The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

転職した方がいい場合って何?転職の最大のメリット

投稿日: ビジネス

履歴書

30代半ばになり、そろそろキャリアに真剣に向き合う時期が訪れています。自分の可能性を試すためにも、最近、転職サイトへの登録を行い、市場価値の確認作業を行っています。

転職というのは一大決心となります。環境をリセットして新たな環境に身を移すことになるわけですから、大いなるイベントとなります。

転職するか否かのポイントの一つとして、環境のリセットによる効用があります。


以前に会社員は「評判獲得ゲーム」という話を聞いたことがあります。これは非常に言い得て妙です。

おかしなルールがあっても空気を読んで和を乱さずに場に馴染むようにして、成果を上げて自分の力をPRし、それでいて「出る杭は打たれる」にならないように細心の注意を払い、上司に詰められても反抗せずに我慢して、仕事に悪影響が出るものに溺れず業務第一優先のスタンスを維持し、夏休みはせいぜい数日で耐えて、遅れず・サボらず・ミスをせず、炎上した場合は食事返上・場合によっては徹夜でリカバリーして、満員電車を我慢して、残業を厭わず、弾丸型のスケジュールの移動・出張をこなし、タクシー代を経費にするには幾多の決済を乗り切り、「抜本的な構造改革の案を提示しろ」と指示されても踏み込んだらヤバそうな聖域にはタッチしない絶妙なバランス感覚を発揮して、3日前に遠距離への異動を告げられてもYes I canと回答し、単身赴任も我慢といった耐久レースを走り、良い評判を獲得していくことが重要になる会社が多いでしょう。

ビジネスマン

会社員の世界の恐ろしいところは、何とも言えぬ「評判」が発揮する威力が絶大になることです。

良い評判が広がっていくと、居心地がよくなり、仕事の上でも多少の無茶が効くようになり、そもそも良い仕事が来るようになったりします。

良い評判が良い評判を呼ぶというポジティブ・スパイラルが働くことも多いです。良い評判が良い方向へ増幅されていくような作用があります。

右肩上がりのグラフと喜ぶ女性のイラスト

良い評判が確立した場合、失敗しても「あの人なら仕方ない」といった寛容な評価がくだされるようになったり、上司も衝突を避けるようになったりします。

いくら部下とはいえ、良い評判の人と衝突した場合、下手すると自分の評判が悪化して返り血を浴びる懸念があるためです。

成功したら「やはりあの人は凄い」という評価が下されるようになり、失敗しても「たまたま、誰でも難しい」という評価になりがちです。

良い評判があると、たとえ何らかの問題が発生して自分に非がある場合でも、会社から守られることもあります。逆にこちらが加害者なのに被害者の方が吹き飛ばされるようなことさえも生じます。

しかし、逆に評判が悪くなってしまった場合、以上とは逆方向に事態が噴射していってしまう場合があります。

悪い評判が広がっていくと、居心地が悪くなり、仕事の上では融通が効かなくなり、質がよくない(面倒な手間がかかって成果は上がりにくかったり、成長できないような)仕事が来るようになってしまいがちです。

悪い評判が悪い評判を呼ぶというネガティブ・スパイラルが働くことも多いです。悪い評判が悪い方向へ増幅されていくような作用があります。

右肩下がりのグラフと困る男性のイラスト

悪い評判が確立してしまった場合、失敗したら遠慮無く詰められて、たとえ成功してもあまり評価されないという悪夢のような陥穽に嵌まるリスクがあります。

「再チャレンジ」というのは本当に重要だと思うのですけれども、恐ろしいことに多くの会社員の世界では、一度悪化した評判をリカバリーするのは難しいという現実があります。最たる例は銀行員ですね。

成功したら「たまたま、誰でもできた」という評価が下されるようになり、失敗したら「やはりあいつはダメだ」になりがちです。

時としてはこっちが被害者なのに加害者の肩を持たれて吹き飛ばされてしまうこともあります。

しかも、自分に非があって悪い評判がつくのは仕方ありませんが、偉い人の勘違いや、責任を押し付けられた事によって、評判が悪化するようなケースも多々あります。

ぬれぎぬを着せられてしまって評判が悪化するのは慚愧に堪えませんね。リカバリーができればいいですが、そもそも誤解を解く機会すらなくて一巻の終わりとなる場合もあります。

リカバリー出来る場合でも、関係者各位の誤解を解くための面倒で手間がかかる巡礼作業を余儀なくされたりします。

転職の大きなメリットの一つとしては、評判をリセットできることです。ゼロからのスタートとなるので、今現在の評価が不当な場合は、転職で一から評判を築くという選択肢もあります。

会社員のステップアップのイメージ図

転職において重要な要素の一つがタイミングです。突然に人材をライバルに引き抜かれた、退職者が出た、病気で倒れた人が出たなどで、企業は急遽人員を補充する必要が生じることがよくあります。

そうして企業が募集をかけるタイミングと、自分が転職するタイミングがマッチしたら、ラッキーにも良い企業に転職することができる可能性があります。

戦闘力80点の人がタイミングが良かったので90点級の企業に転職できることがあります。

マスコミが言えない「転職で重要なポイント」の真実
30代半ばになり、そろそろキャリアに真剣に向き合う時期が訪れています。自分の可能性を試すためにも、最近、転職サイトへの登録を行...

重要なのは、とにかく転職市場に参加しておくことです。転職エージェントのサイトなどに登録しておき、優良企業が募集をかける時を逃さないことが重要となります。

経歴・希望条件などを登録すると、それにマッチした求人が出た際に、メールで連絡してくれるサービスがあります。

こちらから積極的に企業情報をチェックして応募する時間がなかなか取れない場合は、こうした受身でOKのサービスはありがたいです。一例としてビズリーチがあります。

ビズリーチは会員制の転職サイトであり、世の中に流通しにくいハイクラスで良質な情報を集約したサイトです。

非公開求人を含む掲載求人数65,000件以上、会員数670,000人以上、登録ヘッドハンター数1,500人以上という転職サイトです。

東証一部上場企業からベンチャー企業まで、これまでに4,800社を超える企業がビズリーチで採用活動を行っています。読売新聞でも、ビズリーチを利用して転職を成功させた事例が取り上げられています。

VISA・ワールドワイド・ジャパン、日産自動車、日清食品ホールディングス、楽天、ジェイティービー(JTB)、パナソニック、ハウス食品、大和ハウス、アクサ損害保険、フェデックス・エクスプレス、川崎重工業、日本HPなど大企業も利用しています。

新興企業・ベンチャー企業では、価格.com、オイシックス、はてな、DeNA、freee、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、ピーチ、エアアジア・ジャパンなどもビズリーチを使って人材を採用しています。

ビズリーチの採用企業

企業サイドは年代、経験職種、業種などの様々なワードで検索したり、基本情報・職務経歴書をチェックすることで、ニーズに合った人材を選んでいます。

ビズリーチの企業側の採用プロセス

ビズリーチに登録しておくと、大企業からのオファーが届く可能性があるのがメリットです。大企業が求職をかけるタイミングで、自分に声がかかる可能性があります。

その他、ビズリーチのサービス内容、評判・口コミについては、以下にまとめています。

ビズリーチ(BizReach)の評判・口コミまとめ!2017年最新版
ビズリーチ(BizReach)という転職サイトがあります。企業やヘッドハンターからスカウトが届く転職サービスです。積極的に転職を検討...

ビズリーチの登録手順、職務経歴書のアップまでの手順については、以下で徹底解説しています。

ビズリーチの会員登録手順・詳細情報入力のポイント・コツを徹底的に解説!
自分の市場価値の確認作業のために、転職サイトへの登録を積極的に行なっています。時間がないので、自分の履歴書・職務経歴書などを...

ビズリーチに無料会員登録して、職務経歴書を登録すればオファーが届くので、受け身でいい点がメリットです。

自身の市場価値がどれほどなのか、実力を発揮できるのはどの業界なのかを知るという目的でも、ビズリーチは活用できます。

ビズリーチ 公式サイト

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-ビジネス

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.