The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

投資前に要確認!資産運用におけるバックテストの重要性

投稿日: 資産運用の考え方

振り返る女性

バリュー株投資、グロース株投資、モメンタム投資、諸々の裁定取引、イベント投資、インデックス投資など多様な投資手法があります。 いずれの資産運用においても、 過去データの分析が重要だと考えます。


「この銘柄が良さそう」、「 この場面でポジションを取ればリターンが出そう」と考えた場合、 いきなり売買するのではなく、似た属性を持つ銘柄・ 似た場面で過去のリターンはどうだったのかを確認するのがベターです。

横文字では「バックテスト」と呼ばれていますね。

過去のリターンをチェックしてみると、 良さそうと思った要素を持つ銘柄のリターンが芳しくないことに気付いたり、 思いついた売買手法が必ずしも有効ではないことに気付くことがあります。

過去の実績を確認することで、 誤った認識の下で大きなリスクをとってしまうのを防げます。留意点としては、 過去の実績は将来を確実に保障するわけではないことです。

誰でも知っている有名な資産運用会社のクオンツ系の私募ファンドの中には、「バックテストでは過去5年で四半期ベースでインデックスに負けなし」といったものがあります。

かなり魅力的なのですけれども、 実際に運用を開始すると盛大にズッコけるということがよくあります。

単なるテクニカルの組み合わせだけだと偶然の要素が強まります。 テクニカルだけではなく、ファンダメンタルや需給バランス等の理屈に基づく実績だと期待値が増します。

投資アイディアが沸いた場合や、特定の属性に基づいて個別銘柄がよいと判断した場合、必ずバックテストをして有効性を検証することにしています。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-資産運用の考え方

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.