼ばれています。更にお得な...

旧・プラスEXはビューカード&モバイルSuica、エクスプレスカード、J-WESTカードがなくても、主要カード会社8社のクレカがあれば利用できるサービスでした。

クレカの枚数を増やしたくない場合、メインカードで新幹線代を決済したい場合に便利でした。

プラスEXの使い方まとめ!IC早特はエクスプレス予約と同じ割引でお得
プラスEXとは、携帯電話、パソコン、スマートフォンから、東海道新幹線(東京~新大阪)の指定席が予約できるサービスです。JRグルー...

従来の「プラスEX」の年会費は540円(税込)でした。エクスプレス予約よりは年会費が低い代わりに、割引率も低くなっていました。

ただし、3日前までの予約&のぞみ(早朝)かひかりという縛りがある「IC早特」(現・EX早特)なら、エクスプレス予約とプラスEXで価格差がありませんでした

エクスプレス予約は、予約の変更が何度でも無料で可能で、直前のキャンセルでも、払戻手数料がお得なのも大きなメリットです。好きな座席も選べます。

スマートEX、エクスプレス予約、旧・プラスEXの違いを比較すると、下表のとおりです。価格はのぞみの通常期です。

項目 スマートEX 旧・プラスEX エクスプレス予約
区間 東海道・山陽新幹線
(東京~博多間)
東海道新幹線
(東京~新大阪間)
東海道・山陽新幹線
(東京~博多間)
対象
クレカ
国際ブランドが以下ならOK
Visa
MasterCard
JCB
アメックス
ダイナースクラブ
以下の会社の発行カード
JCB
三井住友カード
三菱UFJニコス
イオン銀行
アメリカン・エキスプレス
セディナ
三井住友トラストクラブ
トヨタファイナンス
ビューカード
(モバイルSuica)
エクスプレスカード
J-WESTカード
(エクスプレス)
年会費 無料 540円(税込) 1,080円(税込)
カード 交通系ICカード 専用カード 専用カード
特典 - - グリーンプログラムあり
モバイル対応 モバイルSuica
Apple PayのSuica
- モバイルSuica
割引
特定市内駅・
都区内制度
- - -
東京⇔名古屋 普通車指定:10,890円
グリーン車:14,480円
普通車指定:10,680円
グリーン車:14,270円
普通車指定:10,110円
グリーン車:13,700円
東京⇔新大阪 普通車指定:14,250円
グリーン車:19,030円
普通車指定:13,940円
グリーン車:18,720円
普通車指定:13,370円
グリーン車:18,140円
新大阪⇔博多 普通車指定:15,110円
グリーン車:21,070円
- 普通車指定:13,240円
グリーン車:18,540円
早特

汎用性・利便性はスマートEXが高いです。年会費が無料で5大ブランドのクレジットカードなら、どれでもOKというのが大きいです。

交通系ICカードとは別の専用カードを持つ必要がなく、お財布に入れる枚数を減らしてコンパクト・シンプルな移動が可能です。

ただし、料金割引は200円のみで、早特の制度もエクスプレス予約と比較すると充実していません。あくまで利便性を重視しているサービスです。

新幹線に乗車する頻度が多い場合は、エクスプレス予約も候補となります。割引のメリットが大きくなります。

エクスプレス予約(旧・プラスEX)

旧・プラスEXは、8つの会社が発行しているクレジットカードで利用できて便利です。年会費もエクスプレス予約よりも安いです。

ただし、割引額はエクスプレス予約の方が高く、またグリーンプログラムという優遇プログラムがあるのもメリットです。

エクスプレス予約で新幹線に乗車すると、「グリーンプログラム」が適用されて、利用区間に応じて自動的にポイントが貯まります。

主要駅で貯まるポイントについて表にまとめました。例えば、東京→新大阪は90ポイント、新大阪→博多は110ポイント貯まります。

駅名 東京 新横浜 静岡 名古屋 京都 新大阪 新神戸 岡山 広島
新横浜 10                
静岡 20 20              
名古屋 50 50 20            
京都 90 90 50 20          
新大阪 90 90 50 20 10        
新神戸 90 90 90 50 20 10      
岡山 110 110 90 50 50 20 20    
広島 130 130 110 90 50 50 50 20  
小倉 150 130 130 110 90 90 90 50 50
博多 150 150 130 130 110 110 90 90 50

ポイントの有効期限は、乗車日の翌年6月末日(23:30)までです。

このポイントが一定水準まで貯まると、グリーン車を普通車の値段で利用できます。登録不要なので便利なプログラムです。

N700グリーン車

グリーン車は空いている傾向にあって快適ですし、電源も用意されているのでPCやタブレットでの作業が捗ります。

グリーン車の利用に必要なポイント数は、利用区間に関わらず、1席あたり一律となっています。以下のとおりです。

  • のぞみ:1,000ポイント
  • ひかり:800ポイント
  • こだま:600ポイント

例えば、東京・品川⇔新大阪(90ポイント区間)を6往復すれば、1回「のぞみ」のグリーン席を普通車料金で利用できます。

ポイントを利用したグリーン車の予約は、乗車当日まで可能です。エクスプレス予約で予約する際に、ポイントが貯まっていれば自動的に表示されるボタンを選ぶだけです。

グリーンプログラムのサービスは、毎年1月1日~12月31日の1年間が一つのサイクルとなります。各期のポイント有効期限(グリーン特典の予約申込期限)は、乗車日の翌年6月末日(23:30)までです。

新幹線のヘビーユーザーならエクスプレス予約がお得になります。

JR東海のプラスEXは2017年9月2日からエクスプレス予約に統合されましたが、グリーンプログラムは適用されません。

適用されるにはビューカード&モバイルSuica、JR東海エクスプレスカード、J-WESTカードでのエクスプレス予約への加入が必要です。

項目 スマートEX エクスプレス予約
(旧・プラスEX)
エクスプレス予約
区間 東海道・山陽新幹線
(東京~博多間)
東海道新幹線
(東京~新大阪間)
東海道・山陽新幹線
(東京~博多間)
対象
クレカ

国際ブランドが以下ならOK
Visa
MasterCard
JCB
アメックス
ダイナースクラブ

以下の会社の発行カード
JCB
三井住友カード
三菱UFJニコス
イオン銀行
アメリカン・エキスプレス
セディナ
三井住友トラストクラブ
トヨタファイナンス
ビューカード
(モバイルSuica)
エクスプレスカード
J-WESTカード
(エクスプレス)
年会費 無料 1,080円(税込) 1,080円(税込)
カード 交通系ICカード 専用カード 専用カード
特典 - - グリーンプログラム
モバイル対応 モバイルSuica
Apple PayのSuica
- モバイルSuica
割引
特定市内駅・
都区内制度
- - -
東京⇔名古屋 普通車指定:10,890円
グリーン車:14,480円
普通車指定:10,110円
グリーン車:13,700円
普通車指定:10,110円
グリーン車:13,700円
東京⇔新大阪 普通車指定:14,250円
グリーン車:19,030円
普通車指定:13,370円
グリーン車:18,140円
普通車指定:13,370円
グリーン車:18,140円
新大阪⇔博多 普通車指定:15,110円
グリーン車:21,070円
普通車指定:13,240円
グリーン車:18,540円
普通車指定:13,240円
グリーン車:18,540円
早特

まとめ

笑顔のOL

スマートEXは手持ちのメインのクレジットカードで決済でき、専用のICカードが不要で、普段使っている交通系ICカードで新幹線に乗れるのが嬉しいです。

年会費無料で、手間がかからずに時間を節約できるのが大きなメリットです。予約変更も発車前まで何度でも可能です。

年会費が有料の会員制度に登録する必要がありません。クレジットカード、Suica・PASMOなどさえあればOKです。

Android・ガラケーのモバイルSuica、iPhone・Apple WatchでのApple PayのSuicaでも利用可能です。

スマホ・タブレット・PCで簡単な操作で、東海道・山陽新幹線の指定席を予約でき、そのまま登録したSuicaやPASMOで新幹線の改札をスイスイとスピーディーに通過できます。

他方、料金面での割引は200円OFFにとどまるのがデメリットです。新幹線に安く乗るためには、エクスプレス予約、旧・プラスEX、金券ショップなどの活用が必要になります。

新幹線・特急・定期券の自販機(JR東日本)

残念ながらエクスプレス予約と同様に、特定市内駅制度・都区内制度は適用外となりました。

特定市内駅制度とは、新幹線の乗車券で例えば大阪市や横浜市などの市内の在来線も無料で乗れる仕組みです。

都区内制度は東京23区内の在来線が無料で乗れます。紙の正式なきっぷでは適用される制度です。

具体的には、東京都区内の場合、東は小岩・葛西臨海公園まで、西は西荻窪まで、南は西大井・蒲田まで、北は浮間舟渡・金町まで無料です。

横浜市内の場合、矢向、川崎、扇町、大川、海芝浦、本郷台、戸塚、長津田まで無料です。大阪市内の場合、東淀川、放出、加美、杉本町、桜島、加島、塚本まで無料です。

スマートEXでは特定市内駅制度・都区内制度が利用できないため、在来線の乗車がある場合は、価格面では紙のきっぷを買った方が安くなる場合が多いです。

価格面でメリットが減退しましたけれども、自動販売機や窓口に並ぶこと無く新幹線のきっぷを買える利便性は優れています。

スマートEXに登録するのは高還元のクレジットカードがお得です。年会費無料で1.5%還元のカードもあります。

高還元率のおすすめクレジットカードまとめ!2017年最新版
クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

その他のクレジットカードを比較検討したいという場合は、以下のクレジットカード一覧をご参照ください。おすすめクレジットカードについて徹底的にまとめています。

節約に役立つおすすめのクレジットカードまとめ!お得で便利に!2017
「生活費の支払いでクレジットカードを有効活用していきたくてアドバイスをほしい」とコメント頂きました。生活費を良いクレジットカ...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-電子マネー・ポイント

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.