東証1部昇格にリーチ!ライドオン・エクスプレスが株式分割&株主優待実質改善

更新日: 株式

寿司

ライドオン・エクスプレス(6082)が、「投資単位あたりの金額を引き下げることにより、投資家の皆様がより投資しやすい環境を整えるとともに、 当社株式の流動性の向上と、投資家層の拡大を図ることを目的」として、2015年3月末に1対2で株式分割を行います。

しかも、株式分割後も株主優待は維持されます。株式分割後は株価が変わらなかったら株主優待利回りが2倍になるので、実質的な株主優待の改善です。権利確定日は3月末です。

ライドオン・エクスプレス株主優待

ライドオン・エクスプレスは、東証マザーズ上場企業で非貸借銘柄です。東証一部昇格候補に挙げていました。この度の株式分割&優待実質改善で株主数の増加を目指して、東証一部昇格要件を満たす意向と思います。

ライドオン・エクスプレスの株主優待は、宅配寿司 「銀のさら」、宅配御膳「釜寅」、レストランの宅配代行「ファインダイン」で利用可能な5,000円相当の優待券です。一部利用できない店舗があります。

優待券の利用期間は、翌年の6月末までの約1年間でたっぷりあります。優待券は、お盆期間(8月13日~15日)、年末年始期間(12月24日~1月7日)は利用できません。また、店舗により一部利用できない期間が設定されています。

優待券に代えて新潟県魚沼産コシヒカリ新米5kgと交換することもできます。ライドオン・エクスプレスのサービス対象エリアでない方でも、株主優待を活用できます。お米は天下無双の万能戦士であり、嬉しい優待ですね。

100株以上一律で、保有株式数の増加による金額の増加はありません。ライドオン・エクスプレスの概況

ライドオン・エクスプレスは、寿司や釜飯などの調理済食材を中心とした宅配事業を、直営・フランチャイズでチェーン展開しています。

直営店舗では食材等を仕入れて店舗で調理を行い、調理済食材を顧客に宅配しています。

フランチャイズ店舗では、加盟企業に対してフランチャイズ契約に基づき、商標および運営ノウハウの提供・食材等の販売を行い、対価としてロイヤルティ収入・加盟金収入・食材販売収入等を得ています。

宅配事業は顧客の来店を想定していないため、物件取得費等が抑えられるといったメリットがあります。同一拠点に「銀のさら」と「釜寅」の両方を出店する複合化戦略を進めています。

2014年3期末時点の店舗数は573店舗です。うち直営店は159店舗、フランチャイズ店が414店舗です。

売上高・利益

売上高の成長は鈍化しつつありますが、右肩上がりの成長を続けています。営業利益・経常利益・純利益のいずれも2011年3月期をボトムに右肩上がりです。今期から配当を開始する予定です。

決算期売上高営業利益経常利益純利益EPS1株配当配当性向
2010/03(実)12,159352351-66赤字0.00%
2011/03(実)12,8662612525016.10.00%
2012/03(実)14,6843463357122.40.00%
2013/03(実)16,13354153323069.20.00%
2014/03(実)16,470917910504119.60.00%
2015/03(予)16,7731,0351,030600129.220.015%

キャッシュ・フロー

営業CFは純利益を上回っています。一般論としては安心感があります。

決算期営業CF投資CF財務CFフリーCF
2010/03(実)----
2011/03(実)----
2012/03(実)----
2013/03(実)829-485-382344
2014/03(実)782-192653590

 利益率・CFマージン・ROE

マージンは日本企業らしい数字です。

最新のROE(29.3%)を分解すると財務レバレッジ1.94倍、総資産回転率4.94回、純利益率3.06%です。財務レバレッジは低めであり、資産から売上を作る回転率(資産効率)はかなり高めで、売上から利益を作る利益率はやや高めです。

決算期経常利益率純利益率CFマージンROE
2010/03(実)2.9%-0.5%--
2011/03(実)2.0%0.4%--
2012/03(実)2.3%0.5%--
2013/03(実)3.3%1.4%5.1%-
2014/03(実)5.5%3.1%4.8%29.3%
2015/03(予)[会社]6.1%3.6%--

指標

予想配当利回りは0.68%(配当性向15%)であり、株主優待利回りは約1.70%(株式分割後は約3.41%)です。配当+優待利回りは年2.38%(株式分割後は約4.09%)です。

PBR5.06倍、予想PER23.73倍、自己資本比率51.5%、有利子負債は4.7億円、現金等は24.1億円、営業CFは7.8億円です。

私は100株保有しています。このまま東証一部昇格までホールド予定です。

ライドオン・エクスプレスは実際にその後、東証一部に昇格しました。

ライドオン・エクスプレスの最新株価

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-株式

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.