The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

SBI証券の積立NISAはSBIポイントが貯まる可能性大!毎日つみたての設定も可能

更新日: SBI証券 証券会社 投資信託・ETF

積立てのイメージ写真

2018年から積立NISA(つみたてNISA)という制度が開始します。正式名称は「非課税累積投資契約に係る非課税措置」です。

節税メリットがあり、投資の利益にかかる税金(通常は約20%)が無税となります。

No.1ネット証券のSBI証券は、2017年9月22日から、NISA口座開設済みの方を対象に「つみたてNISA」の申込受付を開始します。

NISA枠ぎりぎり注文、課税枠シフト注文、毎日の積立設定、0.05%~0.2%のSBIポイント獲得の可能性など、SBI証券らしいスペックとなっています。

SBI証券の積立NISAのメリット、デメリット、キャンペーンについてまとめます。


積立NISAの概要

積立てのイメージ写真

前提として積立NISAとは、株式・投資信託などへの投資で得た利益(キャピタルゲイン・インカムゲイン)が非課税となる制度です。

非課税期間は20年であり、毎年の投資上限枠は年40万円です。1年40万円×20年で合計800万円分が非課税となります。

現行のNISAとの併用は不可能であり、NISAと積立NISAはどちらかを選択することになります。iDeCo、ジュニアNISAとの併用はOKです。

iDeCo(イデコ)、NISA(ニーサ)、積立NISAの違いを比較!使い分けを徹底分析!2018
2018年から積立NISA(つみたてNISA)という制度が開始します。2017年もあったNISA(ニーサ)とは選択制となります。その他、個人型確定拠...

NISAの非課税期間は5年、年間の上限枠が120万円です。

積立NISA(つみたてNISA)のメリット・デメリット・比較・お得な使い方まとめ
若年層らの投資促進のために創設するNISA(少額投資非課税制度)に新しい枠組みである「積立NISA」が導入されます。非課税となる限度...

ちなみに従来から存在していたNISAについては、以下で精緻に分析しています。

2018年のNISA(ニーサ)まとめ!変更点・限度額・キャンペーンの比較
NISAという株式・投信・REIT等のキャピタルゲイン・配当の税金が0円になる制度が2014年から始まりました。正式名称は「少額投資非課税...

19歳までの子供限定の非課税投資制度「ジュニアNISA」もあります。年間非課税投資枠は80万円(5年で最大400万円)です。

非課税期間は最長5年間で、18歳までは途中払出しに制限があるのがNISAにはない制約となっています。ジュニアNISAの詳細については、以下で徹底解説しています。

ジュニアNISAのメリット・デメリット・比較・キャンペーンまとめ
2016年から「ジュニアNISA」という制度が開始します。親や祖父母が子供の代理で購入した株式や投信などの売却益・配当金・分配金が、5...

以下はSBI証券の積立NISAの特徴について、丹念に解説します。

メリット

積立タイミングが多様に

SBI証券の投信積立は、積立のタイミングの選択肢が多様で、自由に選択できるのが特徴です。積立NISAも同様です。

  • 毎日コース:毎営業日、積立買付
  • 毎週コース:毎週1回、選んだ曜日に積立買付
  • 毎月コース:毎月1回、選んだ日に積立買付
  • 隔月コース:2ヶ月に1回、選んだ日に積立買付
  • 複数日コース:毎月複数回、選んだ日ごとに積立買付

投信積立の選択肢の数は、主要ネット証券最多となっています。

ネット証券名 毎日 毎週 毎月 隔月 複数日
SBI証券
マネックス証券 全日の手動設定が必要 × × 複数日の手動設定が必要
楽天証券 ×(積立NISAには対応) × × ×
カブドットコム証券 全日の手動設定が必要 × × 複数日の手動設定が必要
松井証券 × ×

SBI証券なら好みに応じて柔軟な設定が可能になる点にエッジ・優位性があります。

極力、売買タイミングに影響されることを好まず、より一層の取得価格の分散化を図リたい方などは、1ヶ月に1回よりも毎日の方がいいでしょう。

「Always Coca-Cola」というスローガンがありましたけれども、そのようなイメージで積立NISAの利用が可能になります。

NISA枠ぎりぎり注文、課税枠シフト注文の可能性

SBI証券は「NISA枠ぎりぎり注文」および「課税枠シフト注文」が導入されており、NISA投資可能枠を無駄なく利用できる体制が構築されています。

従来のサービスではNISA投資可能枠内の注文でなければ発注ができず、枠を超える額の発注には積立設定の変更等、煩雑な手続きが必要でした。

しかし、「NISA枠ぎりぎり注文」では一度設定するだけで、NISAの投資可能枠を使いきる金額の購入注文が発動します。NISA枠を超える注文は発注されません。

例えば積立設定金額5万円で、NISA投資可能枠が残り4万円分の場合、4万円のNISA預かり注文が発注されて、NISA投資可能枠を超える分(1万円)は発注されません。

NISA枠ぎりぎり注文

課税枠シフト注文」ではNISAの投資可能枠以上の注文の場合、NISA投資枠を使い切った上で、収まりきらない積立金額分が、特定または一般預かりの注文として発注されます。

例えば積立設定金額5万円で、NISA投資可能枠が残り4万円分の場合、4万円のNISA預かり注文が発注されて、NISA投資可能枠を超える分(1万円)は特定/一般預かりの注文となります。

課税枠シフト注文

これらの発注方法は積立NISAでも利用可能となる可能性があります。

投信マイレージサービスで0.05%~0.2%還元の可能性

SBI証券の「投信マイレージサービス」では、対象の投資信託を保有している場合、月間平均保有額が1,000万円未満だと年率0.1%相当、1,000万円以上だと年率0.2%相当のSBIポイントが得られます。

一部の低コストインデックス投信は0.05%となります。

  • 三菱UFJ国際-eMAXIS Slimシリーズ
  • One-たわらノーロードシリーズ
  • SBI-EXE-iシリーズ
  • SBIボンド-SBI-PIMCOジャパンベターインカムファンド
  • ニッセイ-インデックスファンドシリーズ
  • 三井住友-三井住友DCインデックスファンドシリーズ
  • 大和-iFreeシリーズ
  • 大和住銀-ひとくふうシリーズ
  • 明治安田-ノーロードシリーズ

MMF・中国F・MRFなど一部、投信マイレージサービスが対象外の投信があります。

SBI証券の投信マイレージはNISA口座も対象なので、積立NISAでも対象になる可能性が高いです。

SBI証券 投信マイレージサービスは秀逸!eMAXIS Slim・ニッセイ外国株式・三井住友DC・たわらノーロード・ダイワiFreeなども0.05%のポイントが貯ま...
SBI証券には「投信マイレージサービス」というサービスがあります。対象投資信託の月間平均保有額に応じてSBIポイントが獲得できる制...

取扱商品は未定

笑顔で考える女性

SBI証券の積立NISAの取扱商品は、まだ未発表となっています。積立NISAの対象となるには厳しい条件をクリアする必要があり、投信全体の2%以下の100本前後です。

アクティブ投信はインデックス投信よりも条件が厳しく、5年以上の運用実績、50億円以上の残高、資金流入超過の期間が3分の2以上などの条件が加わります。

区分 条件
ETF 指定インデックスに連動
売買手数料が1.25%以下
信託報酬率が0.25%以下
取引所が指定するもの
最低取引単位が1,000円以下
資産残高1兆円以上(外国取引所ETFのみ)
指定インデックス投信 指定インデックスに連動
販売手数料が0%
信託報酬率:国内資産対象は0.5%以下、海外資産対象は0.75%以下
アクティブ投信 販売手数料が0%
信託報酬率が国内資産対象は1.0%以下、海外資産対象は1.5%以下
純資産額が50億円以上
運用実績が5年以上
3分の2以上の期間で資金流入超
主な投資対象の資産が株式
投資対象は、「株式」「株式および公社債」「株式およびREIT」「株式、公社債およびREIT」のいずれか

指定インデックスとは、つみたてNISA制度で投資可能として規定されたインデックスを指します。単品でも投資可能なのは以下のインデックスのみとなります。

投資対象 インデックスの名称
日本 ・TOPIX
・日経225
・JPX日経400
・MSCI Japan Index
全世界 ・MSCI ACWI Index
・FTSE Global All Cap Index
先進国 ・FTSE Developed Index
・FTSE Developed All Cap Index
・S&P 500
・CRSP U.S. Total Market Index
・MSCI World Index
・MSCI World IMI Index
新興国 ・MSCI Emerging Markets Index
・FTSE Emerging Index
・FTSE RAFI Emerging Index

確定拠出年金(個人型)に準じた低コストインデックス投信、評判・口コミが良好なアクティブ投信のひふみ投信などの取扱いが期待できます。

投資信託は基本的には低コストのインデックス投信が無難です。この点、SBI証券の積立NISAは、買ってもいいと言える低インデックス投信が多数揃うことが期待できます。

幅広いアセットクラスにおいて優良な低コスト投信が揃っているので、ポートフォリオを好みに応じて組み立てることが可能となります。

つみたてNISAで投資可能な代表的な投資信託は以下のとおりです。

  • 三菱UFJ国際-eMAXIS Slimシリーズ
  • One-たわらノーロードシリーズ
  • りそなアセットマネジメント-Smart-iシリーズ
  • ニッセイ-インデックスファンドシリーズ
  • 三井住友-三井住友DCつみたてNISAインデックスファンドシリーズ
  • 大和-iFreeシリーズ
  • 大和住銀-ひとくふうシリーズ
  • 明治安田-ノーロードシリーズ
  • 野村アセットマネジメント-野村つみたてシリーズ
  • ひふみ投信
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド

手数料

ビジネスの相談・ミーティング

積立の利用にあたって支払う手数料は、NISA、ジュニアNISAと同様に無料になる可能性が極めて高いです。

ちなみにNISA、ジュニアNISA、iDeCoは証券会社にとっては収支は厳しくてほとんど収益が上がっていなそうです。

逆に言うと個人投資家にとっては極めて有利な制度です。微益を通り越して赤字の可能性すらあると思います。

これら単体では採算度外視の様相を呈しており、見込み顧客の獲得に動いているからできることです。微益を通り越して赤字の可能性すらあると思います。

政府は財政状況が芳しくない中で、市民に自助努力での資産形成を促す趣旨で、確定拠出年金の加入者を増やして、税制面でのインセンティブを増やす取り組みを行っています。

こうした情勢下、SBI証券は顧客のニーズを正確に捉えて、ユーザーにとって良いクオリティの素晴らしい制度を用意していると考えます。

SBI証券の個人型・確定拠出年金(iDeCo)は、豊富な運用商品と完全無料の運営管理手数料が魅力!
確定拠出年金(401k)という制度があります。愛称は「iDeCo」(イデコ)です。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税する...

まとめ

楽しそうな仲間たち

SBI証券の積立NISAはNISA枠ぎりぎり注文、課税枠シフト注文、毎日の積立設定、0.05%~0.2%のSBIポイント獲得の可能性などにエッジ・優位性があります。

口座開設数No.1のSBI証券は投資信託の積立サービスを「貯蓄から資産形成へ」の時代を拓く強力なツールであると位置付けています。

SBI証券の投信積立は秀逸!毎日積立も可能でNISA投資可能枠を使いきれる「NISA枠ぎりぎり注文」「課税枠シフト注文」も!
SBI証券が2017年10月中旬から投信積立を大幅に拡充しました。2006年から11年以上も積立サービスを提供している老舗が更なる進化を成し...

2006年よりサービス提供を開始以来、投信マイレージサービス、最低設定金額の100円への引き下げ、積立日設定方法の多様化、「NISA枠ぎりぎり注文」「課税枠シフト注文」など、投資信託のサービス拡充に積極的に取り組んできました。

その結果として、投資信託の積立設定金額は、ネット証券最大となる70億円を突破(2017年9月4日現在)しています。

チャンピオンのトロフィーを掲げるアスリート

積立NISAは非課税の積立サービスであり、個人投資家の裾野拡大に資する制度であることから、SBI証券は最大級に積極的に取り組む可能性が極めて高いです。

他のネット証券ですと楽天証券の積立NISAは、楽天スーパーポイントを投信購入に使えるのが特徴です。

楽天証券の積立NISAは楽天スーパーポイントが使える!毎日つみたての設定も可能
2018年から積立NISA(つみたてNISA)という制度が開始します。正式名称は「非課税累積投資契約に係る非課税措置」です。節税メリットが...

マネックス証券の積立NISAは、資産設計アドバイスツール「MONEX VISION β」との連携が特徴的です。

マネックス証券の積立NISAは、MONEX VISION βと連動したポートフォリオ分析が魅力!
2018年から積立NISA(つみたてNISA)という制度が開始します。正式名称は「非課税累積投資契約に係る非課税措置」です。節税メリットが...

SBI証券は今後もより一層の発展を期待できる卓越したネット証券です。

SBI証券は、日本におけるネット証券の先駆者として、「顧客中心主義」の経営理念のもと、「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供してきました。

手数料が安い、商品のラインナップが豊富の両方を高い次元で満たしています。どちらか片方ではなく、両面に秀でているのが素晴らしい総合ネット証券です。

短期のトレーディングから中長期投資まで、幅広い個人投資家がフル活用できます。私もフル活用して、パフォーマンスを向上させています。

2016年7月には、SBI証券に取材に行き、株式会社SBI証券 商品開発部の杉本部長、稲場さんにインタビューしました。

杉本部長は以前にSBI証券のIPO引受け部門で活動していたことがある方です。IPOを知り尽くしたプロから、貴重なIPOに関するお話を伺えました!

SBI証券に取材インタビュー!IPOでネットにはないディープな情報を聞き倒しました!
日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

続いて以下では、IPO以外のあらゆるサービスについても、株式・外国株式から投資信託、FXまで色々と聞き倒しています!

SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。ネット証券でNo.1の口座開設数、NISA口座数はネット証券...

SBI証券は大手証券会社に引けをとらない幅広い商品ラインナップを取り揃えており、しかもコストは低いです。100万の資産運用でも大活躍します。

特にPTSIPO立会外分売つなぎ売りに使える一般信用売り、米国株投信保有で付与されるSBIポイント(投信マイレージ)、住信SBIネット銀行との連携、CFD金・プラチナには絶大なメリットがあります。

SBI証券はメリット絶大!個人的口コミまとめ
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...

トレーディングに有用なサービス・取引ツールから、充実の投信積立まで幅広いサービスを提供しています。

デイトレーダー、スイングトレーダー、バリュー投資家、グロース投資家、インデックス投資家などありとあらゆる投資家が有効活用できる、総合ネット証券です。

活用していくと、リターンが着実に向上します。私はSBI証券がなかったら困り果ててしまいます。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。ネット証券としては破格のキャンペーンです。

SBI証券のタイアップキャンペーン

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-SBI証券, 証券会社, 投資信託・ETF
-

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.