The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

SBI証券は顧客のリクエストを続々と実現!ユーザーに寄り添うNo.1ネット証券!

更新日: SBI証券 証券会社

質問に答える社員のイラスト

SBI証券はユーザーのリクエストに積極的に応えして、サービスの拡充に努めているネット証券です。常に進化して便利で使いやすくなっています。

リクエストフォーム」が設置されており、SBI証券に口座を持っていれば、いつでも要望を出すことができます。2016年8月も数多くの事項が実現しています。


米国株式でも貸株サービスを扱ってほしい」に対して、2016/8/27(土)よりSBI証券では、米国株式の貸株サービスを開始しました。これは日本初の快挙です。

保有している株を貸し出すことで金利がもらえます。マイナス金利の状況では無視できないインパクトがあります。もちろん、貸株中でも配当がもらえます。

豪ドル/円スプレッド縮小キャンペーンを継続してほしい」という要望については、2016/8/1(月)以降、豪ドル/円のスプレッドをキャンペーン期間中の水準に縮小して提供しました。

キャンペーンの恒常化ということで素晴らしいですね!

東証マザーズ指数先物の取引手数料を低くしてほしい」という声に応えて、2016/8/31(水)夜間立会(16:10)注文分より、東証マザーズ指数先物取引の手数料を業界最低水準の38円(税抜)になりました。

比較対象範囲は、東証マザーズ指数先物を取扱っている主要ネット証券4社(SBI証券、カブドットコム証券、楽天証券、松井証券)です。

東証マザーズ先物は大型株相場の影響で足元ではやや閑散としていますが、今後は再度盛り上がってくる局面が必ずあるでしょう。

米国株式の取引手数料を下げてほしい」というリクエストについては、2016/8/8(月)より、米国株取引手数料が、業界最安水準である最低5ドルに恒久化されました。

私もGoogle、Facebook、NVIDIA、COACH、iシェアーズ 米国優先株式 ETFなどを保有しています。今後はSBI証券で取引しようと思います。

SBI証券は顧客のニーズに真摯に向き合い、顧客の要望に誠実に対応してリーズナブルな手数料と充実したサービスを両立させているネット証券です。

そうした姿勢が秀逸なクオリティにつながり、長年に渡ってネット証券1位の座に君臨していることにつながっています。「絶対王者」であるネット証券です。

SBI証券は、日本におけるネット証券の先駆者として、「顧客中心主義」の経営理念のもと、「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供してきました。

短期のトレーディングから中長期投資まで、幅広い個人投資家がフル活用できます。私もフル活用して、パフォーマンスを向上させています。

以前にはSBI証券に取材に行き、株式会社SBI証券 商品開発部の杉本部長、稲場さんにインタビューしました。

杉本部長は以前にSBI証券のIPO引受け部門で活動していたことがある方です。IPOを知り尽くしたプロから、貴重なIPOに関するお話を伺えました!

SBI証券に取材インタビュー!IPOでネットにはないディープな情報を聞き倒しました!
日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

続いて以下では、IPO以外のあらゆるサービスについても、株式・外国株式から投資信託、FXまで色々と聞き倒しています!

SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(400万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1...

SBI証券は大手証券会社に引けをとらない幅広い商品ラインナップを取り揃えており、しかもコストは低いです。100万の資産運用でも大活躍します。

特にPTSIPO立会外分売つなぎ売りに使える一般信用売り、米国株投信保有で付与されるSBIポイント(投信マイレージ)、住信SBIネット銀行との連携、CFD金・プラチナには絶大なメリットがあります。

SBI証券はメリット絶大!12年使った経験の口コミまとめ
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...

トレーディングに有用なサービス・取引ツールから、充実の投信積立、小口分散投資のS株 Now!まで幅広いサービスを提供しています。

デイトレーダー、スイングトレーダー、バリュー投資家、グロース投資家、インデックス投資家などありとあらゆる投資家が有効活用できる、総合ネット証券です。

活用していくと、リターンが着実に向上します。私はSBI証券がなかったら困り果ててしまいます。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。ネット証券としては破格のキャンペーンです。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は過去にも顧客の要望に多数応えてきました。代表例は下表の通りです。

顧客のリクエスト SBI証券の対応
金融プロ向けの情報を提供してほしい 2016/6/29より、ロイター社の金融プロ向け情報「プレミアムニュース」の申込受付を開始
ETF銘柄を条件で検索したい 2016/6/10より、ETF/ETN銘柄一覧の検索機能を追加
HYPER SBI「全板」の機能を充実させてほしい 2016/6/18より、HYPER SBI「全板」の機能を拡充しました。
HYPER SBIの無料条件がわかり辛い 2016/6/6より、HYPER SBIの利用無料条件/無料期間をご利用いただきやすく変更
国内株式の取引でもポイントを付与してほしい 2016/4/1より、国内株式現物取引でポイントが貯まるサービスを開始
HYPER株アプリでマーケット情報をカスタマイズ可能にしてほしい 2016/1/6より、HYPER 株アプリがさらに使いやすくなりました。
HYPER SBIでも「全板®」サービスを利用したい 2016/1/23より、HYPER SBIでも「全板®」サービスを開始
「優待権利自動取得サービス」で長期保有特典の権利も取れるようにしてほしい 2015年9月末基準日より、貸株の「優待権利自動取得サービス」の内容を変更
『HYPER SBI』のパスワードを保存できるようにしてほしい 2015/8/14(金)より『HYPER SBI』のログインパスワードと取引パスワードの保存が可能に
一般信用取引に返済期限が無期限の「新規売」をサービス追加してほしい 2015/5/15より『無期限売り』サービスを開始
ブックビルディングの購入手続きが分かりにくい 2015/5/22よりブックビルディングの購入手続きページを改善
全ての気配値情報を閲覧したい 2015/4/25より全ての気配値情報が閲覧できる「全板(R)」サービスを開始
電話で24時間株価を照会したい 2015/4/20より24時間自動音声株価照会専用ダイヤルサービス開始
コストを抑えた空売りがしたい 2015/2/16より、一般信用取引に短期(5日)売りを追加
現物取引もHYPER SBIのスピード注文で発注したい 2015/2/27より、HYPER SBIのスピード注文を現物取引でも使えるように
空売りができる銘柄を増やしてほしい 2015/1/13より、日計り信用・HYPER空売りサービスを開始
HYPER SBIにスピード注文機能を追加してほしい 2015/1/10より、HYPER SBIで信用取引のスピード注文が可能になり、最短ワンクリックで注文を完了できるように
銘柄検索機能をもっと使いやすくして欲しい 2015/1/30より、銘柄レコメンド機能を拡充
信用建玉返済で一括指定できる信用建玉数を増やしてほしい 2014/10/25より、信用建玉返済で一括指定できる信用建玉数の上限を1,500件まで引き上げ
「HYPER 株アプリ」(スマホアプリ)の株価情報やランキングなどをもっと充実させてほしい 2014/10/25より、「HYPER 株アプリ」(AndroidおよびiPhone)をバージョンアップ
決算発表情報を充実させてほしい 2014/9/26より、企業の決算発表情報を大幅に拡充
投資手法を分かりやすく教えてほしい 2014/8/1、2014/8/15より、スクリーニングとテクニカル分析を解説するコンテンツをWEBサイトへ追加
国内株式注文の株数入力の際、売買単位を自動で計算して増減させる機能がほしい 2014/7/22(火)より、国内株式注文画面の機能を大幅に拡充
HYPER 株アプリでの単純移動平均の日足と週足の期間を細かく設定したい 2014/7/20(日)より、「HYPER 株アプリ」をバージョンアップ
「HYPER 株アプリ」(スマートフォン用アプリ)のニュース配信に満足できない 2014/6/27(金)より、Android向け「HYPER 株アプリ」をバージョンアップ
スマートフォン用アプリで『板注文』がしたい スマートフォン用アプリ「HYPER 株アプリ」に、Android版は2014/5/23(金)より、iPhone版は2014/5/26(月)より、『板注文』機能を搭載
国内株式の期間指定注文の期間を延ばしてほしい 2014/4/26(土)より、国内株式の期間指定注文が最大15営業日まで可能に
「HYPER 株アプリ」の文字をもっと見やすくしてほしい 2014/4/26(土)より、より見やすい画面で取引いただけるよう各画面のフォントサイズを拡大
「HYPER 株アプリ」の動作を早くしてほしい 2014/4/20(日)より、スマートフォン専用アプリケーション「HYPER 株アプリ」に関するサーバーを増強し、画面更新や画面遷移等のパフォーマンスを向上させました。
HYPER 株アプリに四本値・気配値の表示を追加してほしい 2014/3/7(金)に登録銘柄一覧における四本値・気配値の表示を追加
国内取引ができるスマートフォンアプリを使い易くしてほしい 2014/2/10より、スマートフォンアプリ『HYPER 株アプリ』のサービスを開始
「スマートフォンサイト」でも国内株式の取引を出来るようにしてほしい 2014/1/18に「スマートフォンサイト」のリニューアルを実施し、国内株式の取引(現物・信用ともに)及び2014年1月より開始したNISA(少額投資非課税制度)の取引もできるように
信用取引口座で貸株サービスを利用できるようにしてほしい 貸株サービスと信用取引口座の併用を可能にし、信用取引を継続したまま貸株サービスを使えるように
「NEXT NOTES」シリーズのETNを取扱ってほしい 2013/10/28より、東京証券取引所に新規上場の「NEXT NOTES」シリーズETN3銘柄の取扱いを開始し、同時に、取引手数料の全額キャッシュバックキャンペーンを実施
「銘柄検索機能」をもっと使いやすくしてほしい 2013/10/19より、銘柄検索機能を大幅バージョンアップ
NISA口座での取引コストを低くしてほしい 2014年の1年間、NISA口座での国内株式手数料を無料化し、海外ETFの買付手数料も実質無料化いたします。
相場の見通しを解説するコラムが読みたい 2013/8/23より、当社アナリスト 藤本誠之が日々のニュースから相場の見通しを解説する「相場の福の神が語る!ニュースを半歩先読みマル秘術」の配信を開始
iシェアーズETF 東証上場シリーズを取扱ってほしい 2013/7/17より、「i シェアーズETF 東証上場シリーズ」の取扱いを開始。国内市場で購入した銘柄を米国上場のiシェアーズETFに転換することも可能
株主優待検索機能で、銘柄選びがより簡単に行えるようにしてほしい 2013/3/2より、直感的なインターフェースで簡単に株主優待が検索できる「株主優待検索」ツールの提供を開始
国内株式の手数料をもっと引き下げてほしい 2012/11/30より、国内株式(現物取引・信用取引)のインターネット取引のスタンダードプラン(1注文の約定代金に応じて手数料が決まるプラン)の正規手数料を最大20%引き下げ、PTS取引に関しても、約定代金20万円超の全ての手数料を引下げ
信用取引の手数料を引き下げてほしい 2012/10 /1より、当日の信用取引の新規建約定代金合計額または信用建玉残高が5,000万円以上のお客様を対象に翌営業日の信用取引手数料を無料に
信用建余力や委託保証金率のシミュレーションをしたい 2012/7/20より、ツール「信用シミュレーター」のご提供を開始
「SOR注文」でよりコスト削減がしたい 2012/7/17より、「SOR注文」にSBI PTS(X-Market)の比較を追加。瞬時に比較することによって、執行コストの最少化を追求いただけます。
信用取引の委託保証金率をリアルタイムで確認できるようにしてほしい 2011/12/26より、当日の売買・株価の変動を反映した「当日基準」、翌営業日の受渡代金を反映した「翌営業日基準」、夕方・朝それぞれの基準で算出した「値洗い基準」での委託保証金率を見れるように
75歳以上でも信用取引口座を開設できるようにしてほしい 2011/2/7より、信用取引の口座開設基準の年齢(上限)を75歳未満から80歳未満に変更
信用取引の最低委託保証金率(維持率)を引き下げてほしい 2011/1/24より、信用取引の最低委託保証金率(維持率)を30%から20%に引き下げ
貸株サービスの対象銘柄を増やしてほしい 2009/2/12より、国内上場ETFも貸株サービスの対象銘柄に
昼間もPTS取引ができるようにしてほしい 2008/12/24より午前8時20分~午後4時30分(デイタイム・セッション)の時間帯もPTSでの取引ができるように
メインサイトで株価・気配値等を自動更新してほしい 2008/9/16より、かねてより多くのお客様からご要望をいただいておりましたWEBサイトでの株価・気配値等の自動更新サービスの提供を開始
信用取引、先物・オプション取引の口座設定約諾書の差入れをWEBでできるようにしてほしい 2008/8/5より信用取引、先物・オプション取引における新規口座開設時の「口座設定約諾書」の差入れの電子化対応を開始。 郵送による約諾書提出などのやりとりが不要となり、4,000円の収入印紙も不要に
貸株サービスを始めてほしい 2008/7/10より、貸株サービスを開始
夜間取引を始めてほしい 2007/8/27よりSBIジャパンネクスト証券が運営するPTS(私設取引システム)での夜間取引の取扱を開始。また2008/3/31よりPTS夜間取引における取引時間を、従来の19:00~23:59に加え、24:30~26:00まで延長。さらに同日よりHYPER SBI、アプリ端末などの取引チャネルにおけるPTS夜間取引への対応を開始
株価チャートで1年を超える期間も表示してほしいまた、高値・安値の株価等も表示してほしい 2007/7/27よりメインサイト国内株式の株価情報画面のミニチャートに期間3年を追加、ミニチャートクリック後に表示されるチャート画面に3年・5 年・10年間のチャートを追加。また、同画面及び多機能チャート画面に高値・安値の株価、日付を表示しました。
逆指値注文ができるようにしてほしい 逆指値注文の取扱については、メインサイト及びMOBILE SBIでは2007/2/13より、HYPER SBIでは2007/4/2より、HYPER MOBILEでは9/3より開始

外国株についても多数のリクエストに応えています。

顧客のリクエスト SBI証券の対応
外国株式取引サイトで銘柄登録がしたい 2016/6/17より、外国株式取引サイトに「ポートフォリオサービス」を追加
米国株式の取扱いを増やしてほしい 2016/5/27より、アサーシス(ATHX)等、米国株式5銘柄の取扱いを開始
外国株式や海外ETF銘柄が検索しづらい 2016/4/23より、外国株式取引サイトにて銘柄検索機能を使い易く変更
外国株式も特定口座に対応してほしい 2015/12/25より、特定口座で外国株式が取引できるように
フェラーリ(RACE)を上場開始初日から、取扱いしてほしい 2015/10/21より、上場初日より、フェラーリ(RACE)のお取扱いを開始
米国株式の「個別銘柄レポート」をもっと充実させてほしい 2015/8/21(金)より米国株式の銘柄レポートが使いやすくなりました。約700銘柄をカバー。
中国株、米国株等、外国株式の取扱いをもっと充実させてほしい 2015年6月に、多くの海外銘柄を追加6/2(火)の中国IPO銘柄を始めとして、6/10(水)には5銘柄、6/15(月)に2銘柄、6/19(金)に1銘柄、6/22(月)に7銘柄、6/23(火)に1銘柄、そして6/29(月)に2銘柄と順次拡大
米国株式のスクリーニング機能がほしい 2014/12/12より、米国株式のスクリーニング機能のご提供を開始
アリババを上場開始初日から、取扱いしてほしい 2014/9/19より、上場初日より、アリババホールディング(BABA/NYSE)のお取扱いを開始
米国株式 Tモバイル US(TMUS/NYSE)を取り扱ってほしい 2014/8/1より、米国株式 Tモバイル US(TMUS/NYSE)の取扱を開始
バークシャー ハサウェイ B株の取扱いをしてほしい 2014/7/1(火)より、バークシャー ハサウェイ B株(ティッカー: BRKB)の取扱いを開始しました。
米国ETFの取扱いを増やしてほしい 2014/7/7(月)より、ステートストリート社のセレクト・セクターSPDR ETF9銘柄の取扱いを開始
中国株式情報サービス「サーチナ中国株投資情報 VIP-Level III」を使い易くしてほしい 「サーチナ中国株投資情報 VIP-Service」へリニューアルし、さらに使い易くなりました。
米国株式の発注上限数量を引き上げてほしい 米国株式1注文の発注上限数量を250,000株へ大幅に引き上げました。
成長著しいASEAN諸国への投資をもっとしたい 2013/1/7より、SBI証券ではシンガポール、タイ、マレーシアの株式取引サービスを開始しました。3カ国で合計約120銘柄の取り扱いがあり、成長が著しいASEANの有名企業へ投資が可能に
インドネシア株式の取り扱いを始めてほしい 2012/4/23より、インドネシア株式の取り扱いを開始、インドネシア証券取引所(IDX)の時価総額上位の銘柄をメインに当社選定銘柄をインドネシア市場の取引時間中にリアルタイムで取引できるように
外国株式に関する投資情報があれば嬉しい 2012/2/1より、当社ストラテジスト等が発信する「グローバル・ストラテジー・レポート」の配信を開始しました。外国株式にご興味がある方や外国株式へ投資されている投資家の皆さまへ向けて、アジア・新興国を中心とした投資情報を提供していきます。
ロシア株式もインターネット取引を可能にしてほしい 2011/12/19より、すでにインターネットでの取引が可能な米国株式、中国株式、韓国株式、ベトナム株式に加え、ロシア株式のインターネットでの取引が可能に注文可能時間が大幅拡充し、便利に
ベトナム株をインターネットで取引できるようにしてほしい 2011/11/28より、すでにインターネットでの取引が可能な米国株式、中国株式、韓国株式に加え、ベトナム株式のインターネットでの取引が可能に注文可能時間が大幅拡充し、便利に
外国株式取引口座開設までの期間を短縮してほしい 2011/5/23より、外国株式取引口座の開設までの日数を短縮
外国株式の取扱銘柄を増やしてほしい 2011/1/28に米国株式300銘柄、中国株式500銘柄を追加さらに、2011/2/2に中国株式408銘柄を追加し、中国株式(ETFを含む)は合計1,370銘柄のお取扱、米国株式(ETFを含む)は合計603銘柄のお取扱となりました。
ベトナム株を取り扱ってほしい 2011/1/17より、ベトナム株式の取扱を開始原則、ホーチミン証券取引所、ハノイ証券取引所上場の当社選定銘柄が取引いただけます。
中国株式の投資情報を拡充してほしい 2010/6/19より、中国株式取引においてSBIサーチナ株式会社が提供する投資情報ツール「VIP-Level III」のサービスを開始「多機能チャート」や「ポートフォリオ機能」、「スクリーニング機能」など、充実したサービスをご利用いただけます。
海外ETFの取扱を開始してほしい 2008/10/14より新たに2銘柄を追加し、現在米国ETF32本、中国(香港)ETF9本の計41本の海外ETFを取り扱っております。

この他、投資信託、債券、FX、先物・オプション、サービス・その他も同様で多数の要望に対応してきました。常に進化して便利で使いやすくなるネット証券です。

まだSBI証券に口座をお持ち出なかったら、この機会にぜひ開設してAmazonギフト券3,000円分をゲットしてはいかがでしょうか。

SBI証券のタイアップキャンペーン

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-SBI証券, 証券会社

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.