The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

騰落レシオがピークアウト!目先は調整か

更新日: マーケット・経済の分析

葡萄を運ぶトラック

日経平均は3月に入って上値が重くなり、続落となりました。

騰落レシオの推移からは、目先に調整局面があることを示唆しています。


以下は過去1年間の日経平均と騰落レシオの推移です。

日経平均と騰落レシオの推移

騰落レシオがピークアウトした後には短期的な調整局面が訪れています。これは過去1年間に限った話ではなく、よくあるパターンです。

騰落レシオが120を超えたら売りの好機と言われますけれども、騰落レシオが高止まりして株価が上昇を続けることはよくあります。株価が好調で騰落レシオが高い局面では、絶対値よりもピークアウトに注目しています。

逆に株価が軟調で騰落レシオが下がっている局面では、騰落レシオの絶対値が中期的なボトムの発見どころとしては機能する事が多い印象があります。騰落レシオが60~70の局面で買えば、リーマン・ショックのような大惨事を除けば、1年スパンでは報われることが多いです。

現在は2月26日の141.42をピークに3月4日は121.13まで低下しました。ピークアウトした感があります。目先に短期的調整があるかもしれません。1月中旬以降は上昇を続けてきたので、ここらで小休止するのはよくあるパターンだと思います。買い遅れていた方にとってはいい押し目になる気がします。

3月はIPO・PO・優待・TOBなどのイベントが山盛りでキャッシュが厳しいので、TOPIXと日経平均ETFを数十万ずつ残して売却し、キャッシュを確保しました。

大局的には上昇を続けて日経平均2万円を目指すと思います。3月中は余力が厳しいので、できれば3月末まで上がらないで緩やかに調整してくれると助かります。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-マーケット・経済の分析

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.