The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

会心の一撃と痛恨の乱れ雪月花

更新日: マーケット・経済の分析

私の典型的な食事をいくつかご紹介します。

コンビニのミネストローネ、チキン、スーパーの真空パックの野菜(仕事帰りに半額で調達)

食事

コンビニの鮭、クリームスープ、ひじき、めかぶ、キャベツ(キャベツは量が多いので2日間に分けて半分ずつ)

コンビニの食事

コンビニのタコぶつ切り、大根ミックスサラダ、1日分の野菜が採れるスープ

コンビニで調達した食事

手料理?何それ?

美味しいの?

・・・

(´;ω;`)

さて、2016年7月は概ね順調に推移した一ヶ月でした。最後はボラティリティが高い一日での締めくくりとなりました。

東証マザーズは下落したものの、TOPIX・日経平均・東証2部・JASDAQ・東証REIT指数は上昇しました。

MSCI kokusai(日本以外の先進国・円建)、MSCI emerging(新興国・円建)も上昇でした。


ポジションはそこそこ落とした状態で参院選を迎えました。選挙後の月曜日は、世界的にマーケットが回復していたこと、世界的に極端な勢力が躍進する中で、日本の政治的安定性が高く示されたことから、寄りは高いというのが大方の予想でしたね。

しかし、寄り天になるのか続伸するのかは今ひとつ読めなかった状況でした。そのような際には寄りでは買わずに寄り後の様子を見てマーケットが動きそうな方向についていくのがセオリーだと考えています。

寄り後の値動きからは上に行きそうな雰囲気だったので、ロングポジションを構築したところ上手く流れに乗れました。

 

その後は利食いは遅くのセオリーどおりに引っ張りサンコーテクノ以外はクローズしました。

サンコーテクノはしばらく引っ張る予定です。パルテックは意味不明の跳ね上がりがあり、売りどころが早速生じました。

以上はよかった取引でしたけれども、痛恨だったのは任天堂のニンニン相場にほとんど乗れなかったことです。いくらでも儲けられそうな相場に乗れなかったのは痛恨の極みでした。

100株だけ買ったらすぐに+10%くらいになって、反射的にクローズしてしまいました。持っていればタラレバでした。。。

自分が理解できるトレンドについていくのは、大投資家には遠く及びませんけれども、一応そこそこできているような気はしています。しかし、自分が理解できない材料に乗るのは苦手です。

レジェンドのお言葉を借りますと、「リスクとは、自分が何をやっているかよくわからないときに起こるものです。」とウォーレン・バフェットが述べています。

ウォーレン・バフェットの書籍

そういう考えが抜け切れず、よくわからない材料株に手を出しにくい性質です。そーせいも、ブランジスタも、任天堂もほとんど乗れず小遣い稼ぎに終わってしまっています。

ここらへんはある程度割りきって上手く乗れるように、少しずつ改善していきたいと思います。

短期売買しない方とも立場を共有できると考えている2ヶ月以上保有予定の購入銘柄は以下のとおりです。順番には意味はなくランダムです。

  • サンコーテクノ

逆に2ヶ月以上保有銘柄の売却の方は、以下のとおりでした。

  • ジャパンミート

この他、短期ポジで大き目のポジションを2つクローズしており、かなり株式の保有ウエイトは減っています。

引き続きヒット&アウェイの方針で、自分が得意なネタが一つ出ているので8月はそれに集中していきたいと思います。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-マーケット・経済の分析

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.