投資で失敗した時、ミスした時に取るべきリアクション

更新日: 資産運用・マーケット・経済

光のなかで俯く男性

投資や資産運用でつきものなのが失敗・ミスです。失敗やミスを起こした際は、リアクションが重要です。対応・行動によって、失敗をマイナスのままにしてしまうのも、プラスに転換することもできます。

投資・資産運用では、見落とし、勘違い、誤った認識、誤発注、注文忘れ、悪材料の勃発などはよくあります。また、システム障害などで勝てたはずなのに負けてしまうことや、大きな機会損失が生じることもあります。

誤発注や注文忘れ、システムトラブルの際は、意図したものと違うポジションが上に行くか下に行くかは五分五分だと思うのですけれども、私の場合は恐ろしい程にマイナスの方に動くことが多いです。

キャピタルロス・機会損失がかなり大きな場合は、頭に血が上ってモニターを投げたり、スマホを叩きつけたくなることもあります。

しかし、そのような行動は損失が更に膨らむだけであり、いいことは全くありません。冷静さを保ち、胸に抱え込んだ負の感情がプラスの力に変化するようにリアクションをとるのが大事だと思います。

私はそのような場合はランニングや筋トレをすることにしています。場合によってはジムに行って泳ぐこともあります。体を動かすと気持ちがスーッと落ち着きますし、適度な運動は体によいからです。

いつまでもグチグチ引きづっていても仕方ありません。失敗を振り返り、教訓を見出して次に活かすことが重要です。運動をトリガーにして、スパッと気持ちを切り替えることにしています。

どんな失敗・敗北でも、それを受け入れて反省して教訓に変えて、かつ気持ちを切り替えたら、自分の血肉になり、自分を強くする力になると思います。強靭化になります。

実は先日、極めて重要なIRの見落としがあり、大きな機会損失が生じました。まさに「痛恨の一撃」であり、非常に悔しくて慚愧に堪えませんでした。

しかし、いつまでも振り返ることはせずに、ただ未来だけを見据えて、痛恨のミスをプラスの力に変えるんだと言い聞かせています(笑)

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-資産運用・マーケット・経済

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.