The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

今後の政局と株価を大胆予想!

更新日: マーケット・経済の分析

走りだす男性

急遽、年内の解散総選挙に向けて動き始めましたね。本日は政治家の発言で株価が乱高下しました。消費税増税延期と解散総選挙については様々なご意見があると思います。

本エントリーでは個人的意見は排して、今後の政局と株価を予想します。


増税は確実に景気悪化作用をもたらします。中には消費税増税で財政健全化が図られ、将来の日本に期待が持てるようになるため、むしろ消費にはプラスなどという凄まじい論者もいますが、GDPの6割前後を占める個人消費に悪影響をもたらし、確実な景気減退圧力・デフレ圧力が及びます。

現在は消費税増税を1年半延期して、2017年4月にする方向のようです。財政健全化が遠のき、長期的には悪い円安・インフレのリスクが増すことは否定できませんけれども、当面の1~2年の経済には大きなプラスです。株価にもプラスです。

最近はTOPIXに比べて日経平均が大きく上昇しています。全世界のトレーダーが活発的に日経平均をトレードしていると思われます。

日経平均とTOPIXのチャート

消費税増税延期、解散総選挙があるか否かが重要なイベントです。選挙&増税延期があるなら株価は上昇、ないなら下落で反応するでしょう。特に日経平均は有無によって大きく乱高下します。今後しばらくはボラティリティが高いかもしれません。

私はドタ感で選挙&増税延期があると思います。

安倍政権にとっては、ここでの解散が政局面では有利だからです。

総選挙を消費税増税延期のシングルイシューで乗り切りつつ、公約集の一角に色々と記載することで、来年の諸々の難題の法律を「選挙で信を得た」と通せること、野党が選挙体制が整っていないこと、消費税増税の延期は有権者受けが良いこと、最大野党の民主党の党首が海江田万里氏であること、公明党にとって都合がいい日程であること等から、可能性は高い気がします。

先程、日経平均先物ラージを1枚ロングしました。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-マーケット・経済の分析

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.