The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

楽天モバイルの速度の実測まとめ!口コミの評価をチェック

更新日: 格安SIM・MVNO 通信費

高速道路

楽天モバイルという言わずと知れた楽天が提供しているMVNO・格安スマホがありますね。楽天モバイルについては以下で徹底解説しています。

参考楽天モバイル登場!格安音声SIM・格安スマホの比較まとめ

価格面ではかなりお得です。問題は速度です。楽天モバイルの速度の実測について口コミをまとめました。


MVNOはNTTドコモの回線を使っているとはいえ、確保している帯域・通信設備と接続している人の数・通信容量で、通信のスピードと安定性は変わってきます。

MVNO各社が確保している帯域・設備と通信数のバランスによって、同じNTTドコモの回線でも速度が早かったり遅くなったりします。また、普段は快適でも加入者が多いエリアでは遅くなったりもします。

イメージ的には自動車と道路です。

自動車が多ければ多いほど渋滞しやすくなります。道路が1車線だと渋滞しやすくなり、車線数が増えれば増えるほど渋滞しにくくなります。道路の質が良ければ良いほどドライブが快適になります。

自動車の数が加入者の数、車線数がMVNOが確保している帯域です。質が通信設備です。帯域が太ければ速度が低下しにくく、通信設備が頑健だと処理が早くてアクセスが多い時もユーザーが快適となります。

モバイル通信のイメージはあまりなかった楽天のサービスということで、速度が気になりますよね。3日間で540MBを越えると通信速度制限がかかる点を許容できるなら、速度さえ出れば選択肢の一つです。

この点、楽天モバイルの速度はどうかというと、かなり速いという実測・口コミが複数あります。

アスキーでの楽天モバイルの速度の実測では、下り17Mbps~20Mbpsが出ています。十分過ぎる速度です。

日経トレンディでの実測では、下り5Mbps~18Mbpsが出ています。場所や時間帯にかかわらず安定して通信速度が速かった格安SIMのNO.1として楽天モバイルが評価されています。

Twitterでの口コミも好意的なものが多いです。

「楽天モバイルの速度は素晴らしい」という口コミがあります。また、楽天モバイルの低速モードは「IIJmioの速度制限時よりも快適」という口コミもありました。

速度の体感には個人差がありますが、200kbpsの速度制限下でもそこそこ使えるという口コミもありました。モバイル用のサイト・LINE電話・SNS程度なら問題ないのかもしれません。

速度は全国一律ではなく地域差がありますが、楽天モバイルはまだ加入者はそれ程多くなく、また3日間の制限もあることから、速度は比較的速いようです。楽天モバイルの詳細については以下をご参照ください。

楽天モバイルのメリット・デメリット・他の格安SIMとの比較まとめ

現在、楽天モバイルでは新規申し込みで月額料金が1カ月無料のキャンペーンを行っています。

また、端末+SIMカードを一括購入した場合、楽天スーパーポイント最大3,500ポイントプレゼントされるキャンペーンを行っています。

  • ASUS Zenfone5 (8GB):1,000ポイント
  • Fujitsu ARROWS M01:2,000ポイント
  • Huawei Ascend Mate7:2,500ポイント
  • SHARP AQUOS SH-M01:3,500ポイント

通話SIMの場合、楽天でんわとの同時申し込みで1,500ポイント、スマホ・携帯を売ることで4,000ポイントのキャンペーンもあります。

楽天モバイルに申し込まない場合でも、下の公式サイトで簡単なアンケートに答えるだけで、6月1日9:59までは楽天スーパーポイント5ポイントがプレゼントされます。

▼楽天モバイルの公式ページはこちら▼

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-格安SIM・MVNO, 通信費

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.