The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

マクロミルが上場へ!IPOに備えよう!

更新日: IPO

統計・リサーチのイメージ

マクロミルが2017年3月下旬にも東証1部に再上場する見通しとなりました。マクロミルのIPOが近づいてきています。上場時の時価総額は800億円前後が想定されています。

マクロミルは2014年に米国の投資ファンド「ベインキャピタル」が買収して上場を廃止しました。2年ぶりの再上場が近づいてきています。

ベインキャピタルのネットワークを活かして世界的に事業を拡大しており、2016年6月期の連結売上高は325億円と売上高は買収される前の約2倍まで急成長しています。

東証一部への上場となる可能性が高いです。大型IPOは大量取得が容易です。マクロミルのIPO獲得に向けて今から備えることが重要です。

マクロミルのIPOの具体的な内容については、以下で徹底解説しています。

新規上場!マクロミルのIPOの初値予想
マクロミル(3978)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2017年3月6日(月)~3月10日(金)です。上場日は3月22日(水)です。...


マクロミルの上場・IPO

マクロミルは「企業と消費者の、より密接なコミュニケーションの実現」と「誰もが手軽に使えるマーケティングリサーチシステムの提供」をポリシーに各種リサーチ事業を展開しています。主な事業内容は以下のとおりです。

  • インターネットを活用した市場調査(ネットリサーチ)
  • 世界各国の消費者を対象にした海外市場調査(グローバルリサーチ)
  • 消費者購買動向調査および購買動向データの提供(QPR)
  • 家計調査及び世帯・個人消費支出データの提供(MHS)
  • ネットリサーチ専用ASPシステムAIRs(Automatic Internet Research System)の提供
  • ユーザトークサービス「ミルトーク」の提供
  • セルフ型ネットリサーチサービス「Questant(クエスタント)」の提供
  • デジタルマーケティングリサーチ(Web広告接触による態度変容の効果測定)「AccessMill」の提供
  • リサーチの企画設計・集計・分析サービス
  • その他リサーチサービス(定性調査など)およびマーケティングに関するコンサルティング業務

本社所在地は東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11Fです。従業員数は連結1,533名(2015年6月末)となっています。

ネットリサーチ事業では、消費者のアンケートを収集します。企業側はユーザーの意識を把握できること、消費者側はアンケート回答でポイントが貯まり、現金や各種ギフト券等に交換できるのがメリットです。

まず「各種事前アンケート」を行います。事前に数問のアンケートに回答してもらい、回答内容が本調査の条件に一致した方に正式なアンケートを送る流れとなります。

通常のアンケート(本調査)は、10問~100問程度のアンケートです。登録の属性情報(性別・年齢・職業・居住地など)や、事前調査の回答の結果から、回答を依頼したい人にアンケート依頼メールを送ります。

ポイントは、質問数やアンケート内容によって異なります。「アンケートのお願いメール」に明記されたポイントを回答の際に加算します。

ビジネスの会議のイラスト

商品評価モニター(サンプル調査)もあります。サンプル商品を自宅に送付し、実際に商品を試用した感想・評価を回答してもらうアンケートです。

事前に「参加についてのアンケート」を行い、調査スケジュールやサンプル品の内容をご説明の上で、「アンケートに参加できる」と答えた方の中から、抽選でサンプル品とアンケート依頼をお送りします。

日記形式アンケート」もあります。定められた期間内に、毎日アンケートに回答してもらうアンケートです。

事前に「参加についてのアンケート」を行い、アンケートの参加方法やスケジュールにOKした人の中から、抽選で依頼を送ります

インタビュー調査」は、指定の会場に来場してもらい、インタビューに答えてもらう形式の調査です。

インタビュー調査によっては、何人かのグループに分かれて話をヒアリングしたり、 商品の試用や映像の閲覧などをお願いする場合もあります。


株主優待に期待!

マクロミルの事業はリサーチ事業ということで、株主優待との親和性は低い企業です。しかし、クオカードやギフトカード、カタログギフトの株主優待は万能戦士であり、マクロミルにも適しています。

株主優待があるか否かでPBRが4~5倍、PERが10~20倍違うのはザラであり、導入して上手く株主優待を活用すると、成長にモメンタムをつけることもできます。

クリエイト・レストランツ・ホールディングス、コロワイド、RIZAPグループあたりは株主優待を極めて上手く活用してファイナンスして、M&A等で成長を加速させています。

高PBR・高PERで株価を高く保ち、それを活かして資金調達して、獲得した軍資金を元に成長を加速させています。

コード銘柄名PBRPER配当利回り
2928RIZAPグループ14.0929.970.67%
3387クリエイト・レストランツHD5.5432.900.87%
7616コロワイド5.4351.700.24%
8200リンガーハット3.3039.150.79%

株主優待を経営に活かすと、無い場合に比べて成長にスピードをつけることも可能になります。

コロワイドは牛角やかっぱ寿司を買収しましたが、株主優待のパワーがなかったら果たして買収できたかどうかという話にまでなりかねません。

RIZAPグループとクリエイト・レストランツHDは、もし株主優待がなかったとしたら、ここまでの急成長は無理だったと断言できます。

ダイエット前後の女性のイラストかごの屋のランチ (3)

経営に必要な資金を株主優待で築いた高い時価総額を利用して賄って成長を加速させています。マクロミルにも株主優待レバレッジ経営を期待します。

マクロミルの上場に備えてすべき準備

上場したマクロミルの株式を購入するには、上場後に株式を買う以外にも、IPOでの購入という方法がありますね。証券会社に口座を開く必要があります。

IPOで株を買うには、ブックビルディング期間中に証券会社で申し込んで、抽選に当選すれば手数料無料で購入できます。

IPOに当選するには、多額の株を引き受ける主幹事証券はもちろん、それ以外の証券会社からも申し込むことが重要です。

数打てば当たる可能性が着実に上昇します。現在は証券会社の口座開設・維持費用は国内株に関しては無料の証券が大多数ですから、できる限り数多くの証券会社から申し込みましょう。

マクロミルのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株のIPO(新規上場株式)の当選のコツ・申込手順まとめ!
株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいのがデメリ...

株式の売り出しを担当する主幹事は野村證券、大和証券、SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほ証券、SBI証券あたりが選定される可能性が高いです。

三菱UFJグループのカブドットコム証券でも取り扱いが期待できます。カブドットコムのIPOは、公平性と機密性を確保したシステムによる完全抽選で当選者が決まります。

SMBC日興証券のダイレクトコースは個人投資家でもIPOが当たるチャンスがあるオンライン証券です。

特に大型株は当たりやすいです。マクロミルも当選が大いに期待できます。店頭証券の営業とのやり取りが不要で気軽に申し込めます。

SMBC日興証券はネット口座でもIPOが当たる実績あり!主幹事が多くおすすめ
SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です。...

野村證券や大和証券、SMBC日興といった大手証券だけではなく、ネット証券でもお手軽に申し込めます。

ネット証券ではSBI証券がIPOに積極的ですので、マクロミルのIPOもほぼ確実に幹事団に名を連ねるでしょう。

マクロミルのような大型案件は株式数が多いので当選が比較的容易になります。IPOは勝率が高く、無難に上場日の初値で売却した場合でも、利益が出る確率が高いです。

SBI証券には「SBIチャレンジポイント」という仕組みがあり、IPOに落選した場合はポイントが貯まります。

このポイントを貯めていくといつかは必ずIPOに当選するという嬉しい仕組みがあります。

まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる
リスクを取った投資はイヤだ!ということで、資産は100%定期預金か国債という方も多いと思います。また、リスクを取った投資をしてい...

マクロミルのIPOに備えてSBI証券に口座開設しておくことを強くおすすめします。SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。

SBI証券に取材インタビュー!IPOでネットにはないディープな情報を聞き倒しました!
日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

SBI証券はIPO以外にもメリットが多いネット証券です。私もフル活用して、パフォーマンスを向上させています。

SBI証券はメリット絶大!キャンペーンも魅力!個人的口コミまとめ
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...

SBI証券の口座開設・維持費用、ネット入金・出金の費用は無料です。IPOに申し込むのに際して費用は一切かかりません。

SBI証券のタイアップキャンペーン

現在、SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます!

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

他のサイトのキャンペーンは2,000円分であることが多いです。当サイトは読者様に最大限に還元いたします。

SBI証券のタイアップキャンペーン

ライブスター証券でもIPOの取扱いが開始しました。口座開設者数が大手ネット証券と比較すると少ないのでライバルが少ないのがメリットです。

機械的な完全ランダム抽選で平等・公平です。事前入金は不要で、口座残高がなくても申し込めるのも便利です。ネット上で手間をかけずにサクッとIPOのブックビルディングに参加することが可能です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

マネックス証券も完全抽選で小口個人投資家でも当選しやすい証券会社です。IPOにおいてはぜひ口座開設しておきたいネット証券です。

この他、幹事団として、岡三オンライン証券東海東京証券岩井コスモ証券などが入る可能性が高いです。

岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.1
岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
岩井コスモ証券に取材インタビュー!最新情報からIPOまで聞き倒しました!
100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取り扱い数...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで5,000円がプレゼントされます。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-IPO

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.