The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

リクルートカードは2枚持ちが最強!JCBとMastercardかVisaの組み合わせが可能!

更新日: クレジットカード

リクルートカード(JCBとMastercard) (1)

リクルートカードは年会費が無条件で無料、基本還元率1.2%、1枚あたり月3万円までは電子マネーチャージでポイント付与が魅力的なクレジットカードです。

nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAなど電子マネーチャージでのポイント付与は、1ヶ月あたり3万円までとなります。

しかし、2枚持ちすると3万円+3万円で合計6万円までポイント付与の対象となります。

また、ETCカードの発行手数料、チャージ可能な電子マネーの種類、利用可能店舗にも差異があり、複数のカードを持つことで最大級に得することが可能です。

リクルートカードの2枚持ちについて、注意点を完全網羅して、わかりやすく徹底的に解説します。

2枚持ち可能な組み合わせ

リクルートカードはJCBと、VisaかMastercardの2枚持ちが可能です。VisaとMastercardの2枚持ちはNGです。以下の組み合わせが可能です。

  • リクルートカード(JCB)、リクルートカード(VISAかMastercard)
  • リクルートカード(JCB)、リクルートカード(VISAかMastercard)

JCBは株式会社ジェーシービー、VisaとMastercardは三菱UFJニコス株式会社が発行しています。

JCB本社MUFG

三菱UFJニコスが発行するVisaブランドのリクルートカードとMastercardブランドのリクルートカードは同時保有できません。

しかし、(1)JCB、(2)VisaかMastercardの組み合わせなら、リクルートカード2枚持ちはOKです。

かつて発行されていたリクルートカードプラスは、VisaかMastercardとの同時保有が可能です。リクルートカード(JCB)とリクルートカードプラスの2枚持ちは不可能です。

3枚持ちは不可

リクルートカード(Mastercard・VISA・JCB)

リクルートカードのJCB、Visa、Mastercardの3枚持ちはできません。

JCB、VisaかMastercardを保有している状態で同じリクルートIDで申し込もうとすると、「※同じ発行カード会社のカードを複数お申し込みいただくことはできません。」というエラーメッセージが表示されます。

リクルートカード申込時のエラーメッセージ

別のリクルートIDで申し込もうとしたとしても、審査の段階で弾かれます。また、リクルートIDは原則として1人1つであり、複数はNGとなっています。

×という印を持ってダメを示すイラスト

2枚持ちで電子マネーでのポイント付与が月6万円に

リクルートカードは国際ブランドによって、ポイント付与対象の電子マネーが変わってきます。

  • JCB:nanaco、モバイルSuica、QUICPay
  • Visa/Mastercard:nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

JCBはQUICPay、Visa/Mastercardは楽天Edy、SMART ICOCAで、それぞれ得することが可能な点がオリジナルです。

nanacoカードにはQUICPayも搭載されています。QUICPayの登録をすると、QUICPayが使えるようになります。「QUICPay(nanaco)」という名前です。

nanacoカードの裏面

セブン-イレブンでnanacoカードに搭載されているQUICPayでお買い物すると、200円(税抜)ごとに1ポイントが貯まります。更にQUICPayに登録したクレジットカードのポイントも貯まります。

つまり、リクルートカードを登録したQUICPay(nanaco)は、セブン-イレブンで合計還元率1.7%(クレカの1.2%+セブン-イレブンで買い物時の0.5%)となります。

各国際ブランドの電子マネー対応状況をまとめると下表のとおりです。

  JCB Visa/Mastercard
nanaco
モバイルSuica
QUICPay ×
楽天Edy ×
SMART ICOCA ×
ポイント対象 合計で月3万 合計で月3万

2018年4月16日(月)からは、どの国際ブランドでも、電子マネーチャージ利用分は、合計で月30,000円までがポイント付与の対象となります。

ただし、JCB、VISAかMastercardの2枚持ちを行えば、3万円+3万円=月6万円まではOKとなります。リクルートに確認済みです。

1ヶ月間のサイクルは16日~翌月15日であり、集計期間内に売上データが到着した分で3万円が上限となるので、売上データが遅れるリスクを考慮すると早めのチャージが無難です。

リクルートカードは2018年4月15日(日)までは、電子マネーのチャージによって無制限に1.2%のPontaポイントを獲得できました。JCBはnan...

税金・社会保険料の支払い、セブンイレブン・イトーヨーカドー・デニーズ等の支払いは、リクルートカードでチャージしたnanacoで行うのがベストです。

セブン&アイのプロパーカードであるセブンカード・プラスより高還元で、イトーヨーカドーでお得なクレジットカードの筆頭です。

クレカが使えないけど楽天Edyが使える店舗では楽天Edyを使うことで、効率よくポイントを貯められます。

そうしたことから、nanacoと楽天Edyの両方を使うという方は、VISA一本ではなくJCBとのリクルートカード2枚持ちも検討し得ます。

また、nanaco・楽天Edyのチャージの利用可能枠は、VISA/MastercardとJCBの2枚を発行すると、それぞれ別枠となります。

電子マネーチャージの利用可能額を多く確保しておきたい場合は、2枚持ちが選択肢となります。

nanaco

実際に2枚持ちで電子マネーで最大月720ポイントを獲得

論より証拠として、リクルートカードのJCBとMastercardを2枚持ちして、nanacoチャージを実施しました。

第一に、JCBブランドのリクルートカードで1ヶ月間で34,000円のnanacoチャージを行いました。

リクルートカード(JCB)のnanacoチャージの履歴

第二にMastercardブランドのリクルートカードで1ヶ月間で31,000円のnanacoチャージを行いました。

リクルートカード(Mastercard)の利用履歴

リクルートカードMastercardのnanacoチャージの履歴

結果として獲得できたのは、3万円の1.2%である360ポイント×2枚分=720ポイントでした。やはり上限3万円という限度額が効いています。

リクルートカード2枚持ちで1ヶ月間で獲得できる上限ポイントの明細

同一のリクルートIDで申し込めば、ポイントは合算して貯まるのでご安心ください。ポイントが2つのアカウントに分散する心配は無用です。

デフォルトではポイント加算のお知らせは別々のメールで届きます。JCBとMastercardで2通のメールが届きました。

リクルートカード(JCB)のポイント加算お知らせメール リクルートカード(Visa・Mastercard)のポイント加算お知らせメール

リクルートカードで貯まるリクルートポイントは、会員サイト「Ponta Web」でサクッと簡単にリアルタイムでPontaポイントに移行できるので便利です。

リクルートポイントからPontaポイントへの交換画面

Pontaポイントは2ポイント単位でJALマイルに交換できる点にエッジ・優位性があります。極限まで細かくマイルに移行できます。

Pontaポイントがいつのまにか2万ポイントを突破しました。私は共通ポイントはマイルに交換して、海外旅行に使っています。この度はJAL...

電子マネー・金券等の利用可能額が別枠

nanacoと楽天ポイントカード

JCBのリクルートカードは、ユーザーごとに「JCBギフトカード・鉄道回数券・電子マネーチャージなどの利用可能額」が設定されており、その範囲でnanacoチャージが可能です。

会員サイト「My JCB」のトップページの「ご利用可能額照会」を選択して、「JCBギフトカード・鉄道回数券・電子マネーチャージなどの利用可能額の照会はこちら」を選択します。

JCBギフトカード・鉄道回数券・電子マネーチャージなどの利用可能額の照会

すると、「JCBギフトカード・鉄道回数券・電子マネーチャージなどの利用可能額」が表示されます。この範囲内でnanacoチャージが可能です。私の場合は70万円でした。

リクルートカードのJCBギフトカード・鉄道回数券・電子マネーチャージなどの利用可能額

Visa/Mastercardのリクルートカードは、nanaco・楽天Edy等のチャージは月間20万円が上限となります。

JCB、VisaかMastercardのリクルートカードを2枚持ちすることで、商品券・鉄道回数券・電子マネーチャージの利用枠を増やすことができます。

ETCカードはJCBがお得

ドライブ

リクルートカードのうち、JCBはETCカードが完全無料というメリットがあります。

他のJCB発行のクレジットカードと同様の取り扱いとなっています。

JCBカードのETCカードJCBカードのETCカードの裏面

Visa/Mastercardの方は、年会費は無料であるものの、1,080円(税込)の発行手数料が発生してしまいます。

Edy・SMART ICOCAや利用可能店舗の観点で、Visa/Mastercardがいい場合でも、ETCカードのみはJCBというストラテジーも有効です。

使える店舗はVisa/Mastercardが多い

地球儀を眺めて微笑むキャビンアテンダント

使える店舗数の側面では、Visa/Mastercardが秀でています。世界中で加盟店が多いのがメリットです。地球上で幅広く使える圧巻の決済力があります。

JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外では使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMastercardを持たざるを得ません。

事実、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが50%で1位、Mastercardが26%で2位です(NILSON REPORT 2018年4月)。この2つで約76%と圧倒的なビッグ2となっています。飛車角です。

  1. Visa:50%
  2. Mastercard:26%
  3. UnionPay(銀聯):20%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

海外旅行傷害保険が2倍に!

キスマークの2人の女性

リクルートカードを2枚持ちすると、旅行保険が合算させることも可能というメリットもあります。二刀流で保障が上積み可能です。

クレジットカード付帯の旅行保険は、 死亡補償以外は保険金額は合算されます。Aカードの保障額が200万円、Bカードが300万円の場合、最大500万円までの補償となり

リクルートカード(VISA/Mastercard)は発行元が三菱UFJニコス、リクルートカードプラスはJCBであり、それぞれのカード会社の保障が両方受けられます

手荷物(スーツケース)のカートを押して空港を移動する家族

リクルートカード(VISA/Mastercard)とリクルートカード(JCB)はどちらも利用付帯なので、重複適用させるには、旅行代金を分けて両方で決済する必要が生じます。

例えば、ホテル代と飛行機代、あるいは電車やバス料金などを別々に支払うなどの方法があります。

海外は医療費が高額な地域が多く、病院に運ばれて入院したら数百万円といった費用になることもあります。ジェイアイ傷害火災保険の海外旅行保険事故データを抜粋します。

国・都市 事故の内容 治療・救援費用
ハワイ ディナークルーズで食事を喉に詰まらせ救急車で搬送 372万円
食物の誤嚥と診断され3日間入院
家族が駆けつける
シンガポール クルーズ中に嘔吐・吐血、下船し救急車で搬送 440万円
胃炎と診断され7日間入院
家族が駆けつける
オーストラリア レストランで転倒し腰を強打 388万円
大腿骨頸部骨折と診断され12日間入院・手術
家族が駆けつける看護師が付き添い医療搬送
フランス 夕食後に気分が悪くなり倒れ、頭を強打。翌朝もめまいが続き受診 561万円
ウィルス性内耳炎・硬膜下血腫と診断され13日間入院
家族が駆けつける医師が付き添い医療搬送

3~7日間の入院でも400万円前後の費用が発生することもあります。海外旅行によく行く場合は、リクルートカード2枚持ちで疾病・傷害保険を充実させると大きなメリットがあります。

海外旅行中の日本人女性

より一層、海外旅行保険を確保したい場合は、持っているだけで死亡・高度障害以外は補償が上乗せされる自動付帯のカードをサブカードとして保有すればOKです。使わなくてもお得なクレジットカードです。

エポスカードJCB EIT横浜インビテーションカードが年会費無料の自動付帯カードです。

これら3枚のカードを保有していたら、合計で570万円の疾病治療・500万円の傷害治療の補償を確保できます。

Visa/Mastercardが優れている点

リクルートカード(Mastercard)は、Mastercardブランドなので、au WALLETにクレジットカードでのチャージが可能です。

au WALLETプリペイドカード

VISAの方も三菱UFJニコス発行のVISAクレジットカードなので、au WALLETへクレジットカードでのチャージが可能です。

ただし、au WALLET プリペイドカードへのクレジットカード・チャージはポイント付与の対象外となっています。

他方、auかんたん決済経由でau WALLET プリペイドカードにチャージした場合はポイント付与の対象となっています。

auかんたん決済は月1万円といった利用限度額(最高10万円)が設定されているのがマイナスポイントです。

また、三菱UFJニコスが発行しているので、MUFG銀聯カードを発行できます。中国に長期滞在する場合は便利です。

MUFGカード 銀聯カード

通常は本会員1,080円(税込)、家族会員324円(税込)の発行手数料が発生します。2018年6月30日までのキャンペーン期間中は無料でした。

このようなキャンペーンが開催されることもあります。有効期限が切れる際の更新時、再発行時の発行手数料は通常通り有料となります。

銀聯カード利用時のポイント還元率は、本体のリクルートカードと同じ1.2%です。

MastercardのみApple Payをフル活用可能

iPhone 7とiPhone X(裏面)

iPhone7 / 7 Plus、Apple Watch Series 2から、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」が利用可能になりました。

いよいよApple Pay(アップルペイ)が日本対応して、わが国においても使いやすくて便利な仕組みとなりました。モバイルSuicaに類似した...

モバイルSuicaに類似した仕組みで電車・バス等に乗ることができます。また、iD、QUICPayの店舗でお買い物することが可能です。

Suicaは使えますが、PASMOSMART ICOCA、PiTaPaには対応していません。Suica機能で改札は通過できますが、パスモの定期券は搭載できません。

JCB発行ですが、リクルートカード(JCB)、リクルートカードプラスについては、Apple Payが利用できません。追加しようとしてもエラーメッセージが出ます。

リクルートカード(JCB)をApple Payに登録しようとした時のエラーメッセージ

三菱UFJニコスが発行しているリクルートカード(VISA/Mastercard)の方は、Apple Payが利用可能です。登録すると、QUICPayとして割り当てられます。

Mastercardの場合、店舗でのお買い物だけではなく、Walletアプリ内でApple Pay払いでSuicaチャージすることも可能です。

Apple Payについては、VISAブランドは国際ブランドの制約で、Walletアプリ内でのSuicaチャージができず、かつインターネット・アプリでの決済に利用できません。

ついに日本でも始まった「Apple Pay」。当初はクレジットカードの国際ブランドのうち、JCB、Mastercard、アメックスが便利に使えます...

Suicaアプリに登録してSuicaアプリ内でクレジットカード・チャージを行う場合はVISAでもSuicaです。

SuicaアプリのSuica一覧画面

Mastercardにはこれらの制約はないので、Apple Payをフルに活用できます。

ただし、Suicaへのオートチャージはできません。可能なのはビューカード(Mastercard/JCB)のみです。

QUICPayの利用分だけではなく、Suicaチャージ・Suica定期券・モバイルSuica特急券などの利用分もリクルートポイント付与の対象です。

Apple PayとSuica、国際ブランドの関係については、以下にまとめています。

ついに日本でも始まった「Apple Pay」。当初はクレジットカードの国際ブランドのうち、JCB、Mastercard、アメックスが便利に使えます...

セキュリティも高く、安心に利用できるような頑健な仕組みとなっています。個人情報は、暗号化された状態で安全にデバイス内のセキュア・エレメントに保管されます。

Apple Payを使っている端末を紛失した場合、「iPhoneを探す」機能で紛失モードに設定すると、簡単にApple Payの利用を一時停止できます。

新しいiPhoneやApple Watchに、Suicaのチャージ残高や定期券を移行することも可能です。Apple Payが使えるクレジットカードについては、以下で比較しています。

iPhone X / 8 / 8 Plus、Apple Watch Series 3は前モデルに続いて、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」(アップルペイ)...

Apple PayのSuica機能の詳細、アップルペイでのSuicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードについては、以下にまとめています。

2016年10月25日、ついにApple Pay(アップルペイ)が日本で始まりました。歴史的な瞬間です。QUICPayかiD加盟店でお買い物ができます...
iPhone、Apple Watchによるモバイル決済サービス「Apple Pay」では、Suicaも利用できます。iD、QUICPayでのお買い物の他、Suicaチャー...

リクルートカード(Visa/Mastercard)はApple Payもお得に利用可能です。実際にApple Payを使ってみた感想については、以下にまとめています。

Apple Pay(アップルペイ)を1年間リアル店舗、アプリ(ネット決済)、Suicaに使ってみて、良い点・悪い点が見えてきました。おサイフケー...

2枚目の申込も審査は発生

笑顔のOL

リクルートカード(JCB)はジェーシービー、Visa/Mastercardは三菱UFJニコスが発行しています。

したがって、2枚目の申込も別会社への申込となるので、審査が発生します。

既に1枚目のリクルートカードを保有していて、遅延などなく支払っている場合でも、2枚目の審査に落ちる可能性はゼロではありません。

ただし、リクルートカードの審査難易度は高くありません。信用情報機関に支払い遅延などの情報がなく、収入がある場合は問題なく発行できるケースが多いです。

正社員だけではなく、個人事業主、派遣社員、パート・アルバイトでも、多数の審査の通過事例があります。

消費者金融の利用履歴があっても返済が完了していたら審査を通過します。私は投資関連で資金繰りが綱渡りになることがあり、時折カードローンを利用します。

キャッシング・カードローンのカード類

論より証拠として、アコム等の利用履歴がある状態でも、私はリクルートカードの審査に通過しました。以下はCICに登録されている私の信用情報です。

アコムの信用情報

たとえ消費者金融の利用履歴があったとしても、迅速に返済して残債額が0円であれば、問題なくリクルートカードの審査は通過します。

リクルートカードの封筒リクルートカードの台紙

まとめ

リクルートカードはJCB、Visa、Mastercardの3種類があります。

JCB、VISA、Mastercardのロゴ

このうち、JCB、VisaかMastercardの2枚持ちが可能です。VisaとMastercardはどちらか片方のみとなります。

各国際ブランドごとの相違点の要点は下表のとおりです。

項目 MasterCard VISA JCB
au WALLETへのチャージ クレジット・チャージ可能(ポイント対象外)
auかんたん決済でのチャージ可(ポイント対象)
-
Apple Pay ネット・アプリ決済
WalletアプリでのSuicaチャージが可能
左は不可 -
その他ポイント付与の電子マネー nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA nanaco、モバイルSuica
電子マネーチャージ上限 月20万円 ユーザーによる
ETCカードの手数料 発行手数料1,080円・年会費無料 発行手数料・年会費無料
QUICPay(nanaco) -
使える店舗
銀聯カード -

各国際ブランドごとの比較については、以下で精緻に分析しています。

リクルートカードにMastercardブランドが2017年1月23日に光臨しました。これまではVISA・JCBでしたが、今後はMastercardも選べます。...

リクルートカードを2枚持ちすることで生じる主なメリットは以下のとおりです。

  • 2枚持ちで電子マネーチャージでポイント付与が月6万円に
  • 電子マネー・金券等の利用可能額が別枠
  • 海外旅行傷害保険が2倍に
  • JCBはETCカード無料、Visa/Mastercardは利用可能店舗が広くてApple Payが利用可能

この中でメインのメリットは、電子マネーチャージでポイントが得られる金額が月3万円から6万円にUPする点です。

nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAをフル活用している方にとってはメリットが大きいです。

リクルートカードでチャージしたnanacoでクオカードを購入すると、合計で3%還元になるので、クオカードを利用可能な店舗をよく使っている方にも2枚持ちがおすすめです。

クオカード(QUOカード)というプリペイドカードがあります。加盟店で代金の支払いに利用できます。クオカードが使えるお店、お得な使い...

リクルートカードは、年会費無料・基本還元率1.2%・電子マネーチャージでもポイント付与の3点が素晴らしいクレジットカードです。

セブンイレブンでのnanaco払いでAmazonギフト券を購入するという方法で、Amazonを3.2%還元にすることが可能です。

セブン-イレブン

JCBはQUICPay(nanaco)の活用で、セブンイレブンでは還元率1.7%と高還元になります。

なんとセブン&アイのプロパーカードであるセブンカード・プラスセブンカード・プラス(ゴールド)の1.5%よりも高還元であり、リクルートカードはイトーヨーカドーでお得なクレジットカードの筆頭です。

1枚あたり月3万円(2枚持ちで合計6万円)という上限はあるものの、nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAへのチャージが1.2%還元です。

おサイフケータイ、Apple Pay搭載iPhone、nanacoカード、楽天Edy

付帯保険も充実しており、年200万円のショッピング保険、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険が付帯しています。

リクルートカードは総合的な戦闘力に優れた万能戦士であり、ドラクエで言うところの勇者的な存在です。

慈愛さえ感じるようなお得さがあり、無尽蔵に湧出される豊潤さには身震いする程です。歴史の偉人で例えると、ジャンヌ・ダルクのような戦闘力があります。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「高還元カード」としてリクルートカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

また、67枚のクレジットカードをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんは、電子マネーチャージにおすすめのカードとしてリクルートカードを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

リクルートカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティー・カードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

リクルートカードのような良いクレジットカードを使えば、長い目で見ると10万円・20万円といったリターンを得ることができます。

その他、リクルートカードの詳細については、以下で解説しています。

リクルートのクレジットカードは2種類ありました。年会費無料のリクルートカードと、年会費はかかるけど還元率が高いリクルートカード...

実際に発行して使い倒したところ、日々のお買い物や電子マネーチャージでザクザクとポイントを得られました。

リクルートのクレジットカード「リクルートカード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。リクルートカードを作成してから約5年、...

私はリクルートカードの保有で、お得なベネフィットを毎月のように享受してます。活用していくと家計が頑健化します。

生活を豊かに彩ることができ、人生がもっと楽しくなるクレジットカードです。一度使ったらもう手放せません。

お得な入会キャンペーンも魅力的です。まだリクルートカードをお持ちでなければ、この機会にぜひ作成してみてはいかがでしょうか。以下からのご入会でお得なキャンペーンが適用されます。

リクルートカード 公式キャンペーン

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-クレジットカード
-

Copyright© The Goal , 2018 All Rights Reserved.