SHURE(シュア)のイヤホンってどう?メリット・デメリットを解説

更新日:   家計 ブログ

サイト運営費用を賄うための運営ポリシー

SHURE(シュア)のイヤホン

SHURE(シュア)という音響機器の製造・販売で有名なメーカーがあります。

アメリカに拠点がある世界的な音響機器ブランドで、1925年にシドニー・シュア氏が、無線機器の組み立てキット販売企業をイリノイ州シドニーで創業したことが源流です。

SHUREはニーズが低下した無線機器から、上昇していたマイクロホンに軸足を移し、現代ではイヤホン・ヘッドホン・マイクに参入するなど、時代の変化に対応して進化を成し遂げて、100周年近くなっています。

SHUREは「マイクロホンの業界標準を継続的に切り開いている」というスタンスだけあり、ライトユーザーから音楽のヘビーユーザーまで、幅広い支持を集めているクオリティのイヤホン・ヘッドホン・マイク等を提供しています。

世界的なミュージシャンも愛用しているだけあり、SHUREのマイクはプロまで全体的に高い評価を受けています。

SHURE(シュア)のイヤホンの特徴

レコーディング・ライブなど、多様なシーンでSHUREの製品が利用されており、品質の高さが伺えます。

このようなSHUREのイヤホンでは、高級イヤホンではコストパフォーマンスが良好という評判・口コミが多いです。

主なメリット

  • 原音に忠実な音質で、低音域の解像度が高い
  • ホールで聴いているかのような立体感
  • 指で弦をはじく奏法がクオリティ良好で再現
  • マイクロホン内蔵型リモコン搭載、低反発イヤーピースが付帯しているタイプも
  • 通話や音声での操作が可能なタイプも
  • 音楽だけではなく、ドラマ・映画などの臨場感・セリフのクオリティも良好
  • フィット感がよく装着感が快適
  • 遮音性が高く、音漏れもしない
  • イヤホン本体とケーブルの接続部分を切り離すことが可能
  • ほとんどのイヤホンが着脱式のケーブル
  • IPX4防滴性能で汗や水などの影響を受けないモデルもあり

多様なジャンルを楽しく聞けるのが特徴であり、価格帯も1万円前後~10万円前後と幅広いラインナップです。

コスパ重視、価格が高くてもクオリティ重視など、ウイングが広くて豊富なニーズに対応しています。

デメリットは、1,000円といった格安のタイプはない点です。

あくまで世界中のミュージシャンに指示されている音響メーカーですので、音が聞こえればいいという安価なゾーンはカバーしていません。

SHURE(シュア)のイヤホン

-家計, ブログ