The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

みんなの株式の2016年ランキングで各ネット証券のメリットを徹底分析!意外な利点も!

更新日: 証券会社 金融機関

 2種類の金メダル・銀メダル・銅メダルのイラスト

「みんなの株式」という株式SNSサービスがあります。運営会社の株式会社みんかぶはIPOも取り沙汰されています。

みんなの株式は、投資家に売買予想という形で意見を共有させることによって結集された「集合知」(Crowd Analysis)と、金融プロフェッショナルの分析ノウハウを自動化したアルゴリズム(Automatic Analysis)を融合したサービスです。

みんなの株式が「2016年 年間おすすめネット証券比較&ランキング」を発表しました。部門ごとにネット証券のランキングがあり、総合ランキングも掲載されています。


みんかぶ2016年総合ランキング

ランクのイメージイラスト

各インターネット証券を以下11つの評価指標で比較して、各部門ごとのランキングがあり、更に総合ランキングが発表されています。

  • 手数料:現物取引・信用取引の約定代金1,000万円までの取引手数料
  • 信用取引:信用取引サービスの内容・金利・貸株料・ツール
  • チャート:チャート分析特化ソフトを10個以上の角度から比較
  • トレードツール:アクティブトレーダーには必須の取引ツール
  • 取扱商品:信用取引や海外株式、FXなど口座開設で取引可能な商品
  • 投資信託:投資信託の取り扱い数や独自のサービス
  • 銘柄検索:スクリーニング・ランキングなど株式銘柄を探す機能
  • スマホアプリ:スマートフォン&タブレッドアプリの注文やチャート機能
  • 情報:ニュースやアナリストレポート、マーケット市況や適時開示情報などの情報量
  • 人気:ネット証券別の人気度
  • NISA(ニーサ):少額非課税制度の取扱銘柄やサービス

SBI証券はこれらのうち、取扱商品、NISA、人気部門で1位となり、更に総合1位に戴冠しています。総合ランキングは以下のとおりです。

  1. SBI証券
  2. 楽天証券
  3. カブドットコム証券
  4. 松井証券
  5. GMOクリック証券
  6. マネックス証券
  7. 岡三オンライン証券、ライブスター証券

部門別ランキング概要は下表のとおりです。

        部門 順位       ネット証券名
総合 1位 SBI証券
2位 楽天証券 
3位 カブドットコム証券   
手数料 1位 ライブスター証券
2位 GMOクリック証券
3位 SBI証券
トレードツール
(取引ツール)
1位 岡三オンライン証券    
2位 SBI証券
3位 楽天証券、カブドットコム証券
NISA(ニーサ)        1位 SBI証券
2位 マネックス証券
3位 楽天証券
人気 1位 SBI証券
2位 楽天証券
3位 カブドットコム証券   
投資信託 1位 楽天証券
2位 SBI証券
3位 マネックス証券
チャート 1位 松井証券
2位 カブドットコム証券   
3位 SBI証券
取扱商品 1位 SBI証券
2位 楽天証券
3位 マネックス証券、カブドットコム証券   
スマホアプリ 1位 楽天証券 
2位 松井証券
3位 SBI証券、岡三オンライン証券
情報                      1位 マネックス証券、楽天証券
3位 SBI証券
銘柄検索 1位 カブドットコム証券   
2位 SBI証券、楽天証券、マネックス証券
信用取引 1位 楽天証券
2位 カブドットコム証券   
3位 松井証券

総合ランキングはやはりSBI証券が1位でした。対面の大手証券に肉薄する豊富な商品ラインナップ、その他各種サービスも充実しています。PTS取引も大きなメリットです。

取扱商品・取引ツール・サービスとも高品質で年代・性別を問わず人気となっています。口座開設数は不動の1位となっています。どれか一つネット証券を選ぶなら、まず最初に名前が挙がるのがSBI証券です。

SBI証券はメリット絶大!12年使った経験の口コミまとめ
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...

SBI証券は、日本におけるネット証券の先駆者として、「顧客中心主義」の経営理念のもと、「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供してきました。短期のトレーディングから中長期投資まで、幅広い個人投資家がフル活用できます。

以前にはSBI証券に取材に行き、株式会社SBI証券 商品開発部の杉本部長、稲場さんにインタビューしました。

杉本部長は以前にSBI証券のIPO引受け部門で活動していたことがある方です。IPOを知り尽くしたプロから、貴重なIPOに関するお話を伺えました!

SBI証券に取材インタビュー!IPOでネットにはないディープな情報を聞き倒しました!
日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

続いて以下では、IPO以外のあらゆるサービスについても、株式・外国株式から投資信託、FXまで色々と聞き倒しています!

SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(400万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1...

SBI証券は大手証券会社に引けをとらない幅広い商品ラインナップを取り揃えており、しかもコストは低いです。100万の資産運用でも大活躍します。

特にPTSIPO立会外分売つなぎ売りに使える一般信用売り、米国株投信保有で付与されるSBIポイント(投信マイレージ)、住信SBIネット銀行との連携、CFDには絶大なメリットがあります。

SBI証券はメリット絶大!12年使った経験の口コミまとめ
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...

トレーディングに有用なサービス・取引ツールから、充実の投信積立、小口分散投資のS株 Now!まで幅広いサービスを提供しています。

デイトレーダー、スイングトレーダー、バリュー投資家、グロース投資家、インデックス投資家などありとあらゆる投資家が有効活用できる、総合ネット証券です。

活用していくと、リターンが着実に向上します。私はSBI証券がなかったら困り果ててしまいます。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。ネット証券としては破格のキャンペーンです。

SBI証券のタイアップキャンペーン

部門別ランキング

手数料

手数料はやはり現物・信用、1約定ごと・1日定額を問わずリーズナブルなライブスター証券が高く評価されています。

ライブスター証券は評判・口コミ通りなのか?悪い側面まで赤裸々に公開!メリット・デメリットを徹底解説
「ライブスター証券」というネット証券があります。株式の取引手数料が現物/信用のどちらも、1約定ごとでも1日ごとでも破格の低コスト...

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのが絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

今なら証券総合口座開設日から約2ヵ月間(40営業日)、現物取引手数料が無料になります。

また、信用取引口座を開設した場合は、信用取引口座開設日の翌営業日から約2ヵ月間(40営業日)、信用取引手数料も無料です!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

更にライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、2,000円のプレゼントもあります!

取引が不要で口座開設だけで2,000円プレゼントの証券会社のキャンペーンは稀有です。まだライブスター証券に口座をお持ちでない方は、今がチャンスです。この機会にぜひ口座開設してはいかがでしょうか。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

2位のGMOクリック証券は1日定額の信用取引手数料に関しては、ライブスター証券よりも安いゾーンがあります。貸株サービスがあるのもメリットです。

GMOクリック証券が貸株サービスを開始!着実に便利に進化
GMOクリック証券が2016年10月17日(月)より日本株の「貸株」を開始します。保有している株式をGMOクリック証券に貸し出すことで、貸株...

むさし証券が2016年11月21日から少額手数料を最大65%引き下げたことにより、一部では競争力がある水準になりました。2017年は、むさし証券もランキングに登場してくる可能性があります。

むさし証券のトレジャーネットは安価な手数料と信用金利、IPOが魅力!個人的口コミまとめ
大正8年創業の歴史がある「むさし証券」という証券会社があります。もうすぐ100周年です。顧客に支持されて、大正・昭和・平成と時を...

トレードツール(取引ツール)

トレードツールは、岡三オンライン証券が1位になっています。

岡三RSSというハイ・クオリティー・ツールは、活用している方からは超絶的な評価となっています。また、指標、ランキング、スクリーニングなども高評価です。

事前入金なしでIPOに申し込めるのも大きなメリットです。昨年ですとJR九州の取扱いもありました。岡三証券が取り扱っていないIPOを申し込めることもあります。

岡三オンライン証券でJR九州のIPOに申し込める!事前入金不要&公平抽選が嬉しい
岡三オンライン証券という岡三証券グループのネット証券があります。岡三オンライン証券はIPOも取り扱っています。郵政三社のIPOに続...
岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.1
岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.2
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

NISA

NISAはSBI証券が1位でした。国内では東証のみならず、4取引所の全ての銘柄が取引でき、売買手数料も完全無料です。

海外ETFの買付手数料も無料で、IPOも充実しており、海外9カ国の外国株の取引も可能である点が評価されています。

2位のマネックス証券は、国内株式の売買手数料が無料になるのに加えて、米国・中国の個別株(ETF含む)の買付手数料が無料になるのが大きなメリットです。

外国の個別株式を非課税にしたい場合は、マネックス証券が有力候補となります。

マネックス証券を12年使った口コミ!メリット・デメリット・活用法まとめ
マネックス証券という証券会社があります。1999年に創業した大手ネット証券の一角です。完全抽選のIPO・立会外分売、充実したオリジナ...

人気

個人投資家の人気もSBI証券が1位です。長年に渡って連続で1位を維持し続けており、2016年も高い人気となっています。

取扱商品・取引ツール・サービスの品質、ノーロードの投信とSBIポイント、IPO、PTSなど多様な要素が評価されています。

2位の楽天証券はマーケットスピードや楽天スーパーポイント付与のサービスが評価されています。

マネーブリッジはお得で便利!楽天銀行と楽天証券の連携で金利UP&ポイント
楽天銀行には「マネーブリッジ」というサービスがあります。無料で利用できます。楽天銀行と楽天証券の口座を連携することで、銀行の...

3位のカブドットコム証券は三菱UFJ FGグループで高格付で安心感がある点、一般信用取引や独自性の高いツールが人気となっています。

カブドットコム証券は評判通り一般信用取引などメリット絶大!
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがカブドットコム証券です。特に一般信用取引がリターン向上に資すると評判...

投資信託

投資信託の1位は楽天証券となっています。投信保有額に応じて現物取引手数料が安くなる点、楽天スーパーポイントが毎月もらえるのが評価されています。

投信特設サイトは通常版・初心者版を用意している点も人気です。

2位のSBI証券は取扱数、SBIポイントの付与、住信SBIネット銀行との連携が人気となっています。

投信積立・インデックス投資を行う証券会社はSBI証券がおすすめ!
投資信託は、投資初心者や銘柄選び、トレーディングに自信がない方に人気の金融商品です。また、投信積立(積立投資)という投資手法...

3位のマネックス証券は、20種類と豊富な銘柄スクリーニング、マネックスポイントの付与が好評を博しています。

チャート機能

チャートの1位は松井証券です。8種類のテクニカルを描写可能であり、かつ設定も自由で描写ツールの機能も多く国内外の株式指数レートもみることができます。

人気のQUICKリサーチネットと相互連携している点も好評です。Macでもタブレットでも利用可能であり、環境を選ばないチャートソフトです。

2位のカブドットコム証券は、テクニカル種類の豊富さや設定、個別銘柄と各指数(金やロンドン原油、為替など)との比較が可能な点が高評価となっています。

3位のSBI証券は、7種類と豊富なチャート足、長期国債先物や海外株式・海外指標や為替といった閲覧可能なレートが多い点が人気です。

松井証券は10万円以下手数料無料の他、一般信用売りが可能でIPOに申し込めるのが大きなメリットです。

松井証券を12年使った口コミ!メリット・デメリットを徹底解説
松井証券というネット証券があります。5大ネット証券の一角であり、日本を代表する証券会社です。松井証券は日本株の取引の仕組みにメ...

松井証券も当サイト限定タイアップキャンペーンを実施しています。最新の税制に関する書籍がプレゼントされます。

松井証券の当サイト限定の口座開設キャンペーンが激熱!通常のキャンペーンも含めて徹底解説!
大手ネット証券の一角で約100年の歴史を誇る松井証券は、お得なキャンペーンを開催しています。口座開設キャンペーンはもちろん、開設...

取扱商品・銘柄

取扱商品・銘柄 No.1はやはりSBI証券です。9カ国の外国株式取引、ノーロードの投信の本数、一般信用売り、IPO、PTS、立会外分売、先物・オプションなど充実しています。

2位の楽天証券は、米国株・中国株・海外先物、投信の本数が評価されています。

3位のマネックス証券は圧倒的な銘柄数の米国株式、カブロボファンド等の独自の投信が人気です。同率3位のカブドットコム証券は、一般信用売り、独自ツールのくりっく株365が高評価です。

知らないと超損!カブドットコム証券の一般信用取引はメリット絶大
カブドットコム証券では一般信用取引が可能です。一般信用取引には絶大なるメリットがあります。誇張抜きに「知らないとかなり損」で...

スマホアプリ

スマホアプリのNo.1は楽天証券です。iPhone・Android・iPadに対応しており、チャートの見やすさが高評価です。

ニュース機能は国内・為替・アジア・米国・欧州・債権とカテゴリ分けされており、銘柄に紐付けられたニュース配信は楽天証券だけとなっています。

2位の松井証券は、ティックデータに対応しているのが特徴です。スピード注文などアクティブトレーダー向けのサービスがあります。海外指標レートも種類が多いです。

3位のSBI証券は標準機能がしっかり整っており、使いやすさが高く評価されています。

SBI証券の株式アプリ

同率3位の岡三オンライン証券は、フリック、ダブルタップなどスマホ独自の操作が必要で、慣れるまで時間がかかりますが、使いこなせば使い勝手がいいアプリとなっています。

情報配信

情報配信の1位はマネックス証券と楽天証券が同率でNo.1となっています。

マネックス証券は、J.P.モルガン・フィスコ・日本証券新聞・DZHフィナンシャルリサーチ等の情報に加えて、自社アナリストのレポート・メルマガ配信、松本社長のコメントなど独自コンテンツが高く評価されています。

楽天証券は日経テレコン無料、独自のレポート、マーケットアローというニュースメール配信サービスが高い人気となっています。

日本経済新聞が無料で読める!楽天証券・大和証券は日経テレコン21が無料
個人投資家やビジネスマンですと日本経済新聞(日経新聞)を読んでいる方が多いでしょう。しかし、日経新聞は高いですよね。新聞購読料...

3位のSBI証券は、独自レポートやモーニングスター銘柄企業評価、クォンツ・リサーチによる分析結果表示などの個別銘柄分析関連が充実しています。サーチナの中国ニュースも充実しています。

銘柄検索

銘柄検索の1位はカブドットコム証券です。「kabuナビ」はクリックだけで検索可能で、「kabuスコープ」では日足と5分足版があり、売買シグナルによる銘柄検索・スクリーニングが可能です。

コンセンサスでの検索や為替感応度、Tick回数ランキングなど独自の設定・ランキング、自社アナリストによるオススメ検索もあります。

カブドットコム証券の口コミをネット証券の精通者に聞いた!実際はどうなのか?
投資に詳しい方にヘビーユーザーが多い証券会社はカブドットコム証券です。知る人ぞ知るメリットが多いネット証券です。ただし、初心...

2位は同率でSBI証券、楽天証券、マネックス証券でした。

SBI証券は、通常の検索条件に加え、クオンツスコアやチャート形状での検索も無料で使えます。銘柄検索・スクリーニングに株主優待の情報もあります。PER・PBRなどの指標で最大〜最小といった細かい設定も可能です。

楽天証券は検索結果が見やすく、株価チャート・業績・企業動向などを一覧で閲覧可能です。ボリンジャーバンドなどの独自スクリーニングがあります。

マネックス証券は、スコア・アナリスト評価・目標株価変動率などのスクリーニングがあり、経常利益対会社予想進歩率といった企業の業績修正を予測できる指標もあります。

信用取引

信用取引のランキングには地殻変動が発生して、楽天証券が1位になりました。

楽天証券は信用取引で他社の後塵を拝してきましたが、2016年には矢継ぎ早にサービスを導入して一気に充実しました。

「いちにち信用取引」なら手数料が無料、一般信用売りの導入、お得な金利・貸株料に加えて、信用取引の口座開設でマーケットスピードが無料で使えるようになる点が高く評価されています。

超絶の朗報!楽天証券の一般信用売りに短期(14日)と無期限が光臨
嬉しいビッグニュースが飛び込んできました。楽天証券が2016年12月から、 信用取引サービスの一般信用売建において、 返済期限が14日...
楽天証券は信用取引が充実!いちにち信用は手数料無料が恒久化!ポイント還元もあり
楽天証券は信用取引の環境が充実しています。他社が先行リリースした制度も導入して、総合力でネット証券屈指のクオリティに向上して...

2位のカブドットコム証券は、一般信用の売建銘柄数の多さが高い支持を得ています。個人投資家にとって絶大なメリットがあり、ドラクエで喩えるとロトの剣のようなパワーがあります。

kabuステーションを活用すると、一般信用取引がより一層便利でオトクになります。

便利で感動した!kabuステーションはお得な一般信用売り銘柄を迅速に探せる
「kabuステーション」というカブドットコム証券の取引ツールが有ります。kabuステーションとは、豊富な発注機能や幅広い投資情報を網...
信用新規建手数料無料キャンペーンを定期的に開催!カブドットコム証券のkabuステーションが激熱
カブドットコム証券が激熱のキャンペーンを開催します。9月20日までの期間中に約定したkabuステーション経由の信用取引新規建注文は、...

3位の松井証券は、売買代金が10万円以下なら手数料が無料である点が小口投資家から支持されて、かつ一日信用取引をいち早く導入した点でアクティブトレーダーからの人気も根強いです。

まとめ

みんなの株式の2016年ネット証券ランキングでは、総合1位はやはりSBI証券でした。

2016年オリコン日本顧客満足度ランキングのネット証券1位に続くNo.1の獲得です。不動の絶対王者に君臨しています。

SBI証券以外でも、多数のネット証券が高く評価されています。ネット証券は各種手数料が低いのが魅力的です。IPO・PO・立会外分売・TOBといった大手証券のイメージが強いサービスも利用できます。

また、投資信託を保有するだけでポイントを得られるプログラムもあります。トレーダーからインデックス投資家まで幅広い個人投資家にとって、有用なサービスが満載となっています。

おすすめのネット証券については、以下で徹底的に解説しています。

12年ネット証券を使って億った!おすすめの証券会社まとめ!2017年最新版
インターネットが生活の隅々まで浸透しています。証券取引もオンラインのネット証券が低コストで便利です。IPO・PO・BO取引に本格的に...

SBI証券マネックス証券カブドットコム証券楽天証券は、商品ラインナップが充実しています。

IPO投資においては、SBI証券、マネックス証券、SMBC日興証券、大和証券は絶対に外せません。東海東京証券岡三オンライン証券も意外な穴場です。

SMBC日興証券の信用取引はなんと売買手数料が無条件で0円です。破格となっています。現引き・現渡しを活用すれば、貸借銘柄に関しては信用取引で現物取引と同じように売買できます。

松井証券は1日10万円以下であれば、売買手数料が無料です。10万円超の部分は、ライブスター証券GMOクリック証券むさし証券がリーズナブルです。

カブドットコム証券・SBI証券・松井証券・岩井コスモ証券は一般信用売りができます。投資戦略のウイングを広げることが可能になります。

SBI証券・カブドットコム証券・マネックス証券・楽天証券は投資信託の保有でポイントや現金の還元を受けることができます。

マネックス証券、フィデリティ証券は資産管理の分析ツールが充実しています。楽天証券のマーケットスピードでは、日本経済新聞が無料で閲覧できます。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

SBI証券のタイアップキャンペーン

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのが絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

今なら証券総合口座開設日から約2ヵ月間(40営業日)、現物取引手数料が無料になります。

また、信用取引口座を開設した場合は、信用取引口座開設日の翌営業日から約2ヵ月間(40営業日)、信用取引手数料も無料です!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

更にライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、2,000円のプレゼントもあります!

取引が不要で口座開設だけで2,000円プレゼントの証券会社のキャンペーンは稀有です。まだライブスター証券に口座をお持ちでない方は、今がチャンスです。この機会にぜひ口座開設してはいかがでしょうか。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券の口座開設・維持は無料で一切費用はかかりません。充実した投資ツールと安価な手数料、IPOが魅力です。

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで5,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-証券会社, 金融機関

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.